テスラ変換機/変格機への濃縮された紹介

CONDENSED INTRO TO TESLA TRANSFORMERS
テスラ変換機/変格機への濃縮された紹介
by Eric Dollard
エリック・ドラード著
http://gestaltreality.com/downloads/Condensed%20intro%20to%20Tesla%20Transformers.pdf


パート1:

否認声明文:

以下の記述はプロジェクトの初期に書かれたもので、詳細な改正が必要とされます。1ページから16ページまでの内容は、1980年から1981年にかけて、カリフォルニア州ボリナスのマルコーニ・ワイヤーレス・ビル(R.C.A./ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ)の私の研究室での実験的な調査と理論的な熟考から結果します。 22ページから25ページは参考書から取り上げられ、(2)テスラ・コイル波の関連のために応用されました。25ページから31ページもまた参考書から取り上げられ、(3)テスラの強化増大の配信機が、どうやって地球のレゾナント(共振)の電気的なフィールド(電場)からエネルギーを引き出す事が出来るのかを描写する役割を果たします。
Eric P. Dollard
March 22, 1986


テスラ式の変換器

世紀が変わる頃(i.e.19-20世紀)、テスラはワイヤーレス電力配信の方法を道具化する行程にいました。その配信は経度的波(縦波)であるエーテルの波の生産を含みました。テスラがこれを達成したかどうかは知られていませんが、そのアイデアは、ケルヴィンやマックスウェルといった重要人物によって思考されました。ケルヴィンは*、電流(キャパシティー電流 aD/at)の転置・置換現象を通して「発光的なエーテルにおける経度的な波(縦波)」を発生させるのは可能であると考えました。彼は引き続き、経度的な波(縦波)は、スティール製の棒の中で、横波より速い速度で動くので、これ等の波は、光速よりも速いはずであると言う、彼の考えを示しました。テスラは、彼の変換器からの波は、光速のπ/2で伝播・繁殖すると主張しました。注目するに興味深いのは、テスラ・コイル上で測定された速度もまた光速よりπ/2速いですが、それはグループの速度というより、フェーズ(段階・期間)の速度として現れる事です。

彼の記述の中でテスラはこう示唆します:

「球体的なターミナル・キャパシティー(末端の容量)からの放射を囲む現象は、私が実験を通してそれを真実であると実証しました。一つは、力のグラディエント(グレード・度合)(poynting タイプミス?pointing/指し示すヴェクトル?)はダイエレクトリック(誘電/静電)的な流動のグラディエントと同じ中軸である事です。もう一つは、その本質においてイオン的では無い(言い換えるとスパークでもディスチャージ(解放/放電)の輝きでも無い)、球体を囲む伝導的なエリアのゆっくりとした形成です。」

*参考6を参照して下さい。

一般的な信念とは裏腹に、テスラの変換器は安定的な状態の機器では無く、一時的な現象の強化増大機です。またそれは、L.C.ネットワーク(回路)や配信線の様には振舞わず、波のガイドの特殊な種類の様なものに近いです。もしそのシステムの全ての部品が正しく設計・設定されれば、E.M.F.(電気の運動の力)と、そして故にダイエレクトリック的な流動が、ゼロから莫大な値に殆ど瞬間的にジャンプし、これによって殆ど考えられない様な転置電流を空間へと生産します。その変換器はよって基本的に、キャパシター・バンク(畜電器の貯え)をほとんど瞬時にフリー・スペース(自由空間)へ素早くディスチャージするための機器で、ソニック・ブームに似た巨大なダイエレクトリックの衝撃波を産出します。

変換器の浪費が、全ての実質的な目的において取るに足らない(殆ど無い)ので、振動のサイクル毎にエネルギー量は一定の率で増え続け、これによって膨大な量の電力を集めます。(Aフォーム

その変換器が惑星とレゾネート(共振)するために、球体のターミナル(末端)の周りに発生する、運動的な範囲の中のエネルギーの蓄積は、地球の結合的なエネルギーの蓄積の同等にならねばならず、難しい必要条件です。

注目するに興味深いのは、この活発範囲のダイエレクトリックの衰弱は、X²-X=1をログの基本とした、ログ・ピリオディック(周期的ログ)の形状に成るという事です。これは、超越的φ、または黄金比率として認識されるでしょう。発光ディスチャージにおいて、金属的な要素のイオンは、関わっている要素の原子的な重さと逆(逆関数?)の直径の安定した球体を形成します。

変換器の原則的な機能は以下の通りです:

最初の必要条件は、エネルギー・フィールドの突然の崩壊で、これによって突然のエネルギーのインパルス(衝動)を発生させる事で、

図1a:テスラの強化増大の変換機
1Tesla-Magnification-Transformer1


図1b4ページ参照

第二は、莫大なE.M.F.(電気の運動の力)とM.M.F.(磁気の運動の力)の産出を許す、奇数/奇妙(odd)でハーモニー(調和)的な、秩序化された単一のワイヤーの遅れの線(コイル)の変換的な性質で、そして第三は、自由空間のキャパシティー・ターミナル を囲むダイエレクトリック(誘電/静電)現象です。

1)エネルギーのインパルス(衝動)の形成は、最大の実質的な蓄積のエネルギーをキャパシター(畜電器)から、最小の実質的な値のインピーダンス)(誘導)へとディスチャージ(解放/放電)させ、そしてディスチャージの通り道はネガティヴ(マイナス/陰的)な抵抗の器具を通したエネルギーの供給とカップル化(対)にされます。このネガティヴな抵抗は典型的にはスパークのディスチャージですが、効率を良くするために、より優れたプラズマの器具が開発される事が必要に成ります。最良の状況の下で、振動の賑幅(アンプ/増幅率)の指数は持続した期間、ポジティヴ(プラス)に成るでしょう。

このシステムの総合的な結果は、大規模なd¢/dtのM.M.F.の極度のインパルスの産出です。もう一つの方法は、最大級の実質的な蓄積のエネルギーをインダクター(誘導子)から、最小の実質的なアドミッタンスのサーキット(回路)へとディスチャージさせ、これによって大規模なdψ/dtのE.M.F.、莫大なインパルスを産出する事です。

2)前述された方法によって産出されたエネルギーのインパルスは、それから、単一ワイヤーの配信システムの一対へとカップル化されます。インダクションを通して、一つの強い移動する波が形成されます。odd(奇数/奇妙な)(A/4,3/4,等々の)order(秩序)の線の性質を変換しているインピーダンスのために、その波のE.M.F.は雷の規模へと変格されますが、まだ元々のディスチャージの極度なd/dtを保ちます。

インパルス発生のキャパシター的なディスチャージの方法はテスラに好まれたものですが、ステインメッツは誘導(インダクター)的なディスチャージもまた機能すると証明しました。

キャパシター(畜電器)は、振動しているシステムの元々のエネルギーを含んでいます。キャパシターからプライマリー(主要)のループへのバス(buss)は、極少量の一次的なインピーダンスを持つべきです(i.e.インピーダンスを殆ど持つべきでは無い)。キャパシターは真空タイプのボルト(bolt)であるべきですが、しかしながら、水の特有のダイエレクトリック(誘電/静電/絶縁)的な性質、はキャパシターのプレートとして効果的かも知れません。キャパシターは、プライマリー(主要)のコイルと正対照の配置でなければなりません。そのプライマリーは一巻きだけのものでなくてはならず、最小限の実質的なインパルスのリアクタンスS(P) P=di/dtを示さなければなりません。テスラはプライマリーのコンダクター(伝導体)の正しい長さはλ/2=Knと示唆し、此処において、nは、そのユニットの大きさのために便利/好都合な調和的な数字で、Kは特定されていません。また、特定されていないのは、もしこの値がキャパシターに接続されていないフリーosc.なのか、もしくはLCに頼るものなのかです。

その配信ネットワークは、放射的な消失の殆ど無い2つのλ/4単一ワイヤーの配信システムで構成されます。これらの内の最初は、セカンダリー(二次的)なコイルと呼ばれます。次はテスラによって「エクストラ・コイル」と呼ばれものですが、これ今後は「テスラ・コイル」と呼ばれます。このネットワークまたは線は、典型的に、テスラの変換器と自称する殆どのユニットから欠如しています。

セカンダリー・コイルは、主要ループとテスラ・コイルの間の波の発生の照合ネットワークの役割を果たします。プライマリー・コイルとセカンダリー・コイルの間の磁気的なカップル化の要素「k」は典型的に20%です。極少量の磁気的なカップリングがセカンダリーとテスラ・コイルの間に存在するべきです(i.e.殆ど存在するべきでは無い)。

セカンダリーの機能は3重です。第一は、プライマリーのM.M.F.のインパルスを、突然移動する電気的な波へと変換する事です。第二は、テスラ・コイルのアウトプット・ターミナル(末端)において、良いヴォルテージ調整のための、定数ポテシャルと定数電流の変換を供給する事で、そして第三は、テスラ・コイルのドライヴ・インピーダンスを地球のドライヴ・インピーダンスに照合/一致する事です。*(次のページ)

そのセカンダリー・コイルは低い特徴的なインピーダンスのものでその値はSs=√SΡSφ(注:pdfの7ページ上ではSが8の変形に見えますが、コピペするとSの大文字に成ります。)この低いインピーダンスはそれが高い自己キャパシティーである事を必要とします。このキャパシティーは、広いストリップの平らな螺旋的なコイルか、広いストリップの短いコイルか、または端の方に巻かれた広いストリップの短いコイルで最も容易にされます。セカンダリーの直径はプライマリーのループのそれにとても近くなければなりません。

3)このセカンダリーのコイルに接続されている、追加的なコイルがテスラ・コイルです。これが強化増幅の性質が最も顕著な処です。この線またはコイルもまたλ/4の長さですが、しかしながら、それは可能な限り最小限の自己キャパシティーを有し、可能な限り最大限の特徴的なインピーダンスに結果しなければならず、これによって可能な限り最大限の電磁場強化増大を、Eo=(記号不明/7ページ)・Iin.の関係によって容易にします。

そのコイルの自己キャパシティーは、その直径が長さと同等で、約、直径のセンチメートル毎のlℳℳFの時に最小限です。分配されたシャント(分流)のキャパシティーのために、このコイルの伝播・繁殖の速度だけでも、光速のπ/2倍です。そのコイルがレゾナンス(共振)よりも、より高いフリクエンシーで機能された時、これは特出したキャパシティーの効果に結果します。それは自由振動の角度的な速度より、もっと早い率でディスチャージし、爆発的な現象を産出します。ターミナル(末端)の球体の自己キャパシティーは、コイルを渡ってロードする分岐キャパシターとして機能する事によってOSCのフリクエンシーを、光速まで下げます。キャパシティー・ターミナルからの相当なエネルギーの放射がある事が出来きます。ステインメッツの方程式は、最大限、40%も高いパワーの要素の可能性を示しています。

テスラ・コイル自体からのダイエレクトリック的な放射は最小化されなければなりません。

*注目されるべきは、プライマリーはハーフウェーヴとして機能し、故に性質を変換しているインピーダンスを見せないと言う事です。

図2a
8ページ参照

図2b
9ページ参照:

これはプライマリー/セカンダリー・システムの同中心の配置によって達成され、これによってそのダイエレクトリック的な流動を囲みます。

テスラ・コイルに沿ったポテンシャル・グラディエント(効能の度合)は、インプットされるインパルス(衝動)のハーモニクス(調和)のフェーズ・ディスプレースメント(段階・期間転置)による段階的な機能ですが、しかしながら、もし自己キャパシティー(蓄電容量)が十分に成ると、より高い秩序(オーダー)の倍音(overtone)の速度はフリクエンシーの均整と成り、これによって全ての倍音と同速度と成るこのグラディエントを歪めます。

以下のテーブル(表)を考えてみて下さい。

フリクエンシー     度合によるコイルの長さ   インプット・パルスの度合
F。(ファレンハイト)   90度                0度
3F。          270度(-90度)          0度
5F。          450度(+90度)          0度
7F。          630度(-90度)          0度

時間の機能のインパルスのハーモニクス(調和)は、全てフェーズ(段階的)においてですが、しかしながら、空間の機能のハーモニクスは全てフェーズとは一致しておらず、故に段階的な機能です。そのコイルはある種の微分器(differentiator)として考える事が出来ます。

故にコイルに沿ったグラディエントは、コイルの長さの最後の2,3の度合において急/突然に(大きく?)成りますが、その他ではコイルに沿ったグラディエントは小さいです(図2参照)。コイルの最後の幾つかの巻きは適宜に絶縁されなければならなりませんが、ダイエレクトリック(誘電/静電)的なターミナル(末端)を超えて、グラディエントが増え続けるのが可能な様です!*コイルからターミナルへのリード(鉛?導線?)の最後の2、3度を用意する事によって、グラディエントは、コイルの中においてではなく、リードに沿って現れる様にする事ができ、キャパシティーとフラッシュオーヴァー(flashover)問題を最小限化出来ます。このリードからのダイエレクトリック的な放射は、それがその球体の流動に浸かっているので小さいでしょう。その球体と地球の大きさの比率についてのデータは存在しません。

*E.M.F.(電気の運動の力)はすると、ターミナルから離れる程に大きくなり、天文学的な規模に届く可能性があります。

完全なテスラ変換器の全容は図3表されます。振動の原理において、電気的な長さは360度です。地球の接続は取るに足らない一次的インピーダンスを持たなければならず、star radial(恒星のラディアル?)のシステムが好ましいでしょう。地球のターミナル(末端)はE.M.F.のキャパシティー・ターミナルの反対部分のM.M.F.(磁気の運動の力)のターミナルです。そのキャパシティー・ターミナルの様に、その波が地球を貫く際に、磁気的なグラディエントと力が、増幅するのはとても可能でしょう。故にテスラ変換器の5つの部分です:

1.地球
2.プライマリー(主要)システム/電力供給
3.セカンダリ(二次的な)波のコイル
4.テスラ・コイルまたは強化増大のコイル
5.ダイエレクトリック・アンテナ

頭に入れておかなければならないのは、テスラはこのシステムを、電気的な波の配信のためにデザインしたという事です。*これは、実験室での実験に全く好ましく無いのは、保護されていない機器へのダメージと電気的な妨害に結果するためです。エネルギーを制限するために、イメージ・コイル(180度のシフト)が地球のターミナルに接続されなければなりません。この設定を蹄鉄型に配置すると、プラズマの研究にとても有意義な、強いダイエレクトリック的な流動と転置電流を生産します。

スパーク機器についての大きな困難さにより、簡単な方法でより優れた操作は、(RCAの)第一ビルのユニットの様な特別なデザインのA.M.ラジオの配信器によるプライマリー・ネットワークのシャント・フィード(shunt feed)です。プライマリー・レゾネーター(共振機)によって提供される高インピーダンスによって、真空管のインピーダンスの効果は高くなければならず、そして故に高いアノード(正電荷が流れ出す電極)のボルテージで機能しなければなりません。

*当時のラジオ理論は、存在する力の線、または「エーテル・テンション」を通しての配信を考えました。

図3:12ページ参照:http://gestaltreality.com/downloads/Condensed%20intro%20to%20Tesla%20Transformers.pdf

図4:13ページ参照:

エレクトロンの放射もまた、しかしながら、高くなければならず、大きなカソード(正電荷が流れ込むほうの電極)と温度を必要とします。高いアノードS(注:pdf.上では角ばった「8」の様に見えますが、コピペすると、大文字の「S」になります。)と大きなエレクトロンの放射は、大抵は真空管の中で利用可能な真逆の関係です。特別なパルスの変調的な真空管が使われなければなりません。水素のサイラトロン(熱陰極グリッド制御放電管)は、1マイクロ・セカンド消イオン時間が通信を邪魔しない様に、低いフリクエンシーで満足に機能するかも知れません。シャント・フィードのための最も効果的な機器は、その強いネガティヴ抵抗の効果から、マルチパクター真空管と考えられますが、もしそれが1000キロ・サイクル以下で効果的に機能するかは、定かではありません。

前述された機器を使用する事によって、安定性に関して、より改善されたフィールド(場)が変換器のアウトプットにおいて発達させられるでしょう。これは安定的なプラズマの形成の産出のために、私は好ましいと見つけました。

しかしながら、E.M.F.の上昇率はスパーク方法による方がより大きいので、もしスパーク方法が使われない際に、生じる「一緒にジャム/詰まるエレクトロン」に、私は気付きませんでした。恐らく、マルチパクターは比較的に機能するでしょうが、強いインパルスはシャント方法では可能ではない様です。

特定のプラズマの効果の安定性のためには、AFCが必要かも知れません。(図5参照)イメージ・コイルのシステムは強い弁別効果を見せ、そしてこれによってV.C,O.へのエラー・シグナルの形成の可能にします。

プライマリーの物理的な構造については、優れた伝導体の幅と大きなループ・エリアの、銅製のシートであるべきです。インパルスにおいて肌効果(skin ffect)は全てなので大きな表面が必要とされます。

図5:15ページ参照:http://gestaltreality.com/downloads/Condensed%20intro%20to%20Tesla%20Transformers.pdf

大きな幅はまた、インダクタンス(誘導)を最小限化し、より大きなキャパシター(畜電器)と素早いディスチャージ(解放/放電)を許し、故に高いインパルスの強さです。この必要とされた誘導的な削減と対峙するのが、フラッシュオーヴァーとカップリングの必要条件による、大きなエリアの必要性です。故に素早いディスチャージのための最小限のインダクタンスと、大きな磁気フィールド(磁場)の間のバランスの確立が必要とされ、大きなインダクタンスに結果します。(論理化された)インダクタンスのためのフォーミュラは、L=エリア/幅です。

テスラは、セカンダリーのコイルの銅の重さとプライマリーのコイルは、最大限の効果のために、同等でなければならないと示唆しています。これは勿論、基準的な変換器の理論でもそうですが、覚えておかなければならないのは、伝導体へインパルスの波の貫きの深さはマイクロスコープ(顕微鏡)的である事です。この銅の必要条件は、重さではなく同等な表面エリアに変えられなければなりません。キャパシターの伝導体への水の使用については、テスラは理由を上げていません。これは単純さのために成されたのか、レイデン壺からの名残の様です。(彼がこれを始めたのは1890年だったのを思い出して下さい)。しかしながら、水は、機能において欠かせないかも知れない多くの奇妙なダイエレクトリック的な性質を有します。理論的には、最大限のディスチャージの速度のために、ダイエレクトリックは真空でなければなりません。

分析(図6参照)

振動しているコイルは、ひねりからひねりのキャパシティーと、分配された相互的なインダクションにおいて、配信線(電線)から異なっています。

キャパシティーのシリーズ(連続)の存在は、突然のインパルスと自由振動の角度的な速度より、より大きな角度的な速度に向かって(誘導的な効果の無い)キャパシター・ネットワークとして、コイルが反応する原因に成ります。

図6:17ページ参照

最初の瞬間におけるコイルに沿ったボルテージの分配は要素a=√Cg/Csに帰属します。Cg=グラウンドへのキャパシティー、Cs=端から端までのキャパシティーです。

aがより大きければ、コイルのフィードの末端で、より大きなボルテージの集中に成ります。ユニットの長毎の最大限のボルテージは、統一的な分配のボルテージのa倍です。aはテスラ・コイルにおいて、小さな分数の値です。

d/dtまたはωがより大きければ、ボルテージのグラディエントはより大きく成ります。

もしインパルスが長い尻尾を持つならその現象は描写された様に成りますが、鈍らされた振動によって続かれます。(OSC)

保たれた振動を印象付ける事によって、そしてもしそのコイルが小さな浪費の定数uを持つなら、そのボルテージは無限に増幅し続けるでしょう。元々、そのコイルはキャパシターの梯子的なネットワークとして機能します(図7参照)。そのキャパシティーの要素は、応用されたE.M.F.(電磁場)の二倍近くまでチャージ(蓄積/蓄電)されます。チャージされている効果的なキャパシティーはC=√CgCsです。このネットワークは、インピーダンスの要素の唯一の一種を含んでいるので、ボルテージの分配は定期的ではなく膨張的(hyperbolic)です。もし%=距離/合計の長さで、そしてeが特定の距離におけるグラウンドへのボルテージなら、e=E₀ x COSH a % / COSH a です。テスラ・コイルのためには、この分配は可能な限り直線的であるべきです(小さなa)。

分配が初期的から最終的に移行する際に、そのボルテージは、様々なフリクエンシーと波長において、複雑な減衰性の波のシリーズへと分析する事が出来ます。これは、初頭の分配(膨張的)の、最終(DC)分配に関する、空間ハーモニクス(調和)への分配を分析する事で達成されます。もしaがとても大きいのなら、フリクエンシーと波長の間に、直線的な関係は存在しません。(図8参照)

図7:19ページ参照

振動の波が最初のインパルスに続く時(テスラ変換器においてそうである様に)交互のポジティヴとネガティヴのボルテージは、ボルテージとエネルギーにおいて、継続的に増大する原因に成ります。その相互性の効果は、それぞれの相互性のために、応用されたボルテージの二倍に、波のアンプ(増幅率)を増やす事です。例えば - 振動しているボルテージが、応用されたボルテージの1.24倍とします。(当初の)それぞれのサイクル毎に、これはEaの二倍に増幅され、段階的にグラウンドへのEが増します。2番目のサイクルにおいてEは4.72で、3番目ではEは7.20になる、等々です。この効果は、大きなuまたはaによって減少させられる、または抑制されます。

スパークのギャップの効果もまた増大的な効果があります。ステインメッツの分析を考えてみて下さい。「継続的または累積的な振動は、システムへのエネルギー供給を含みます。もしエネルギー供給がエネルギー消費より小さいなら、そのOSCは、減らされたuの一次的なものとして鈍ります。もし供給と消費が同等ならOSCは継続的です。もし供給が過剰ならOSCは累積します。

「OSCは、L.F.またはD.C.からH.F.OSCシステムへの、エネルギーとフリクエンシーの変換を表しています。この変換は、サーキットの状態におけるの変化から結果する、エネルギーの再調整の一過性からもたらされ、再びサーキットの状態の変化を産出し、そしてこれによって一過性によって、エネルギーの調整を産出し、等々、等々・・・

「再発する振動は互いにぶつかり合う習性があり、継続的なOSCを形成します。次から次へとぶつかる時、それらは同調する傾向があります。

「しかしながら、継続的OSCは単なる重なり、または同走する、次から次に来る波ではありません。再発するOSCは前のOSCが死に絶えるまでスタート出来ず、ギャップの上の次の電弧のための十分なチャージの時間が過ぎなければなりません。重なりでは、無駄な時間は起こらず、その間ノーマル、または供給のフリクエンシーが供給されます。

図9:21ページ参照

「エネルギーはすると、振動の間、電弧の中のフェーズの転置によって供給されなければならず、それはネガティヴ・エネルギー・サイクルまたは反転されたヒステリシスのループを与えます。継続的な振動のためにはすると、ヒステリシス・ループは原因以前の効果の時間差によって形成されなければなりません。」(これはネガティヴな抵抗、またはエネルギーの消失ではなく、形成です。)「累積的な振動のために、ループのエリアは、振動しているシステムの蓄積されたボルト・アンプと共に帰属し、そしてそれと共に増大します。」

数学的な分析(図9参照)(参考2参照)

e = E to ground es = E gradient (E/inch)
e=地面へのE=Eのグラディエント(E/インチ)

キルチョフの法則によって

方程式(23a)コピー不可能なので22ページ参照

Let ?s = a/ax= space operator
?は22ページ参照:?s=a/ax=空間のオペレーターとし

Let ?t = a /at = time operator
?t=a/at=時間のオペレーターとし

そうすると
方程式コピー不可能:22ページ参照

時間における(23a)の微分(differentiation)は以下を与え
方程式(23b):22ページ参照

これら、(23a)と(23b)は、E.M.F.(電気の運動の力/electro-motive force)の元々と最後の分配戸は独立的です。

方程式‘(23b)は、一つの変数において表現されなければ成りません。ボルテージと電流の定義において、地面へのキャパシティーにおける電流の濃度は、コイルのインチ毎のCg x 地面へのeの変化率です。

方程式(26)と(27):22ページ参照

Isとボルテージを関連させると、

(コイルの)巻きの間のキャパシティー、Is = インチ毎のキャパシティー x ボルテージのグラディエントの率です。

方程式(28)と(29):23ページ参照

I₁とボルテージを関連させると:

磁気化している電流とI₁の間の関係は複雑で、分析を受け付けません。(図10を参照して下さい)。原則的な分配(1/4波)のために、コイルの効果的なインダクタンスは、E.M.F.(電磁場)の流れ(電流?)の1/4のコサインの波の空間の整数/積分(space integral)で、そしてノーマルな総合のインダクタンスの2/倍(1/2?)です。第三のハーモニック(調和)、電流またはE.M.F.の3/4のコサインの波のために、コイルの1/3のインダクタンスは、コイルの残りの玉切り(bucking)の部分の相互的なインダクタンスの変化による、自己インダクションの減少において結果する、残りのインダクタンスに対峙します。その行程はハーモニックのシリーズ(5F、7F、9F、等々)の残りにも同様に進行します。これはそれぞれのハーモニックのためのインピーダンスの上昇において結果しますが、その効果は派長のためにキャンセルする傾向があります。コイルのキャパシタンスは同様な傾向において振る舞い、ボルテージの変化に帰属するかも知れず、正しい状態の下で、コイルにボルテージ獲得を与えているかも知れません。(パラメーター的な強化増大/アンプ)

この剰余的なインダクタンスを、漏れのインダクタンス、Lとし、そして1⁻²の次元を相互的なインダクタンスM(ヘンリー⁻¹)とすると、

方程式(30a)と(30b):23ページ参照

図10:24ページ参照

(30b)は????の数値を与え、その間、(23a)は????を含みます(????25ページ参照)。

もし私達が前者をxに関して、そして後者をtに関して分別(微分?)すると、入れ替えが可能に成ります。

方程式(31):25ページ参照

(31)、(29)、そして(27)は、ボルトの定義において、(23b)の3つの定義を表現し、故にその一般的な法手式は:

方程式(33):25ページ参照

この方程式は消失を無視します。

地球と様々なコイルの間の相互運動の分析は、速度の測量を使う事によって可能です。これは一般的に、実際と想像的な部分で構成される複雑な量です。

良く知られている関係によって:

方程式(34):25ページ参照

其処で、Vは、波の速度です。すると速度は、時間と空間の比率です。この速度が単位の値だとすると、時間と空間の機能は??=??(25ページ参照)と同等に成ります。ステインメッツはこれを達成するために以下の指示を与えています。

「線の定数(constants)は典型的に、センチメートル毎、マイル毎、1000フィート毎、等々の様に、ユニット(単位)の長さ毎で与えられます。

「配置されたサーキット(回路)における一時的なものを扱う時、最も便利な長さのユニットは、速度のユニットVです。

「つまり、時間の単位における伝播の距離、または空気中の横断的な波(横波)のための、10の10乗cm/秒 x 3をユニットの長さとして選択すると、これはV=1を与えるので、そして故にLC = 1 = ?(25ページ参照)

C = L⁻¹ ; L = C⁻¹

つまり、速度の測量において、長さの単位ごとのキャパシティーは、インダクタンスに逆数(inversely)的に均整です。この長さの単位の速度において、距離は?(26ページ参照)によって表されています。」

Substituting ?= I
?(26ページ参照) = Iを入れ替えると

to ?o F=l/?o
t₀ = ?₀ F = 1/?₀

Time angle 􀏇 = 2nFt = 2􀏚t/􀏛o(文字化けは26ページを参照して下さい)
時間の角度 ? = 2nFt = 2πt/?

Distance angle w = 2nF􀌛= 2􀏜A/􀏝o
距離の角度 w = 2nF? = 2π?/?₀

光りの秒(light second)を利用したテスラ・コイルに沿って移動する波の分析です。

線の上の縦波のための方程式は以下に続くものです:

i = io ¥ COS (e􀏊􀏋)
I = i₀ x コサイン(??w)

e = eo Jt SIN (􀏌:t􀏍,.,,)
e = ℮₀ x サイン (??W) (1)

uは力の消失の定数です。含まれた力は:

e₀i₀/2 ?⁻²ut サイン2(??W)= ei (2)

sineterm(サインの定義?)がこの釣合いについてゼロなので、平均的な力はゼロです。移動している波のために:

i = io If COS (􀏈 t: ." )
i = i₀ x コサイン(??W)

e = eo 􂗖 COs (􀁇 ;􀏉v)
e = e₀ x コサイン(??W)        (3)

含まれた力は:

e₀i₀/2 ?⁻²ut ? + コサイン(2)(??W)    (4)

力の平均は今:

e₀i₀/2 ?⁻²ut

故に2つの波が存在し、一つは方程式(5)によって与えられた、移動している、安定した力の流動で、もう一つは方程式(2)によって与えられた縦波で、その様な力の流れは、テスラ変換器の異なった部分に沿って流れ、異なったuのそれぞれの部分から構成されます。例えば、プライマリー(主要)のコイルは、大きな表面と電弧(アーク)のネガティヴなuの御蔭で、とても低いuを有し、セカンダリー(二次的)のコイルは、電弧がないためにより高いuを有し、テスラ・コイルは巻きの小さな伝導体サイズの御蔭でuが更に高く、そしてダイエレクトリック(誘電/静電)的なアンテナは放射の御蔭でとても高いuを有します。

プライマリー(のコイル)において、uがゼロもしくはネガティヴの際に、振動の期間はとても大きく成ります。コイル振動の期間はそれらのより高いu(の値)のためにより短く、そしてそれら自体によって、それらのOSCはすぐに鈍ります。全ては一緒に接続されているために、全ては一緒に鈍らなければなりません。すると、それが続くのは、全ての部分が一所に鈍るために、プライマリー(のコイル)からアンテナへ、一時的な期間、力(電力)は流れなくてはならないという事です。

一般的に構成されたシステムにおいて、3つの状態が生じます:

a)電流は統一的で、つまり、伝播・繁殖の方向において、力(電力)は定数(constant)のままという事です。

b)伝播・繁殖の方向において、その流れは減少します。

c)伝播・繁殖の方向において、電力の流れが増大します。

この最後のケースが、テスラ変換器において特別な関心なのは、それが波先の勾配を増やし(角度を急にし)、より多くの転置電流を産出するためです。

もし電力の流れがシステムに沿って増えるなら、それに入るよりより多くの電力が、それぞれのライン要素から出て;つまり、通る波によって、線の要素はその蓄積されたエネルギーを抜き取られ、そしてその後、それ自体の消費よりも速い率で時間と共に死に絶えます。つまり、その線の要素の全ての蓄積されたエネルギーが、その線の要素の中で消費された電力を供給しているのでは無く、そのエネルギーの一部は、線に沿った電力の流れの増幅においてその要素を離れます。消費の率は故に増大させられ、そしてuの代わりに、u+sが方程式に入ります。つまり、その時間の減少は:

-(u+s)t
?不明な記号:28ページ参照

sは電力の転換/転置の定数です。

ですが、対照的に、線に沿った電力の流れは増大し、つまり、波の強さが増す事で、同じ要素

?⁺s?28ページ参照

によって、

またはむしろ、その波は、電力消費によってまき散らされるよりも、より遅い率でその線に沿って減少します。故に、時間の領域から取られたものは、空間または距離の領域の変換/転置されます。

i =i₀ ?⁻(u+s)t ?⁺stコサイン(?-w)

eのために|類似して

P AIGは e₀i₀/2 ?⁻2(u+s)t ?⁺2s?

電力の変換/転置の定数sが、波先の勾配(角度)を決定します。これらの必要条件を満たすため、その線のuは、そのシステムの平均u₀を超えなければなりません。

(図11参照):

テーブル28ページ参照


図11:29ページ参照

変換器は故にu=100の率で電力を消費しますが、s=700の率で電力を送る、またはそれが内的な消失によって消費するものより7倍多いです。そのロード(機器全体?)は電力をu-1600で消費し、そして-s=800の率で電力を受け取り、つまり、それが消費する1/2の電力は他の部分から供給され、この場合は変換器からです。

配信の線(電線)はu=900の率で電力を消費し、800のシステムのu。よりも少しだけ早く;そしてその線は電力を-s=100において受け、つまり、その電力の1/9だけを変換器から受け;その残りはその蓄積されたエネルギーから来ます。

ロードに向かい規模において増大する波の特別な状態のために;

テーブル:30ページ参照

つまりその線の電力の変換/転置の定数がプラスのs=33に成り、その線今、変換器を補佐し、ロードへと電力を供給しています(図12参照)。

上記の記述は、テスラ変換器の最適化に含まれる考慮を現そうと試みました。これに含まれる莫大な数の要素がこれを実に難しい課題にします!コイルの分析の著者達は、互いに矛盾しあう結果をもたらし、その解決に向かう試みが成されました。微分方程式(differential equation)への解決は、これらの一般性(参考にできるもの)欠如とスペースの欠落により与えられませんでした。

コイルの振動の題材のそれぞれの論文で、その理論は実証に照合しないとも言われました。更にもっと多くの実験が必要です。テスラが彼の速度は光速より速いと主張した事を思い出すと、(?/?解読不能:31ページ参照)は、正確な速度を与えない可能性があるかも知れません。更なる情報のために、以下を参考にして下さい:。

1. 変換器における異常なボルテージ
J.M. ウィード、電気的な技術者達のアメリカン・インスティチュート、1915年9月、2157ページ。

2. 変換器の中の異常なボルテージ
L.F. ブルーム、1919年2月、電気的な技術者達のアメリカン・インスティチュート、577ページ。

3. 電気的な波、ディスチャージ、そしてインパルス
C.P. ステインメッツ。

4. 配信システム上の移動している波
ビューリー、L.V. 1938年、1951年、デンヴァー。

5. 高ボルテージのケーブルにおける、ダイエレクトリック的な現象
D.M. ロビンソン、1936年。

6. ロエンティーンの光線と、アノードとキャソードの現象
E.P. トンプソン、1896年、ヴァン・ノースとランド Co.93ページ(ケルヴィン)、136ページ(テスラ)。

図12:32ページ
開かれたサーキット(回路)の調合された振動における、エネルギーの分配

記事:光より早く!32ページ

Faster Than Light

It may come as a shock, to the most student of science, to learn that there are still in the world some scientists who believe that there are speeds greater than that of light.

Since the advent of Einstein, most scientists and physicists have taken it for granted that speed greater than 186,800 miles per second are impossible in the universe. Indeed, one of the principal tenets of the relativity theory is that the mass of a body increases with its speed, and would become infinite at the velocity of light. Hence, a greater velocity is impossible.

Among those who deny that is true, there is Nikola Tesla, well known for his hundreds of important inventions. The induction motor and system of distributing alternating current are but a few of his great contributions to modern science. In 1892, he made his historic experiment in Colorado; where he manufactured, for the first time, artificial lightning bolts 100 feet long, and where he was able, by means of high-frequency currents, to light electric lamps at a distance of three miles without the use of any wires whatsoever.

Talking to me about these experiments recently, Dr. Tesla revealed that he had made a number of surprising discoveries in high-frequency electric field and that, in the course of these experiments, he had become convinced that he propagated frequencies at speed higher than the speed of light.

In his patent No. 787,412, filed May 16, 1900, Tesla showed that the current of his transmitter passed over the earth’s surface with a speed of 292,880 miles per second, while radio waves proceed with the velocity of light. Tesla holds, however, that our present “radio” waves are not true Hertzian waves, but really sound waves.

He informs me, further, that he knows of speeds several times greater than that of light, and that he has designed apparatus with which he expects to project so-called electrons with a speed equal to twice that of light.

Coming from so eminent a source, the statement should be given due consideration. After all, abstract mathematics is one thing, and actual experimentation is another. Not so many years ago, one of the world’s greatest scientists of the time proved mathematically that it is impossible to fly a heavier-than-air machine. Yet we are flying plenty of airplanes today.

Tesla contradicts a part of the relativity theory emphatically, holding that mass is unalterable; otherwise, energy could be produced from nothing, since the kinetic energy acquired in the fall of a body would be greater than that necessary to lift it at a small velocity.

It is within the bounds of possibility that Einstein’s mathematics of speed greater than light may be wrong. Tesla has been right many times during the past, and he may be proven right in the future. In any event, the statement that there are speeds faster than light is tremendous one, and opens up entirely new vistas to science.

While it is believed by many scientists today, that the force of gravitation is merely another manifestation of electromagnetic waves, there have, as yet, been no proofs of this. There are, of course, many obscure things about gravitation that we have not, as yet, fathomed.

At one time, it was believe by many scientists that the speed of gravitation is instantaneous throughout the universe. This is simply another way of putting it that there are speeds greater than light.

Yet, from a strictly scientific viewpoint, no one today has any idea how fast gravitational waves – always providing that the force is in waves – travel. If the moon, for instance, were to explode at given moment, how long would it be before the gravitational disturbance would be felt on earth? Would the gravitational impulse or waves travel at the speed of light—that is, 186,000 miles per second – or would the effect be instantaneous? We do not know.

The entire subject will no doubt (解読不能) tremendous interest in scientific circle. It is hoped that other scientists will be encouraged to investigate Dr. Tesla’s far-reaching assertions; either to definitely prove or to disprove them.

テスラの特許No649,621:電気的なエネルギー配信のための機器33-40ページ参照

「キャパシティー」フランツ・ローウエンステイン著41-ページ参照。

<Fin>


Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR