変格 - 水をワインに変える

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


TRANSMUTATION ー TURNING WATER
INTO WINE
変格 - 水をワインに変える


その変格の主は、水瓶座の王座(サイン)を、この世界を2160年間統治する様に、上昇させました。(i.e.2160 x 12=歳差運動の大いなる1年=太陽の公転)

水瓶座、ヤコブの5番目の息子(Son)、太陽(Sun)、輪、またはその後に続くのはダンで、ヘブライ語の判事です。故にその審判、または理解の日、もしくは時は、その執行者として革命的な惑星、天王星(ウラヌス)、またはギリシャ語で言うように”オラヌス”を有します。天王星は実質的に天界の息子の意味です。

この神は、人であるゾディアック的なサイン(星座)、水瓶座に最も相応しいです。「そしてその後、天界において、人の息子(太陽)のサインが現れるでしょう。」

太陽系は今、水瓶座の中にあるので、私達はマヒュー(マタイ)24、そしてまたルーク(ルカ)21に記録された、大いなる占星学者達の預言を予期し、そして実際に経験しています。

審判の日、または知識の時に私達は、基本的な金属が、黄金に変格される行程に気づくはずです。

黄金という単語はOrが語源で、太陽の光線の産物、または生命の息吹の事です。

人の中へと吹き込まれた生命、またはスピリット(霊)は、物理的/肉体的な人の、体液と構造を創造する、または造る、脳細胞と灰色の物質(脳)に降り注ぎます。

Or は種、または W or d (言葉) - L or d (主)、等々です。

「始まりには言葉があり***その言葉は神であった。」

神は力(権力)を意味します。

故に太陽からの放射である、基本的な物質は、黄金に変格され、そして黄金の惑星、オラノス(Oranous)が今、地球を統治し、そしてそれによって良き審判を人々にもたらしている事実のために、永続的に進行しているその行程は、現在において人によって認識されています。

(古代)ギリシャ語とヘブライ語の両方において、あらゆる液体、空気、またはエーテルは、組織化されるまで水と呼ばれ;その後それはワインでした。大地に降り注ぐ雨は、木、植物、もしくは果実に吸い上げられ、ワイン、i.e.樹液、またはジュースに変えられます。

ガリリーのカナにおける結婚式において、水をワインに変える例え話は、人間の生命体における全ての鼓動と共に、起こっている行程の文字通りの明言です。

ガリリーは水、または液体の輪を意味していて - (血液)循環システムの事です。カナは分離する場所を意味し、肺、または葦で、肺の細胞組織と細胞の事です。

生物化学者達は、食物は血液の有機的な部分を形成しませんが、全ての食物に含まれた無機物、または細胞塩(cell-salts)を解放する事によって単純に、ミネラル(栄養)の土台を供給すると実証しました。食物に含まれる、有機的な部分である、オイル、線維タンパク質(フィブリン)、プロテイン、等々は、人間的な機械を機能させるため、そして空気を肺に、カナに引き入れるため、それによって(酸素を)動脈、i.e.、空気を運ぶ者に入れるための運動の力を供給するために、胃と内臓によって燃やされる、または消化されます。故に、鮮明に証明されているのは、空気(スピリット)はミネラルと統合させられ血液を形成し、血液の中で見つけられるオイルやプロテイン等々が、”ガリリーのカナ(肺)での結婚式”において、全ての息吹を創造する事を証明しています。

空気は水、または純粋な海と呼ばれ:すなわち処女マー・リー(Mar-y)です。ですから私達は全ての瞬間に水がどうワイン - 血液に変格されているかを理解します(血液=海水)。

新たな時代において、”古いボトル(体)は、新たなワインを含む事が出来ない”ために、私達は更に高い振動率、または新たな血液の運動に一致するように、完璧な体が必要です。

その同じ真実を典型化している、もう一つの例え話の明言はこう言います、「そして私は新たな天界新たな地上を見た、」i.e.、新たなマインドと新たな体です。

生物化学は、ウォルト・ウィットマンと共に、こう云うかもしれません、「横たわっている病気の人に私は助けをもたらし、そして強く直立の人に私は更なる必要とされる助けをもたらします、」と。不機嫌で、怒りっぽく、イライラし、落胆し、そして簡単に意欲消失させられる人は、胃、肝臓、そして脳の液体が、均整、または健康に結果する正常な率で振動していない明らかな証拠です。健康は量的に計る/形容される事が出来ず、i.e.乏しい健康、または良い健康です。あるのは健康か不健康;簡単・楽/健康(ease)または病気(disease)でなければなりません。私達は乏しい/お粗末な楽(poor ease)または良い楽(good ease)とはいいません。私達は楽(ease)、または楽では無い/病気(dis-ease)と言い、すなわち気楽に(at ease)とは言いません。

何らかの痛みや滲出(しんしゅつ)を単に直すためではなく、食物として正しく統合され、摂取された、体の細胞塩(cell-salts/ミネラル)の十分な量は、健康な体液、血肉、そして骨の組織細胞として実体化し血液を形成します。

私達は、唯単に健康から健康に変わるためでなく、常に血液の振動率を健康のトーン(音)に保つために/同調する様に、細胞塩(ミネラル)を健康食として取り入れるべきです。

生物化学は、探求するエゴを、貧困と病気から解放する、健康と真実の開けた土地を、丘と緑の草原を指し示す指標です。

保護と変格は全ての商業的な世界において得られます。落下する水の力は工場の生産品へと変格されます。スチーム、銅の振動、そして炭素のディスクは夜を日に変え、車は「稲妻の様に走る二輪馬車で、道路でお互いに交差し」、元々の、または基本的な物質を変格する効果です。

公正な未来において、水瓶座の時代の微妙/繊細な振動は、オラヌス(Oranous/天王星)によって方向づけられ、素晴らしい脳の、眠っている何百万もの細胞を目覚めさせ運動させ、人は、失われた言葉の力が再建される事によって、彼の体のミネラル的な実質を保存し変格させ、その魂、IOHN(ジョン)と、大切なオイントメントの産物である - オイル、キリストと共に、ゴルゴサにおけるの十字架の上に勝利し、キリスト化された息子(種)を視床、全てを見る眼の室へと送る、松果腺へと上昇させ、そして故に「その家にある全てに光を供給するでしょう。」

これらの後の日々(i.e.近年)、私達のビジネスの世界は、大規模な石油信託、ペトロール、ミネラル・オイル、ペトラ石、岩やミネラル、またはオレウム(発煙硫酸)に圧倒され、オイルは利用され(食い物にされ)、そして故に変格の法則によってガソリンへと変えられました。

"エネルギー保存”の奇跡によるガソリンの変格は、飛行機の”上昇”の原因になり、そしてその鷲の通り道と、人の開けた道は、大空を渡って平行に横たわります。

そしてエゴが肉欲的なマインドの上に勝利し、魂の原液を"新たなワイン”の黄金に変格した時、それは聖父である大脳へと上昇します。

「そしてその寺院に昼の日の光も、夜の月の光も必要なくなるのは、主(Lord)の光がそれを照らすためです。」

水をワインに変える聖書の奇跡は、ジョン(ヨハン)の中にのみ見つけられ、そしてパンと魚(オイル・種)の増幅の関連記事として現れます。その奇跡の意味は、「真実を発見する事」です。

以下に続く殆どは、ローレンス・パームリー・ブラウンの御蔭です:(1920年5月のオープン・コートを参照して下さい。)

「ガリリーのカナにおいてイエスが行い、そして彼の栄光を現れさせたそのサイン(または奇跡)のこの始まりを:彼の弟子達は彼の上に信じました。」これは、ジョンによると、丁度、モーゼスの奇跡の一つとして、水が血に変わった事が、エジプト人達に与えられた最初の流行病だった様に、イエスの最初の奇跡でした。ですがジョン的な結婚の宴会は、来るメシア(救世主/種)を就任させる事において、アダムの洞窟の中で保存された、創造の6日間に、楽園において育った葡萄から造られたワインを彼が飲む、ラビ的な伝統の大いなる宴会の変形として認識された様に現れます(バックスドーフ、Synod. Jud,、460ページ)。(リリーのキリスト教における仏教169-170ページと、ブッダのポピュラーな人生305-306ページによると)ゴータマ・ブッダの中国の伝記Fo-pen-hing-tsi-lingは、この最後のブッダが、ジャンブナダの街における結婚式に、彼の諸先輩方が出席した時、そのお祝いの間に、奇跡的に食べ物と飲み物が減らない様にしただけでなく、その主催者が心で静かに望んだ様に、主催者に招待されていない客が来てそれに参加する原因に成りました。

聖体的なパンとワインを、ローマ・カトリックの教義における、イエスの肉体と血に比較して下さい。

パンのための言葉は、時々、人々の体、または肉体に変格される、全ての固形の植物に使用され、その間、水または(赤)ワインは、血へと変えられたと考えられ:ワインはよく、旧約聖書(創世記 xlix. 11;申命記 xxxii 14、等々)においての様に、「葡萄の血」と呼ばれ;そして葡萄のジュースは、当然、太陽の熱によって水から変格されたと考えられ、それはまた、ワインの醗酵の主要な要素です。

エドフのエジプト的なホルスの伝説の中で、神はラーの敵を打ち、そしてその後者は前者にこう言います:「「貴方はエドフの水を葡萄の様に(血で赤くし)、そして貴方の心はそれによって喜ばれます。」故にエドフの水は(ブドウの水)と呼ばれます。」(セイス、Rel. Anc. Eg sosite Bab.、220ページ)。人類の破壊において、大洪水は、人間の血の7000の甕から注がれ、氾濫の直後のナイルの水の赤い色を表してします(過去の記録VI、105-112ページ)。

その神話的な婚姻は太陽と、地球または月のどちらかとのもので(ファエドルス、I fab. 6参照)よって、疑う余地無くアテネ人達は、その昔、新月において婚姻を祝いました(月が太陽とのコンジャンクション/連動の時に – プロクルス ad Hesiod. Oper.、782)実質的に、ジョン的な新郎に関連するものは、何もありません。そして新婦への言及はありませんが;神話的な見解において、新郎は単なるイエスの変形で(ジョン iii. 29, cf マーク ii. 19, 20 等々の例え話的な「新郎」)、その間、彼の母とその新婦は、より広い変形の重複です。故に処女マリーは頻繁に、シャロンの薔薇とイスラエルの百合と呼ばれ;Canticles からの追加語句においてその新婦は、「シャロンの薔薇と谷の百合と呼ばれ、彼女は新郎によって「宴会の家」にもたらされ – 七十人訳聖書においての様に、文字通り「ワインの館」です。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR