プーチンはアメリカ合衆国に「真実爆弾」を落とす

Putin set to drop “truth bomb” on USA
プーチンはアメリカ合衆国に「真実爆弾」を落とす(退役軍人トゥデイ)


by ケヴィン・バレット

[要点]

第三次世界大戦は、ネオコン達と彼等のリクンドニク(スラエル)の最後の必死な望みです。その様な戦争は戒厳令をもたらし、9.11についての真実の隠蔽(いんぺい)(または少なくとも、誤魔化しの継続)を可能にし、そしてネオコン達を国家反逆罪の裁判から、そしてイスラエルの解体から、救います。

「プーチンは、彼が絶対そうしなければならないまで、彼の奥の手である、9.11の真実のカードを斬りたくありませんが、真実の瞬間が、ようやくたどり着かれたのかも知れません。米国が、ウクライナをNATO の敵対的な基地へと変える試みから決して後戻りせず;ロシアに対する経済制裁が、後戻り出来ない地点に辿り着き;ネオコンの第三次世界大戦への「飛び込み」が必然的に成れば・・・

「・・・その時点において、それより先でも後でも無く、プーチンは、彼の9.11の真実のカードを(ポーカー・ゲーム)のテーブルに叩き付け、そして後は野と成れ、山と成れでしょう。

「もし、早まって彼がその手を使うと、彼は不必要なリスクを取っている事に成ります。

「ですがもし、彼が後手に回り過ぎると、その一手はインパクトを失うでしょう(一度、第三次世界大戦が始まってしまえば、ロシア政府からの9.11の真実は、プロパガンダとして無視され、そして戒厳令の下における検閲は、その真実爆弾を無効にするでしょう)。

「私は、その真実の瞬間が来たと信じます。戦略的に、プーチンは、彼の9.11の真実のカードを今斬るべきです。

プラヴダ紙の記事は退役軍人トゥデイの内通者達の情報元によって確認され、そのカードが斬られる処である事を示唆します。」

9/11 Truth: Was Mossad in Charge? Kevin Barrett, Dimitri Khalezov and Gordon Duff Discus
9.11の真実:モサドが指導していたのか?バレット(米)、ディミトリ・カレゾフ(露)、そしてゴードン・ダフ(米)が論議する


Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR