ユダヤ新歴史

MULLINS'
NEW HISTORY OF THE JEWS
マリンズの
ユダヤ新歴史
by
Eustace Mullins
ユ―スタス・マリンズ著 より:
http://www.eustacemullins.us/wp-content/works/Books/Eustace%20Mullins%20-%20New%20History%20of%20the%20Jews%20-%201968.pdf


第六章:ユダヤと儀式的殺人
http://en.metapedia.org/wiki/Jewish_ritual_murder
(注:日本語のページでは、未だに迷信として扱っています。)

文明の夜が明ける頃、人間の血を、まだ生きている被害者の体から飲む血の儀式は、多くの部族において知られていました。しかしながら、石器時代の頃より進歩せず、血の儀式と儀式的殺人の風習を続けた唯一の人々がいます。この人々とはユダヤです。私達は以前に記しましたが、有名な学者であるアーノルド・トインビーはユダヤを「化石人」と呼びました。そうしたという事は、彼は彼等が今でも儀式的殺人と人の生き血を飲む風習を続けている事実を知っていたはずです。学者として、カトリックの公式の書物や色々なヨーロッパの文献、そしてヨーロッパの全ての国の裁判記録に記載されている何百ものユダヤによる儀式的殺人の例と、このユダヤの風習に関する数々の証言を見落とす事は出来なかったはずです。

この野蛮な風習の根本的な理由を記述しているのは、ユダヤの公認の歴史家、カスティンの「ユダヤの歴史」です。173ページに彼は言います、

「原始的なユダヤの意見によると、血は魂が宿る処である。」

ですから、石器時代のユダヤによると、魂が座するのは心(臓)ではなく血そのものだったのです。全てにおいて完璧なキリスト教徒の被害者の血を飲む事によって、彼等は身体的短所を補い、彼等のコミュニティーが寄生する母体の人々程聡明で、文化的で、強力に成れると、彼等は信じたのです。この信念の御蔭で、彼等が歴史上に初めて現れた頃より、ユダヤは血を飲む風習を行うと知られているのです。文明的な人達はこの風習を忌まわし過ぎると感じ何百ページにも及ぶ、ユダヤに対する裁判所の記録があるにも関わらず信じる事が出来ないのです。歴史の記録は5,000年に渡り、否定する事の出来ないユダヤの血の有罪の証拠を供給しています。

人々が文明的に成るにつれ、血の儀式は象徴的なものになり、シンボル的形体の血、通常はワインなどが儀式において飲まれる様になり、野蛮な被害者を殺す風習は全部諦められました。唯一、一つのグループ、ユダヤ・カルト(信仰)だけが、近代までこの血の儀式の風習を続けているのです。血の儀式に詳しいカトリック学者のジェームズ E.ブルガーは明言します。ユダヤが血飲みの儀式をするのは、彼等が寄生文化的な人々であるから、生き残るためには母体である非ユダヤから血を取らなければならないと。ブルガーはまたこうも明言します。血を飲む事は黒魔術の儀式であり、それはユダヤのラビ達が非ユダヤ被害者の血が彼等の血管を流れる間、未来を預言する事の補助とされると。

ですから、ユダヤの指導者達は時々、非ユダヤの子供を、6歳から8歳までの男子が好まれますが、そそのかすのです。ユダヤの儀式によると、非ユダヤの子供は完璧に形成され、聡明で、罪・傷がない者でなければなりません。彼はまた、第二次成長期より若くなければなりません。何故なら、ユダヤは第二次成長期を過ぎると、血が不純に成ると信じているからです。子供がシナゴーグ(ユダヤ寺院)へとそそのかされたり、もしくはユダヤが回りから見張られているなら、もっと秘密裡な集会の場へ連れて行かれ、誘拐された子供はテーブルに縛られ、服を脱がされ、その体は、キリストが十字架の上で、槍で刺された場所と同じ場所を、鋭い儀式のナイフで貫かれるのです。

血がカップへと抜かれると、ユダヤの指導者達はカップを揚げそれから飲むのですが、その間、非ユダヤの子供は、解放される事の無い恐怖の雰囲気の中、息を引き取るのです。ユダヤはキリストと全ての非ユダヤに呪いを呼び下ろし、死んでゆく子供の血を飲みながら非ユダヤに対する象徴的な勝利を祝うのです。この儀式を行う事だけが、非ユダヤの母体の中で彼等が生き残り、繁栄出来る事に繋がると、ユダヤは信じているのです。

シナゴーグで長い間行方不明だった被害者の骸骨が発見された記事
1long lost skelton


被害者の内の一人
2victim.jpg


全てのユダヤはこの血の儀式とそれのユダヤ・カルトにおける重要性を知っていますが、最も重要な指導者達、ラビ達、そしてユダヤ・コミュニティーの最も裕福な者達だけが、血飲みの儀式に参加する事が許されているのです。カスティンは173ページに、一般のユダヤの参加は禁止されていると、明記しています。これの一つの理由は、儀式的殺人の風習はユダヤ・コミュニティー全体にとって、危険性を含んでいる事実です。過去2,000年におけるユダヤに対する発起は、殆どがこの風習が発覚した事に起因し、結果として、非ユダヤの子供達を殺したユダヤを罰っしようとしたものでした。

この犯罪がそんなに良く発見される主要の理由は、裸の体を貫かれた非ユダヤの子供は、一度血を抜かれると、ゴミの山に捨てられなければならない事にあります。ユダヤの儀式は、埋葬した方が犯罪の証拠を隠し易いのですが、非ユダヤの死体の埋葬を禁じています。ユダヤの聖書であるタルムードは、全ての非ユダヤを家畜と定義していてユダヤの法では家畜の埋葬は禁じられているのです。ですからユダヤは見つかりそうの無い、使われなくなった井戸に、殺された子供を投げ入れたり、それが埋葬と取られないような幾つかの方法で、死体とその犯罪を隠そうとします。多くのケースにおいて、死体は発見され、ユダヤは非ユダヤに攻撃されるか、大金で目撃証人や役人を買うか身代わりの非ユダヤを「性的犯罪者」として冤罪にかけるのです。こういったキャンペーンにおいての第一歩は、役人やマスコミへの賄賂であったり脅しであったりするのです。合衆国では、これら(役人・マスコミ)の多くはユダヤですから、賄賂は必要なく、それは全てのユダヤが儀式的殺人の証拠を隠蔽(いんぺい)するのが第一の使命と心得ているからです。これはまた習慣的ですが、ユダヤは殺された子供の両親に口封じとして大金を積み、多くのケースで彼等は訴訟しないという事を意味するのです。

ユダヤによる子供達の殺害については、何千にも及ぶ詳しい証言の例がありますから、私達は2、3を記すしか必要はないです。「ゲザルの発掘」の中で、考古学者R.A.S.マッカリスターは書いています。生贄に捧げられた子供達の体(骨)はユダヤの遺跡の最下層(一番古い時代)から全ての地層において発見されたと。子供達の体の写真はマッカリスターの本で出版されていますが、ユダヤの犯罪的本質を証言する他のものと同様に、本は殆ど入手不可能です。それらは珍本とされ、殆どの珍本業者はユダヤだからです。

聖書の中で、イザヤLVII(57)、3-5で預言者は言います、

「しかし、あなたがた女魔法使の子よ、姦夫と遊女のすえよ、こちらへ近寄れ。あなたがたは、だれにむかって戯れをなすのか。だれにむかって口を開き、舌を出すのか。あなたがたは背信の子ら、偽りのすえではないか。あなたがたは、かしの木の間、すべての青木の下で心をこがし、谷の中、岩のはざまで子どもを殺した。」
イザヤ57

「女魔法使の子よ」と云うフレーズで、イザヤは、実際にユダヤの儀式的殺人は黒魔術の儀式である事に注意を促しています。ラビが血を飲む時に、サタンの現れを念ずるのは習慣的であり、恐らくユダヤの望みを叶えるのでしょう。血を飲む者はまた、血の儀式の間、サタンに一生従う事を誓うのです。
(注:サタンは元々、サターンで、ユダヤ教は土星信仰。)

イザヤはまた、子供達は「岩のはざまで」殺された事に注意を引かせます。これは、ユダヤは殺された非ユダヤの子供の埋葬を禁じられている事と、彼等の犯罪が非ユダヤに発覚しない事を望み、死体を岩の中に隠す事を表しているのです。

1895年に出版された聖書的書物の大辞典の中で、J.キットー師はユダヤについてこう述べています、

「彼等の祭壇は、アブラハムの時代からジュダとイスラエルの王国が滅びるまで、人間の血で煙った。」

1904年に出版されたユダヤ大辞典第八巻の653ページには、

「ですから、王国の最後の日々、ヤーウェイ(ヤーフゥ、またはエホヴァ)を国家の王、または助言者として、人間の生贄は捧げられ、それを預言者達は承認しなかったという事実は現在、批評的な学者達よっても一般に受け入れられています」とあります。

ヤーフゥはまた黄金の偶像であるバアルに置き換えられる事もでき、サタンはバアルの道具であり、ユダヤの低級の神であると考えられているのです。ユダヤの歴史の2つのテーマは血と黄金であり、ユダヤの行いの全ては密接に、この2つの要素に結びついているのです。イエスはユダヤを儀式的殺人犯として公然と非難し、そして小さな子供達を彼等から守る主張をしたのです。「苦しむ小さき子供達は私へ来なさい」とは、彼等をユダヤから救う一つの方法だったのです。彼(キリスト)はまた、セィント・ジョン8:44でこう言います。

「お前はお前の父である悪魔の者だ。そしてお前の父の強い欲望をお前はする。彼は始まりから殺人者であった。」

この一文はサタンとユダヤの血への強い欲望を表しているのです。ユダヤの歴史を通して習慣的だった様に、非ユダヤが彼等の儀式的殺人を行う事を批判するたびに、ユダヤは公式に批判者を殺す決定を下すのです。訴えられた後にシオンの長老達がイエスを磔(はりつけ)にする事を決定した様に。

ユダヤ自身の間でも血の儀式はユダヤ男性の割礼に不可欠なものです。ユダヤ大辞典第六巻の99ページによりますと、割礼を行う際、モヘル、または切り取り人は、「彼の口に幾らかのワインを含み彼の唇を手術に関わる人体部分(男性器)にあてがい吸い込み、その後、用意された入れ物にワインと血のミックスを吐き出す。」

ユダヤ大辞典が私達に伝えていないのは、このワインと血のミックスはラビによって大いなる珍味として後々飲まれる事です。今日においてこの様なおかしな血の儀式を行うのは世界広しといえど他にありません、恐らくコンゴやニューギニアのジャングル奥深くに住む石器時代的生活を続ける原住民を除いては。

ユダヤの儀式的殺人と黒魔術の悪習との関連性は、バーナード・ラザレによって触れられています。ユダヤであるバーナード・ラゼレはフランスで「反セム主義」という本を書き、この現象について検証しました。1934年版の第二巻の215ページに彼は、儀式的殺人についてこう言っています、

「この一般的確信に加わるのは、度々正当化されますが、ユダヤは魔術的悪習の中毒なのではないかという疑いです。実は、中世において、ユダヤは人々によって最も優れた魔術師であると考えられていました。タルムードや、タルムード的そしてカバラ的悪魔学はとても複雑です。さて、魔術の行いにおいて、血が司る場所は知られています。カルデアの魔術においても、それはとても重要なもので・・・ですから、ユダヤの魔術師達が子供達を生贄にしたというのはとても可能性が高く、確かとも言えるでしょう。故にそれが儀式的殺人の伝説の起源でしょう。」

ラザレはユダヤが儀式的殺人の疑いについては有罪であるが、それはユダヤ宗教の鍵の要素である事を言わず、魔術という動機によって行われた事を強調する事によって、ユダヤを放免しようとしています。彼は聖書を読んだ事が無いのか、ユダヤが魔術師であり、子供達の殺人者であるという、イザヤの公然の非難に注意を払っていなかったようです。勿論、ラザレが認めた様に、ユダヤは彼等の魔術の儀式のために子供達を殺しましたが、これらの戦慄な行いは、ユダヤ宗教の欠かせない儀式なのです。

有名なドイツの学者、エリック・ビショフ博士は、「Thikunne Zohar」、Berdiwetsch版88b「カバラ的儀式の書」の中にユダヤの儀式的殺人の行いについての明白な許可を見つけましたが、以下のものです、

「さらに獣(家畜)の様な見知らぬ人を殺す事に関する命令があります。この殺害は(ユダヤ的に)合法な手法で行われなければならない。ユダヤの宗教的法に帰さない者(異教徒)は崇高な神(バアル)に生贄として捧げられなければならない。」

ユダヤによる、キリスト教徒の子供達の殺害は、大抵、大切な祭りの期間、イースターの一月前とィースターのパス・オーヴァーの一月、プリムの期間に行われます。前章で紹介しましたが、プリムとはユダヤの、非ユダヤに対する勝利(エジプトからの解放)を祝うユダヤの祝日で、ユダヤの法は、プリムにおいての非ユダヤの被害者は、大人でも良いと規定しています。そしてまた、もし非ユダヤの被害者を確保する事が出来なければ、前回の被害者の乾いた血でも良いとしています。しかしながら、ユダヤの法はパス・オーヴァーについては特定適で、被害者は7歳以下の白人の子供でなければならず、まっ白に成るまで血を抜き、イバラの冠を着けられ、拷問され、刺され、そして最終的にはキリストが十字架の上でされたように、ラビの手で槍先(短剣)で脇腹を刺され、とどめを刺され、再演されなければならないのです。この執念深い儀式は、もし少々の非ユダヤが、キリストが批判した様に、彼等(ユダヤ)の本質を警告しても、批判者を殺害する事によってユダヤが常に勝利する事を、彼等に確信させるためのものなのです。その結果として、ユダヤ批判者の多くは、この酷い儀式によって殺されて来たのです。合衆国において、最も有名なユダヤの儀式的殺人の被害者は、1932年3月1日、ユダヤの祝の期間に殺害されたチャールズ・リンドバーグ(飛行士)の息子です。

リンドバーグの息子が選ばれたのは、リンドバーグ自身が、ユダヤに対して非ユダヤを導く、最も道理にかなった人材であったからです。彼の息子の殺害は彼に対してこの奉仕(非ユダヤの指導者に成る事)をするなという警告だったのです。リンドバーグの父親は議会の上院議員で、ウォーバーグが卑屈な議会でフェデラル・リザーヴ法(米連銀法1913年)を通した際に、クーン・ローブ社のポール・ウォーバーグに対峙する戦いを指導した人でした。第一次世界大戦中には、リンドバーグ・シニアは、本を出版しましたが、現職の議員であったにも関わらず、連邦のエージェント達に本を焼かれたりもしました。彼にはユダヤ問題の本質が良く解っていたのです。彼の息子が大西洋単独横断飛行を達成した当時と成って、ユダヤは、彼がユダヤ権力に立ち向かう、非ユダヤの指導者に成る事を説得されるのを恐れたのです。彼等は既に第二次世界大戦の計画をたてており、ドイツが生贄的犠牲者に成る事も織り込み済みでありましたから、ほとんど読み書きも出来ないドイツ人、ゲルハルト・ハウプトマンに殺人の罪をきせ有罪にしました。象徴的ですが、ハウプトマンはキリストと同様に家具職人でしたから、ユダヤにとって論理的な被害者の選択だったのです。ハウプマンの弁護の主張は、イシドァー・フィッシというユダヤ人が彼を家具職人として雇い、そこで支払われた給与がリンドバーグ事件で払われた身代金の一部だったというものでした。フィッシという存在は証明されましたが、裁判の最中に彼の所在を特定する事は出来ませんでした。この裁判所は、ユダヤだけが証拠を提出する事を許され、それらだけを受け入れ、イエスを有罪にしたものと同じ様なものでした。実際には勿論、アメリカの裁判所で受け入れられた証拠など信用出来ません。ユダヤには嘘の証拠をねつ造する癖がありますし、アメリカの裁判所はユダヤの弁護士や裁判官で溢れ返っているからです。

有名なユダヤによる子供達の儀式的殺害の証明は何千ページにも及ぶけれど、此処では2つだけ述べます。英国のリンコンには世界で最も壮大なゴシック建築の大聖堂の一つがあり、その高いアーチはエンジニアリングと芸術の驚きです。観光者達は、この建物はリンコンのヒューと名付けられた地元の子供を記念して建てられたと伝えられますが、何故、そして誰によって彼が殉教者とされたのかは伝えられません。ですがこの話は広く知られ、何人もの著名な物書き達によって伝えられていますし、偉大な詩人チャウサーも彼の詩「プライオレスのお話」の中でリンコンのヒューの事を書いています。

セイント(殉教者)ヒューがリンコンでユダヤに殺害されたのは1255年の事で、街の人々は、総ての非ユダヤの親に子供達をユダヤから守れという警告として、大いなる大聖堂を建設する事を心に決めたのです。ヒューの死体は、コピンズという名のユダヤの所有する井戸から発見されました。王ヘンリー三世自身が、その平等性の証明として、捜査の指揮をとりました。コピンズに対する証拠が集められると、王は慈悲をコピンズにかけるのを断り、コピンズは処刑されましたが、事件に関係していた他のユダヤは罰を逃れました。現在の観光客にはヒューが存在した事すら伝えられず、大聖堂に関するガイド・ブックからもこの事が削除されてしまっているのです。多くの英語文学の教授達がチャウサーを扱うのを止めたのは、彼がこのユダヤの犯罪を暴露しているからなのです。

他の多くのヨーロッパの教会もユダヤの儀式的殺人の被害者達を記念するために建てられたもので、その数はヨーロッパだけでも400にも及びます。これらの子供達の多くはユダヤの手によって与えられた苦しみ故に殉教者へと昇進されたのです。その内の一人はトレントのセイント・サイモンでした。カトリック教区の本、アルバン・バトラー神父の「セイント達の生涯」から引用しますと、

「1472の年、トレントのユダヤは、神聖な週の火曜日に彼等のシナゴーグ(寺院)に、2日後の木曜に来るパス・オーヴァーの祝日の準備について相談するために集まり、続く金曜、もしくはグッド・フライデーに、彼等のキリスト教徒の名に対する執念深い憎しみのために、キリスト教徒の赤子を生贄に捧げる協議決定をした。ユダヤの医師がその様な赤子を恐ろしい目的で確保するに努めた。そして水曜の夕方、キリスト教徒達がテネブレに務めている間に、彼はサイモンと呼ばれる2歳ぐらいの子を見つけ、主人と女主人が教会に出向いている隙に、なでたりコインを見せたりして子供をおびき出し誘拐した。木曜の夕方に、主要なユダヤは彼等のシナゴーグの隣の部屋にこもり、そして深夜に成ると、この罪無き被害者に彼等の非情な惨殺を始めた。(編集者のメモ:キリストはユダヤに言わなかっただろうか、「これはお前の時だ。そして闇の力だ」と。)エプロンで口を塞ぎ叫ぶのを止め、彼等は幾つかの切り傷を彼の体につけ、血を洗面器に集めた。この間、幾人は彼の腕を、幾人かは彼の足を十字の形に抑えた。子供が半死状態に成ると、彼等は彼を立たせ二人が腕を抱える間に、他の者達は彼の体の全ての横を、突きぎりや、千枚通しで刺した。彼等がその子が死んだと見ると、彼等はその周りで歌った、「我々はキリスト教徒の神イエスを、同じ方法で扱ったのであるから、我々の敵が永遠に困惑されますように」と。両親と司法行政が必死に子供の行方を捜す中、ユダヤは最初に死体を飼料小屋のわらの中に隠し、続いて地下室に隠し、そして最後には川へ投げ捨てた。しかし神は、事実の発見を妨げようという彼等の全ての所業を呪い、彼等の罪は幾つもの状況証拠によって実証され、彼等は処刑され、首謀者は車輪の上で折られ、焼かれた。そのシナゴーグは破壊され、代わりにその子供が殉教した場所にはチャペルが設けられた。神はこの罪無き被害者を多くの奇跡で讃えになられた。遺品はトレントのセント・ピーター教会の立派な墓に納められ、その名は殉教者学の中に記述されている。」

この儀式の間、ユダヤはキリストを、キリスト教徒の神と確定し、多くのキリスト教の指導者と言われる人達が言うように、キリストがユダヤ人であると主張しないのです。そしてまた、彼等は死体を包み隠す事が、タルムードで「家畜」と定義される、非ユダヤの埋葬を禁じられているので、出来ないのです。儀式的殺人の多くのケースにおいて、ユダヤの医師が非ユダヤの被害者を確保するのは、ユダヤの医師達が非ユダヤの子供達を盗みだす多くの好機を持っているからです。今、合衆国には数多くのユダヤの医師達と看護師達に雇用され、運営されているユダヤ病院があります。それらの病院に子供を些細な怪我や病気で連れて行った親御さん達は、1日、2日して、その子供が亡くなった事を伝えられるのです。それらのケースの多くにおいて、子供はシナゴーグへと連れ去られ、前述した儀式によって殺害されるのです。血が抜かれた被害者の死体が両親に返還されるのです。この手順も非ユダヤの埋葬に対するユダヤの禁止に従い、単純にその両親に埋葬の世話をする事を許すのです。

ですから、アメリカの両親達は彼等の子供達を保護者無しでユダヤの医師の前に残す事は避け、ユダヤの運営する病院に子供を入院させるのを避けると義務付けるべきなのです。どんな親であっても、子供達をその様な身の毛もよだつ事情で5,000年間、殺害し続けて来た人々に、か弱い自分の子供の身を任せるなど、一度ならず二度考えなければなりません。どんな親でも想像出来るでしょう。自分が愛を降り注いだハンサムな綺麗な体の子供が、服を脱がされ、テーブルに寝かされ、その眼が血への欲望と非ユダヤへの憎しみで満ちたユダヤが、その子の周りに集まりその肌を切り刺し、そしてその血を飲みながらイエス・キリストの名を呪う恐怖を。この様な危険の中に我が子を委ね、そしてその様な酷い事情で我が子を死なせる事を望む事が出来る親がいるでしょうか?

合衆国内で、ユダヤが、非ユダヤの子供達の、儀式的殺人の刑罰を受けず行えるのは、彼等が報道機関をコントロールしている事と、彼等の多くが高い地位の役職を持っているためです。指導する立場にある警察の役人の統計からの概算によると、毎年、合衆国から4,000人の子供達が消え去っているのです。その大半が間違いなくユダヤの儀式的殺人に起因するものです。この国においてのその風習は、ユダヤが大量の子供達の血液を、同じ儀式のためにイスラエルに輸送出来るほど広く広まっているのです。ユダヤの本国であるイスラエルにおいての一つの問題は儀式に使用できる非ユダヤの子供達の少なさで、イスラエルに最も資金を都合した合衆国は、同時にとても必要とされている子供達の血も供給しているのです。

これらの子供達は殆どが、貧しい家庭からさらわれたものなので、彼等の蒸発が報道される事はありません。リンドバーグの様な公に知られた人物の子供がユダヤにさらわれるのは稀で、それには特定の政治的目的があり、それはもっと巨大な政策の一部だったのです。

儀式的に殺害された非ユダヤの子供の死体が発見されると、非ユダヤの大衆からの抗議が上がり、ユダヤ・コミュニティーに恐怖が襲いかかるので、その様な際に、ユダヤの味方をして突然の名声と巨額の富を手に入れた非ユダヤもいます。典型的なケースは、チェコスロヴァキアの大統領であったヤン・マサリュゥクです。1899年に、ボヘミアでアグネズ・フルザの死体が発見された時、マサリュゥクは無名な弁護士(法律家)でした。ヒルスナーというユダヤが自白し、他2名のユダヤが関係あるとしました。それにも関わらず、新たな裁判が命じられました。殺害された少女の母親の弁護士で、このケースで正義を追及したバクサ博士は、1899年12月28日のボヘミア国会、または議会で演説し、このケースにおいて、政府が極度にユダヤ側に偏った態度を取っていると訴えかけました。第二の死体が発見され、マリア・クリマと身元が解りましたが、ヒルスナーの所有していた儀式用ナイフで殺害されたものでした。

この裁判でヒルスナーの弁護を務めたのがヤン・マサリュゥクでした。ユダヤは20年後のベルサイユ平和条約でチェコスロヴァキアを建国し、マサリュゥクを大統領に任命し、チェコスロヴァキア建国の父の称号を与える事で恩を返しました。彼の一生を通して、マサリュゥクはユダヤ指導者達の熱心で積極的な道具でした。

合衆国内においても、新たなユダヤの儀式的殺人のスキャンダルなどの隠蔽(いんぺい)工作を援助する事によって、多くの非ユダヤが大金を突如として手に入れ、選挙運動などの活動に利用が可能に成ったりします。知事の座や、上院議員やホワイト・ハウスへの道は、候補者が、ユダヤによる非ユダヤの子供達の儀式的殺人を隠蔽するのに積極的であると証明すると、魔法の様に開けるのです。

FBI長官のJ.エドガー・フーバーは、毎年、合衆国の子供達に向けて知らない人と話すなとか、知らない車には乗るなとか、恐怖キャンペーンをします。一般には知られていませんが、フーバーがこれをしなければならないのは、ユダヤの儀式的殺人がそれ程広く広まっているからなのです。フーバーのキャンペーンは表向きには、幼児虐待に向けてですが、実際そういうケースは全土で年間ダース程度なのです。フーバーのキャンペーンの本当の理由は、儀式的殺人の目的で、非ユダヤの子供達をさらう際に、手口を隠す事を怠る他の素人ユダヤの無謀さに対するユダヤ指導者達の恐れです。ですからJ.エドガー・フーバーは、毎年何十万ドルもの税金を使って全ての見知らぬ人に対して警戒する様に子供達に警告するのですが、本当は、彼はユダヤに対して子供達に警戒させるべきなのです。このキャンペーンの唯一の目的は、子供達が、許可されていないユダヤの殺人者達の手に落ちるのを防ぐ事にあるのですが、彼は真の目的は決して明かしません。これはアメリカの子供が恐怖と恐れの雰囲気の中で育てられる事だけでなく、総ての大人を信じるなと教えられる事だけで無く、そしてそれが後の人生において多くの精神障害の種になる事だけで無く、同時に、本当の問題であるユダヤの、非ユダヤの血の味への執着から、顔を反らすという事なのです。

J.エドガー・フーバーが毎年恒例のこの行事をユダヤのために行うのは、ADL(ユダヤ反中傷リーグ)が彼の本「偽りのマスター」を代筆し、何十万部も販売したからと数名のジャーナリストは推測し、その他の多くがそれを信じています。その本はジェイ・リーブスティンというユダヤ共産主義者によって書かれましたが、彼は偉大な嘘つき(フーバー)自身の衝撃的な個人情報を持っていると主張しています。フーバーがFBIを使いユダヤの真実について知っている、非ユダヤに嫌がらせをする本当の理由は、リーブスティンの彼への影響力なのかも知れません。

シカゴという街はユダヤの経済力の中心であり、完全にユダヤによってコントロールされているので、近年、最もはなはだしい非ユダヤの子供達の儀式的殺人の幾つかのケースが其処で起こりました。シカゴは、ユダヤの儀式において使用される、子供の血の供給の世界の中心に成ったと言われます。警察署長がシカゴでは、毎月300人の非ユダヤの子供達が消えて無くなると最近、認めましたが、彼はそれらの全てが「家出」だと主張しています。可笑しな事に、それらの家出は、シカゴでも、その他でも、決して見つかりません。1955年の10月に、シュースラー兄弟、ピーターソン少年、グリムズ姉妹らの死体が発見された時、儀式的殺人事件のラッシュはピークでした。

警察の高官達はユダヤが教え込んだ様に直ちにこれらの殺人を「性犯罪」とラベルを張りました。何人かの貧困に苦しむ、学歴のない非ユダヤを電気椅子に送り込もうと必死の努力が成されましたが、法廷において通用する彼等に対する証拠のねつ造が出来ず、彼等は釈放されました。キリストの裁判の時と同様に、ユダヤの嘘は互いに矛盾し合いました。

これらの殺人は大都会の中心で起きたのですが、一つの手掛りも発見されませんでした。それとも、私達は一つの手掛りも一般公開されなかったと言うべきでしょうか。一般大衆の恐怖もあって、何百人もの警官や刑事達が捜査したにも関わらず、何一つ発見されたと認められたものはありませんでした。隠蔽(いんぺい)があったとか、シカゴの高官達が発見された証拠を破壊したとか隠したとかの訴えは多々ありました。

この一般大衆の関心の高さのために、シカゴの報道はこれらの殺人に関する沢山の記事を出版しましたが、それらは直ぐに典型的なユダヤの儀式的殺人であると見られました。これらのケースにおいて、死体は裸にされゴミの山の上に投げ置かれました。病理鑑定士達は性的虐待が認められる死体は一つも無かったと同意しました。しかしながら、死体には幾つもの説明出来ない刺し傷が認められました。デイリー・ニュース紙はピーターソン少年の死体の絵を夕刊に載せましたが、刺し傷の痕は十字架の上でキリストがつけられた傷(脇腹)と同じものでした。10分もしない内に、その夕刊は新聞売り場から回収され、新聞社に急いで持ち帰られ焼却されました。しかしながら、この夕刊の8部は、女性の声という愛国的なジャーナルの勇気ある出版者であるリン・クラーク・ヴァン・ハイニング婦人によって手に入れられました。彼女が新聞社に問い合わせ、何故、夕刊が売り場から回収されたかを尋ねた処、その返答は、苦情があり、「民族的反乱」の原因になるかも知れなかったからだと伝えられました。このエピソードの全期間、ヴァン・ハイニング婦人は殺人についての真実を出版し続けました。

警察の報告書の記述によると、グリムズ姉妹の胸には不可解な浅い傷があり、それらは死因に成るものではありませんでした。そしてまた、(鑑定士によって)同意された死因もありませんでした。彼女達は恐ろしさのあまり死んだとまで主張されたのです!実際には、ヴァン・ハイニング婦人が彼女の新聞で指摘した様に、彼女達はいたって単純な原因により死亡しました。出血多量です。ニュース紙も、死体が発見された際に、それらからは血が抜かれていたという不思議な事実を既に公表していたのです。

アーノルド・リースの最も信頼のおける著書「ユダヤの儀式的殺人」の一冊が殺害された兄弟の父であるアーノルド・シュースラーに送られました。彼はそれを読み、警察についての質問を始めました。シカゴのユダヤ人保安官ローフマンは、ユダヤ人代理保安官ホロウィッツをシュースラー一家が儀式的殺人について聞き出さないように、昼夜監視する事に任命しました。シュースラー氏がホロウィッツに彼の息子達はユダヤの宗教的儀式につかうための血のために殺されたのではないかと問うと、そのユダヤはすかさず彼自身が自分の息子達を殺害したという容疑をかけたのです!彼は警察署へ連行され嘘発見器でテストされ、その結果は、彼への疑いを晴らしました。それにも関わらず、釈放されるどころか、警察は彼をスティンフェルド博士というユダヤに渡しました。彼は近くの街、イリノイ州のデス・プレインズにあるスティンフェルドの運営する「精神病院」に連れて行かれました。シュースラー氏は電気ショック治療を与えられ、同日の午後に死亡しました。

死因審問が開かれ、スティンフェルド博士は証言台に立たされました。彼はシュースラー氏が「幻覚」に苦しんでいたと証言しましたが、それらの内容を描写する事は拒みました。彼はまた、更なる追加情報を提供する事も拒否し、シカゴ市就きの死因検証士トマス・マッカロンには、スティンフェルドが真実を隠しているのは明白でした。マッカロンは公然とスティンフェルドを非難し、各紙にこの事件はとてもおかしいと伝えました。患者が精神病院に受け入れられてすぐさま電気ショック治療を施される事など決してありません。マッカロンは、シュースラーが殺されたという事を知っていましたが、彼に出来る事はそれ以上なく、そして市の上役は彼に事件についてはそれ以上何も言うなと命じました。2、3日の間は、彼もまた殺害されてしまうという本当に強い危険もあったのです。それ以来彼は、この件について、誰とも話す事を拒みました。

マッカロン医師はスティンフェルドの不吉な歴史を知っていました。第二次大戦中、スティンフェルドは、シカゴ・エリアのユダヤの少年達に、心臓が速く不規則に鼓動する特殊な薬を与えた罪で有罪になっています。彼等は徴兵検査で4-F(失格)とランクされ徴兵を逃れています。スティンフェルドは1つのケースにつき2,000ドルの罰金を支払わされました。戦後、スティンフェルドはデス・プレインズに彼の精神病院を開き、それは米国の中西部における、ユダヤの儀式的殺人の生産センターと成りました。皮肉にも、シュースラー氏は警察に保護されていたはずであったのに、彼の息子達が殺害された同じ場で殺され、彼の殺害は、彼の息子達の殺害と同様に仇を討たれる事はありませんでした。一つの後の発展を除いては。数人の愛国者達が、次の午後にデス・プレインズに行き、スティンフェルド博士がシュースラー氏の殺害犯であり、ユダヤの儀式的殺人センターを運営しているという容疑をかけたパンフレットを500枚配りました。その内の一枚は警察署長へ手渡されましたが、何も成されませんでした。パンフレットを配ったこれらの人達は、10年以下の刑である、名誉棄損で逮捕される可能性もありましたが、スティンフェルドは彼等に対して訴える事を拒みました。2、3日後、彼はスイスへ飛び立ち、「休暇」をとると公表しました。その翌日、彼の首を吊った死体が彼のホテルのクローゼットの中から発見されました。検視結果は「自殺」と発表されましたが、彼は自ら望んでそうしたのでは無いかも知れません。不思議な事に、この地元で良く知られた人物の死を掲載したシカゴ新聞紙は一つもありませんでした。

数週間後、シュースラー事件を典型的なユダヤの儀式的殺人の例である事を本にまとめようと用意していいたアーノルド・リースが突然死しました。長い捜査期間中、百ページにも及ぶ、総ての新聞紙の事件に関する切り取りが彼に空輸されていたのですが、それらは彼の死後、彼の所持品の中にはありませんでした。そうこうする内に、サン・タイムズ紙のユダヤ人コラムニストであるイルヴ・カプシネットが、その娘はハリウッドで、麻薬中毒で死んだのですが、ユダヤのコミュニティーで10万ドル集め、シュースラー婦人に贈りました。ユダヤの代理保安官は、婦人の保護を続けていたのですが、数日後に、婦人は一人のレポーターに、彼(代理保安官)が彼女の全てのお金を取ってラスヴェガスへ行ってしまったと明かしました。ローフマン保安官もまたシカゴを離れ、カルフォルニア大の犯罪学部の相談役としての年俸20,000ドルの楽で収入の良い職に就きました。その職は著名なユダヤ銀行家によって寄与されたものでした。シュースラーとグリムズの事件は今もシカゴで「未解決」と印されています。

子供が失踪した、アメリカの親が、見つけ出すために出来る限りの努力をするのは義務であります。ですが、多くの貧困した家族において、子沢山であり食べさすのがやっとの状況ですので、親達はその子が広い世界に羽ばたいて出て行ったとという錯覚に捕われ、その子がその血のためにユダヤに殺害された可能性がある事に気づきもしないのです。結果、これらが何世紀にも渡り続いている事実にも関わらず、これらのユダヤの犯罪を捜査しようという努力さえ成されずにいるのです。私達にとって、ユダヤに対して私達が使用出来る限りの武器で武装する事と、私達の主であり救出者でありその名の中に私達の救いが待つイエス・キリストの神格を観察する(受け入れる)事は不可欠です。

広く広がっている習慣であるユダヤの儀式的殺人に公式のアメリカの組織が関わっているというもう一つの胸が悪くなる様な話が最近、もみ消されました。CIAの副長官がワシントンで自殺しました。死因判決は「過労」とされ、酷い悲劇は覆い隠されました。この高官は、神経衰弱の診断のあと、責務を3か月離れていました。彼は知らず知らずにユダヤの宗教儀式における沢山の非ユダヤの子供達の殺人に関わってしまった事を発見し、自責の念から苦しんでいたのです。この人は、非ユダヤですが、その6割がユダヤである組織(CIA)の中で特別な能力を持つと知られるように成ったのです。殆どのユダヤ・エージェント達はジェームス・ボンドの様に世界中を旅し、最良のホテルに泊まり、イスラエルのためのスパイ活動を行っていますが、その底無しの資金を支払うのはアメリカの納税者なのです。

*メモ:
シュースラー殺人事件の全容を掲載したこの本の初版がカリフォルニアに出回って2、3週間後に、この事件に関係したもう一つの名前が、死亡者のリストに加えられました。ジョセフ・ローフマンは死因不明でロサンジェルスで急死しました。お悔やみの欄には、不思議な事に、彼がクック・カウンティーの保安官であった事は記されず、不正確に「前イリノイ州出税管」と記述されました!

その非ユダヤの特別な能力とは、外国の高官・役人達の快楽のためにホモセクシュアルとして使用する少年達を拾い上げる才能でした。少なくとも、それが、彼が伝えられていた事で、彼にはそうではないと疑う理由が見えなかったのは、国際的なスパイ・ゲームにおいては少年達を使用するのは古い手であり、殆どの各国政府は、頻度の違いはあるにせよ、その様な手口で外国政府の高官・役人をはめ、恐喝していたからです。夕暮れ時に成ると、このCIA公官はハンサムな少年を見つけるまで下町を練り歩きました。彼は会話を始め、もしその少年が暇であるなら、ホテルの一室に招待し、其処でもう一人のエージェントに少年を手渡していたのです。このCIAの公官は、通常20ドル程度のお金を少年に約束し、その場を離れるのです。

この様にしてこのCIAの公官は、1947年から1952年の間にパリとウィーンのストリートで86人の少年達を拾い上げました。彼はそれ以上少年達については何も聞いていませんでした。彼がホテルの部屋を離れた後、彼は少年達を二度と見なかったのはいささか変ではあったでしょうが。1963年になって、ワシントンのCIA本部の一人のユダヤ・エージェントが、この公官の能力について知り、少年を一人拾い上げてくれないかと依頼してきました。その当時、その非ユダヤは、CIAヒエラルキーの階級のもっと上級に昇っていたので、今はもうそのような活動はしていないと断りました。するとそのユダヤは、彼の手は既に86の殺人に携わっているのだから、もう一人位は何て事は無いだろうと云い、彼を驚愕させました。そのユダヤはその非ユダヤが全て一人一人の少年達がユダヤの儀式的殺人の被害者として使用された事を知らなかった事が信じられなく、儀式全般を彼に詳しく説明しました。最終的には、そのユダヤは、もし非ユダヤがもうじき来るパス・オヴァーの祝日に計画された儀式までに少年を一人提供しなければ、非ユダヤの過去を暴露すると脅しました。その非ユダヤは夕方、帰宅し、完全な神経衰弱(ノイローゼ)に陥り倒れ、それから再帰出来ませんでした。彼が自らの命を絶ったのはそれから数ヶ月後の事でした。

しかし、警察内や、各報道内や、政府内で、ユダヤが儀式的殺人を犯す事に手を貸し、隠蔽する非ユダヤの殆どは、それほど気が小さくありません。米国において公職な役職についている者の推定3分の1はユダヤによる子供達の儀式的殺人の広がりについて知っているどころか、その公職を維持するためには、ユダヤのそれらの犯罪の習慣を手助けし扇動するのにかかっているのです。

1956年のブルガー神父との会話の中で、この筆者は、彼が人生を賭けてユダヤの儀式的殺人についての最も信頼出来る書を手掛けている事を知らされました。此処に収められている情報の多くもブルガー神父が提供したものです。しかしながら、彼の上司は、彼に彼の書の出版を禁じました。以前であれば、この種の犯罪の情報の殆どがカトリックの大辞典や教区的本で出版されていましたが、ヴァチカンへのユダヤの圧力のために、それ以上、ユダヤの儀式的殺人については書く事が禁止に成ってしまったのです。

ブルガー神父によってこの筆者に伝えられたのですが、彼の推定による処、キリストの十字架磔以来、6百万人の非ユダヤの子供達がユダヤによって儀式的手法で殺害されたと言います。これらの6百万人の被害者は仇を討たれていないだけで無く、ユダヤの手による彼等の苦しみは彼等一人一人が殉教者に昇進されるのと等しく、そして彼等は、非ユダヤ社会が、他の非ユダヤの子供達が同じ様に被害者に成らないようにほんの努力もせず、殺されたのです。ジェームズ E.ブルガー神父は云いました、「ユダヤの血の欲求と彼等のイエス・キリストへの憎しみがこの吐き気のする儀式に結合されている。6百万の罪なき魂がユダヤによって儀式的殺人で殺害されただけで無く、私達一人一人が自らに問わなければならない、私はどんな種のキリスト教徒であるか、どんな種の人間であるか、もし私がキリスト教徒で近代的と思われている社会においてその様なおぞましい生贄から子供達を守るために、何もしないとは」と。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR