ロイ・トヴ・・・音信不通・・・そして恐らく、口封じされたのかも知れません

Roi Tov…Missing…and Perhaps Silenced
ロイ・トヴ・・・音信不通・・・そして恐らく、口封じされたのかも知れません(退役軍人トゥデイ)
http://www.veteranstoday.com/2015/02/10/roi-tov-missing-and-perhaps-silenced/


ブロガー、そして退役軍人トゥデイのコラムニストの運命は知られていません。
1crossofbethlehem.jpg


ベツレヘムの十字架の著者で、退役軍人トゥデイのコラムニストであるロイ・トヴが音信不通で、そしてある人達は彼が、イスラエルによって永遠に口封じされてしまったのではないかと疑っています。

トヴは元々、イスラエル軍の士官として軍役に就いていましたが、占領の日々の残虐性に耐える事が出来ず、彼はキリスト教に改信し、ユダヤ人国家の大々的な人権侵害の記録を公共の場で語り始めました。彼の行動は、彼のイスラエル市民権の剥奪と、その国からの亡命に繋がりました。最終的に、彼はボリヴィアに落ち着き、其処で彼はまず難民の地位を与えられましたが、トヴは幾つもの彼のブログへの投稿において、ボリヴィアとエヴォ・モラレスの政府は、彼の生活を生き地獄にするために、イスラエルと実質的に、ファウストのバーゲン的な同意を行ったと言う、彼の見解を表現しました。彼は直ぐに、彼自身がラ・パズ市の公道において監視されている事に気付き、時には実際に、襲われさえもしました(下部の記事を参照して下さい)。

トヴの経験は、彼の2冊の著書、2009年出版の、ベツレヘムの十字架と、2012年に出版された、ベツレヘムの十字架 II に表現されています。

彼のブログの最後の投稿の中で彼は、彼が暗殺の標的にされていると言う見解を述べました。彼の正に最後の投稿は、2014年8月後半においてで、「近年、私の記事を読んでくれた事を、私は貴方に感謝します。」と言う言葉で終わります。

ロイ・トヴが口封じされた

エイリーン・フレミングの報告によると、ロイ・トヴは永遠に口封じされたのかも知れません。

イスラエル人の批評者で、活発な著者、ロイ・トヴは、南米で生れ、ヨルダン峡谷に沿った共産主義者達の緊密なキブツで、(本名)リューヴェン・ショーセンとして育ちました。イスラエル防衛軍で4年間奉仕した後、ショーセン部隊長は予備兵と成り、化学物理学における3つの学位を含み、4つの学位と共に卒業しました。

トヴの2冊目の著書、ベツレヘムの十字架 IIの中で彼はこう記述します:

「その年は1983年でしたが、私達は既にオーウェルの1984を習っていて、それはイスラエルにおける生活とのその類似性において、私達を怖がらせました。

「その1年前に開始されたレバノン戦争はまだ、政府によって、「ガリリーの平和のための戦争」と呼ばれていました。

「ヘブライ語の所有短縮形は、その2つの単語を一つにまとめ、それは正に「戦争平和」の様に聞こえ、完璧にオーウェル的な矛盾語法でした。

「私達は皆、私達のコメントにおいて、その本の明らかで現実的なコンテキストを無視したのは、その様な感情は、唯一敵にのみ起因し、そして私達が聡明化された社会に住んでいたためでした。

「私達の政府が意図的に、その様なオーウェル的な選択を、するはずがありませんでした。ですが私の頭の中の小さな声は、異なった話を伝えており、それは私自身の中にしまっておかなければならないものでした。その様な倒壊的な本が、私達の読書のリストにある事を許した手違いは、そのシステムの何らかの非一貫性としてしか解釈出来ませんでした。

「しかしながら、恐ろしいオルタナティヴな説明は、私達が永遠に権威に恐怖し、従って振舞う様に、教育庁の公式な読書のリストに「1984」が意図的に載せられたと言う事でした。それは、その国民の、政府による操作における、最初のレッスンでした。


エイリーン・フレミングは続けます:

2012年4月の、トヴとの e-メールによる会話の中で、彼はこう書きました:

「ベツレヘムの十字架 II の中に、私達の時代の真の英雄である、モーデチャイ・ヴァヌヌに捧げた1章があります。私は其処において、彼と私達の迫害のための理由を拡張しました。

「その本におけるその他の中心的な3章において、私は、彼が「心理的な拷問」と表現するもの、私が「心理的な戦争」と呼ぶ事を好むものを、拡張しました。」


2014年6月27日、トヴはこう記述しました:

「私の状況は、その終わりに近づいています。8月には、私の国外 ATM (自動預金引きおろし機)カードの期限が切れます。私は、資金を引き下ろす事も、ネットで送金を行う事も出来無く成るでしょう。

「ボリヴィア政府によって私の書類は拒否され、盗まれ、新しいものを郵便で受け取るのは不可能です。

「その数日後には、私は、私の監獄と成った、安いゲストハウスから退去する事を強要され、路上に放り出されるでしょう。

「これは警察国家です。彼等は街々の入り口地点において書類をチェックします。私はラ・パズ市から出る事が出来ません。

「凶暴なボリヴィアの現実において、それが意味するのは、最初の夜の内の確かな死です・・・」


6月28日に、エイリーンは彼に尋ねました:私に何が出来るでしょう?と。

トヴはこう返答しました:

「ありがとう、エイリーン、

貴女が今出来る事は沢山あります。貴女の周りを大切にし;世界にヴァヌヌの事を伝え続けて下さい。善い事を続けて下さい。

「もし貴女が、私に関して特に尋ねているなら、出来る事は何もありません。イスラエルは、私に死んで欲しく、そして私に悪意を持って避難地を提供した、暴力的で、気違い的な、ミッキー・マウス社会を雇いました。

「長いうたた寝の時間です。それまでに、私は出来る限り多くを、出来る限り長く、公表し続けます・・・」


「現時点の記述の際において、トヴは、私の最近の e-メールに返答しておらず、過去2年以上、毎日の様に(記事を)公表していたのに、2014年8月27日に投稿された結論的なコメント以降、何も公表されていません、」とエイリーンは言います:

「もし何も変わらないなら、私は2週間の内に、ボリヴィアの路上で暗殺され死ぬでしょう。

「「アサシン(暗殺者)」と言う言葉は「ハシーシ(乾燥大麻)」から由来し;殺人者達の歴史的な集団は、その麻薬を吸いました。恐らく、イスラエルの国家の命令によって、私を柔らかく殺していく、麻薬王に運営された、腐敗した国を描写するのに、それ以上の言葉は無いでしょう。

「何年も前に、私は、決して諦めずに、私が出来る限り多くを、私が出来る限り長く書き続ける事を約束しました。ネタニエフと、彼の殺し屋達とは対照的に、私は約束と誇りの人間です。私よりも何段階も大規模な権力に屈服しない事で私は、私の命を失うかも知れませんが、私の魂を会得します。

「「ファラオよ、私の人々を解放せよ。」と容赦なく叫び続ける全ての被害者達に神の慈悲があります様に。


タルムードから引用するのは反セム主義?
ロイ・トヴ著



IDF Captain Reuven Schossen: "Israel is an unhuman
country"
イスラエル防衛軍の部隊長、リューヴェン・ショーセン(ロイ・トヴ):「イスラエルは非人道的な国」


ロイ・トヴ.com

An Attack's Anatomy: On Israeli-Bolivian Terror
攻撃の解剖学:イスラエル-ボリヴィアのテロ
by Roi Tov
http://www.roitov.com/articles/aaa.htm

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR