反キリスト

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


反キリスト

創始的なキリスト教徒達、エッセネ派は、キリストとは特に、脊髄の中に含まれたオイル、またはオイントメントの事で、その素晴らしい「エデン(大脳)から庭園に水をまくために流れる川(脊髄)」に、体の全ての神経が直接、または間接的に接続しているので、結果的に人体の全ての部分に行き渡ると言う、大いなる真実に完全に気付いていて、そしてそう教えました。

初期のキリスト教徒達は、太古のヘブライ語で書かれたものであれ、ギリシャ語で書かれたものであれ、聖書は人体に関する例え話であり、寓話であり、比喩であり、「恐れを持って、そして素晴らしく造られた」事を知っていました。

これらの熟練者達は、大脳から分泌される分泌液(創造的な - 灰色の物質)は、人と呼ばれる物理的な表現の源泉であり原因だと知っていて、「ヨルダン川」が脊髄を象徴している事を知っていて、「死海」は脊髄が終結する脊椎の根元の神聖な神経叢だと知っていて、それはヨルダン川が死海に入る事を典型しています。

その濃密な、オイルっぽい、そしてしょっぱい実質は「カウダ・イクイナ」(馬の尻尾)である神聖な神経叢を構成し、原油(ペトロール、ペトラ(石)、または塩とオレウム - ラテン語でオイル)に比べられる事ができ、そして、より薄い実質、脊髄中のオイル、またはオイントメントは、石炭オイル(coal oil)と比較する事ができ;そしてこのオイルが(脊髄を上昇させられ)運ばれ、(ゴルゴサの丘 - 頭蓋の場である延髄が小脳と接続する処で十字に集結する、2本の液体神経の管)イダとピンガラが(左右に)交差させられた時 - このオイルは、石炭オイルが洗練されガソリンを産出する様に - 運動の、より高い率が飛行機を上昇する原因に成る様に - 洗練されます。

そのオイル(オイントメント)が磔にされた時 - (磔にする事は、その力が1,000倍に増大される事で、殺される事では無くそれはその墓(小脳)の中で2日と半日(サイン(ハウス)の中における月の期間)留まり、3日目に、人の中へと吹き込まれた「生命の息吹」の降臨であり - 故に「神聖(Holy/whole全体的)な霊」または息吹である、生きている、重要な実質、「生きている神の寺院」である大脳(人体の「最も崇高」)のカーブによって原因された窪み(凹み)によって覆われた室である、神の王座の中の中央の眼である視床を小脳に接続させる松果腺に上昇させられます。

松果(pineal)腺は「神殿の頂点(pinnacle)」です。脊髄のそのオイルが、松果腺に届く行程は、以下に続くものに描写されます。

「キリスト(オイル)化され、磔(神経交差)されたイエス(太陽/Sun/Son)を除いて、貴方がそれによって救われる、天界(大脳)の下に名前はありません。」(ギリシャ語の文章の正しい訳です)。

29.5日(月の周期)毎に、個人が産まれた時に、太陽があったゾディアックのサイン(i.e.個人の誕生日の星座)に、月が入った時、太陽神経叢(第三チャクラ・へその位置/飼葉おけ)の中に、または其処から生まれた物理的な胚 - 種(オイル)またはサイコ(Psycho/精神)があり、そしてこの種は、神経によって、または迷走神経の枝葉によって取りこまれ、そして「生命の樹の果実」に成り、または「善悪の樹」に成り - つまり:もし松果腺に届くために救われ、「水の上に流され」(循環され)るならで;そして物質的(肉体的)な平面(場所)で性的表現(行為)に食べられるまたは消化される、もしくはアルコールの飲み物や大食いによって発酵させられ - 内臓内における酸とアルコールに成るなら - 邪悪で – 故に - 酸とアルコールは、体内においてミネラル・ソルトと共に結合する事によって毎月の種を産出するオイルを、化学的に分解してしまうために、「天界(大脳)の王国は、酔っぱらいには受け継がれられない、」のです。

この種は、魚の匂いを持ち、(ギリシャ語の魚を意味するIchtos)イクトスと(ヘブライ語の魚を意味するNun)ヌンからイエス(Jesus)と呼ばれ - 故に「ヌンの息子、ジョシュア」で - 「私は生命のパン」で;「私は天界(大脳)から降りたパン;」で、「この日に私達の日々のパンを与え給え」と言われます。

生命の樹の果実は、故に、動物的、またはアダム(地上の領域の土-塵)的な領域において、貴方が食べる「魚のパン」ではありませんが:「それを乗り越える彼に、私は生命の樹の果実を食べるために与えよう」と言われ、何故なら、彼はそれ(種・オイル)を救い、小脳の中の彼へと、スピリット的な人、エゴへと、それを返還したためです。

小脳はハート型で、ギリシャ語で心臓と呼ばれ - 故に「人は彼の心臓(小脳)で考えるので、そうある、」と言われます。

人々が彼等の無知において、心臓と呼ぶ器官は、ギリシャ語とヘブライ語で、分離するもの、またはポンプと呼ばれます。私達の血液を分離するものは、私達が考える時に触るボタンではなく、それは思考を振動させる小脳の上部の丸い突起物です。その下部の突起は動物的(有死)の突起で、動物的な世界を統治し - 太陽神経叢(へその部分)より下部、下エジプトと呼ばれる部分 - 自然な人体(下半身)で - 地上の王国(動物的)で - アポリオンで - 悪魔(逆につづるとlived/生きた)で、サタン(土星/サターンは腸を統治する)、等々です。

炎と硫黄(火の湖)は、熱と呼ばれる運動の率を発生させる事において、主要な要素である事実から来ていて、そして食べ過ぎは硫黄の供給過多を発達させます。

キリスト教時代の最初の300年間(紀元三世紀前後)まで、上に書かれた事は全ての本物のキリスト教徒達には理解されていましたが、その時代の終わり頃、神官階級によるエッセネ派の迫害は目に余るようになり、彼等は秘密裏に集う様に成り、そして常に魚(魚座・イエス)のサインを使う様になりました。

西暦325年頃、非キリスト教徒のローマ帝国皇帝、コンスタンティンは、キリスト教の宣教師たちをナイセアに集めました。

コンスタンティンは彼の母親を殺害し、彼の妻を油でゆで上げましたが、それは彼女達がエッセネ派の元々の教義をかたくなに守ったからです。コンスタンティンは彼の時代の祭司達に、彼が起こしたような罪が許されるのは、転生を繰り返す以外には無いと言われましたが;その反キリストは、計画を策略する事によって、宇宙的な法則から逃れようと望みました。

そして数か月に及ぶ、人体の不思議にオリエントのイメージを着せた、創始的なキリスト教徒の記述についての問答と言い争いの後、その委員会は何度かの単なる多数決で、その記述のどの部分が「神の言葉」で、どの部分がそうでないのかを決めました。

これらの無知な祭司達のマインドにとって、とても重要だった - 天使に翼があったか、無かったかは - 3票差で翼があったと決定されました。その少数派は、ヤコブが梯子を下ろし、天使達が昇り降りしたのだから、天使達には翼が無かった一応の証拠だと主張しました。

ヤコブがヘブライ語で「かかとを掴む者」、または(ゾディアックの)輪を意味し、そして梯子は地上におけるゾディアックのサインの影響への言及で;そして2時間毎に一つのサインが昇り、24時間毎に一つの輪を形成し(啓示書の4と20i.e.24の長老達)、昇る太陽達(息子達/i.e.恒星)の外側の星々は、昇るサインの最後の息子達(太陽達)に「追いついている」と言う事を知らなかった、これらの司祭達の膨大な無知を一度、考えてみてください。(sun太陽もson息子も両方"サン”)

ヤコブ:かかとを掴む者
santoszodiac.jpg


ですが今、私達は反キリストに来ました:

ナイセアの評議会は、コンスタンティンによって圧倒され、人体の象徴(i.e.体の各部)は人々であると票決し;イエスは特定の歴史的な人物とし、その主張には全く、間違いなく何の事実も証拠も無いのですが、その話を信じる者全てが、今、此処で許され、救われるとされました。そのアイデアは、彼の歪んだマインドの簡単な逃げ道として、コンスタンティンに好まれ、そして本物の人物、または神の実際の血によって救われる策略(詐欺)はこの世に解き放たれました。

コンスタンティンと彼の手下達は、その悪行を永続させる唯一の方法は、この世界を、宇宙的な法則について、無知に保つ事だけだと理解し、そうするために彼等は、「時間と季節」(暦)を変更しました。

彼等が、太陽に牡羊座に入らせた日付は3月21日です。何故でしょうか?3月21日は、頭である牡羊座の最初の日であるべきで;4月19日は、首である、牡牛座の最初の日であるべきで、そして12のサインを通してその様に続くべきですが;これらのデザインの策略者達は、真実を隠蔽する事によって、人々が、「天界は神の栄光を宣言する」とは何を意味しているのかを気づくかも知れないと知っていました。再び:月は、その一か月毎の29.5日の周期において、ゾディアックのサイン、または「獣の輪」として知られる星座の中央の太陽達(星々i.e.恒星)に入る2.5日前に、星座の外側の星々(太陽/恒星達)に入ります。ですが今日に至ってまでも、反キリスト世界(「キリスト教圏」と呼ばれるもの)全域において、占星学者達を除いて、月を、それが実際にゾディアックのサインに入る2.5日前にそれを入れてしまう暦を使用し、故に反キリストであった非キリスト教徒、コンスタンティンの嘘を永続させています。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR