ピラミッド・アンテナのビーム

Pyramid nanoscale antennas beam light up and down
ピラミッド型の超小型アンテナが、光を上下にビームする
http://phys.org/news/2014-12-pyramid-nanoscale-antennas.html?utm_source=menu&utm_medium=link&utm_campaign=item-menu


1photolumines.jpg


真っ直ぐなナノスケール(超小型)のアンテナは、主に、の電場に反応します。これが意味するのは、光のエネルギーの半分を占める磁場の効果は無視されると言う事です。長期に渡りこれが、解決の出来ない問題と考えられていたのは、何故なら、アンテナを造るために使用された金属の殆どが、兎に角、光の磁場に反応しなかったためです。

これは、メタマテリアルの研究における急速な発展によって、最近、変化しました。過去において不可能と考えられていた事 - 光の磁場に強く反応するアンテナを造る事が - 超小型の金属の構造を造る事によって出来る様に成りました。

これ等のアイデアを頭に入れると共に、AMOLF とフィリップスの研究者達は、ピラミッド型のアンテナを造りました。アンテナの高さと側面の傾斜を慎重にデザインする事によって、研究者達は、光の磁場への反応が、光の電場とほぼ同じ位、強く成る事を発見しました。

固体の超小型アンテナにおける描写された効果を目撃した後、研究者達は一歩先に行き、複数のピラミッド型のアンテナを配列しました。そのそれぞれのアンテナがお互いにもたらす効果はとても驚きでした。光の特定の波長(色)において、アンテナは、その配列の表面上で反射された光を通してお互いと対化する事が出来ました。これはアンテナのグループを、個々のアンテナの合計よりも、光をビームする事において、より効果的にしました。加えて、アンテナの配列は、一つの波長において集合的に機能し、それと同時に異なった波長において、アンテナは個々として機能します。故に、ピラミッド型のアンテナの同じ配列が、特定の色の光のビームを上向きに、そして異なった色を下向きに放ちます。

pyramid (ピラミッド)
pyr (ギリシャ語:「火」)
mid (中心)

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR