WOM(B)MAN(女性/子宮/人(男性)を造ったリブ-ラ

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


WOM(B)MAN(女性/子宮/人(男性)を造ったリブ-ラ

「主はこの地に新しいことを創造された。女が男を保護するであろう。」 - エレミア31:22.

「そして彼女は男の子供をもたらしました。」啓示書(黙示録)の第12章の1から6を参照して下さい。

黙示録12章:


「リブ-ラは、イスラエルの東方の境界です。」それは、シェファムとチンネレス(ジェンネサレット)の海の間にあります。」 - スミスの聖書用の辞書。これは、「神聖な水源/噴水」の場所でした。

「ですが、時の満たされが来た時、神は、女に造られ、法の下で造られた、彼の息子を送り出しました。」 - ガラテヤ4:4.

イスラエルの子供達(神の戦士達 - スミスの聖書用の辞書参照)は、13の種です。(イスラエルと改名されたヤコブの子供達を参照して下さい)。

歴史的なイスラエルの土地は何処にもありません。その名前は - 純粋に化学的で、人体生理学的な - 人体の内的な機能に関係する、秘密、または神聖な記述の中で最初に見つけられます。

聖式(sacral)に由来する神聖(sacred)は、脊椎の下部を言及します。

分泌液(secretion)に由来する秘密(secret)は、生命の泉であり、「最も崇高」の秘密の場所で - 高く上げられた場所であり、私達の天界である、大脳からの、灰色の物質、またはオイルです。

大脳/最も崇高
3視床


ヘブライ語のアルファベットの14番目の文字、N がheave(高く上げられた)に加えられるとheaven(天界)に成り、何故ならその種、その14番目の文字 N が表わすNUN(ヌン)が、松果腺に運ばれると、個人を再派生させ、そして大脳が現れさせられた(manifested)天界に成るためです。この種は、「天界の王国を求めます。」

赤子の体内において、背部椎の12番目において太陽神経叢を脊髄と接続する、腎臓の近くに位置する副腎の近くの、2つの半月状の、半月神経節のはっきりとした痕跡は恐らく無いでしょうが、その名残の形状、力、そして効能が、誕生において埋め込まれているのは、絶対では無いにしても、大いに可能でしょう。

太陽神経叢
1太陽神経叢


少年、または少女が、12歳頃に成ると、ベツレヘムにおけるその半月と飼い葉おけ(またはヌン)は、完全に機能し、故にエレミアの宣言です。

創造的で、全能な、「楽園に水を撒くために、エデンから流れ出る」(創世記2:10)その体液は、その年頃に成ると - 男性であれ女性であれ - 人類においてリブ-ラを使い、人体である地に、新しいことを創造するのは明らかです。

この子宮は実際に、人(子供-種)を保護し、「その種は人の息子です。」再び「貴方は、人の息子が地(人体)において罪を許す力を持つ事を知らないのですか?」

「人(MAN)」の分析は、ユダヤのカバラによると、13番目のアルファベットの文字 M は、女性、母親を意味し、そして故に「メム」と書かれる事を明かしています。

A であるアルファベットの最初の文字 - アレフは、父親、または男性的な強さ、もしくは力を意味します。

アルファベットの14番目の文字、ヌンは、果実、息子、子供、挽回する(救う)救世主を意味し、故に、人(M-A-N)は最初に母親(M、またはマリー/マリア)で、その次に父親(A)で、その後、挽回する息子(N)に成り、故に究極的に救われる運命にあります。

太陽と月(ジョシュアが太陽に止まれと命令するのを見て下さい/i.e.太陽神経叢と半月状の神経節)そして迷走神経、脊髄、そして中間線である「分離の中間の壁」より上の人体の全ての部分は、男性においても女性においても全く同じで、そしてそれぞれの体の「王国」の機能は、別々そして個々に、「彼等自身の救い、または分泌を働かせる」事が出来ます。(ジョセフとマリーの章を参照してください)松果腺脳下垂体両方が1人の人間の生命体の中にあり、故に;「私の王国の中に(その種は言います)、結婚する事も、結婚によって与えられる事もありません。」

脳の各部
1松果体脳下垂体


附け書き:リブ-ラは、イスラエルの東方の境界です:背中は東と呼ばれ、前身は西で;足は南で、頭は北で、その半月状の神経節は、人における再派生的な子宮であるイスラエルの(後ろ)です。表を参照して下さい。

ヒンドゥーの秘密の記述によると、神は女性のあばらを取り男性を造ったとされます。文字通りに言うと、このアイデアは創世記の文章の一部より遥かに合理的に成ります。

「その女性は食べ物の袋の中に小さなパンの種を隠し、そしてそれは大きな塊に発酵しました。」

女性、または人の中の子宮は、上部の、または再生的な、子宮です。パンの種、またはイーストは、人の中の子宮から来る種で、膨らむ、または脊髄の中のオイル(「袋の中の食べ物」)が増える原因です。福音書の中のパンと魚を参照してください。また「10分の1を主(大脳)に与える」も参照してください。

その -  - であるデーヴィッドが、神の中に喜びを見つける人について、「そして貴方の法において、私は昼夜瞑想します、」と言わされたのも不思議ではありません。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR