手の内の王国

GOD-MAN
The WORD MADE FLESH
神-人
血肉にされた言葉
by Dr. George W. Carey
and Inez Eudora Perry
ケイリー博士&ペリー著
http://ia700401.us.archive.org/18/items/godmanwordmadefl00carerich/godmanwordmadefl00carerich.pdf


手の内の王国

人は - 人の熱望の究極の目的である - 人の理想の一歩手前にあり、人がもうこれ以上、法の対象に成らずに、「スピリットによって導かれ」人が、人自身が、その法のオペレーター(執行人)であり特性であり、自由の領域であると気付く寸前です。

人は、運動における法です。人は今、完全な自由への最後の一歩を踏み出し、そして神に成るか、または二重の概念の殻を食べ続け、「前例と権威」の鞭の下ですくみ続けるでしょうか?人が代理の償いを信じ続ける限り、人のための「救い」も再派生もありません。その行程によって救いが必要な人には価値がありません。

永遠の統一性の認識が人を、人が救いを必要とすると言うアイデアから、人を救うのは、何故ならそれが、大いなる必要性と言う計画における人の場所と任務から、人を和解させるためです。それは人に、原因の無い原因、始まりの無い始まりへの、人の真の王制を明かし、そして人は、全ての形状、思考、運動、音、色、そして「善と悪」と呼ばれるものが前行する、宇宙的なエネルギーからの特質であると、知るであろうためです。

この英知の完全な光の下で、人は個人的な救世主を探求する事もしなければ、何千年も前に死んだ人々の言葉の意味について屁理屈を言ったりもしません。

イエス、キリスト、真実、生命は:「見よ!私は今、貴方と共にあります。」と人の耳に永遠に教え続けます。「イエス・キリストが、血肉の中に来たと告白しない人は、反キリストと同じです。」

スピリット的に盲目の人達唯一が、常に存在し続けるキリストである、真実または生命の「再来」を探し、または既に手の内にある王国の「再来」のために探します。「貴方が一つのもののために祈る時、貴方は今、それを持っている事を知りなさい。」

もし私達が、遠い過去に生きた誰かの、つぶやかれた特定の明言を、最後通牒として受け入れるなら、私達は、私達が信頼を置いた前述の明言と矛盾する様な、同じ人物によって語られた、または記述された意見と、そのつぶやきを和解させざる負えなくなるかも知れません。

それらの人達は、死んでいるので、矛盾して現れるものに関して、説明のために尋ねる事が出来ません。もし彼等が出来るとしたら、「善き灰色の詩人」が彼自身と矛盾していると、ある批評者がヒントした時に、ウォルト・ウィットマンがしたした様に返答したかも知れません:「私が、私自身と矛盾しましたか?ならば私は、私自身と矛盾したのでしょう。私は大きいですから、私は複数を含んでいます。」

過去の時代において語られた意見は、長い年月の周期を超えて延長させられ、その時間の間に帝国は台頭し、そして衰退し、そして惑星的とゾディアック的な変化のために、生命の新たな概念は認識を得ました。故に社会的、宗教的、科学的、そして産工業的な世界において、急進的な変化が起こりました。

この光の中でその問いを見てみると、過去の先見者達と賢者達、聖者達と科学者達が、時折、彼等自身と矛盾するのを、私達が驚く必要はあるでしょうか?

私達は今日、常にとても一貫的でしょうか?

私達は、私達が「神聖な法」と呼ぶものを法化させ、すぐさまそれらを犯し、そして最後の手段である法廷へとその件を運び、そしてその「神聖な」法を廃止したりしないでしょうか?

私達は、高低の関税、(金銀)複本位制、そして金本位制を有していて、そして私達の偉大な政治家達は、1895年の年に銀貨の自由鋳造を保ちましたが、1896年には、それらの同じ経済の指導者達が、銀貨の自由鋳造は文明を破壊し、ヘラクレスの柱を倒壊させ、そして星々をそれらの宇宙的な王座から捻じり取ると、公共的な報道において宣言(プロパガンダ)しました。

私達は、地球の形、太陽との距離、電気の起源と機能、光の原因、元素的な気体の分離の可能性、血液の循環、地獄と悪魔の現実性、そしてその他の数々の多過ぎて一々上げられない題材の、私達の意見において、私達自身と矛盾しました。

すると私達は、彼等の時代において、彼等が利用出来る光とデータと共に、彼等が出来る限りをしましたが、未来の人々が、洗礼主義、ノアの箱舟の大きさ、または預言者が魚を飲み込んだのか、それとも魚が預言者を飲み込んだのかの違いのために、死を決して戦争をする、または彼等の同種のための憎しみを心と共に生きるとは考えもしなかった、死んでいる人達の矛盾的な明言について、永遠に論争するべきでしょうか?

聖書(の記述)が、男達そして女達そして地学的、歴史的な場所、等々の記録であると言う、古い世界の信仰の御蔭です。

これ等の素晴らしい明言は逸話で、昔話であり、例え話で、人体の化学的、生理学的、解剖学的、そして占星学的な機能を扱っていて、「恐れ多く、そして素晴らしく造られました。」

「偉大なのは存在の象徴ですが、
象徴化されたものは更により偉大で;
膨大なのは創造と見られたものですが、
更により膨大なのは内向きの創造主です。」
- リチャード・リールフ。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR