象徴的オペレーター;ステインメッツからピタゴラスへ、時を遡って 

Symbolic Operators; Steinmetz to Pythagoras, Backward in Time
象徴的オペレーター;ステインメッツからピタゴラスへ、時を遡って 
by Eric Dollard
エリック・ドラード著より:
http://www.gestaltreality.com/energy-synthesis/eric-dollard/symbolic-operators-steinmetz-to-pythagoras-backward-in-time/


(1)「ボリナスのアンテナ」についての以前の記述のシリーズの中で、基本的なログの周期性のオペレーターが考案され、

1CodeCogsEqn.gif

2CodeCogsEqn1.gif


このオペレーターはロガリズム(対数)的な周期性の幅です。この幅は、ログのサイクルの無限のログ周期性の連続(シリーズ)から取られた有限の一部の幅です。その幅の右側は、より大きく、更に大きく成長する無限の進歩で、その幅の左側は、より小さく、更に小さく無限に縮んで行く無限の退化です。ログの周期的な連続のアーチの形状は、ボリナスのアンテナについての以前の記述の中で考案(開発)されたブロードサイド(広い側/玄側)のログの周期的な配列で、無限のための表現の現れの以下の構造から見られる事ができます。

黄金比率のログ周期的な連続
3Steinmetz-to-Pythagoras-1.jpg


これはログの周期的な幾何学(立体性)の本質的な特徴です。ログの周期的な連続は比率のスケールしている要素で、そして人間の知覚の先天的な特質として働き、故に「デシベル」です。

(2)音の次元における人間のスケールの要素は、パイプ・オルガンによって表現される様に、32フィートから3インチまでの幅です。この幅は、音楽的な宇宙の、無限のログ周期性の連続における、人間のヴァーサー(Versor)の位置の連続を体現します。これは、音楽の元々のピタゴラス的な観念に直接関連していて、宇宙における人の位置の表現です。

(3)基準的な音楽の鍵盤のキーの幅は、ログ周期的な連続です。88の個々のキーまたは「音」があり、これらは音楽的なスケール(音階)の様々な単位のヴァーサーの位置を現しています。トーン(音)的なCからオクターヴ(音階)的なCまでのそれぞれの原則的な幅は、基準的な音楽の鍵盤上で、オクターヴ・サイクル(音階周期)と呼ばれる単一のログ周期的なサイクルです。

4Steinmetz-to-Pythagoras-2-88-key-piano-keyboard-layout-1024x271.jpg


人間の聴覚の全体の幅は、約10音階サイクルです。それぞれのサイクル、または周期は音楽の鍵盤の上で12の準分類へと分離され、つまり12の音が1音階を構成し、図2(Fig2)で表されます。

1音階の幅
5Steinmetz-to-Pythagoras-3.jpg


12の単位の分離のこの音階の幅から、様々なヴァーサー・システムが派生されます。象徴的な形状において、その音階は以下の様に与えられ

6CodeCogsEqn2.gif

そこで7CodeCogsEqn3.gif


ピタゴラスのリディアン・モードまたはCメジャーの全音階的なモードの原則的なスケールのために、

n = C, D, E, F, G ,A, B
n = ド レ ミ ファ ソ ラ シ

それぞれのヴァーサー・システム、または音楽のスケールは7つのキーの分離、または単位のヴァーサーの位置で、図3&4で表されます。

8Steinmetz-to-Pythagoras-4.jpg


9Steinmetz-to-Pythagoras-5.jpg


10Steinmetz-to-Pythagoras-6.jpg


11Steinmetz-to-Pythagoras-7.jpg

12Steinmetz-to-Pythagoras-8.jpg


(4)ヴァーサーのオペレーターによるこの象徴的な体現は、最も複雑な形状です。第一の複雑性は、単位のヴァーサーの位置が統一的な方法で配列されていないためで、図4Cで表されます。

13Steinmetz-to-Pythagoras-9.jpg


直線的でも、ロガリズム(対数)的でも無く、そして準ヴァーサーの不均一な関連において存在し、図5で表されます。

14Steinmetz-to-Pythagoras-10.jpg


もう一つの複雑性は、1つだけでは無く、むしろ、一つの対の次元が存在しているためです。此処に存在するのは、波長としての空間における次元と、ピッチ(音調)としての時間の次元の両方です。次元のこの対、長さと時間を通ったものの産物は、速度のための次元的な関係で、定数(constant)です。故に速度のヴァーサーで、そしてステインメッツの光秒(light-second)に似た関係です。定数に同等な2つの定義の産物は、双曲線(hyperbolic)的な機能で、ゼロ・ピッチ-無限波長、そしてゼロ波長-無限ピッチです。この関係は、オルガン・パイプのランクの特徴である、ロガリズム(対数)的なカーブによって見せられています。

15Steinmetz-to-Pythagoras-11.jpg


加えてもう一つの複雑性は第三の次元で、人間のマインドです。マインドは、1音階のログ周期的な幅を1つの完全なサイクルとして考えますが、それに対してログ周期性的なサイクルは双曲線的な機能です。これによって、音楽的な表現のための、完全な象徴、またはヴァーサー・オペレーターは、3つのはっきりと異なった次元において複雑な相互関係を有します。

(I) マインド(メロディー)
(II) 時間
}(速度)
(III) 空間

この複雑な状況のために、音楽のための象徴的なオペレーターは、決して完全には解決されませんでした。考案されたのは、音楽的な間隔において、音が少々外れる様に成る様に結果した、分配された調整要素です。これは「ピタゴラスのコンマ」として知られる歪みを体現し、

16CodeCogsEqn5.gif


17CodeCogsEqn6.gif


18CodeCogsEqn7.gif


(5)ログ周期的なネットワーク、瞬間的または振動的な電気的な波、そして音楽的なスケールによって確立された様々な幾何学的な形状は、双曲線的なヴァーサー・オペレーターの概念を生みました。このオペレーターの創始的な要素は、テキサス州オースティン大学のアレクサンダー・マクファーレイン博士の記述の中に見つけられます;

19Backward-in-Time-1.jpg


そしてエジソン・ジェネラル・エレクトリックのアーサー・ケネリー(の記述)にもです。

20Backward-in-Time-2.jpg


その太古の象徴的なオペレーターは、双曲線的なヴァーサー・オペレーターの型板の役割を果たすので、故にその題材に入ります。

その双曲線的なヴァーサー・オペレーターは、円的なヴァーサー・オペレーターへの対比において存在しています。親しみのある円的なヴァーサー・オペレーターは、ステインメッツによって使用されましたが、双曲線的なヴァーサー・オペレーターは謎のままです。ステインメッツはその双曲線的なヴァーサーを否定しましたが、ピューピンはステインメッツの円的なオペレーターを否定し、通常の否定の続きで、オリヴァー(へヴィーサイド?)に尋ねてみて下さい。

(6)その円的なオペレーターは2つの形状の内の1つにおいて表現されます;

秒毎のサイクル、F

または秒毎のラディアンズ(Radians)、ω(オメガ)

そして双曲線的なオペレーターは、2つの形状の内の1つにおいて表現されます;

秒毎のデシベル、dB

または秒毎のネパーズ(Nepers)、u

RadiasとNepersは、自然のログに土台(ベース)されたエプシロン(epsilon)の指数として正しい表現で、ℇ、エプシロンは以下の関係で定義されます

21CodeCogsEqn10.gif


22CodeCogsEqn11.gif


其処で23CodeCogsEqn12.gif
.

この無限の連続はエプシロンのための数的な値の対を与え、

24CodeCogsEqn13.gif


25CodeCogsEqn14.gif


(7)現在の科学技術開発的な数学において、円的と双曲線的な機能は、自然的なログの土台(ベース)の方法によって派生されます。円的な機能はマイナスの数字の二乗根の力として無限の連続から派生します

26CodeCogsEqn15.gif


27CodeCogsEqn16.gif


28CodeCogsEqn17.gif


双曲線的な機能は、プラスの数字の二乗根の力として無限の連続から派生し、

29CodeCogsEqn18.gif


30CodeCogsEqn19.gif


31CodeCogsEqn20.gif


自然的なログ・ベースの機能、エプシロンは、そのオペレーションはデカルト的な関係、つまり三角的な座標、またはそれについての音階唯一においてのみ可能と言う限界を紹介します。このログ・ベースとそれに関連した機能、サイン、コサイン、等々は、音階のログ周期性的な連続から派生されていない数字的なヴァーサーの分離を表現出来ず、

32CodeCogsEqn21.gif


33CodeCogsEqn22.gif


そしてそのヴァーサーのオペレーターは、

34CodeCogsEqn23.gif


35CodeCogsEqn24.gif


故に3段階の電気的なシステムにおいて出会われるような3つの単位の分離は、指数または自然的なログ・ベース、エプシロンの機能によって表現される事が出来ません。複数の段階のオペレーターは、最初にそのデカルト的な同等へと減少させられなければなりません。3段階のオペレーターは象徴的に以下の様に与えられます

36CodeCogsEqn25.gif


37CodeCogsEqn26.gif


38CodeCogsEqn27.gif


39CodeCogsEqn28.gif


デカルト的な同等においてそれは

40CodeCogsEqn29.gif


41CodeCogsEqn30.gif


42CodeCogsEqn31.gif


43CodeCogsEqn32.gif


そこでjは、ステインメッツのクアドラント(四分円)的なオペレーターです。

(8)金属的な物質への、電磁的なインダクション(誘導)の貫きの深さのための表現は、オクト的(octic)(8)のヴァーサーの関係を含みます。これは、やや不適当な結果の対を浮上させます。そのヴァーサーの表現から

44CodeCogsEqn33.gif


45CodeCogsEqn34.gif
のオクト的(8)ヴァーサーの単位を派生させ、金属的な返還電磁場においてラグ(時間差)します。

46CodeCogsEqn35.gif


しかしながらデカルト的な形状のベクトルにおいて、オクト的なもののための象徴的な表現は、

47CodeCogsEqn36.gif


そこで48CodeCogsEqn37.gif


そして45度の派性されたオクト的な単位のラグは以下によって与えられ

49CodeCogsEqn38.gif


其処でのjは、ステインメッツのクアドラント的なオペレーターです。

此処で思い出されるのは、ベクトルとヴァーサーは絡まらされるべきでは無いと言う、オリヴァー・へヴィーサイドのアイデアです。そのオクト的なヴァーサーは、「一般化された電気的な波」の中で、E.P. ドラードによって考案されました。

(9)ステインメッツはより高い秩序のヴァーサーに強く反対し、そして全てをデカルト的な形状へと減少させました。ステインメッツにとって、デカルト的な表現のクアドラント(四分円)的なヴァーサーは、「これと共に代数学の分野は閉じる」でした。故に代数学の範囲の中において、数字のシステムのより更なる延長は、必要でも可能でも無く、そして最も一般的な数字は

a+jbです。

ヴァーサー・オペレーターの科学技術開発の形状は、ステインメッツによって産まれましたが、誕生において殺され、デカルト的形状な形状のベクトルへと凍結させられました。

(10)複数段階のヴァーサー・オペレーターはしかしながら、「均整(左右対称)的構成要素(symmetrical componets)」として知られる象徴的な形状へと発達し続け、そして関連したヴァーサー・オペレーターは「シークエンス(連続)オペレーター」と呼ばれる様に成りました。この象徴的な体現は、「A.C.現象の理論と計算」の中のステインメッツの「単位の根/ルート」の自然的な延長です。これもまた、デカルト的な表現へと減少させられていますが、複数段階のヴァーサー・オペレーターを開発する目的と共に、更に研究される価値があります。均整的構成要素のシステムは、電気的な技術開発のアメリカン・インスティチュート以前の、チャールズ・フォーテキュースの論文に起因します。この論文の翻訳は、1918年のA.I.E.E.第38巻の1027ページに出版されています。その題名は、「複数段階のネットワークの解決に応用された均整(左右対称)的な座標」です。後の記事は、1928年4月の「電気的なジャーナル」の194ページに、C.W, ワグナーとR.D. エヴァンスによって公表され、その題名は、「均整的構成要素」です。これはワグナーによって、その記事と同じ題名の本へと進化させられました。これについては後で更に記述されるでしょう。

(11)ヴァーサー・オペレーターは、数学的な不可能性から生まれました。これは、A. マクファーレインの論文の中で、彼によって議論された歴史的な言及において注目される事が出来るでしょう。これが思い出させるのは、「数学は実験的な科学である」とオリヴァー・へヴィーサイドによって頻繁に強調された明言で、太古の時代においてそれは確かにそうでした。ステインメッツの方法において応用されたクアドラント(4重)的なヴァーサー・オペレーターは、マイナスの数字の二乗根と言う、数学的な不可能性から派生しました。「単位の根/ルート」は無意味な数学的な明言、ベース1ログ・システムからヴァーサー・オペレーターの浮上を与えました。更に加えて、ログ周期性的なオペレーターは、その全体性において数字的に無限と同等です。これによって明らかなのは、この記述のシリーズの原則的な目的である、一般化された象徴的なヴァーサー・オペレーターは、受け入れられている数学の知識(通説)からは生まれないだろうと言う事です。このオペレーターは、ルイス・キャロルの「万華鏡を通して見ている」に表現された様な、奇妙な世界のものです。この万華鏡はヨハナス・ケプラー(1571-1630年)で、そしてその後ろは彼に前行した数学の世界です。それは数字、数学の正に原点、そして二コラ・テスラのアイデアの調べる事が不可能である性質への回帰です。この道はサモス(市)のピタゴラスへと直接導き戻ります。

50samos-map.gif


(12)アリストテレス(紀元前384-322年)は彼の本、「形而上学」の中で、ピタゴラス派の哲学の説明を与えます。此処でアリストテレスは以下の明言を行います:

(I)「ピタゴラス派は、彼等が呼ばれる様に、数学に彼等自身を献身させます。」

(II)「彼等はこの研究を進歩させた最初の者達で、そしてその上で育成され、彼等はその原則が全ての物事の原則だと考えました。」

(III)「自然による数字の原則は第一なので、そして数字において彼等は、存在するまたは存在へと来る物事の、多くの類似性を見る様でした。」

(IV)「再び、音楽的なスケールの特徴と比率(ロゴス)は、数字において表現可能だと彼等は言い、再び、ピタゴラス派は、音楽的なスケールの特徴と比率は数字において表現可能と言います。」

(V)「すると、全ての物事は、それらの本質の全体において、数字に続いてモデルされている様で、そして数字は自然全体において最初の物事の様で、彼等は数字の要素が全ての物事の要素で、そして天界の全体は、音楽的なスケールと数字だと推測します。」

此処が一般化された象徴的なオペレーターの表現です。この概念は、ロバート・フロッド(1574-1637年)によって開発された象徴的なオペレーターに繋がり、それは「神聖なモノ(単一)コード」として知られています。

51the-divine-monochord-maugdo-vasquez.jpg


この「楽器/道具」は、太陽系のための、そして奇妙な方法でまた、テスラの増大トランシーバーための、ヴァーサー・アナログ・コンピューターの役割を果たします。ガンマ、Γ、である地上において地球と共に始まり、そのモノコードは4つの要素を通って進み、太陽と月、そして知られている惑星を通り、そして加えて知られていない(当時、知られていなかった)惑星を通り、冥王星であるgにおいて終結します。そのモノコードの先で神の手アエリアルが、宇宙的な定数(別名c二乗の一つ上)を設定し、そしてそれによって、その神聖なモノコードの宇宙的なピッチを設定します。此処において気付くのが重要なのは、この時代において天王星、海王星、そして冥王星が発見から逃れていただけでなく、それらの実際の存在が、既に制度化していた「宇宙的な秩序」における破壊を非難したであろう事です。ですがこれらの3つの知られていない惑星は神聖なモノコードにおいて暗黙的です。

(13)ピタゴラス派の見解は、数字はオペレーターの様で、(音楽)比率(ロゴス)として表現され、または純粋な象徴的な形状です。

52chaldean-numerology.jpg


数えるためのそれら(の数字)の使用は二次的な役割です。現代の数字の使用は、太古の時代のそれと似ても似つきません。今日のそれは、計算法であり、数秘学ではありません。

実質的レベルで、これは何故に、ニコラ・テスラのアイデアが、近代的な考え方で全く理解出来ないかの理由です。「現代のマインド(頭脳・精神)」では、テスラは「頭の中が少々おかしい」と当然の様に取られますが、これが何故なのかというと、彼は生活における行動を3で割れる数字で習慣づけたためです。彼の無言の追放の期間の彼の「避難部屋」のルーム・ナンバーは3327でした。このスリーダム(三元性・三位一体)は、ヨハナス・ケプラーにとっては、全く変に聞こえなかった事を熟考するのはとても重要です。ケプラーの時代以前に、数字3の力についての全章(一つの学問)が書かれました。加えて、ニコラ・テスラは、ケプラーがその数世紀前に幾何学を教えた正にその土地グラーツでクラシクス(古典)の教育を受けました。此処は、ケプラーが太陽系の数学を発見した場所です。これは、テスラがどうやって彼の信じがたい創造的な力を発達させたかを説明します。テスラは、彼のマインドの中で、宇宙的なレベルから地球的なレベルへ、gからΓへ、直接的に変換する能力を得て、機能する機器の物質的な現れへと結果させました。彼の目的を遂行する能力は、古代エジプトのヘルメティック(ヘルメス派)的な伝統から来ており、学者ぶった技術的な訓練からではありません。テスラを理解出来ない近代家の無能さは、技術的な複雑性のせいでは無く、神聖な単純さのためだと言えるでしょう。加えて、近代家は特に、数秘学的な形状に表現された時、調和的な宇宙の、ケプラー以前の概念に奥深い病理的な軽蔑を持っています。(i.e.科学が宗教化している)テスラの手法に対するこの憎むべき敵意は、軍産複合体でさえもニコラ・テスラの仕事(偉業の使用)を不許可にする程強いです。ヴァシラトスの「冷戦技術の秘密」の前書きの章を参照してみて下さい。

(14)まとめるに、太古の象徴的なオペレーターの題材は、今日の「相対性理論」の太古の時代の同等です。太古の時代を通してこの地球上に住んだ人間の文化の宇宙において、一般的に太陽は物事の中心と考えられ、主要なそれぞれの天体がその周りを周っていると考えられました。それはヘリオセントリック(太陽中心的・地動説的)と考えられていました。この理解の上に大いなる様々な文化は育ちました。すると紀元2世紀に、誰かが、地球が中心的な相対性の概念を思いつきました。この誰かとはプトレマイオス(紀元90-168年)です。彼の相対性理論は、全ての天体は地球を中心として相対的に動くと明言し、故に地球が中心的な相対性(天動説)です。この発想から天動説は、天文学を14世紀の間、毒しました。それは過度の修正要素、調整、そしてそれらに類似するものになり、天文学の進歩を不可能なものにしました。天動説は、(中世)暗黒時代の先駆者的な哲学でした。地球を中心とする相対性は、教会の死罪を伴う法に成りました。(ジョーダーノ・)ブルーノは地動説を「実施(教育)」したために火刑に処され、ガリレオ(・ガリレイ)はそれぞれの惑星が実際に、太陽の周りを回っている事を発見したために追放されました。コペルニクスの太陽が中心的な哲学は、テスラの哲学が今日、実在主義的な近代家によって禁止されるのと同様の情熱で、その時代には禁止されました。幾何学的で、太陽が中心的で、そして関連するピタゴラス的な概念の、ケプラーによる統合によって、もうこれ以上、一般化された天界に存在する単位の形状である、太陽が中心的な太陽系に異論する事は出来ません。

(15)近代の相対性理論と、その自閉症的な子供である量子力学は、プトレマイオスと、彼に続いた組織・機関(制度)の状況の歴史的アナログ(類似物)です。近代的な相対性理論において、それは今、one over C square(C二乗の上の1/光速の事)が宇宙の中心で、その周りを時間と空間が回っています。修正の要素と、歪められた座標のそれぞれのシステムの泥沼は、量子神秘主義として知られる精神分裂的な組織(制度/学術)へと発達しました。天動説(地球中心的)を抜きにしても、これは誠に病理的なアンスロポセントリシティー(人間中心主義)であり、宇宙的な全滅のKurtzwiel特異点へのタビネズミの行進です。それは法則とされます。

Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR