神の言葉

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


神の言葉

「その始まりには言葉があり、そしてその言葉は神とともにあり、そしてその言葉は神でした。」ジョン(ヨハネ)第1章。

「W.O.R.D.」この文字のコンビネーションは、その最初の元々の感覚において、声、音、または語りを意味しません。生理学(人体学)的に言うと、それが意味するのは、大切な実質(substance)です。故に、人類が「彼等の足の上に物理的に位置させられなければならない様に、精神的にもスピリット(霊)的にも、同じ状態が存在出来る以前に、私達は原則に立ち戻り、W.O.R.D.の生理学的な意味を与えなければなりません。

ヘブライのアルファベットは、22の文字で構成され、それぞれの文字は、確かな意味を有しています。ヘブライの絵文字の形成において、文字は選択され、それらは結合された時に、それらが表現する事を望んだアイデアの全てのフェーズ(段階)を素朴に/はっきりと示唆します。

私達は今、W.O.R.D.を取り上げ、それを解剖し、そしてそれぞれの文字の意味を理解しましょう。

ヘブライのアルファベットには、「W」の文字がありません。私達の「W」の文字を代理するために、彼等が使用したのはVV(ダブルV)で、それはまた、私達の現代のフランス語においても使用されています。その意味は「フック」です。腕と脚は、人体のフックです。

VVは、すると、またはダブルVは、ヘブライ語のアルファベットの18番目の文字で、そしてその文字を表現するために彼等が使用した絵文字は、こう記述され:TZADDI、殆ど発音が不可能です。この文字はまた、私達が書くように、私達のアルファベットの18番目です。その数字には、多大な重要性があります。ヘブライのアルファベットの9番目の文字、「Teth」は、父と母の均整を現し - 完璧化または完全化された人間の、男性と女性、またはプラスとマイナスの力の完璧なバランスを現すので、ですから18番目の文字、Tzaddi 、またはダブルV(VV)は、物質的な世界 – または物質的な体とその情熱に向かうスピリットの転落/降臨を表します。天文学においてそれはゾディアックのサイン、水瓶座と一致します。

そのアルファベットの6番目の文字、Vav は、情熱と意識の間のかっとう、アイデアの敵対を表現するので、ですからその18番目の文字、VVは、6の3倍、または666で、私達が啓示の書で読む「獣」を現し、アダム的な人(Adam man)です。精神的な平面/領域の上で、私達は He Phren と言う表現を使い、この数字が、より低いマインドで、物質的なマインドであるためです。天文学において、この文字(6)に密接な関係があるのは、牡牛座です。人類は全体的に物質的な平面/領域に生きているので、故に獣で - 物理/身体的、精神的、そして感情的な獣です。3つの平面/領域の動物です。故にタロット(カード)の中に私達は、18が「敵対」を現すのを見つけます。

2つのVをお互いに上下に位置付けると、上部のVまたは三角の点が下向きなので、それらは再派生されていない人の2本の腕と2本の脚を現します。再派生された人において、その腕は、神聖さの崇敬において、頭の上で一つにされ、そして故にその頂点は上に向きます(逆様のV)。下部の三角形において、同じ変化が起こり、従来誤用されていた下向きで外向きの力は、上向きに送られ、そして「神聖なもの最も神聖なもの」に返還され、その三角は、底辺において閉ざされ、そして上向きに開きます。

「W」の文字は、すると、またはVVは、地球的またはアダム的な人、物質的な体、そしてより低いマインドを表します。

そのアルファベットの16番目の文字、「O」の文字は、ヘブライ語において Ayin と書かれ、最初の文字とある意味、同じ意味ですが、より深い感覚において、物質的な建物/構造物、そして眼に見える、物質的な世界における機能を意味します。「神の物質化神聖なスピリット、眼に見える世界への神聖なスピリットの進入」とタロットは私達に伝えます。一つである神は、単体、または非分離化で非分類化なので、物質的な領域に現れるためには、またはそれ分離しなければならず、円の2つの部分に成らなければならず、プラスとマイナス、男性と女性、電気磁気に成らなければなりません。これから私達は、「二重の力(パワー)」または「二重の機能」 - 「二重に力(フォース)」と言う表現を推論します。天文学においてこれは山羊座のサインによって表されます。私達の中で機能している、これ等の二重の力は、故に山羊になり、「世界の罪を持ち去ります」(輪-物質の体)。

平均的な人間において、この二重の力は、調和において機能していません。その運動は不均整です。もしこれらの2つの流れが人間の体の中で、調和において機能していれば、その再派生された人が現れさせられ、その血肉は、その言葉自体になります。

「R」の文字は12番目の文字で、「Resh」と書かれ、そしてその文字の象徴性は最も素晴らしいものです。それは人の頭を現し、そしてそれは、故に、元々の、そして決定された運動のアイデアに関連されます。それは運動自体のサインで、善であれ悪であれ、運動のそれらの先天的な力に関して、物事の再生を表現します。それは土星と一致します。「Resh」はまた停止/休息を象徴します。船は運動している水の上で停止するでしょう。

タロットにおける、この文字の内的な意味の描写は、それには深い秘儀的な重要性があるので、W.O.R.D.における現在のその位置における使用に光を当てます。引用すると:「地において墓穴が開き、そしてそれから男、女、そして子供が派生し;彼等の手は崇敬において合わせられる。その言葉の影響の下での本質/自然の再覚醒が、これより上手く表現する事が出来るでしょうか?その象徴が、一致するヘブライのヒエログリフに答える方法を、私達は尊敬しなければなりません。」

上述された引用にコメントする必要は殆どありませんが、彼等自身で既に理解出来ていない人の便利さのために、その墓、洞窟または飼い葉おけは、もし邪魔されなければ、アダム的な人を救う、その種、その言葉、「人の息子」が産まれる場所です。「その言葉の影響の下、」、実にその現世/肉欲的な人は、「違反と罪において死し、」新たな生命において最誕生します。

「D」の文字は、私達のものと同様に、ヘブライのアルファベットにおいて4番目で、「Daleth」と書かれ、そして子宮、または扉、口を意味します。それが意味するのは、分離からの湧きでる豊富さです。故にDaleth は、神聖な法則に従う事によって造られた創造の表現です。それはスピリットの物質上の圧倒性を表現します。そのタロットは故にその意味を素晴らしく解釈します:「神において、聖父の反射運動は、それがその意志です。人間において、アダムの反射運動は、その力です。自然において、自然の機能が反射運動で、それは宇宙的で創造的な液体で、宇宙の魂です。天文学においてそれは木星に親密に関係します。」

これをまとめると、それが真の太陽(聖父)の反映であるので、私達は”D"の文字が人体の中の太陽神経叢(しんけいそう)を表している事を理解し、そしてそれは全ての物事の源泉です。

太陽神経叢
1太陽神経叢


W.O.R.D.はすると、これを意味します:その創造は、神聖な法則によると、宇宙的で創造的な液体(分泌液)から来ていて、墓、洞窟、または地球の飼葉おけ(太陽神経叢)の中で、その完璧なもの(種、魚、果実、イエス)、ヴィシュヌ(魚)、ジョシュア、モーゼス、ホロス等々で、それにはスピリット化させる力があり - アダム的な人(動物的人・小脳的)を再生(再誕)させ、そうやって彼は”天界からの主、神”になり - その言葉は血肉化されると言う事です。「そしてその言葉は血肉化させられ、そして私達の中に住みました。」 - ジョン(ヨハネ)1:14.

私達が気づくのは、すると、その言葉は話す事を意味しないという事です。話す事を象徴化するヘブライの文字はPheで、17番目の文字です。それは生命のエッセンス(本質)を分配する力に関してで、それは破壊の後の創造の永続的な再生の意味に言及します。私達は破壊的に話す事ができ、そして建設的に話す力があります。

統合された”O"と”R"の2つの文字は、大切な実質(substance)を特定するのに使われ、元々”黄金”を言及し、それは太古の人々が、彼等が”黄金的”と呼んだ太陽の光線が、人体に降り注ぎ創造的な実質を形成したと気づいたからです。

聖書は私達に、「人はパンのみで生きるのではなく、神の口から生産される全ての言葉(または種)によって生きる、」と伝え、本当に生きるためには、私達はその大切な実質を救う/蓄えなければならないという事を証明しています。解剖学において、視床に繋がる(頭蓋の)縫合線の下の通り道(神経)は神の口で、それは大脳であるセレブルム(cerebrum)からその最も素晴らしい”贈り物(分泌液)”が人体に来るからです。これは見られない"口”を表しています。眼に見える口は太陽神経叢です。


3視床


私達はグレイの解剖学書や、その他の良い医学事典のページを開き、そして26日目の胎児の描写を慎重に観察する事が出来ます。私達が見るのは、すると、殆どの体全体を構成しているのは脳の実質で - 実際に、それは長く伸ばされた脳の様に見えます。その大脳、または聖父-聖母的な実質は、それからその体が造られる物質/材料を用意するものです。誠にそれはアルファであり、始まりです。堕落した者(変質者)と、そして過剰な生活(飲みすぎ・食べ過ぎ・やりすぎ)に生きる人は、この大切な物質(分泌液)が大いに不足になり、そしてその体の容姿の全体が、その神殿(人体)の荒廃を証言します。

人は再生される事ができ、そして故に、腐敗の中で撒かれた、彼の魂を救う事ができ、ですからそれは腐敗から浮上させられるかも知れません。

私達は語りと、それぞれの惑星の行程の機能を比較する事が出来ます。「天界は神の栄光を宣言し、そしてその蒼穹は彼の手仕事を見せます。」

「日々は語り、そして夜々は知識を見せます。」

「それらの声(天体の周波数)が聞かれない処に、語り言語も存在しません。」

天体、もしくは天界の惑星は、この私達の惑星の上に、それら自体の特有の影響、機能、または語り(フリクエンシー)を持ちます。私達は潮の満ち引きにおける月の支配を認め、太陽無しでは私達は生きられない事を認めているのに、その他の惑星の影響力を否定する理由は無いでしょう。

故に私達が、前述から理解するのは、言葉、そして声、または語りは、2つの完全に別々の物事で、そしてジョン(ヨハネ)が”言葉”と言った時、彼は大切で創造的な物質(種・分泌液)を意味していたと言う事です。

「さて、これが例え話です。そのは、神の言葉です。」 - ルーク(ルカ)8:11.

”種、言葉”そして"神”は、一つで同じものと全て同意で - その素晴らしい創造的な実質は、宇宙的なエッセ(esse/エッセネ派のエッセと同意)で、全てのものは其処からもたらされ、そしてその中で全てのものはそうあります。福音、または聖書の例え話と引喩は、神の言葉とは何なのかの情報を、私達に伝える唯一の記述です。故に、この本の中に、それに関して何が書かれているかを私達は引用しましょう。

種はその原因で、全ての事の中核で、故に種がその"始まり”です。始まりにあったのはその言葉です。

脊髄を下って流れる液体、オイル、または髄は、創造主であり、聖父であり、”最も崇高”である大脳から来ていて、それは解剖学的には、卵、または繁殖的な種として知られ - 腐敗/破損する事の出来る人間の形状を創造する、生命のエッセンス(本質)です。新約聖書が書かれた(古代)ギリシャ語において、この髄はキリスト(クリストス)と呼ばれ、それはギリシャ語においてオイルを意味します。

このオイルが精錬され、変格され、持ち上げられ、上昇(アセンション)させられると、それは高度に活性化され、体を再生させ、そして最後のである死を"克服します”。

それはどうやって上昇する事が出来るのでしょう?

"人の息子”、その種、その言葉、その救世主を上昇させる事によってです。脊髄の中のそのオイル(キリスト)は、聖書の中に記述された塩で、そしてその救世主は種、またはイエスです。

その塩と救世主は同じ源泉から来ており - 同じ場所で - その聖父は - 大脳です。聖書の例え話の中で、その種、イエスはこう言わされます、「私の聖父無しでは、私は何も出来ません。」その種を形成するその聖父からの材料は、それからそのオイルを形成する、異なった行程を辿ります。その化学的なフォーミュラはJ.O.H.N.(ジョン・ヨハネ)で、そして不正確に引用された様に(オイルの記事を参照)、イエスはジョンによって洗礼された、またはアノイントされた(オイルを塗られた)のでは無く、ジョン洗礼・アノイントされました。

もし私達が、その種の力によって、それを蓄える(守る・救う)事によって、脊髄の中のそのオイルを持ち上げる、または上昇させるなら、それは私達それぞれの体内の、解剖学的(生理学的)そして化学的な機能(行程)でなければなりません。

その様な事が実体です。

宇宙の全てにおいて、人自身より大いなる謎は無く、驚きはありません。「人よ、汝自身を知りなさい」(という言葉)は、時代を通して私達に向かい合いますが、(ギリシャの)デルフィー的な神託の声に注意を払った者は数多くなく、極少数が内側(マイクロコズム・小宇宙)を見つめました。

其処には素晴らしい"ストレイト(strait/海峡)で狭い通り道”があり、本当の海峡であり、ストレート(straight/真っ直ぐ)では無く、上部の脳である大脳から伸び、脊髄の終わり/底辺まで伸び、それ(脊髄)は聖書の中で、別名、ヨルダン川で知られています。私達はこれのヘブライ語における意味は下らせるもの、または"神の川"である事を見つけます。”ストレイトで狭い通り道”は正に、神の川で、それはそれが聖父で - 最も崇高な - 大脳に繋がっているからです。ヨルダン川が死海に流れ込む様に、脊髄が人体のその部分(背骨の下側の付け根)で終わるので、其処は医療用語でソドム(第一チャクラの事)と指定されています。ジョセフィスはこの部分を"ソドムの湖”と呼び、そしてその他の記録では、"ロットの海”や”アスファルタスの湖”と呼ばれている事を、私達は見つけられます。

シンボル(象徴)学の生徒なら、それは蓮が芽吹くドロッとした水たまりだと容易に解り、その千の花びらを持つ花は芽吹き、その黄金の心(中心)に創造主のイメージを反映している事が解ります。

その素晴らしい迷走神経は、その床、または頭の中の第四脳室から昇り、そして小脳に繋がり、ゴルゴサ頭蓋の付け根で、脊髄、またはヨルダン川を(十字に交差して/i.e.十字架/磔)渡り、そして数々の(神経の)枝分かれを、喉へ、肺へ、心臓へ、そして内臓へ送り、内臓の下の器官である神経叢(腹腔)で終結し、そしてそれ(腹腔)は中性的脳、腹の脳、または太陽神経叢と名付けられます。この素晴らしい神経には、それがなければ神聖な子供であるその言葉が受胎されない神聖な精霊、または神聖な息のチャンネル(通り道)である奥深く秘儀的なオフィス(場所)である事に加えて、6つの異なった身体的な機能があります。

聖書の用語において、太陽神経叢にはまた、飼葉おけ、洞窟、ベツレヘムの意味もあり、それはこの神経の神経叢の中央で私達は、アダム的な人(動物的、小脳的な人)を救うものが出てくる指抜き状の空洞、またはくぼみを見つけるからです。二元的な感覚でそれは"パンの家(ベツレヘム)”で、それは其処が神聖なパン、または種が形成される処だからで、そしてそれは物質的なパンの家である胃の直接の後ろに横たわります。「人はパンによってのみで生きるにあらず、神の口から出でる全ての言葉(種)によって生きます。」イエスはベツレヘムにおいて産まれ、そしてこの言葉はヘブライ語で”パン(レへム)の家(ベツ)”を意味します。ヘブライの言葉が、隠された真実の本当の意味を、どう素晴らしく表現しているかを見て下さい(理解して下さい)。「私は、生命のパンです。」

頭の中央の部分が、素晴らしい室、または床で、”視床”と呼ばれています。サンティーの脳と脊髄の解剖学書はこう描写しています:「それは大脳と小脳の間の大いなる神経節(ガングリオン)です。視床は重要な感覚的な中継の部分です。その中間の部分は嗅覚に関わっていて、その後部は一般的な感覚と味覚に関わっています。ヘッドとホームズによると、それはまた、痛みと温度のインパルス(衝動)のための意識的な器官だとします。第三脳室は、その中間でそれらが中間質(massa intermedia)で繋げられている処以外は、両視床を左右それぞれから分離させます。視床は、線条体(corpus stratum)の中間と後ろに位置し、そして中脳の上に後ろ向きに突起します。外側は内包の大きい内膜に対して休み/位置し、それはそれをレンズ核(lentiform nucleus)から分離させます。視床は卵の様な形をしていて、その小さい方の側が直接、前方を向きます。その測定数値は4cmかまたは約1.5インチの長さで、その幅は2.5cmまたは1インチの厚さです。それには内部側と後部側の先端があり、そして4つの面があり;superior(上部), inferior(下部), medial(中間) そして lateral(後部)です。」

上の段落で最も驚きの明言は、視床が卵型である事で、そして私達は、何故、太古の宗教が、卵へと、とても多く言及したのかを、容易に理解出来ます。視床とそのすぐ横の付属体と共に、脳の断面で見られた時、それは正にカブト虫の様で、その体は卵型で、そしてその"角”は後部の脳室で、カブト虫の角を象徴しています。エジプトのオオコガネムシに例示されているのは不死の卵で、この世界の光です。それは神聖の中の神聖の室で、其処に隠されているのは契約のアークです(コガネムシの背が右脳・左脳を象徴している)。エジプトの死者の書の中でこれが、”セケルのボート”として言及されているのを、私達は見つけます。時代を通して存在してきた全ての宗教は、そのそれぞれ自体の定義において、人の体の中で起こる同じ話し、同じ身体的(解剖学・生理学的)な話を伝えています。

「視床の後部側に私達が見つけるのは松果体です。それは松ぼっくりの形をしていて、その高さは6ミリ(0.25インチ)で、直径は4ミリ(0.17インチ)で、平たくされた茎の様な小帯(habenula)によって、第三脳室の天井に接続されています。サンティー(の辞典)が私達に伝えるのは、「松果体の内部は、接続的な細胞組織の内的な発達によって囲まれた小胞から構成されている。その小胞はカルシウム(ライム)的な物質と混ざった、上皮細胞で満たされていて、脳砂(acerculus cerebr)と呼ばれます。カルシウム的な蓄積は、松果体の茎にも見られ、脈絡叢(chorioid plexuses)に沿っても見られます。松果体の機能は知られていません。(哲学者)デ・カルトは、それがスピリットの宿り処だと、あいまいに提案しました(人の。」

秘儀的なの生徒/入門者にとって、上の段落で最も重要な明言は、カルシウム的な蓄積、脳砂への言及です。今、正に、半世紀前に書かれた偉大なオカルト(秘儀)主義のヘレナ・ペトロフナ・ブラヴァッツキー婦人の言葉が正当化され、近代科学の光の下、真実であった事が証明されるのを、私達は目撃します。誰が今、秘密裡に神聖な教義に記録された、千里眼や神秘主義者の明言を、頼りなく、本当ではないと受け流せるでしょう?

この松果体の上部は視覚(光学)、または眼で、”全てを見る眼(ホルスの眼)”で、それは”その家全体に光を与える”素晴らしいロウソクの光です。

この松果体は、男性的でスピリット的な器官です。もし貴方が、それが男性的な器官である証拠を尋ねるなら、貴方は疑う余地のない証明を、この器官の下の部分で、”四丘体(corpora quadrigemina)”と名づけられた部分、”4つの重なった体”の - 2つのお尻と、2つの睾丸を、あらゆる良い解剖学的な辞典や表に見る事が出来るでしょう。故に私達が見るのは、私達の疑いにも拘らず、馬鹿にする科学者達でさえ、この体(松果体)のオカルト(秘儀)の調査の真実を証明しています。

秘儀と解剖学的な意味において、これはジョセフ(ヨセフ)で、増やす事を意味していて、種であるイエスの父で、救う者です。それはそれを通してその体の電気的な力が機能する器官です。それは、言い換えると、上部の脳である大脳において分泌され、実体化した宇宙的なエッセ(esse) - それ分別化させる器官の一つです(分泌液を2種類に変質させる)。東洋(中東)の神聖な本に引用された中世のヘブライ(の記述)によると、それは頭蓋の中に分泌された、天界からの”クリスタル的な朝露”とされます。私達自身の聖書の素晴らしい抽象性は、太古の世界の全ての国々の全ての神聖な書物に重複されています。この素晴らしいエッセ(エッセンス・本質)、この聖父の幾らかは、大脳から松果体に下り流れ、其処で変格(変化)させられ - その性質と機能おいて、男性的、陽的(プラス)、電気的になります。

視床の反対側にあるのが脳下垂体で、女性的なスピリットの器官です。それは蝶形骨のくぼみの中の小さく、赤い、楕円形の器官で、肉茎によって脳に接続されています。それには2つの丸い突出部があり、一つは黄色っぽい灰色で、もう一つは赤っぽい灰色です。それは粘液、またはたんを分泌しますが、その後者がその名前の由来です。それはまた、宇宙的なエッセ(本質)である、聖父(大脳)から、全ての物事がもたらされる、(まだ)分別(変格)されていない実質の分泌を受けます。この腺に流れる事によって、それ(分泌液)はその性質と機能において磁気的で、女性的になります。それはマレ(Mare)であり、マリーで、純粋な海、または水で、神聖な子供(種・言葉)聖母です。松果腺は、聖書の中でペニアル(松果的)山として関連され、ヤコブが主の天使と取っ組みあったペニアル山として記述されています。ヘブライ語において、その言葉は”神の顔”を意味します。それは正に神の顔です。この腺の頂上は眼に成っています。顔以外の何処に、眼が位置出来るでしょうか?

松果腺に接続されているのが、秘密の記述で”ピンガラ”と呼ばれる神経です。この神経は、頭蓋の根元の先髄(の先端)、延髄で交差し(十字架/磔し)、そして脊髄の右側にそって、その付け根まで行きます。

同様に、脳下垂体に接続されているのは、神経イダで、ピンガラが交差するのと同じ、脊髄の先端で交差し、脊髄の左側をその根元まで下ります。此処でこれらの2つの神経は半月状の神経節(ガングリオン)を通って 太陽神経叢に合体します。

イダとピンガラ
2ida


これらの2つの腺に入る事によって(変格され)別々のものに成った神聖なエッセは、神聖な子供の母と父である、マリー(マリア)とジョセフ(ヨセフ)に成ります。この物質は、この実際の実質は、神聖な息(精霊)と統合される処である太陽神経叢に入り、そしてそのは生まれ - ”聖父の王国”で食べられる事を意図したパンは造られたとされます。

全ての個人それぞれの最初の種は12歳(の頃)に始まり、私達はそれを第二次成長期とします。その後、それはそれぞれの個人個人の中で、29.5日周期(月の満ち欠けの周期)で形成され、個人の誕生において太陽があったサイン(個人個人の星座)の中に月がある時に、それぞれの個人の中でこれが起こります。

へロッド、ファラオ、情熱、熱望、そして感情は、この神聖な赤子(種・分泌液)を殺す事を求めます。

此処で私達はH.P.ブラヴァッツキーの秘密の教義の第二巻に記述されたものから、その種、子供、果実、またはに、常に存在する危険について、サンスクリットの明言から引用します:

「ヴァイヴァサタが河の土手で崇拝している際に、一匹のが大きなからの保護を彼に乞います。彼はそれを救い、瓶の中に(太陽神経叢の中に)入れ、それは大きく、大きく成り続け、そして来るであろう大洪水の情報を、彼に与えます。(瓶の中の金魚に注目して下さい)。

「そのスリヤの息子、ヴァイヴァスヴァタ・マヌは、太陽で、そして私達の民族の救世主で、肉体的、そしてスピリット的の両方において、生命の種と関連しています。

上記の重要性は明らかです。

聖書の中に私達は:「ジョセフは二倍の量を得るでしょう。」と言う明言を見つけます。

ジョセフはヤコブの子供達の内の一人で、それ(ヤコブ)はヘブライ語で"輪”を意味します。彼の名は後に、イスラエルに変えられ、ですからヤコブの息子達はイスラエルの息子達です。ゾディアックのサインはまた、ヤコブの子供達と言及され、そして生理学/解剖学において応用されると、太陽神経叢へと言及し、そして其処に集中させられた12の力(神経)に関連させられます。人の体に入る全ての力は、人体のこの部分で受け取られ、そして其処から送り出されます。ジョセフはこれらの分離、または中央を表し、そしてこれは彼の取り分の一つです。そのもう一つは、それもまたジョセフである、松果体です。

故に、ガド、リューベン、レヴィ、等々と言及される全ての部族は、人体の中の機能的な力の事であり、そしてそれらは人々の集合体(部族)の事ではありません。

私達が見つけるのは、そうすると、この種、果実、魚、パン、そして救世主は、太陽神経叢の中で産まれるという事です。

私達はこの種を持ち上げ、救い、または上昇させなければなりません。「もし私が上昇させられれば、私は全ての人々を私に引き寄せるでしょう。」 - ジョン(ヨハネ)12:32.

それは脊髄へと取り入れられなければならず、言葉を変えると、ジョン洗礼されなければなりません。それはオイル(分泌液)でアノイント(オイルを塗られ)されなければなりません。

私達は脊髄の中にオイルが存在する事を見つけます。この題材はこの本の他の場所で扱われます。

ジョシュア(ヨシュア)の書の中で、私達は最も崇高な神のアークが、12支族の司祭達によって、ヨルダン川に入れられる話をみつけ、そして再び新約聖書の中で、私達は、ヨルダン川の中でジョン(オイル)洗礼されるイエスの、同じ話を見つけます。ヘブライ人達は、彼等の話を旧約聖書の中で伝え、そして(古代)ギリシャ人達は、彼等のものを新約聖書に与えました。

ジョシュア(ヘブライ語で魚の意)の話の中で私達は、彼が彼の敵を倒す間、太陽と月に留まれと命ずる事を見つけます。太陽神経叢に接続している半月状の神経節は月と一致させられます。この神経叢からの神経は人体の下半身へと伸び、そして事実、繁殖器に接続します。その種が安全にヨルダン川(脊髄)へと通される事が出来る様に、ジョシュアがこれらの力に静止を命じたのは驚きでは無いでしょう。それはこの脊髄の通り道のすぐ下に、もう一つの"魚の門”と呼ばれるものがあるのを、私達が見つけるためで、それは直接、繁殖器に繋がっています。もし低級な(性的)欲求が鎮静させられなければ、この種、または魚は”飲み込まれて”しまい、繁殖的な魚(性的分泌液)によって殺されてしまいます。
(オイルは酸性によって破壊されてしまうので、食生活に代表される生活のリズムにおいて、アルカリ性を目指さなければなりません。アルコールはオイルを分解してしまいます。)

これらの低級な力(下層チャクラ・動物的本能)が操作された時、その人体の崇高な祭司、より高い力が指揮を執り、そしてその種はヨルダン川へともたらされます。

「洪水の時に、ヨルダン川の土手は溢れだし」、そして”立ち上がり”、そのアークはヨルダン川へと運び入れられます。これは解剖学的に、脊髄への入り口の正確な位置を結論的に証明します。それは脊髄のこの部分が最も広く - 其処が"立ち上がる”処、またはソドム(第一チャクラ)とゴモラ(第二チャクラ)と呼ばれる部分に接しているためです。

そのアークが"水"に入った処で、12人の男が石を積み上げるために選ばれ、そして聖書は”それらは今日まで其処にある"と伝えます。これらの12の石は、12の背部椎と同義で、それぞれの背骨は、太陽神経叢の一部を形成する神経に接続します。これらの12の神経は太陽神経叢で終結します。これらは、そのアークが"神の川"に入る事を可能にした12の祭司達です。

その12の力は、その後、このアークを水のの外に運びました。

彼等はジェリコ(の町)の壁を壊し、そして最も崇高な神のアークと共にその街にはいりました。

新約聖書の話の中で、イエスはヨルダン川の中で洗礼されます。その後、彼が磔にされる時が来ると、彼はゲセメネの庭園に行きました。人体においてこれは、延髄の付近の両横のオリーブ状のもので、あらゆる人体でも証明される様に、解剖学的な事実です。また、この同じ場所には、2つの「ピラミッド」もあります。

人体において、ゴルゴサ(ヘブライ語で頭蓋の場)は頭蓋の付け根で、脊髄が頭に入る処です。この地点がイダ、ピンガラ、そして迷走神経によって交差される処です。それらが聖者ジョージと聖者アンドリューの十字架で、その中で表現された(直立で両腕を左右に広げた)人の形状です。太古のビザンチンの多くのコインやフレスコはこの深く秘儀的シンボルを見せています。この同じ8点の星、または合わせられた十字架は、太古のカルデア、バビロン、アッシリア、ペルシャ、そしてインドのお守りや護符に現れます。

太古の記録が、私達自身の聖書の中に見られるのと同じ話を伝えていて、そしてそれらは全て一つの事に関する事で、人体の支配と言う、一つの行程についてでは無いと、私達は今でも疑えるでしょうか?

その種は、すると、十字架(神経の交差点)で磔にされ、それは力において向上させられ、磔がを意味するとは何処にもありません。

私達は、種と質を改良するために動物達を交配させます。交差された電気的なワイヤーは更に強力な電流を生産します。交差、または磔の行程によって、故に、この種は更なる力を取り入れ、実際に”イルミネーション”を受け、そしてそれはその種が「その時は来た。聖父よ、汝の息子が汝を栄光化出来るように、汝の息子を栄光化し給え。」と事前に尋ねたと言う事です。

栄光化、またはイルミネーションの瞬間、その種は、「我が神よ、我が神よ、何故汝は私を見捨てたのですか」とは言いませんでした。それは酷い翻訳ミスです。それに更に加えて、それは十字架(交差点)に行く直前のその申し入れの趣意とは全く同調していません。この絶叫の正しい翻訳は、「我が神よ、我が神よ、何と貴方は私を栄光化するのだろう」です。これの方が、「聖父よ、その時は来たので、貴方の息子が貴方を栄光化出来るように、貴方の息子を栄光化し給え」という落ち着いた誠実な申し入れに同調するのではないでしょうか?

ジョン(ヨハネ書)を読んで、栄光と栄光化に注目して下さい。ジョン、またはイオアネスは、オイントメント、またはオイルが此処で人格化されたものです。

栄光化とはイルミネートする事を意味し - 光を与える事で - 光線の放射です。交差した神経の上のその種の通過と、そしてその松果体の中への通過は、実の真実において、そのイルミネーションの原因で - その光の閃光は、その個人の意識の向上、またはイルミネーションで、その中でこの行程が起こる事が許されます。その達成を妨げるのは人であるためです。

磔の後、イエスの"体”はジョセフによって主張され、そしてそれは彼によって、まだ人が横たわらせられた事の無い、彼の墓に連れていかれます。このジョセフは同じジョセフで - イエスの父であり、松果腺であり、以前にその腺によって吸収された種も無く、吸収した人も誰もいないためで、これが最初に救われた種であるためです。言い換えると、その息子は聖父に戻り、その種はその源泉に戻ったという事です。その聖父(松果体)とその息子(オイル)は一つに成りました。

イエスの以下の明言を、解剖学的以外に鮮明に説明出来るものは何もありません。「そして私がする事より更に大いなる事を、貴方がするのは、私が私の聖父の上に行くからです。」救われた最初の種は明らかにこの名言をします。最初の種が救われると、体全体が変化されます。それはより高い率で振動し、液体がより純粋に成ります。29.5日(月の周期)経つと新たな種が生まれ、そしてこの種が形成された物質はより洗練された実質で、より大きな力なものです。故に、それが磔にされた時、それは最初の種より、より大きな力のものなのではないでしょうか?三番目の種もまた、その3倍増幅させられ、そしてそのように続くでしょう。それぞれ一つ一つの種を上昇させる、または救う事によって、その体全体が変格していくでしょう。ポール(パオロ)は言います、「汝は汝のマインドの再生によって、変格された」と。そのマインドは、その脳は、伴われるオイルと共に、それぞれの種が松果腺に運ばれるたびに、再生させられます。「そしてその主から取られたものは、歌と永続する喜びと共に、シオン(松果体)に戻るであろう。」

これが、すると、神と種であるその言葉が、アダム的(動物的・小脳的)な人を再生させ、変格する行程で、それによって彼は、「天界からの主神(Lord God)」に成ります。

その行程への直接的な言及が数多くあり、それらの内にあるのは、以下に続くものです:

コリンシアンズ11:28、「人はまず自分をよく吟味して確かめ、こうして後にパンから取って食べ、また杯から飲みなさい。 」

11:29、 「食べまた飲む人は、もしその体をわきまえないなら、自分に対する裁きを食べまた飲むことになるのです。」

11:30、「そのために、あなた方の中には弱くて病みがちな人が多くおり、相当数の者は[死の]眠りについています。」

使徒語録1:11、「ガリラヤの人たちよ、なぜ空を眺めて立っているのですか。あなた方のもとから空へ迎え上げられたこのイエスは、こうして、空に入って行くのをあなた方が見たのと同じ様で来られるでしょう。」

IIジョン7、「イエス・キリストが肉体で来られたことを告白しない者たちです。それは欺く者、反キリストです。」

ジョン3:3、「イエスは答えて言われた、「きわめて真実にあなたに言いますが、再び生まれなければ、だれも神の王国を見ることはできません。」

Iジョン3:9、「神から生まれた者はだれも罪を行ないつづけません。神の再生する種がその人のうちにとどまっているからです。そしてその人は罪を習わしにすることができません。神から生まれているからです。」

ピーター1:23、「あなた方は,朽ちる種ではなく、朽ちることのない、再生する種により、生ける、いつまでも存在される神の言葉を通して新たな誕生を与えられたのです。」

ルーク4:4、「しかしイエスは彼にお答えになった、「『人はパンだけで生きるのではない』と書いてあります。」

ガラテア3:16、「さて、その約束はアブラハムとその胤に語られました。それが大勢いる場合のように,「また多くの胤に」とではなく、一人の場合のように、「またあなたの胤に」と述べてあり、それはキリストのことなのです。」

ルーク8:11、「さて、例えの意味はこうです。種は神の言葉です。」

コロサイ1:26-27、「すなわち、過去の事物の諸体制から、また過去のもろもろの世代からは隠されてきた神聖な奥義を宣べ伝えるためです。それは今、神の聖なる者たちに対して明らかにされたのであり、神は、諸国民の間におけるこの神聖な奥義の栄光ある富がどんなものかを彼らに知らせることを喜びとされたのです。それは、あなた方と結ばれたキリスト、その栄光の希望です。」

申命記28:38、「あなたは沢山の種を野に携えて行くが、取り集めるところはわずかであろう。いなごがそれをむさぼり食うからである。」(洗礼者ヨハネ参照。)

マタイ13:27、「それで、その家あるじの奴隷たちがやって来て言いました、『ご主人様、畑にはりっぱな種をおまきになったのではありませんでしたか。それなのに、どうしてそこに雑草が生えてくるのでしょうか』。」

IIコリンス9:10、「では、まく者に種を、そして食べるためのパンを満ちあふれるほどに供給してくださる方は、あなた方のまく種を供給し、また殖やし、あなた方の義の産物を増し加えてくださるでしょう。」

ジョン6:58、「これは天から下って来たパンです。それは、あなた方の父祖が食べてもなお死んだようなものではありません。このパンを食する者は永久に生きるのです。」

ジョン6:51、「わたしは天から下って来た生きたパンです。だれでもこのパンを食べるなら、その人は永久に生きます。そして、本当のことですが、わたしが与えるパンとは、世の命のためのわたしの肉なのです。」

Iコリンス15:21、「死がひとりの人を通して来たので、死人の復活もまたひとりの人を通して来るのです。」

イザヤ45:23、「わたしの口から、義のうちに言葉が出て行った。」

マタイ24:35、「わたしの言葉は決して過ぎ去らないのです。」

ジョン17:8、「わたしに与えてくださったことばをわたしは彼らに与えたからです。」

詩編119:130、「み言葉の開示は光を与え」

「ナッツの殻の中の真実」と言うフレーズは深いオカルト/秘儀的な意味があります。「私が、真実です。」

「私の言葉は、空のまま、私に返還されず、それが送られた事を達成するでしょう。」

使徒語録13:26、この救いの言葉はわたしたちに送られているのです+。

ヘブライ2:2、「み使いたちを通して語られた言葉+が揺るがぬものとなり」

ヘブライ6:5、「神の優れた言葉と来たるべき事物の体制の力とを味わっておきながら」

ピーター2:2、「み言葉に属する,何も混ぜ物のない乳」

イザヤ30:23、「そして、神はあなたが土地にまくその種のために必ず雨を、またその土地の産物としてパンを与えてくださり、それは必ず肥えて、油に富む。その日、あなたの畜類は広い牧場で草を食う。」

詩編68:11、「エホバご自身がみことばを与えてくださる。」

そして、しかし、スミスの聖書用の辞書は、「言葉」の意味を見つけようとする、その試みにおいて、ルーク8:11「その種は、神の言葉である。」を引用する事を怠ります。それは何故なのでしょう?それが何故なら、その不死の明言が、私達の中の種が救世主であり、人の外のものでは無い事の偶然を超えて証明するためでしょうか?エラーはなかなか死にませんが、それは常に、「その信者達の中で死にます。」

昔の預言者達に
とても頻繁に来た、
「主の言葉」とは何だったのでしょう?

「その種が言葉である。」 - ルーク8:11.

「主の言葉」に言及する聖書の中の明言の全てにおいて、ヘブライの聖書の中で、同じ大いなる真実が、何度も、何度も繰り返され、そして「主の言葉」 - と翻訳されているのを、私達は見つけます。

「そして主のその言葉は、ジャーマイアに」、または「ジョエルに、」もしくは「エジキエルに、」はたまた「ホセアに来ました。」

そして故に、それぞれの種が救われた後に、預言者は真実を世界へと、預言し、忠告し、そして伝道しました。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR