ヘブライ、イスラエライト、そしてユダヤ:罪深い真実

Hebrew, Israelite and Jew
ヘブライ、イスラエライト、そしてユダヤ
The Unholy Truth
罪深い真実
http://www.veteranstoday.com/2015/01/28/hebrew-israelite-and-jew/


1Moses.jpg

モーゼスは間違って仮定したのでしょうか?


「ユダヤ人達は「選ばれし民」等では無く、パレスチナは約束の地でも無く、ユダヤ人達はギャング・マスター(ヤクザ)と税金の恐喝者として、イスラエライツ達に拒絶されました。英国のヘブライ人が、世界最大の詐欺を暴露します。」
ユダヤ人達が何故、彼等を、他の誰よりも「選ばれた」とし、他人の不動産現物を彼等の「約束の地」として考えるのかの、限定的な調査。

この小論は、その基本的な論議を、モーゼスによって書かれたとされますが、西暦1世紀において、ユダヤ人の歴史家フラヴィウス・ジョセファスによって脚本されたとも噂される、旧約聖書の最初の5書、ペンタテューク(トーラ)の内容に見つけます。石の板の上の速記は不可能なので、ですからそれはどの様にして記録されたのでしょう?それは横に置いといて、私達はその年代記の最初の書の補佐と共に、その内容を検証してみましょう。

もし私達が、ノアからの家系図を辿るなら、ジャフェットの息子達の研究もまた成果をもたらしますが(特にジョセファスのユダヤの昔第2巻の第6章を見てみて下さい)、私達の関心はシェム(セム)の上に集中しなければなりません。シェムの5人の息子達の内の一人はアルファハッドと名付けられ、彼は順を追って、エベルの父に成った、シェルラの父に成りました。この時点において私達の関心が浮上させられるのは、何故ならエベルがヘブライ人達の家長として受け入れられているためです。旧約聖書の神話造りの外においては、「ハビル(ヘブライ)」と言う言葉は単純に放浪者と言う意味です。

ヘブライの初代、エベルには2人の息子達、ペレグとジョクタンがいました。1年代記第1章の20行目は、この時点において記述ミスを含む様で、ジョクタンがアルモダットと12人のその他の息子達を授かったと明言する間、24行目は、ペレグに触れる事も無く、ジョクタンのもう一つの10人の息子達をリストします。ペレグには息子が無く、ジョクタンに23人の息子達がいるのは、多少、変な様です。(Falsus in unum, falsus in omnia?

ジョクタンの息子達のリストの最後にあるのが「アブラム」で、2人の息子達、イサクとイシュマエルを授かった「アブラハム」と同一です。1年代記第1章の34行目は、「アブラハムがイサクを授かり、彼の息子達はエサウと後にイスラエルと呼ばれるヤコブだったと私達に伝えます。1年代記第2章は、「これらがイスラエルの息子達である;リューベン、シメオン、レヴィ、そしてジュダ、イサッカル、そしてゼブルン、ダン、ジョセフ、そしてベンジャミン、ナファタリ、ガド、そしてアシェル、」と明言します。それらの名前は注意深く注目されるべきです。それらはイスラエル家の12の部族ですが、その他の場ではイサクの息子達としても知られています。

また、着目すべきは、イスラエルの子供達には、ディナと言う妹がいる事です。私達はディナ族が、それ自体が完全に成長したイスラエル人の部族であるという啓示を期待せずにはいられません。恐らく「女性の感覚」が、イスラエル家の秩序をまとめられるのかも知れません。次の救世主が男性でなければならないとは、何処にもありません。

ですから、それらの家系図的なリンクは私達を何処に残すでしょう?

・セム族と言う用語は、ノアの息子、シェムから派生しています。

・ヘブライと言う用語はシェムの子孫である、エベルから派生しています。エベルはセム族で、最初のヘブライ人でした。最初のヘブライ人が、ユダヤ人でもイスラエライトでも無かったのは、何故ならその当時、どちらもまだ存在していなかったためです。

・アブラハムは、順を追って、エベルの子孫でした。アブラハムはセム族であり、ヘブライ人でしたが、ユダヤ人、またはイスラエライトのいずれにも成れ無かったのは、どちらもまだ存在していなかったためです。

・イサクはアブラハムの息子でした。イサクはセム族で、ヘブライ人でしたが、ユダヤ人にもイスラエライトにも成れ無かったのは、どちらもまだ存在していなかったためでした。

・神がイスラエルと改名させたヤコブは、イサクの息子でした。イスラエルはセム族で、ヘブライ人でしたが、ユダヤ人ではありませんでした。

・ジュダは、イスラエルの息子達の内の一人でした。ジュダはセム族であり、ヘブライ人で、そしてイスラエライトでした。最初のユダヤ人達は、ジュダの子供達でした。イスラエルのその他の11人の息子達の子孫はユダヤ人ではありません。私達はその事実の重要な要素に、後に行きます。

「選ばれた民」であると言うユダヤ的な神話は、申命記第14章第2行の解読に基づけられるとされます。それは、「14:2 あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。主は地の面のすべての民の中からあなたを選んで、御自分の宝の民とされた。」と明言します。しかしながら、申命記17.12、21.20、そして26.15を読むと、「主が指しているのはイスラエルであり、ジュダの部族だけでは無い事がはっきりと確認されます。

その約束は大イスラエルに成され、ユダヤ人達の家にではありませんでした。シオニストの皆さんには申し訳ありませんが、貴方と同様に「選ばれた」13のその他の人々がいて、つまり、リューベン族、シメオン族、レヴィ族、イサッカル族、ゼブルン族、ダン族、ジョセフ族、ベンジャミン族、ナファタリ族、ガド族、そしてアシェル族です。それに加えられなければならないのが、「半部族」または「義理の部族」と呼ばれるマナセ族とエフライム族です。

しかしながら、その話は此処で複雑化します。ジュダ家は結果的に、イスラエルの王国から外される様に、それ自体を辱め、現実において非フランチャイズ化し、イスラエルを品位ある様に保つために、申命記において提示された、主の戒律を無視する程にまで至り、そして故に、人が推定しなければならないのは、神との個人的な奇妙さのあらゆる位置において、それ自体を孤立化させたと言う事です。

イスラエルの胸の中からユダヤ人達が離脱する結果に成った、歴史的な出来事は、2,800年以上前に起こり、そしてその溝は決して埋まりませんでした。その状況は、おおよそ、以下に続くものです。紀元前796年にソロモンが死んだ時、彼の息子、リホボアムは、伝統に従って、即位の儀式のために、イスラエライト達に住まわれていた、国の中心にあるシェチェムに旅しました。南部における、より小さな領土に住んでいたけれどジュダ家は、デーヴィッドの「王家」の血筋を保ち、ベンジャミン族と共に、イスラエルの王達を提供していました。彼の即位のために、彼がシェチェンに向かい北へと旅した時、エフライムの地において彼はイスラエル家からの長老達に合い、彼等はジュダ家だけに利益的な増税と、肉体労働としての男達の徴収に不平を言いました。

リホボアムはこの生意気で無礼な行為に立腹し、そして直ぐに課税を2倍にし、そしてソロモンは鞭しか使わなかったけれど、蠍を使うぞと脅迫しました。新たな王の外交によって魅了されず、イスラエル人の長老達は、彼の即位式から退席し、彼等のテントに戻り、彼等自身の王、ジェロボアムを立てました。不幸なギャング・マスター(ヤクザ)アディラムが、南部での肉体労働のための徴収を鞭打つために、その新たな北部の王国に送り込まれましたが、それへの反応は彼を投石による死刑にする事でした。

彼等自身の兄弟達からの、この過度な徴税の恐喝の試みは、イスラエルの家族における決定的な割れ目の原因と成り、それを正に「分断された一家」にしました。それはそれ以来、そのままです。その日からジュダの王国は、イスラエルの王国から離縁させられました。故に、ジュダは、そのコピーブックを塗りつぶし、言うなれば、遺書からそれ自体を外したと言う、法律におけるとても上手い論議があります。それは、それ自体を不合格にし、それ自体を恥じで苦しめ、選ばれた民に約束されたかも知れないし、されなかったかも知れない好意、または親切から、それ自体を非フランチャイズ化しました。彼等はもう、その人々ではありません。彼等はジュダ人であり、イスラエル人ではありません。

イスラエルとジュダの間の別視と、ソロモンの死後の王国の分裂は、当時に始まるものでは無く、この分裂は遥かに以前から前兆があり、明らかだった事を示唆している、J. トマス博士の「神と私の生まれ持った権利」の中の追加的な観測と共に、私達はこの点を結ぶことが出来ます。人は、サムエルの書の、前に続く章を読むだけで、イスラエルとジュダの間の別視は、サウル王の時代からとてもはっきりとしていた事に気付きます。イスラエルと言う用語は、12の部族全体にとても明らかに応用される極少数の例を除いては、ジュダ族を除いた部族達に使われます。

約束された地 - 小規模ですが重要な観測。

イスラエルが一つにもたらされる、神に選ばれた場所があるのは、聖書の中にはっきりと明言されています。神は2サムエル7.10において重要な約束をします。「7:10 わたしの民イスラエルには一つの所を定め、彼らをそこに植え付ける。民はそこに住み着いて、もはや、おののくことはなく、昔のように不正を行う者に圧迫されることもない。」と彼は述べます。1年代記17.9もまた類似した事を言い「17:9 わたしの民イスラエルには一つの所を定め、彼らをそこに植え付ける。民はそこに住み着いて、もはや、おののくことはなく、昔のように不正を行う者に虐げられることもない。」とします。

注目してもらいたいのは、この約束がされたのが王デーヴィッドに対してで、イスラエライト達が - その約束された地 - パレスチナにおいて既に確立されていて、そして当時、その王国が、その権力の絶頂期にあり、地中海からユーフラテス川まで実際に、既に拡張していた時だと言う事です。ですから主が「わたしの民イスラエルには一つの所を定め、彼らをそこに植え付ける。」と言う時、定められた場所、または約束された地が、パレスチナである事は出来ません。それは彼等が立っている場所であるためです。それはその他の場所でなければならず、そしてそれはイスラエル全体のためのもので、ジュダ家だけのためのものではありません。

トマス博士の見解によると、「このデーヴィッドへの神の約束は、それらの用語、「イスラエル」と「ジュダ」が、とてもはっきりと異なった意味を持っていた時代に与えられたもので、それらの分裂させられた人々の長い歴史の間に、更に鮮明にされました、」とします。

フラヴィウス・ジョセファスの「ユダヤ人達の昔」の第1巻第6章の読書が鮮明に明かすのは、どれだけ多くのヨーロッパの国々が、それらの起源を10の部族から派生させているかと言う事です。賢明な読者達は、素晴らしいインターネットを使って、彼等自身で発見出来るでしょうが、私達の目的において十分に言えるのは、アングロ・サクソン・イスラエルの主張者達が始めから正しかった様に現れると言う事です。イスラエライト達の本体は今、ヨーロッパ中のキリスト教圏内全体に散らばっていて、主に英国諸島を中心としますが、北欧とゲルマン系の国々にも広まっています。アメリカ人の読者達においては、貴方はエフライム族(今はイングランド人)と共にジョセフ家を構成していたマナセ族を変装させている様に現れます。

ユダヤ人達は故に、詐欺師的な悪党で、偽りと恐喝の犯罪的な伝統を、何千年も続けてきた様に現れます。しかしながら、ある小さな問題が説明される必要があるかも知れません。最近の記述は、イスラエルの現在の住人達は、正当なユダヤ人達では無く、カザキスタンから来たアシュケナージであると言う、遺伝子的な証拠を主張しました。指摘されるべきは紀元7世紀において、イスラム教によって禁止されている行為、ユーザリー(金利)の犯罪のために、ペルシャ(イラン)とアナトリア(トルコ)から追い出された、「ユダヤ人達」と呼ばれる部族がカザキスタンに辿り着いた事です。それらの追放されたイカサマ師達は、カザールの王の前で彼等を王族として紹介し、カザールの「王」家へと政略結婚する事によって、この荒っぽい遊牧的な社会の王座(王ジョセフ)へと侵入しました。クリミアの東のこの新たな権力の土台からヨーロッパへと潜入し、そしてまたレヴァントを通って Dardanelles とトルコへと戻りました。ですから、結局の処、彼等の中にもユダヤの血が少しは入っていたのかも知れません。

私が退役軍人トゥデイのその他の場所で明言した様に、絶対的な真実は、もう一つの神話ですから、私に出来るのは手掛かりと示唆を指摘する事だけです。しかしながら、もし彼の家族の一部をその他の一部の上に選び、バーゲンへと不動産現物を約束する様な神がいたなら、彼は私のための選択肢ではありません。私はイエスと共にあり、「約束された地は内的なもの」派で、それは私達全員を、同じ生命の主要な供給に位置付けます。私達は一つ(同じ)であるのだから、自己虐待、または奪い取り、もしくは偽りは止めましょう。

ヘブライ人達の神聖な聖書は、今日の基準によれば、白人種優越主義の教科書です。有名な王デーヴィッドの行為は、殺人鬼的なチンピラの行いです。「割礼されていない」ピリシテ人/パレスチナ人達は酷く扱われています。その他のコーカサス人(白人)にとって、ユダヤ的な「反セム主義」の非難に対する一つの良い返答があります。ヨーロッパ全体、北米大陸とその正反対(南米)に広まった「キリスト教圏」の大部分は、10の部族の子孫である可能性が高く、そして私達は主に白人であるだけでは無く、ユダヤ人達と同様に、シェム、またはセム族の息子達です。理性が示すのは、非道な振る舞いの間-部族的な批評は、ただそれだけだと言う事で、卑劣な行いは私達、セム族に悪名を与えるだけです。民族は本質的に肌の色に基づいています。非道でユダヤ的な犯罪の、白人から白人への批評は、その他の白人の部族の全てにとばっちりを食らわせる危険のある行為を終わらせる試みです。それをヘイト・クライムだとか、人種差別だとか、テロ行為と呼ぶ事によって、貴方は封鎖する事は出来ません。テル・アヴィヴとビビ(ネテニアフ)及びその他、貴方達がその原因で、貴方達の両方ともばれていて、何らかのしっぺ返しを食らう処ですよ!

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR