借金産業複合体詐欺(不都合な真実)

借金産業複合体詐欺(不都合な真実)
ビル・スティルのドキュメンタリー映画:
ジキル・アイランド;フェデラル・リザーヴ(米連邦準備銀行)の背後の真実
http://www.jekyllisland-themovie.com/


世界経済の問題は何でしょう?それは借金です--多すぎる個人的な借金--多すぎる企業の借金--そして最も重大なのが多すぎる政府の借金です。

人々には、今使って、後から支払いたい、自然的な傾向があります。彼等は大抵、どんな提供されたローンでも、利用しようとします。それは政府でも同じです。もし政府が借り出す事によって使えるなら、彼等はそうするでしょう。政府の選択肢は何でしょう?彼等の無責任な無駄遣いをカバーするために、すぐさま増税して、今現在、此処にいる有権者を怒らせて、自分達を再当選させる事が出来るでしょうか?無理です!もしローンが差し出されたら、政府は常に借りる事を選択します。

問題は、借金には金利が付き、そして金利は、地球上の全ての国家の経済の、首を絞めている事です。

ですが最も重要なのは、 - ローンを貸し出す - 銀行に支払われる金利の量だけで無く -- 借金が銀行に与える、政治的な行程への操作力です。私達は、政府の借金を禁止するまで、世界経済システムの不安定性を直す事は決して出来ません。

何故だと思いますか?何故なら、ことわざが私達に警告しているからです:「借りた人は貸した人の従者である。」

経済的な不安定性は、常に銀行と金融的な投機家に有利に働きます。経済的な安定性は、常に私達一般の人々に有利に働き、人間の自由の根源に成ります。もし銀行がお金のコントロールを持っているなら、彼等が安定的なシステムを創造する事など決してありません。

これは殆どの人々にとって、驚きかも知れませんが、今日、それぞれの国家は、彼等の国家的な通貨供給の操作を持っていません。今日、殆どのお金は -- ローン(借金)として -- 銀行によって創造されています。大切なのは、何がそのお金の後ろ盾に成るかではありません。誰がそのお金の量を操作しているかです。今日、全ての国において、お金の量を完全に操作しているのは銀行です。その結果として、銀行が民主主義的な行程全体の操作を所有し、そしてこの所有を持って、千年に及ぶ人類の、自由への行進を逆流させています。

良いニュースは、それがそう成る必要は無いという事です。銀行が操作する必要はありません。政府が借金する必要はありません。政府は国家的な借金が必要ではありません。

これは比較的に最近の現象です。私達が政府に - 私達の全ての経済問題の中心の癌である - 借り出す事を許す限り -- 私達は政府を真の民主的な共和制に戻す事は決して出来ないでしょう。それらは全て偽りで -- 偽物で -- 現実には銀行が民主主義的な行程の効果的な操作を持つ中、上辺だけ自由選挙の動きをしている様に現れるだけです。これが意味するのは、銀行から借金をする政府では、政治的な自由のための人類の探究の、この乗っ取りをくつがえす、効果的な立法が出来るものは一つも無いという事です。

ビル・スティルの正しいお金・フォーラム
http://s6.zetaboards.com/Bill_Still_Reforum/forum/56153/


Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR