ノア、箱舟、そして動物達

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


ノア、箱舟、そして動物達

今日、聖書のノアの箱舟の文字通りの解釈を主張する神学者はあまりいません。

1656種の哺乳類、6266種の鳥類、642種の爬虫類、20種の牛類、27種のヤギ類、46種の鹿類、昆虫、魚、亀、そして数々の地と海をはうものが知られています。

地上が洪水で完全に覆われた、地学的な証拠は何処にもありません。ですが、ノア、箱舟、アララット、等々の語源を辿ると、その例え話の謎かけを読み取るのはとても簡単です。

ノアはヘブライ語で休息です。アララットは単純に山、または高い処です。英語では、私達は、丘、頂上、山、等々と言います。ですからギリシャ語とヘブライ語の両方で私達は、ネボ、ピスガー、アララット、寺院の天辺、シオン、ギベオン、を見つけ、それらは脳と松果腺を典型します。

箱舟、またはボートは、再派生の行程を通して、太陽神経叢(へその位置、第三チャクラ)で生まれ松果腺へと運ばれるその種(魚・モーゼス)を象徴するために使われます。モーゼスはアーク(箱舟・アーチ)の中で見つけられ、契約のアークはイスラエル(ヨセフ)の子供達によって、荒野を通りヨルダン川を渡って(神経交差して)運ばれ(ヤコブの13人の子供達の章を参照)、其処で「その水はアダムの町で増えた」と言われます。

アダムは土、または砂を意味します。脊髄の源には、延髄(medulla oblongata)と呼ばれる体があります。Medulla は髄、または濃いオイル、もしくはオイントメントを意味します。この縦長い体(ラテン語でoblongata)は、人体とその髄のミネラル・ソルト(塩分)の床です。この大切なオイル(キリスト)は上の脳であり - 「最も崇高」な - 大脳からの分泌によって其処で受け取られます。

このオイルは脊髄を下って馬尾(Caudia Equina/背骨の付け根)に流れ落ち、これはパレスチナのヨルダン川と死海を象徴しています。

ヨルダンは「下らせるもの」または流れ落ちるオイルを意味します。目撃者/証言者:下る事は - Dove(飛び込んだ/白鳩)または dive (飛び込む)で、つまり、飛び込むもので - 「その神のスピリットは、白鳩(dove)の如く下降し、そして一つの声が「それは私の息子である」と言った、等々です。

これはイエスであるそのが、ヨルダン(脊髄)の中でそのオイルである、キリストが洗礼された後に起こりました。

松果腺、または「寺院の天辺」である、アララットに連れて行かれた動物達は、単純に箱舟/アーク(種)を救い、「頭蓋の場所」ゴルゴサの丘である、延髄においてヨルダン川を渡り(神経交差し)磔にされる事による、動物的な欲求と(生まれつきの)性質の変格を単純に意味します。

女性は4番目の次元です。

この太陽系は「人の息子のサイン(水瓶座)」に入り、其処に2,000年強留まります。占星学において、このサイン(星座)は「水を運ぶ者」として象徴され、その間、聖書の錬金術(化学)においてヤコブの5番目の息子、ダンに体現され、そして「審判」または「判断する者」を意味します。

これらの明言から簡単に気づかれるのは、今日この世界で起こっている全ては、何世紀にも及び行われてきた事の全てが、終結・達成される(working out/正常に機能している)または合計される・まとめられる(summing up)と言う事です。

この世界は目覚めてきていて、古い秩序は追い抜かれ、使い古された伝統は、現在の状況にもう対応出来ず、新たなものに入れ替えられなければなりません。

全ての側面から、過激で原理的な変格が、私達の顔を見つめています。科学、哲学、宗教、政治体そして社会体 - それら全ては、新たに再建させられるために、それらの実の土台から揺るがされています。

均整は無く、バランスは無く、調和も無く、平等も何処にもありません。

男性の女性に対する態度以上に、このアンバランスの状態を、上手く表現するものは何もありません。幾らかの間、今、この見解は徐々に変格し、そして水瓶座的な振動、または、言い換えると、各惑星の振動的な影響は、この変格のための状況を可能にしました。

女性は遂に彼女自身へとやって来ました。

男性と平等に!人類の再派性に向かう大きな一歩が今、取られるでしょう。

力の均整が今、可能に成ったので、世界的な調和は成長を早めるでしょう。

全てのこれらの真実は、数学的に表現される事が出来ます。

4は気づきを意味し - 1と3は(1+3)は4と同等です。

女性、または母は、ヘブライ語の文字、メム- M から来ています(子宮、人、水、マリー - これら全てにおいて同義です)。

「私は、Son と共に着た女性を見て、(月経から)月は彼女のの下でした。彼女はその体の12の機能を操作しました。そのSon が象徴するのは「太陽」または「人の息子」で、彼女自身の生命の種、または産物は、救われそして上昇させられます。その月が言及するのは再派生的な生命です。12の星々は、その12の機能で、ゾディアックの12のサインによって典型され、それらを彼女は物理的/身体的な再派生を通して克服/統治しました。

十字架(神経交差)の上にのった、またはそれを渡ってから、その種(オイル)はキリスト化され;そして再派性または「救い」を求めている男性、または女性の中で、その種は救われ,それはその後、室の眼である視床(心眼)に入り、それは「その家の中の全てに光を与え」つまり、人体における12の機能で、ゾディアックの12のサインによって体現されています。

再派性された女性 - 「太陽(Sun)と共に着た女性」は - 聖書の象徴において、シーバの女王で、数字の7によって代理されています。

すると女性は7の女王です。シーバはヘブライ語において7で、そしてソロモンの寺院(人の魂)は、シーバの女王が沢山の不思議を見つけた物理的な体です。

7の女王は何でしょう?

男性は唯一、三次元です。

次元はを意味します。

人の人体も、この宇宙も、幾何学的な形で、昔の哲学者達が良く知っていた事実で、音と数字が創造の法則を統治していると、彼等が言ったためです。

男性は解剖学(人体生理学)によって三次元的な生物であると証明されます。そして女性は、同じ方法を使って四次元であると証明されます。

ジャーマイヤ書の31章の22行目は:「女性は男性をコンパスする(囲む)でしょう、」とあります。

数学的に、女性は男性を囲む事が出来ます。

男性は女性を囲む事は出来ず、それは女性が4であるのに対して男性が3つの線の生物であるためです。故に4はその周りの中に3を囲む、また含む事が出来ます。

女性は四角(4つの線)で体現されるでしょう。

男性は三角(3つの線)で体現されるでしょう。

3と4はバランスせず、そして決してそうしません。これらには統一的(宇宙的)調和、またはそれらの間のバランスは無く、つい最近まで男性が、女性を同等だと考えた事が決して無かったためです。(注:一神教が発祥する以前は男女平等、もしくは対照的に、女家長だった。i.e.子供を産めるのは女性だけだから。)

ですが男性は「彼の高い馬から降りて来て」、そしてその天秤はもう直ぐ釣り合います。

時代の全てを通して、男性は彼自身を「全ての創造の主」と考えました。「始まり」と呼ばれるものにおいて、彼がとても偏見を持って分け与えた「あばら」は、彼を全体的に不均一にしました。彼は彼自身を女性より、より優れていると考え、そして「世界(ワールド)の終わりまで」または「活動の旋回(ワール)」までそうし続け - 水の時代を体現した最後、または一つ前ののサイン(魚座)の太陽系の運動、または現れでした。

水の時代の間に人は水を征服し - 水に関係する発明を完璧化しました、等々です。

男性と女性の数学的な方程式に戻ると:

身体的な表に見せる事の出来る三次元、または男性の線は、脳の創造的な中心、太陽神経叢、そして性器です。女性もまた脳の創造的な中心、太陽神経叢、そして性器を持ちますが、ですが彼女がまたもう一つ持つのが、ある意味、全てを含めて最も素晴らしいもので - 赤子に授乳する乳房です。これが4番目の次元、または線です。これらの想像的な線は、お互いから同等の距離です。

貴方自身でその表に理解すれば、貴方はそれを決して忘れないでしょう。

男性を表すために書かれた三角の中に、私達はまた、その眼を見つけるでしょう。これは良く知られたメイソン的なシンボルです。

子宮・女性(Wom(b)an)を創造したリブ・ラー」を参照してください。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR