身体的な再派生

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


身体的な再派生

その内的な眼は - 「眼の後ろの眼」は - 松果腺の直ぐ上にあり、繊細で電気的なワイヤー、または神経によって繋げられていて、視床と呼ばれて、そしてそれは「光、または室の眼」を意味します。

脳の各部位
3視床


ギリシャ語においてそれは、「世界の光」を意味します。「ロウソク」、「賢明な処女達」、「その寺院は太陽の光を必要としない」、「もし貴方の眼が単一(シングル)なら、貴方の体全体が光に満ちるであろう」と言われ、そして新約聖書のその他の文章でも、シングルの眼(心眼/第三の眼)、または視覚と呼ばれます。

この素晴らしいランプであり、全てを見る眼(ホルスの眼)であるものに注ぐオイルのために、私達は今、探究しましょう。

キリスト(オイル)であるイエスは、「私は世界の光である」と言わされます。「世界(ワールド))という単語は、車輪を回す、旋回させるという意味の、「回す(ワール・whirl)」から来ています。

人の体は、活動、運動、または旋回の特定の率であり、i.e.世界、そして世界の光と、太陽の光も月の光も必要としない寺院は、「そのランプにオイルがある」時の「神の寺院」である人体に言及します。

間違いは年齢によって神聖化されません。真実を愛する全ての者にとって、偏見と教義を横に押しやり、真実を見つけるのは義務です。

私達が「イエス(魚)」と「キリスト(オイル)」という言葉の意味を知るまで、ギリシャ語とヘブライ語で書かれ、何世紀にも及び、何度も翻訳され、再翻訳された聖書を理解する事は出来ません。

コンスタンティンは彼の時代の祭司達に、彼が犯した様な犯罪を許す術は無いと伝えられ、そして故にこのローマの皇帝は、罪無きイエス(またはキリスト)の血が、彼を永遠の神の呪から救えるかも知れないために、その救いの策略を用意しました。この怪物と、そして全てのその他の血塗られた金融、競争そして戦争の暴君、王、皇帝、そしてナポレオン達、ファラオ(エジプトの神官王)から現代の支配者達のための、抜け道でした。

イエスという言葉は、イクソス(Ichthos)からきていて、ギリシャ語での意です。「キリスト」という言葉は、オイルの濃度のものを意味し、オイントメント、または塗るものです。ニスまたはペンキは、木、紙、または布を保存し、守るために使われ - 故にそれらは救世主に成ります。

12歳の頃に、イエスは、寺院で医者、または教師達と口論しているのが見つけられます。「医者」という言葉は、ラテン語の「ドチェレ」から来ていて、教えるという意味です。

第二次成長期の後、全ての男性、または女性の生命において、毎月、個人の誕生日に太陽が入っていたサイン(i.e.個人の誕生日の星座)に月が入った時、太陽神経叢、または迷走神経叢で生れた、精神-身体的な、または「人の息子」があり、それは太古の記述の中で「パンの家」と呼ばれています。

ベツレヘムは、家を意味するベツ(Beth)と、パンを意味するレへム(lehem)から来ています。「その水の上に貴方のパンをのせれば、それは多くの日々の後に貴方に戻るでしょう。」水とは、人を再派性させ、救い、そして挽回する「神聖な旅」において、その魚(オイル)を運ぶ、人体の血液と神経の液体の事です。ナザレスは「調理する」の意味です。ナザリーンは「調理された」事を意味します。調理は準備する事の意です。あらゆる物質化されたものは、パンで、ナザレスで、マス(集会)で、マソ、またはパン生地です。故にカトリックの集会(ミサ)です。またメイソン(mas・on)もそうです。今、此処で明らかになるのは何故、メイソンとカトリックが同意しないかで、私達の文字、N は、ヘブライ語の14番目の文字、ヌンの短縮形で、魚を意味するためです。Maso に N を加える事によって、調理された、または用意された魚の謎かけがとても明らかにされ、祭司達は強く非難し、そして故に教会とメイソンリーの間の摩擦は発達しました。

その弟子達はフィッシャーメン(漁師)でした。初期のキリスト教徒達は、魚を彼等の秘密の象徴にしました。税金を払うためのお金は、魚の口から取られました。パンと魚は、12の籠が満杯に成るまで増幅させられました、等々です。神はジョナを飲み込むために魚を用意しました。ジョナは白い鳩を意味します。白い鳩は平和を意味し - 脳の灰色の物質から芽生えを下降させる事の意味です(ヨハネの洗礼の章を参照)。その嵐は性の欲求を意味します。その生命の種は故に救われました。「神の生れである彼は、彼の中にその種が残るために、罪(または知識の一歩手前)を犯す事が出来ません。」 - ヨハネ。第二次成長期は、大体、12歳位です。その歳に成るまで、子供は道徳的な責任を理解しません。「最初の生まれ(長男/長女)」は最初の種、または魚を意味します。ファラオ(語源:男根)である、性的な欲求は、常にこの最初の生まれを破壊しようとします(i.e.ファラオの長男殺し)。

私達がヨルダン(河)の中の洗礼と、キリスト教徒化、そして磔等々を説明する前に、私達は簡単に、モーゼス、ヨシュア、ナイル、ファラオ、そしてイスラエルの子供達を説明しましょう。

エジプトが意味するのは、暗い体の下半身です。太陽神経叢(へその位置)より下の体の部分は、エジプト、または地上の王国です。その中心(へそ)より上の全ての部分は、天界の王国を構成します。(「天界の王国は、貴方の中にあります。」)その飼い葉おけ、またはベツレヘムは、その中心、または均整(バランス/天秤座)です。

ナイル(河)、モーゼス、そしてファラオの娘は全て、派生/世代に言及します(ナイル川を参照)。それは月の山々において昇ります。モーゼスは、水が引き出された事を意味します。魚は水から引き上げられます。「私達の海の中には、2匹の魚がいます」 - ヴォ―ン。2匹の魚である、魚座のサインを参照して下さい。

魚座
2Pices.jpg

3pices.jpg


「ヨシュア(ジョシュア)はヌンの息子です。」ヌンは魚のためのヘブライ語です。

モーゼスは、物理的、または派生/世代/繁殖的な魚でした。

モーゼスの法律は、物理的/身体的な領域においてでした。

ヨシュアが意味するのは、「神の救い(Salvation)」で、そしてsalvation は、唾(saliva)または唾が出る事(salivation)から来ています。Sal は、Save (救う)salt (塩/ミネラル)です。「もし塩/salt が風味/savor を失えば」i.e.救世主/saviorを失えば、それはどうやってsalt/塩されるのでしょう?」唾/saliva は食物を消化する(または準備する)事によって、体をsave/救います。唾は塗り付け、またはオイントメントなので、モーゼスとイエスが相対する様に、ヨシュアはイエスに相対します。モーゼスはネボの山で死にました。ネボは理解を意味します。ヨシュアは、モーゼスの死によって空席に成った場所を受け継ぎます。イエスは、ヨルダン(脊髄)の中 - 液体、脊髄の実質であるキリスト(オイル)であるジョン(ヨハネ)に洗礼され、「彼の中で、私がとても喜ばしい、私の愛されし息子」に成りました。「ジョン」と言う言葉、IOHNNES (ヨハネス)は「魂」または「体の液体」を意味し、エゴ、またはスピリット(霊)的な人ではありません。ですから、体が死ぬ時、その液体は死に - 故に人は、彼が、彼の体を失う時に、彼の魂を失います。魂と肉体の消失を防ぐ事が、その息子、または種、もしくは神、はたまた人の息子の使命です。

ですが - この種、または救う息子の源泉、または起源は何、または何処?と言う問いは尋ねられるでしょう。私達はこう答えます:「エーテル、スピリット、または神です。」

エッセ、宇宙/統一的な知性、またはそれ(It)が使用されるでしょう。それは人の中に生命の息吹を吹き込みます。 この錬金薬は、肺を通して血管、または空気の運び屋(血液)へと運ばれ、其処でそれは無機的なセル・ソルト(ミネラル)と統合し、物質化(調理)され、そして小粒を形成し、そしてその後、肉と骨に成ります。

占星学、生物学、そして生物化学の研究が、身体生理学に加えられると、「恐れ多く、素晴らしく造られた」人間の寺院の大いなる錬金術(化学)的な研究室に人を導き - その寺院は、のこぎりと、かなづちの音も無く造られた寺院です。(i.e.メイソンの確言)。

入門者が、彼自身の脳の中の神聖な眼の力を完全に気付く前に、彼はその意味、またはその関連性において、言葉ヨルダンを理解しなければなりません。

Or は金色ですが、金属では無く、「大切な実質」で – その種です。ダンは、判事のためのヘブライ語の言葉で、故に大切な実質を通して機能している創造的な力は、審判、良い判断、または英知の人を産出します。

大脳は、この Or の蓄積所で、灰色の物質、または「大切なオイントメント」、もしくはキリストです。

「その始まりには言葉があり、そしてその言葉は神であった。全ての物事は、それによって創造された(または、される)」等々、等々です。

「失われた言葉」は、生命の樹の果実を食べている、繁殖的、または動物的な思考の象徴で - 故に、体の黄金、または「or」を破壊している、または失っています。

ヒラムは、「高貴な生まれ」、または松果腺と「単一の眼」の届く事が運命づけられた種を意味します。

タイアーが意味するのは岩です。性の実質の保存と変格によって、松果腺は固くしっかりと成り、そして昔話において岩(タイアー)と呼ばれます。「その賢明な人は、彼の家、ベツ、または体を、岩の上に造りました。」ですから此処に私達は、ヒラム・アビフ(i.e.ソロモンの寺院の建築士)の説明を有します。

ヒラム・アビフは(理解する人は何人かいるでしょう)、彼の体を探す事によって原因された遅れの間に再生され:言い換えると一月経ち、そしてもう一つの種が生まれ、儀式のための入門者は、それを殺さない(分解しない)様に忠告されます。

大脳は、人が含む、または人である全てを用意します。イエスは、ヨルダン川(脊髄)の中でジョンにキリスト化されるまで、救世主ではありませんでした。その後、彼は「愛されし息子」に成りました。

何故、洗礼は必要だったのでしょう?何故なら2匹の魚がいたためで、1匹は大工のイエスで、人でした。もう片方はキリスト化されたイエスで、神の息子です。そのキリスト(オイル)的な実質は、分解される、または死ぬ事無くゴルゴサの丘(延髄)において神経を渡る(交差する)ために、その種に電気的または磁気的な力を与えました。

磔する事が意味するのは、1000倍に増える、または加える事です。電気的なワイヤーが交差された時、それらは、それらの近くの全ての燃える事の出来るものに着火します。キリスト化された種がゴルゴサの丘で神経を交差した時、その寺院の覆いは取られ、地震が起こり、そして死者が出て来て、i.e.その体の繁殖的な細胞が活性化される、または再派生されます。

磔、または生命の種の交差は、「室の光」が「光と共に体全体」を満たす原因である率で、松果腺が振動する力を与え、そしてその振動を視覚神経にそって、物理的な眼へと送るので、故に盲目を治癒します。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR