ヨシュアが太陽と月に留まれと命令する

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


ヨシュアが太陽と月に留まれと命令する

人体の図表において、太陽神経叢が円形の体の神経節細胞であるのは明らかに見られます。その太陽(中央)に接続されているのが半月神経節と呼ばれる体で、それは脊椎と脊髄に接続されています。(体の中央を横切った)中間線がこれらの器官を分け、その半分はその線の上で、もう半分は下です。

太陽神経叢
1太陽神経叢


その太陽と月の上半分は、スピリット(霊)的な人のために振動し、そして下半分は自然的、または動物的な人のためのものです。

「自然的な体とスピリット的な体があります。」 - ポール(パオロ)

さて、そのであるヨシュアは、松果腺へ行く途中で、「太陽よ、貴方はギベオンの上で止まりなさい、」と言わされます。

ギベオンは丘、または高い処を意味します。ですからその種(ヨシュア、魚)は、太陽神経叢の動物的な振動が止まる事を命じ、i.e.スピリット的な力を圧倒し続けるのを止める事で、「私が私の敵を倒す間」で - つまり、肉欲的な思考において圧倒的で動物的な血液です。

「そして貴方はアジャロンの谷の中の月。」

アジャロンが意味するのは「ベツレヘムの谷」だと聖書用の辞書にあります。

ベツレヘムは - パンの家で、そのがパンです。

性的な欲求を克服した者は、その太陽と月に止まる様に命じます。

誰にこれが出来るでしょう?

「人とでは、それは不可能ですが、神と共にあらば、全ての物事が可能です。」とマヒュー書(マタイ)19章にあります。

故に、「最も崇高(大脳/神)」からの手助けを求める事によって、誰しもが成功する事が出来ます。

ヨシュアの話における太陽と月は、太陽神経叢と半月神経節の事だという、上述の明言を証言する、多くの証言者達が見つけられます。

Eph. はヘブライ語の多くの単語への接頭辞で、中央、または中心を意味します。それはスミスの聖書用の辞書の名前、Eph-ahの下で定義され、「メディアンの息子達の順番の最初」、つまり、体の中心で起こるマイケルとアポリオンとの間の喧嘩、または争いで、其処で、動物的、または自然的な人を上昇させ、そして再派生させる事を求める、より高い力と、その動物は戦い続けます。

Ephah はまた、重さ(測り、またはバランス、秤、天秤)を意味します。

再び、E-phes-dammin は、「動物的な血液の領域」を意味します。

「私は Ephesus で野生の獣と戦った。」 - ポール。

Ephesians は Ephesus の子供達で、太陽神経叢では、故に種です。未だに小さな声であるポール、または直感は、挽回させ/救います(上昇させます)。

その種は Ephesians へのポールの使徒書を構成します。

もう一度:「Eph-raim は彼の偶像達と融合し;彼を一人にさせておきなさい。」

この警句は肉体的な人を定義し、「彼と共に、理性(理由)によって目覚められない者は - 侵害(侵入)と罪において死にます。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR