バビロニアン・タルムード

KETHUBOTH(バビロニアン・タルムード)
11b

1kethuboth58.jpg


・・・大人の女と性交すると、[あたかも彼女が]木の棒によって怪我をさせられたかの様にする。¹私がサミュエルの前でそう言った時、彼は言った:「木の棒によって怪我をさせられた事」は、肉体には応用され無い²。ある人はそれ自体によってこの教えを教える:³大人の女と性交する小さな少年[に関して]は、ラブは言った、彼は彼女が[あたかも]木の棒によって怪我をさせられたの様にする;それに対してサミュエルは言った:「木の棒によって怪我をさせられた事」は肉体には応用され無い。R. オシャイアは反論した:大人の男が小さな少女と性交した時、または小さな少年が大人の女と性交した時、もしくは少女が事故的に木の棒で怪我をさせられた時 - [これ等の場合に全てにおいて]それらの KETHUBAH は200[ ZUZ ]である;と、 R. メイアーによるとそう成る。だが賢者達は言う:木の棒によって事故的に怪我をさせられた少女は - 彼女の KETHUBAH は MANEH である⁴!とラバは言った。それが意味するのは⁵これで:大人の男が小さな少女と性交した時、それが何でも無いのは、その少女がこれ以下の時、⁶それがあたかも人が眼に指を入れたかの様なもの⁷であるためであるが;小さな少年が大人の女と性交する時、彼は彼女を「木の棒によって怪我をさせられた」一人の少女にし、そして「木の棒によって怪我をさせられた少女」自体[の場合に関しては]、R. メイアーと賢者達の間に意見の食い違いがある。

ラミ B. ハマは言った:その意見の食い違い⁸は[唯一]彼⁹が彼女¹⁰を知っていた時に限ってで、R. メイアーが彼女¹¹を成熟したの少女¹²と比較するためで、そして・・・

(1)小さな少年との性交は、性的な行動として考えられていませんが、そうであれその女は、一切れの棒によってとして、それによって怪我をさせられます。(2)文字通り、「中では無い」です。(3)つまり、その問いに関するラブとサミュエルの間の意見違いは、R. ジュダへの言及が全く無く記録されています。(4)その賢者達は、木の一片によって怪我をさせられた少女に関してのみ異なっていますが、大人の女と性交する小さな少年に関しては異なっていません。これが表わすのは、後者の例が、前者の例と比較される事が出来ない事です。The Mishnah は結果的にラブに反対し、サミュエルに同意するでしょう。(5)文字通り、「言う」です。(6)文字通り「此処」で、つまり、3歳以下です。(7)つまり、眼には何度も、何度も、涙が出るので、ですから3歳以下の小さな少女には処女膜が戻って来ます。ニッド45a 参照。(8)R. メイアーと賢者達の間です。(9)その夫です。(10)つまり、彼が彼女と結婚した時、その花嫁が故に怪我していた(傷物であった)と、彼は知っていました。(11)その様に怪我をさせられた人です。(12)A bogereth(Glos.版)完全に大人の少女は・・・

58ページ

3歳児の女の子とのセックスは、彼女の処女膜を傷つけない。

YEBAMOTH(バニロニア・タルムード)
12b

2yebamoth62.jpg


・・・奇形、¹そして繁殖する事も出来ない、人自身の娘のライバルでさえ[許されています]。²ですが私達の Mishna において見つけられる表現³につてはどうであろう? - 「were(過去形)」と読める。

ラビンが来た⁴時、彼は R. ヨハナンの名において明言した: mema'eneth のそのライバル、⁵繁殖をする事の出来ない女のライバル、同時に、彼女の以前の夫と再結婚した、離婚した女のライバルは、⁶全て許されている。

R. ビーバイは R. ナーマンの前で音読した:3(つの分類の)人の女達は、彼女達の婚姻的な性交⁹おいて吸収性/吸収体(避妊道具)⁸を使うかも知れず⁷:未成年者、妊婦、そして乳母である。その未成年者¹⁰が何故なら[そうでなければ]彼女が妊娠するかも知れず¹¹、そして結果として¹¹死亡するかも知れ無い為である。妊娠している女¹⁰が何故なら[そうでなければ]、彼女が、彼女の胎児をサンダル¹²へと奇形させる原因に成るかも知れ無い為¹⁰である。乳母の女¹⁰が何故なら[そうでなければ]彼女¹⁰が彼女の子供を早まって¹³離乳させるかも知れないためで、そしてこれは彼の死亡に結果するかも知れない。そしてその様な未成年者の年齢は幾つであろう?¹⁴11歳と1日から12歳と1日までである。この歳よりも年下の者、¹⁵または年上の者は、¹⁶通常の方法において彼女の婚姻的な性交を行わなければ成らない。これが R. メイアーの意見である。その賢者達は、しかしながら、言う:その者、と同時にその他の者は、通常の方法において彼女の婚姻的な性交を行い、そして慈悲は~から保障され・・・

(1)そしてそうであれ結婚に同意し、それは結果的に合法で、そしてその女は彼の法的な妻です。(2)禁じられた親戚のライバルが唯一禁じられているのは、もし彼女が親戚で無いなら、その後者が逆縁婚(それによって男性が兄弟の系を維持するために彼の子供のない兄弟の未亡人と結婚しなければならない聖書の慣例)の結婚の教訓の対象である処です。繁殖が可能では無い妻の場合においては、しかしながら、彼女は逆縁婚の対象では無く、全く親戚でも無いので、彼女(その妻)が禁じられた親戚である処でさえも、彼女のライバルは、逆縁婚の婚姻の教訓が全く応用可能では無い者に関連する非とのライバルとして考えられます。ラシニ{3}V.61ページ、n.14.に引用された(解読不明のヘブライ文字)を参照して下さい。(4)パレスチナからバビロンまでです。(5)V. Glos. s.v. mi'un. この場合においてそれが言及するのはその levir (逆縁婚?)を拒否した者です(V. Rashi a.l.)。(6)彼女と離婚した、または死亡した、2番目の夫によって彼女が結婚していた後です。(7)[So Rashi. R. Tam:は、v. Tosaf s.v. (ヘブライ文字の本の題名)を使うべきです。(8)ズタズタに刻まれた羊毛、または亜麻布です。(9)受胎を妨げるためです。(10)吸収体の使用は許されるでしょう。(11)文字通り「恐らく」です。(12)文字通り、「平らな魚」で、つまり、過剰受胎による、平らな、魚の形をした中絶です。(13)彼女の第2の受胎によるものです。(14)受胎の能力がある者ですが、それによって死の危険にさらされる者です。(15)受胎が可能ではない時です。(16)妊娠が致命的な結果を含まない時です。

62ページ

7歳以下の女の子達は、避妊道具無しで性交を続けなければならない。

YEBAMOTH (バビロニアン・タルムード)
57b-58a

3yebamoth386.jpg


・・・サミュエルは言った:3歳と1日以下の女の子の件の場合において、アッバ¹は私と共に同意する;彼女と同棲する事は、 kinyan²を構成しないので、その婚姻の寝室³もまた、kinyan ²を構成しない。

ラバは言った、私達はまた、類似した Baraitha⁴を学んだ:3歳と1日の女の子は、同棲によって婚約されるでしょう;もし levir (逆縁婚の相手)が彼女と共に同棲しているなら、彼はそれによって彼女を所有する;⁵人は彼女を通して婚姻している女との性交の罪を負う;彼女⁶は、下と同時に上の寝床⁷の彼の分け与えの汚しに関して、彼女の同棲者を汚す;もし彼女が祭司と婚姻していたなら、彼女は terumah を食し、そして彼女と同棲している者達全てが不適格⁸で、彼女の不適格性の原因に成る。⁹故に3歳と1日の女の子のみが、同棲によって不適格にされ、婚姻の寝室を通してもまた不適格にされるが;3歳と1日より若い女の子は同棲のよって不適格にされず、婚姻の寝室を通してもまた、不適格にされない。¹⁰これがそれを証明する。

ラミ b. ハマは明言した:不適格な女達¹³にとって、婚姻の寝室¹¹が kinyan を構成するか[に関する問いにおいて]、私達は R. メイアーと、 R. Eleazar と、 R. シメオンとの間の意見の違いに辿り着いた。[58a」婚約が不適格性の原因に成ると考える R. メイアーによると、婚姻の寝室¹⁴もまた、不適格性の原因に成り、その間、 R. Eleazar と R. シメオンによると・・・

(1)つまり、ラブの正式な名前はアッバです。以前の名前(ラブ=マスター)は彼の時代の最も優れたマスター(主人)として、彼に与えられた尊敬の称号です。ラシなどによると、「アッバ」は、「王子」や「マスター」と同義の尊敬の用語で、彼より若い、同時代の人、サミュエルによってラブと言及されました。(2)V. supra 385ページ n.12. (3)それは、同棲が可能な処においてのみ kinyan を構成しますが、記述されたよりも年下の場合構成しません。(4)それから、ラブとサミュエルが同意している、結論が言及されます。(5)彼女は彼の合法的な妻と認められます。(6)彼女の月経の期間です。(7)もし彼が(毛布、ベッド・シーツ等々の)それぞれが重なり合う、幾つもの寝床の上に横たわると、彼はその最上層の一枚のみとの直接の接触に成りますが、彼はそれらの全てに汚れを分け与えます。(8)例えば私生児です。(9)V. supra 385ページ、 n. 12. 参照 Kid. 10af, v. Sanh. Sonc 版 376ページ、 n. 2. (10)参照 supra note 3. (11) V. 385ページ、 n. 11. (12) V. loc. cit., n. 12. (13) V. loc. cit., n. 13. (14)婚約が無くてでさえもです。

386ページ

3歳の女の子達とのセックスが許されています。

補足:
逆縁婚 =(それによって男性が兄弟の系を維持するために彼の子供のない兄弟の未亡人と結婚しなければならない聖書の慣例)
R. 恐らく「ラビ」の略。

YEBAMOTH (バビロニア・タルムード)
60b

4yebamoth402.jpg


「彼まで」は、未成年の者も含む。だが R. シメオンが「処女/童貞」と明言したのは、正に完璧な処女/童貞を意味した!¹ - 彼の理由もまた此処から派生するのが何故なら、彼が以下の提示をするためで:[聖書的な記述]「彼まで」は未成年の者を含む事を必要とするので、「処女/童貞」は完璧な処女/童貞を意味すると推論される。

3年と1日以下の歳の改宗者が、祭司²と結婚する事が許されているのは、男と横たわる事によって、男をまだ知らない女子の子供達の全ては、貴方自身³のために生かしておけと言われるためで、そして Phinehas は確かにそれらと共にあったと R. シメオン b. Yohai が明言したと教えられる。そしてラビ達は?⁵ - [それらは]奴隷の男達と奴隷の女達として[生かされた]。⁶もしそうなら、⁷その歳が3年と1日⁸の改宗者もまた許されるべきである! - [その禁止は] R. フナと共に沿って[説明された]。 R. フナが矛盾を指摘したためで:男と共に横たわる事によって、男を知る女の全ては殺し、⁹もし彼女が知らなかったのなら救えとそれは書かれ;これから推論されるのは、それら(子供達)が[男を]知っていようといまいと生かされると言う事で、そしてもう一方で、男と横たわる事によって、男を知らなかった女子の子供達の全ては、貴方達自身のために生かしておき、もし彼女達が知っていたなら、彼女達を見逃すなとまた、書かれている。結果的に¹⁰聖書は同棲¹²のために相応しい¹¹者について述べていると言われなければならない。

また、同様に教えられているのは:そして男⁹を知っていた全ての女について;聖書は、同棲のために相応しい¹²者の事を述べる。「同棲のために相応しい者について」;恐らくそうでは無く、実際の性交をした者ではないか?と、貴方は言うかも知れない。 - 聖書が明言する様に、男と横たわる事によって、男を知らない女子の子供達の全てで、¹³聖書は同棲のために相応しい者を述べると結論されなければならない。¹²

(1)supra 59a 未成年の者は、完璧な処女以上のものではありません。(2)彼女は売春婦として考えられません。(3)民数記 31:18(4)祭司であった者です。(5)聖書的な補佐のある、 R. シメオン B. ヨハイの意見に反対して、彼等は若い改宗者の結婚を禁じる事が出来たでしょうか?(6)婚姻のためではありません。(7) R. シメオンによると、民数記31:18は婚姻に言及します。(8)彼女が「男を知らない」限りです。(9)民数記31:17です。(10)その矛盾を解消するためです。(11)つまり、3年と1日の歳を得た者です。(12)それを実際に経験した事の無い者です。(13)もし大人の女が男を知らなかったとしても、あらゆる大人の女は見逃されない事を示唆します。

402ページ

ラビは3歳以下の女の子とセックスする事が出来ます。

YEBAMOTH (バビロニアン・タルムード)
60b - 2

5yebamoth403.jpg


何処から彼等は知ったのだろう?¹ - R. ハナ² b. ビズナは、信心深い R. シメオンの名の下に返答した:彼女達は前方のプレートの前に通された。³もし誰かの顔が青白く⁴成ったなら、彼女は同棲に相応しいと知られ;もし青白く⁴成らなかったら、彼女は同棲に相応しく無いと知られる。

R. ナーマンは言った:浮腫は淫行の現れである。

そして彼等は、Jabesh-gilead の住人達に中に、男⁵と横たわる事によって、男をまだ知らない、400人の若い処女達を見つけたと、同様に言われた;何処から彼等はそれを知っていたのだろう?⁶ R. カハナは返答した:彼等は彼女達をワインの大樽の上に座らせた。以前に性交をした事のある[者を通して]、その香りは浸透したが;処女を通しては、その香りは浸透しなかった。彼女達は前方のプレートの前を通されるべきだった!⁷ - R. ネイサンの息子、 R. カハナは返答した:受け入れのために、⁸罰のためでは無く、受け入れのために、と書かれている。もしそうであるなら、ミディアンにおいてもまた、応用されるべきだった!⁹ R. アシは返答した:「彼女達までと書かれており、罰のためでは無く、受け入れのための彼女達まで¹⁰を示唆するが、しかしながら、罰のための偶像崇拝者達までである。¹²

R. ヤコブ b. イディは、 R. ジョシュア b. レヴィの名の下に明言した:halachah は、R. シメオン b. ヨハイ¹³と共に同意にある。 R. ゼラは R. ヤコブ b. イディに言った:貴方はこれをはっきりと聞いたのか、または貴方は推理によって学んだのか?その推理は何で[ある事が出来るだろう]? - R. ジョシュア b. レヴィが関連させた様に:イスラエルの地には、ある特定の街があり、その住人達の正当性は論争されていて、そしてラビは、調査を行った R. ロマノスを送り、そして3年と1日の歳¹⁴以下の改宗者の娘を見つけ、そしてラビは、祭司¹⁵と共に住むために彼女は適格であると宣言した。

(1)引用された文章において言及された、メディアン族の女達のどちらかが、同棲に相応しい、または相応しくありません。(2)Cur. edd., 「フナ」。(3)高司祭の額の上に飾られた黄金のプレートです。V. Ex. 28章、36ff.(4)文字通り「(病んだ)緑」です。(5)士師記21章、12.(6)参照:supra n. 1 mutatis mutandis.(7)ミディアン族の場合において行われた様にです(v. supra)。(8)Ex. 28章、38、前方のプレートに関してです。(9)すると、其処で行われた試験がプレートの前だったのは何故でしょう?(10)イスラエライツが、Jabesh-gileadの住人達であったためです。(11)メディアン族もそうであったためです。(12)プレートの前方でです。(13)3年と1日の歳以下の改宗者は、司祭によって婚姻されるでしょう。(14)そして司祭と結婚させられました。(15)つまり、彼女の夫と共に住み続ける事が許されました。

403ページ

3歳の女の子と結婚する。

補足:
R. ラビ
b. ベン(~~の息子)

SANHEDRIN (バビロニア・タルムード)
54b-55a

6sanhedrin371.jpg


・・・歳を取った者として扱われる。¹これによって何が意味されたのだろう? - ラブは言った:9歳以下の子供との男色は、それより年上の子供との男色の様には考えられない。サミュエルは言った:3歳以下の子供との男色は、それより年上の子供との男色の様に考えられない。²彼等の食い違いの土台は何だろう? - ラブは:男色の受け身的な対象として、性交を行う事の出来る彼だけが、[実行犯に]罪を問う事ができ、その間、性交を行う事の出来ない彼は、[それに関して]男色の受け身的な対象に成る事が出来ないと主張する。³しかしサミュエルは:聖書が[女と寝るように男と寝てはならない。]と記述すると主張する。⁴

それはラブに沿って教えられ:9歳と1日における男色は;[55a]自然であれ、不自然であれ、獣性を行う[彼は];または自然であれ不自然であれ、彼女自身を獣性的に虐待させる女は、罰せられる対象に成る。⁵

R. ヒスダの息子、R. ナーマンは一つの解説において明言した:女の場合、親密さには2つのモードがあるが、男の場合・・・

(1)その言及はソドミーの受け身的な対象に対してです。supra 54a に明言される様に、もし前者が未成年、つまり13歳以下でも、罪は意欲的な参加によって発生します。此処で、しかしながら、この歳の中ではっきりとした分別が成されると明言されています。(2)つまり、ラブは9歳を最低限にしますが、もし人がその歳よりも年下の子供とソドミーを犯すと罪は派生しません。(3)9歳において、男性は性的な成熟を達成します。(4)レヴィ記18章22です。故に比較の点は女の性的な成熟さで、それは3歳の年に達成されます。(5)[ラシは、私達の印刷された文章の(ヘブライ語a)の代わりに(ヘブライ語b)を読みます。それを犯す、等々の9歳と1日の男性です。]ですから故に、この Baraitha において、3つのはっきりとした条項があります。最初に - 9歳と1日の男性は - 男色の受け身的な対象を言及し、刑罰は、大人の実行犯によって派生させられます。これがその意味であるはずで:何故なら最初に、その意欲的な実行犯が男性として一度もはっきりと指定されていないためで、それは丁度、聖書が明言する様に、男と寝てはならないと理解されるためで、其処において唯一受け身的な参加者の性別が指定されています;そして第二に、もし年齢への言及が意欲的な側へのものなら、その罪は受け身的な大人の側によって派生し:近親相姦的な全ての犯罪において、相手側が少なくとも9歳と1日以上でないのなら、受け身的な大人は罪を派生させないのでしょうか?故に Baraitha は、大人に責任が派生する、受け身的な相手方の最低限の年齢は、9歳と1日であると言う、ラブの主張を補佐します。

371ページ

タルムードは、男の子が9歳で、女の子は3歳で、性的に成熟すると考えます。

SANHEDRIN (バビロニアン・タルムード)
55b

7sanhedrin376.jpg


R. Hamnuna でさえ提出した:もしユダヤ人が、無知において獣性交を犯したとしたらどうだろう;[その動物が石殺にされなければならない]障害と堕落の両方があるのだろうか、そしてこの場合堕落だけがあるが、罪は無く;または恐らく、[その動物が石殺されるための]障害は無く、堕落だけがあるのだろうか?¹ - R. ジョセフは言った:来て聞きなさい!3年と1日の歳の乙女は、性交によって結婚において得られる事ができ、そしてもし、彼女の死んだ夫の兄弟が彼女と共に同棲するなら、彼女は彼のものに成る。浮気の罰は、彼女を通して派生し;[もし niddah なら]彼女は、彼女と共に関係のある彼を汚し、故に彼は、順を追って、[淋病にかかった人が]横たわった布として、彼の寝床を汚す。²もし彼女が祭司と結婚したなら、彼女は terumah を食べる事が許され;³もし相応しく無い者が⁴彼女と関係を持ったなら、彼は彼女を聖職から不当にする。⁵もし禁じられた段階のいずれかが、彼女と性交したなら、彼等は彼女のために⁶罰せられるが、彼女は例外である。⁷さて、「禁じられた段階のいずれか」は獣さえも含み:」この場合、堕落があり、障害な無いが、にも拘らず彼等は[獣を含めて]彼女のために殺されると教えられ・・・

(1)Mishnah の後の説明によると、この問題は解決され、その間、その最初は答えられていないままですが;最初の説明によると、最初の問題は解決されましたが、二番目は解決されていません。どちらが正解なのか、私達が確かに成れ無いので、両方が今の処未解決です。(2)niddah と性的な関係を持った男は、もし彼が実際にそれに触れなかったとしても、彼の寝床を汚します。ですがそれによって得られる汚れの度合は、niddah 自身、または淋病にかかった人が横たわるベッドと同じではありません。後者の場合、汚れが大きすぎて、そのベッドが順を追って接触へと来たあらゆる人、または道具を不潔にするためです;その間、前者の場合、食べ物と飲み物だけを汚す事が出来ます。これはzab (つまり、病にかかった人)によって横たわられた、または使用された布に有された不潔さと同じ度合の不潔さです。(3)イスラエライツの法律として、司祭と結婚した(成人)の娘です。ですがもし彼女が3歳以下で、彼女の父によって、彼女の代理で受け入れられた Kiddushin は合法的であるけれど、彼女は性的に成熟していないので、その結婚は達成される事が出来ず、そして故にそれによって terumah を食べる事は許されません。terumah について、イスラエライトの産物の司祭の分です。 v. Glos. (4)例えば、異教徒、hallal, nathin, または私生児です。(5)つまり、もし司祭の娘、または司祭と結婚したレヴィ族、またはイスラエライツの娘なら、terumahを食べる事は許されません。(6)もしそれらが、死の痛みをもって禁じられている者達ならです: v. supra 53a.(7)彼女が未成年だからです。

376ページ

3歳の女の子との性交は、彼女の「夫」によって許可されますが、獣を含むその他のもの達によってではありません。

SANHEDRIN (バビロニア・タルムード)
55b


8sanhedrin377.jpg


・・・のためである。¹[彼女は未成年だが]彼女が意図的に犯したので障害があるが、慈悲深い神は、彼女に憐れみを与え:彼は彼女に慈悲を授けるが、動物にでは無い[と論議出来るので、否、これは結論的では無い。]

ラバは言った:来て聞きなさい!彼の死亡した兄の妻と同棲する9年と1日の歳の男子は、[前者が遺書を残さなかった場合]彼女を[妻として]得る。だが彼は、彼が成人するまで、彼女と離婚出来無い。²彼は niddah との性交を通して汚され、³よって順を追って彼は、[淋病にかかった人が寝た布団の様に]彼の寝床を汚す。彼は女を聖職から失格させるが、⁴女に[termah]を食べさせる事は出来ない。⁵彼は動物を祭壇のために相応しくなくさせ、⁶そしてそれは彼のために投石の刑にされ、⁷そしてもし彼がトーラにおいて禁じられている段階/度合の一つの性交を行えば、その後者は処刑される。今此処に堕落はあり、障害は無いが、それはこう教えられる:「それは彼のために投石の刑にされる。」それが意図的な行為だったので、障害があるが、慈悲深い神は彼に情けをかけ;彼に慈悲を与えたが、動物にでは無い。

来て聞きなさい!もう一つの理由は、「この動物のために、誰々が投石の刑にされた」と人々が言う間、その動物は、道を通れるべきでは無いためである。此処で確かなのは、後者の理由が障害と堕落の両方を含むので、前者の理由は堕落のみを言及し、つまり、無知においてユダヤ人が獣性交した時・・・

(1)これは R. Hamnuna の問題を解決します。(2)未成年であるために、大人(彼の兄)によって元々彼女に課された縛りから、彼女を解放する力が彼には無い為です。(3)この翻訳は Mishnah Niddah 45a の、より正確な文章に続き、此処においてこれは、 niddah として umi??amma keiddah と読む代わりに、(niddah を通した、またはそれによる) umi??amma beniddah を有する引用です。(4)V. 343ページ、n.6.(5)もし彼が祭司で、結婚の意図と共にイスラエライツの娘と性的な関係を持ったとしても、これが彼女に terumah を食べる事を許可しないのは、何故なら既に彼に結ばれた彼の逆縁婚の義理の姉を除いて、彼には結婚において得る法的な資格が無いためです。(6)もし彼がそれと共に獣性交を行い、その行為が一人だけの目撃者に証言されたら、その動物は殺されませんし、非宗教的な使用には相応しくなく成りませんが、生贄としてはもう使用できません。(7)もし彼の獣性交が2人の目撃者達に証言された際です。

377ページ

9歳の少年が、彼の大人の義理の姉と性交出来ます。




Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR