説明されたホロコースト

THE HOLOCAUST EXPLAINED
説明されたホロコースト
By Eustace Mullins
ユ―スタス・マリンズ著
http://www.eustacemullins.us/wp-content/works/Articles/Eustace%20Mullins%20-%20The%20Holocaust%20Explained%20%281981%29.pdf


ホロコースト:完全に焼かれたという意味から。1)火によって完全に焼き尽くされた生贄。2)火による完全な焼き尽くし。
オックスフォード英語辞典。

もし、彼等がドイツでの、ホロコーストの被害者であるというユダヤの主張が本当なら、彼等は火によって、完全に焼き尽くされた事に成ります。このユダヤ人達の主張が、受け入れられることが出来ないのが何故なら、生存者が多過ぎるからです。ユダヤ人達が、彼等の主張する様に、火によって完全に焼き尽くされなかっただけでなく、この、起こらなかった出来事の40年後、ホロコーストが起こったとされる時代に生きていたユダヤ人達より多くのユダヤ人達が、ホロコーストの生存者であると主張しているのです。アメリカ・イリノイ州のスコキエの小さな住宅街には今、何千人もの、ホロコーストの「生存者」だと主張する健康なユダヤ人達がいます。

30年以上にも渡り、アメリカの有権者達は、合衆国において、官庁職に立候補する者の誰しもが、止む事無きイスラエル国家への機械的な忠誠を誓わなければならないという事実を、沈黙と共に受け入れています。そしてまた、これらの候補者達がホロコースト神話に儀式的な服従をし、第二次世界大戦において、6百万人のユダヤが、ドイツ人達によって殺害されたという教義に、永遠の信仰を誓うという事を知る人は多くありません。国際シオニズムの世界統治ジャーナルである、ワシントン・ポスト紙が、1981年10月29日の社説に載せた様に、「イスラエル国家をサポートする事を拒む者の誰しもが、その人の、6百万人のユダヤの殺人犯達(ドイツ人達)への、同情を認めている、」と脅しているのです。

ウェブスターの辞書は反逆罪を、「国家を裏切る犯罪、もしくは転覆者が属する、国家政府を転覆させる犯罪」と定義しています。合衆国憲法を守ると誓った、合衆国の官庁職に就く者達が、外国の政府に忠誠を誓う事、そして外国の政府への忠誠の中で行動する事は、大逆罪を意味し死刑に値するのです。イスラエル国家の場合だと、状況はもっとはなはだしく、何故なら1948年のその建国以来、イスラエル国家は、合衆国市民に対する戦争状況を維持しているからです。もし戦争を行う目的が、相手の人々を服従させ、彼等の物資を奪い、奴隷化させる事であるなら、イスラエルの、合衆国に向けた行動は、絶えず続く戦争を行っていると表現されなければなりません。ですから、合衆国全土で、シオニストに協力する者達は、戦争時に、合衆国の敵に補助と安全を与えている事になるのです。これらの反逆罪行為は、死刑のみにより罰せられるのです。

シオニストへの協力者達の唯一の言い訳は、彼等は、ホロコーストの被害者を助けているという主張だけです。不幸にもこの言い訳は、ガス室など無く、ドイツ人が、ユダヤを処刑する計画など無かったという、暴露によって崩壊させられました。1952年に私は、「血と黄金」の中に、「ヒトラーが、6百万人のユダヤ人達を殺害したという主張は、彼等(ユダヤ)自身による、世界アルマナクの(統計の)数字と矛盾しています。ドイツ降伏の直後、アメリカの編集者や記者達が、飛行機で送り込まれ、強制収容所へ連れて行かれ、大きな骨の山を見せられました。それらはロシア兵捕虜の遺体だったのですが、それらは撮影され、合衆国全土で「ユダヤの骨」として見せられたのです。知られている内の中で、最も吐き気を催しそうな、世論に影響しようとする試みは、ユダヤ人の映画館の所有者達が、それらのおぞましい映像を、何度も、何度も繰り返し上映した事でした、」と書きました。

またもや私達は、日常茶飯事に成った、ユダヤのプロパガンダに充満されてしまいました。バカ馬鹿しい骨の写真の幾つかは、第一次世界大戦の間に撮影されたものだと、証明されたのにも拘わらずです。税金で運営されている公共の放送局が最近、幾つものどれも信用性の無い「ホロコースト」の映像を放送しました。その一つでは、一人の老いたユダヤ女性が、40歳の時に収容されていたと主張する、アウシュヴィッツに戻りました。「それは死の収容所だった!」と彼女は強く言いました。それから彼女は、そこに4年間いたと明言し、ドイツ人は「毎日、全員殺した」と言いました。そして彼女は、どう生き延びたのかを聞かれました。「私は収容所で隠れ、」彼女はこう説明し、「でも、私には3年間食べる物が何も無かった、」と言い張りました。

この驚きの声明の後、彼女は、並んだ平和に満ちた兵舎を指さし、金切り声でこう叫び、「ほら、見て!貴方自身が、それが実際に起こったのを見る事が出来るでしょう!」心地よさそうな田舎の風景しか見せられていない、混乱させられた視聴者は、明らかにガス室に連れていかれる、6百万人のユダヤ人達を思い描くと期待されていたのでしょう。

殆ど全てに近いユダヤ人の「生存者達」は、彼等の「死の収容所」で3年から4年過ごし、その間、「全員が殺された」と主張します。それらの収容所は実際には「労働収容所」であったのに、それらにおいても一人も生き残らなかった事が明らかな様です。それぞれのの入口の看板には「Arbeit Machs du Frei,」もしくは、「労働は貴方を自由にします」とあります。

1981年9月26日の「ネーション」紙の中で、「本当に6百万人死んだのか」という、パンフレットを配った者達を起訴出来る様にするための、南アフリカのユダヤ・コミュニティーの指導者達の、第二次世界大戦中に、ユダヤ人がドイツ人によって殺されたか、確かめてください、という要求への返答に、ドイツ軍備大臣のアルバート・スピールが「(確認)出来ませんでした、」と答えたのが引用されました。スピールは、「集合的な罪悪感」の類は認めたけれど、嘘でもいいからユダヤが殺されたと「告白」しろという、ユダヤ人達による圧力には屈せず、それを拒み、ホロコースト活動の、いかなる直接の知識を、彼が持っている事を否定しました。彼の「罪悪感」の受け入れは、ユダヤのアジテーター(扇動者)であるサイモン・ウィーゼンタールから称賛を得て、それから彼はスピールの新書、「潜入」を支持し始めました。しかしながら、この本は収容所を労働収容所と定義しています。「工場の調査の間、私は集中収容所の収容者達が、ドイツ人労働者の中で働いているのを見ました、」とスピールは9ページに書いています。

スピールがそれらの労働者達を、ユダヤ人とさえ指定していない事に注目してください。「私の調査の間(1943年3月のマウタウゼンで)私は、支え壁も、その上に建てられた兵舎も、高価な花崗岩製であったのに驚かされた。全ては清潔で整っていた。平均的な対飛行機(部隊)の兵舎と同じレベルと云える。収容所とその石の正門と中世の城の庭と、その擬史的な壁と塔は、ロマンチックに近い印象を与えた、」と41ページに彼は書いています。

戦場のドイツ兵士達が、労働収容所の働き手程、快適な兵舎に寝泊まりする事は決してありませんでした。タイム・マガジンのシニア編集長の、オットー・フリードリックが、アトランティック・マンスリーの1981年9月号に記事を書いたのですが、彼は、収容所の生存者達が書いたものを、全て元にしたと明言していて、そしてそれらは決して彼等の存在をバラ色に描いていると、批判される様なものではなかったと提言しています。「アウシュヴィッツの王国」の中でフリードリックは、「アウシュヴィッツはとてつもなく複雑な社会だった。それには独自のサッカー競技場があり、独自の図書館があり、独自の写真ラボがあり、独自のシンフォニー・オーケストラがあった・・・死の収容所に病院がある必要は全く無いのだが、アウシュヴィッツの病院はかなりの大きさに成り、約20名の医師と300名を超える看護婦が勤務していた、」と書いています。

フリードリックは彼自身の記述の裏の意味を無視していますが、大きな近代的な病院がある「死の収容所」は死の収容所では全くなく、健康収容所なのです。「全ての収容所に彼等独自のシンフォニー・オーケストラを持っていた。」これは第二次世界大戦中に米国空軍で兵役についていたこの筆者が任務した22か所のどの軍事駐屯地にも無かった文化的な設備です。「アウシュヴィッツには労働者のための独自の売春宿があった、」とフリードリックは更に書いています。そして何百万人ものユダヤの収容者達がガス室に送り込まれていく写真が撮れて、現像出来たであろう写真ラボがあるのに、その様な写真が展示された事は一度もありません。彼の記事の後半には、アウシュヴィッツは戦争中開発が続けられ、実際には巨大な工業帯に発展し、外側にあった34の収容所のネットワークが、セメント工場、石炭鉱、そしてスティール工場に労働者達を提供していたと、フリードリックは書いています。I.G.ファーベンはそこに巨大なシンセティク・ゴム工場を運営していました。

極度に信仰深い人であったアドルフ・ヒトラーはメイン・キャンプ(我が闘争)に書き残しています。「故に今日私は信じている。私が全知全能の創造主の意志に従って行動している事を。私自身をユダヤに対して防御する事によって、私は主の仕事のために戦っている・・・ユダヤ連による世界のボルシェヴィク化(共産主義過激派化)に対しての戦いはソヴィエト・ロシアに対峙する鮮明な態度を必要とする。デヴィル(悪魔)をベゼルバブ(悪魔)で追い出す事は出来ない。」

戦時中、二つの前線を同時に戦っていた時に、ヒトラーは、ユダヤによる極めてクレヴァーなキャンペーンにより、自身をその熱烈な感情(信仰深さ)から揺り動かされました。連合軍がドイツ市民に対して絨毯爆撃の恐怖のキャンペーンを実施すると事前に知らされ、ドイツの街々からユダヤ人達を避難させる事が必要に成ったのです。彼等のナチス官僚達とネットワークを通して、ユダヤ・コミュニティーの指導者達は、ユダヤ人の「東方への移住」と称した疎開を組織しました。スピールでさえもその計画を承認しましたが、「東へ移住するユダヤ人達の内の働ける者は、その旅を途中で中断し、武器製造の労働をしなければならない」と特定しました。その結果、労働収容所は街から遠く離れた田舎に確立され、ドイツ人女性と子供達を覆った焼夷弾の雨あられからユダヤ人達は逃れられたのです。第二次世界大戦中にドイツでホロコーストは起こりましたが、その被害者はドイツ人達であり、それは深く計画された民族大量惨殺(ジェノサイド)で、その間、ユダヤ人達は集団疎開していて助かりました。

戦後、真実を湾曲させるのに天才的な彼等は、事実を完全に裏返し、あべこべにしました。街でドイツの非戦闘員がホロコーストの炎に包まれた事の代わりに、被害者は、現在、「死の収容所」で「皆殺し」にされたユダヤ人達だという事に成っています。ユダヤの避難、「東方への移住」が、ユダヤの指導者達の要請で組織されたので、多くのユダヤ人達が、彼等自身のプロパガンダを信じ込み、ユダヤの指導者達がヨーロッパのユダヤ人達の「皆殺し」を計画したと非難しました。ですから代表的なユダヤのインテリであるハンナ・アレンドットも、彼女の「エルサレムのエイクマン」の中に、「ユダヤ人が住んでいた何処にでも、認識されたユダヤの指導者達がいて、このリダーシップは、殆ど例外なく、あの手でなければこの手でナチスと協力した、」と恨めしく書いています。勿論、彼等は協力しました。その御蔭で、百万人のドイツ人女性と子供達が命を落としたドイツの街々の絨毯爆撃で、一人のユダヤの命も失われなかったのです。連合軍のベルリン爆撃は、とても多くのドイツ人家族を殺したので、アイゼンハワーは今日、「ベルリンの気違い惨殺者」という皮肉なあだ名で覚えられています。コローン、ハンブルグ、ドレスデン、そしてその他のドイツの街々の爆撃によって起こされた炎の嵐は、第二次世界大戦においての最も大きな暴虐として残ります。

ユダヤのホロコースト神話が造り出されたのは、第二次世界大戦における本当の暴虐を不明瞭にするためなのです。その一番最初の適用は、ソヴィエト軍がカティンの森で行った、14,000人のポーランド人の将校達の機械的な殺害の発覚を隠蔽するためのものでした。これらのポーランド人の将校達は、ポーランドの人口の中で、最も高学歴で、最も技術力に長けたグループでした。スターリンはポーランドにおける共産主義支配を容易にするために、彼等の皆殺しを命じたのです。後にユダヤ人達が、田園風景の地域に連行され、処刑されたという話の元に成ったのが、このカティンの大虐殺なのです。実に、ホロコースト神話を造り出した基本的な目的は、ニューレンバーグ裁判でカティンの森の大虐殺が持ち出され、ソヴィエト・ロシアが恥をかくのを防ぐためのものだったのです。ルーズベルトの親共産主義政権は、カティンの恐怖の隠蔽するために、勇気を持って戦いロシアを補助しました。ジェームス・ポール・ウォーバーグによってセンス情報局に任ぜられたエルマー・デ―ヴィスは、彼の放送でこの暴虐について述べる事を拒否し、W.アヴェレル・ハリマンは、ニューレンバーグ裁判が完了するまで、この話を印刷に載せない事に協力しました。1943年5月21日の「ユダヤのコメント」は、ドイツ人達による(カティン)大虐殺の発見を、以下の様に、「ソヴィエトによる10,000人のポーランド人将校達の殺害の主張の、センセーショナルな成功の後、ドイツのプロパガンダ局は、連合軍を割れさせる、更なる可能性を模索しようと、見るからに決心している、」と嘲笑いました。

ドイツの民間人達を、多くのドイツの街々において、炎の嵐で焼き尽くしただけでなく、何十万人もの日本の民間人を、広島と長崎の原子爆弾投下で焼き尽くしたり、キールホール作戦において、百万人もの共産主義ロシア人達を、ルーズベルトの命により、ソヴィエトの死刑執行人達に手渡したりと、その他を含め、数多くの暴虐が、ユダヤに指揮された連合軍によって行われたので、これらを日食の如く覆い隠す、ドイツ人達の暴虐を作り出す事が必要だったのです。ユダヤの「皆殺し」はオーダーメードの様でした。元々、数字的な根拠が無かったので、当初の推定は、ユダヤの死者数1,200万人でした。ユダヤ人達の中の賢い者達は、100万人以下に訂正する事を提案しました。それより大きな数字だと、後々それは否定されかねなく、ホロコーストの主張全体さえも無効にしかねないからです。ニューヨークの何人かのユダヤ人の物書き達が、600万人という数字を公表し始め、これはすぐに広くに知れ渡ってしまい、ユダヤ人達はこの数字に落ち付かなければならなくなり、それは今日までスタンダードな数字として残っています。自らをホロコーストの「歴史家」に任命したルーシー・S.ダヴィドウィッツは恥ずかしそうに、5,933,900という数字を彼女の「ホロコースト読者」に載せました。確かに、この数字を四捨五入して600万にする事に反論する者はいませんでした。ジョージ G.サドウスキー下院議員は、マーシャル・プランに反対するに際して、「10,000,000のユダヤ人達が殺され、拷問され、奴隷労働収容所に入れられた事の全ては、何も意味しない。」議会議事録、1948年2月23日、と述べています。

ユダヤ人達を、連合軍の絨毯爆撃の恐怖から保護する間、ドイツ人達は、戦争による強要の急務故に、ユダヤ人の事は殆どユダヤ人任せでした。その結果、ユダヤ人達は、戦時中の統一的な惨状の中、彼等のヤミ商業と、拾い集めの才能を生かし繁栄しました。ウァーナー・ソンバートが書いた様に、「戦争はユダヤの収穫」だったのです。「ユダヤに対する戦争」の中でルーシー・ダヴィドウィッツは、ユダヤの不当利得者達について、「この新たな階級は--密輸者達、地下世界(ヤクザ)、成り金達--ゲットーに広がったカフェ、レストラン、そしてナイトクラブの常連に成った。彼等は食事をし、飲み、踊り、時を過ごした、」とこう書いています。

収容所内では、ユダヤ人の収容者達が、彼等の行政管理の完全な指揮をとりました。彼等は収容所を訓練学校化し、彼等の生徒に、ユダヤ人の生存と勝利への、最も熱烈な方法の取得を受けさせました。食べ物の欠片から、衣服、そして性的な快楽と、その他の生活の様相の全てが、最も物騒な物々交換と、優位性への策略の媒体と成りました。フリードリックはその一つを「アウシュヴィッツの王国」の中で引用しています。「集中収容所での存在は、世界全体が、本当は集中収容所の様だという事を私達に教えた。世界は正義や道徳で支配されているものではない。犯罪は罰せられず美徳は報酬されない。世界は力(権力)によって支配されている。私達はある種の新しい怪物的な文明の基礎を並べている。」

実際に、ユダヤ人達は、収容所を、彼等のための最も熱烈なタルムード的な訓練学校を再創造する好機とみなし、中世のゲットーから出始めた事から失いつつあった厳密な教育を復活させるのに使いました。彼等が収容所で再構築した、彼等の遺伝子的なエネルギー源の中で荒れ狂い、彼等は必然的な戦争の終結のために準備し、自らをパンドラの箱から出た、最も荒廃的な疫病の如く、地の戦争疲弊した国々へと解き放ったのです。彼等が無力なキリスト教徒達の上に降りた時、彼等はすぐさま「新たな怪物的な文明」を作り上げました。あるユダヤ人は、「私が集中収容所を離れた時、私が誰でも取る(相手とる・命を取る、etc.)事が出来ると突然気づいた、」と豪語しました。

この権力のための学校の卒業生達は、直ぐに裕福に成り、多くの国々において影響力の強い住人達と成りました。その一人残らずが、熱狂的なシオニストです。彼等はゴイム(非ユダヤ・家畜)に対する軽蔑の元に統一され、非ユダヤの家畜達を奴隷化し、操ろうと提案しました。1948年のイスラエル国家建国と共に、彼等は直ぐに合衆国政府をテルアヴィヴの隷属へと変質させていき最も偉大な国の富を他の国々で、彼等の目的を進行させるために使っていきました。その全てのケースで彼等は、ホロコースト神話を彼等の目的を進めるために利用しました。ゴイムはユダヤの「皆殺し」の話や映画で充満させられました。アン・ロイフィーは「記憶の無い世代」の62ページに、「ガスの価格が上がり、供給が不足し始めると、彼等(ドイツ人達)は赤子や子供達を、直接燃え盛るオーヴンへと投げ入れた」と書いています。彼女が伝える事が出来ていないのは、ドイツ人達が「燃え盛るオーヴェン」でどの様な燃料を使用していたのかという事です。ユダヤ人は、何百万人ものユダヤ人達を処分した、ドイツ人の「近代テクノロジー」を変わる事無く書き続けましたが、唯一のこの「テクノロジー」の証拠は、19世紀からの遺物の様な2つの小さなオーヴンの図で、それらでは1日に2,3の人体を焼却するのがやっとです。火葬場で人体を焼く場合、最初の90分間は2200F度(C度=9分の5F度)必要とし、その後、60分から150分1800F度で焼きますが、これでも骨までは焼き切りません。燃料の供給が欠けていたので、ドイツ人達は、被害者達を焼く計画を始めるのに、必要な燃料すら手に入れる事が出来なかったのです。

その後、ユダヤ人達は、被害者達への毒々しい化学的な人体実験の話を紹介し始めました。実際にワシントン・ポスト紙は最近、無力な被害者達が、強烈な痛みや、吐き気や発作、頭髪の消失といった症状の出る、化学薬品を投薬されたという、ホラー話のシリーズを載せました。しかし、それらの被害者は、ナチス集中収容所のユダヤ人達ではありませんでした。彼等は、ガン治療のために、政府の医師達によって、様々な薬を試されたワシントンの国立健康病院の患者達でした。殆どの被害者達は、彼等のガンが少しも改善する事も無く、苦痛の中で亡くなりました。アメリカの刑務所では、囚人への色々な化学薬品の実験は、もう何年にも渡り続けられています。私達の政府が、「ナチス戦争犯罪者」の追跡のために(税金を)着服し続ける中、彼等の刑務所や病院においての化学実験は邪魔される事無く続いているのです。

「ナチス・ハンター」のサイモン・ウィーゼンタールは、第二次世界大戦中はゲシュタポのエージェントであったという公表にも関わらず、ワシントンでカルト的な存在に成りました。彼の、彼唯一が近年、ホロコースト神話を生き延びさせているという、主張への多くのユダヤ仲間からの批判は増え続けています。もうすぐ彼は、その神話自体を発明したと云い出すかも知れません。そうこうしている内に、アメリカの人々は、イスラエル国家をサポートするために破綻寸前まで追い込まれ、救出の見込みも見つけられそうにありません。

更に、合衆国は、ドイツの市民グループによる、4,000億ドルの賠償金を求める提訴の可能性と向き合わなければなりません。この主張の元になっているのは、「六百万人のユダヤ人の皆殺し」への「賠償」として、西ドイツがイスラエル国家へ、強制的に支払わされた1,000憶マルクです。その(ユダヤの)主張は間違いだっただけでなく、それ(賠償支払い)は西ドイツにおいて、合衆国が続ける軍事占領による恐喝だったからです。ドイツ人達の論点は、全ての起訴・告訴された元収容所ガード達が問われた罪は、ユダヤ人収容者達を「殴打した」罪で、実際に誰かを「ガス送り」にしたという罪を問われた者は、一人も居なかったという事です。ドイツのボンの報道情報オフィスのカート・ベッカーは、1981年6月8日のニュースウィ―クに、「1980年12月31日までに、西ドイツは、イスラエル国家に630億マルクまたは300億ドルを支払い、更に95億ドルを支払う約束をさせられている。それに加えて、ドイツの企業連はユダヤの「労働者達」への賠償として、何十億(ドル?マルク?)も強制的に支払わせられて、そして何十億ドルにも上る電気・電話のインフラ整備の負担と、そして他のテクノロジー的な贈り物をイスラエルに提供する事を強要された、」と明言しています。

対照的だったのは、第一次世界大戦後に、賠償金委員会がドイツに要求した300億ドルで、それをドイツが戦った相手の国々で分けるといったものでした。この要求の内、数百万ドルだけが支払われたのですが、イスラエル国家のみで、第一次世界大戦において、ドイツと戦った国々の全てを合わせた総額よりも大きな額を、イスラエル国家は既に支払わせています。東ドイツ民主共和国は、イスラエル国家に賠償金を払う責任がある事を否定し、何も支払いませんでしたので西ドイツにイスラエル国家へ何百億ドルも支払わせた全責任は合衆国にあるのは明白です。ドイツ政府は、アメリカの占領軍の権力が無ければ、決してこのお金を支払わなかったでしょうが、しかし、アメリカの納税者達は、アメリカ軍が西ドイツに駐屯するのは、ロシアの進行と対峙するためだと伝えられているのです。私達の軍事的な取り立て屋の、この説明のバカげた本質は、西ドイツにいるアメリカ軍の総力では、進軍するロシア軍を、2時間から4時間しか遅れさせる事が出来ないという事が認識されれば、暴露されます!

アメリカ軍が、イスラエルへ支払えと、西ドイツに強要した支払は、西ドイツの経済的な問題に重く貢献し、ドイツにおける反アメリカ感情の増加の原因と成っています。多くのドイツ人達が、合衆国を「混血文化」と嘲笑い、西ドイツを占領している軍隊に、多くの黒人がいる故に私達を「ムラート(白黒混血)国家」と呼びます。

ドイツ人達のホロコースト神話に対する疑問を許さない、アメリカ軍による占領によって保たれた独裁政治故に、ドイツの愛国者達は、イスラエルのためのこのコンスピリシーを暴露する唯一の道は、合衆国を、イスラエルへの全ての「ホロコースト」支払と、それへの利子の返済のために、法の下に訴える事だと信じているのです。この要求はもうすぐ世界裁判所の前にもたらされます。その間アメリカ人は、満たされる事の無いイスラエルの要求から、崩壊しつつあるアメリカの経済をどう救うかを決定しなければなりません。完全なるホロコースト詐欺の暴露だけが唯一、留まる事を知らず、常に増え続けるイスラエルへの支払いの責任から、私達の政府・官僚達を解放するでしょう。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR