統一/宇宙的一つ:第二巻:第十二章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十二章:パート1
Gravitation and Radiation
重力と放射


Pdfヴューアー158ページ、本文141ページより:

重力は、宇宙/統一的定数(constant)の、派生的な力で、放射は、非派生的な力です。これらは対峙する力で、それらはあらゆる質量において、その質量の効能のための圧力の均整のゾーンを求めます。

重力は、増幅している効能の、派生的な力であり、減少している効能の、非派生的(分解的)力です。

運動の電気的な力を引き寄せ合うのは、運動の電気的な力の中の力です。

エネルギーの宇宙/統一的な定数を、加速している、閉じて行く螺旋の、求心的(中央に向かう力)な渦巻きへと、変化させる電気的力の中の力で、それによって、その中央に向かって圧力が増幅する質量の蓄積へと、運動の類似した状態を引き寄せます。

それは、誘導(induction)によって蓄積する電力の表現で、そうする事によって、その蓄積に対して、磁力が、その抵抗を増幅させる事を強います。

それは誘導的な力です。

形状の現れへと融合するのは、運動の電気的な力の中の熱望です。

転置によって関連させるのは、電気の力です。

放射は、転置によって、非関連(分解)させる磁気の力です。

放射は、減少している効能の、非派生的(分解/退化)な力です。

それは、運動電気的な力に抵抗する、反射運動磁気的な力の中の力です。

それは、収集的力によって集められたものを、反発させ、分散させ、分離し、放散させ、そして再分配する、分離的な力です。

それは、伝導的な力です。

重力の引き寄せ合いと、放射の反発は、自然の単純な、分配と再分配の方法で、ですから質量は、その正しい位置を見つけます。

これ等の対極に現れる力を、2つの力と考えるのは、正しくありません。

南風と北風は、2つの風ではありません。それらは、反対に吹く同じ風です。

重力と放射は、行程と言う方が、より正しいです。

これ等の行程を方向付ける一つの動機的な力は、対極の効果へと、同等に分離されますが、これ等の対極の効果は、不平等に均整されています。

2つの対極の不平等な分離は、一緒に統合されると、一つの均整を構成します。

一つの力は、同等で対極なプラスでマイナスに釣り合う事無く、力のマイナスの表現へと、決して準分離しません(subdivide)。

重力は、物事を一つにまとめる統合/合成的な行程で、そして放射はそれらを別々に分解する、分析的(analytic)なものです。

化学者は、全ての運動と反射運動において、これ等の行程を使います。

例えば、その上に水素のジェットを通す事による、高い温度における酸化鉄の減少を考えてみて下さい。

何が起こるでしょう?

高い温度によって水素を吸収するに十分に拡張され、そして熱い鉄は、酸素を解放するに、十分に熱せられ、水素は、鉄の酸素の、より高い効能に向かって落ちます。

これは、酸素と水素に関する、重力の効果です。

それらは統合し、お互いに融合し、そしてとても延長された軌道の無定形な結晶へと凍り、それらは「水」として知られる状態に成ります。

対照的に、それは、鉄と酸素に関する、放射の効果です。

鉄と酸素の両方が、(熱によって)とても拡張された状態にもたらされ、それらの一つ/一所に成る能力は、それらの圧力の圧倒性が反転させられるまで、徐々に弱まります。

引き寄せ合い反発に変化します。

運動の状態がとても拡張されたために、鉄は酸素を放散し、それは正しい圧力のゾーンへと落ちます。

酸化の行程は、重力電気的な圧力の効果です。

減少の行程は、放射磁気的な圧力の効果です。

それらは正確に均整します。

鉄の原子価、圧力、温度、そしてその他の次元における減少は、酸化水素の次元の正確な増幅によって均整されます。

あらゆる質量における重力のプラスは、その他の質量における放射のマイナスによって均整され、圧力の法則に沿っていて、「全ての圧力は同等の対極の圧力を発達させ」そして「あらゆる質量の非派生/分解はもう一つの質量の再派生によって、正確に均整されます。」

全ての質量は常に運動しています。

この宇宙は、永続的な運動のものです。

エネルギーの宇宙/統一的な定数は、運動している質量によって表現されます。

全ての質量は、その他全ての質量へのその関連と共に沿って、その次元を継続的に変化させています。

質量の位置の変化はその質量の全ての次元の変化の原因に成ります。

「全ての質量は、場違いの効能で、そして全ての質量は、その変化している効能のために、正しい圧力のゾーンを、常に求めます。」

全ての質量は、それがその旋回している一部である、エネルギーの波の全ての次元の全音域を、その波によって代理されるサイクル全体を行き来するまで、一貫的に行き来します。

位置において、固定されたままで荒れる質量は無く、その運動において固定された様に現れるものでさえもです。


林檎は、重力の法則に従い、その比較的に高い効能の圧力を求め落下し、其処でその運動において止まった様に現れます。現実においては、それはこの惑星の中心に届くまで、落下するのを決して止めません。

それは単なる、その次元における変化です。

分解(腐食)している林檎は、この惑星(地球)の重力の中心へと続く電気的な流れによって、背後の残された、比較/相対的に低い圧力のための、正しい圧力を求めるために、空中へと上昇します。

腐食している林檎によって、解放された閉じ込められたエネルギーは、その力-時間の次元を、速度-時間の次元に交代させます。

より大きな力-時間の均整させる対極は惑星の中にあります。

重力の親しみのある効果を考えて、その観測を、その他のあまりよく理解されていないものに応用してみて下さい。

林檎は、地面に落ちます

ガスは、空中へと昇ります。

この惑星は、宇宙/空間に浮かびます。

その林檎とガスは場違いな効能です。開放された時に、一つは上昇し、もう一つは下降します。効能のそれらのそれぞれの集中の圧力ゾーンに向かい、一つは引き寄せられ(gravitates)、もう一つは放射(radiates)され、それらは、反対方向に行きお互いと交差します。

惑星は瞬間のための場所における効能で、それは常に、その常に減少し続ける効能の、(質量?解読不能)に向かって放射的に移動します。

惑星は故に、(減少?)している効能のその相応しい変化している軌道を通って、空間に浮かんでいると現れます。

(簡単さ?)のために、全ての質量は、(主に?)落下していると考えてみて下さい。

落下しているガス(気体)が、???の圧力に向かって落下していると考えると、それはその特定の強度の質量を引き寄せ合い、保つのに十分な、派生的な???を有します。

惑星を、その変化している効能に釣り合っている、???に向かって落下し続けるものと考えてみて下さい。

分析のために、海の深さに落された???の効果を考えてみて下さい。

???、場違いの効能の???は、対峙する圧力が均整する場所に届くまで、???の一部である???の質量の重力的な中心へと落下します。

???は、実に惑星がする様に???します。

???は、その正しい圧力のゾーンの???の上で上下に少々、振動し、それはその???を見つけ、丁度、惑星がその派生的な中心の周りを公転する様に、そのシステムの派生的な中心の周りを公転します。

???はまた、海の???十分に深いの水の全ての物体を、それらの相応しい???に相応しい位置に???させます。

更に加えて、それらの公転自転は、その惑星自体のこれらの???です。

???はまた、それらの相応しい軌道が、西から東へと公転し始め、西から東へとその地軸上で自転するのを見つけます。

ある巨大な手が、この???を持ち上げ、石がそれによって、水の中に落とされる前に動かされる様に、その効能の軌道の、比較/相対的に???の圧力ゾーンから動かされる事を???してください。

もしそれが、突然に、海王星の軌道から外へ解放されると、何が起こるでしょう?

その様な低い圧力ゾーンにおいて、それが爆発せず、一つに保たれたと仮定すると、それは、それが移動させられた軌道に戻るまで、太陽に向かった増幅している素早さで、やや北側にカーブした線で落ちます。

元々の軌道の平面/領域に辿り着くと、それは減速している速度で太陽に向かってその下に沈み、その後その推進力を失い、その効能の慣性(不活性)的な均整の位置を見つけるために、上下に振動した後、それは最終的に以前と殆ど同じ軌道に落ち着き進みます。それは少々、拡張/膨張と表面/地表のイオン化でダメージされます。その効能は、より低い圧力ゾーンへの、その冒険の成り行きとしてやや減少させられ、そして故に、その軌道は、その移動の前より、やや太陽から遠く成ります。

もう一度、巨大な手が、その惑星を持ち上げ、遠くでは無く、太陽の近くへ反対に移動させたと想像してみてください。

例えば、水星の軌道上に、突然、解放されると、何が起こるでしょう?

分析/比較の目的のために、水星と比較されると低い密度が、その表面が白熱の熱さに成り、その海が気薄な水蒸気に成ると言う事実を、私達は一旦、忘れましょう。それは、丁度、原子のガスが、地球から上昇し、減少し続ける速度で、南方に向かってカーブし続ける線で、その正しい圧力の平面/領域に向かう様に、減速し続ける速度で、圧力のその軌道に向かって南方にカーブして落ちます。

この惑星の次元は、石に相応しい圧力において、木のボールの密度が、水の中に保たれる事を許さない様に、水星の圧力ゾーン(軌道)にそれ(地球)が残る事を許しません。

それは、大体において、その元々の軌道を見つけますが、より高い圧力のゾーンへのその冒険も間に吸収された増幅された効能のために、その軌道は、それが移動される以前より、少々、太陽に近い場所で軌道します。

この運動の宇宙は、運動の始まりから運動の最大までの、均整のもので、その間、安定性の進歩は、その現実を、安定性の幻想に変化させます。

あらゆる効能には、真の位置があります。

エネルギーの宇宙/統一的な定数(constant)の次元の正確な位置が見つけられなければならず、それは蓄積された質量(mass)です。

その変化している効能の、正しい位置を見つけようとする質量の熱望は、質量の運動の全ての原因です。

その変化している効能の、真の位置を求めている全ての質量は、その変化している効能の、真の位置を求めている、その他全ての質量を転置させます。

転置(移動)させられた全ての質量は、その正確に同等で対極によって入れ替えられなければなりません。

その運動によって、空中に保たれていなければ、月が地上に落ちると言う、現在の理論は間違ったものです。

月は、その運動のために、空中に保たれているのでは無く、それ自体の均整的な圧力を要求する、その効能(potential)のためです。

地球と月は、それらが緊緊縮の圧力によって、一緒に引き合うより強い暴力性で、それらの圧倒的な拡張の圧力で、離れる様に押し合います。

月は、移動させられたエネルギーの転置において補助していて、それは常に慣性(不活性)に向かっていて、その継続/連続的な軌道(i.e.公転)が長時間(永続的)に、その次元において全く同じの様に現れる、その螺旋的にカーブしている通り道(軌道)に続きます。

もし、月が一時的に一つの位置に捕獲されたら、それは捕獲されていなかったら、通常あった場所に急いで戻ります。

その他の惑星も丁度、同じです。

地球は、風船が地上に落ちず、コルクが水に沈まない様に、もし運動が止まっても、太陽へと落ちません。

太陽から放出された水素は、太陽に落下して戻れません。太陽の放射性の拡張の圧力はそれを許しません。

太陽による、惑星の放出と、それらの戻る事の不可能性は、同じ原則に基づいています。その違いは、唯一、比較/相対的な効能のものです。

運動している質量は、その運動を止める事が出来ません。

質量は、1秒たりとも不変である事の出来ない、不安定な状態です。

不安定性は、安定に成る事は出来ません。

惑星と、それらの衛星の運動は、元々の刺激の継続では無く、その他の無抵抗のために、それらが継続されるわけでもありません。

それらが、それらの軌道において公転し、それらの地軸において自転するのは、それら自体のエンルギーの特定の波の蓄積の、流れている流れと、旋回している渦巻きの中に、それらが浮いているためです。それらは、背後からの圧力の方向に続く以外、そして前方からの吸引に続く以外の事は出来ません。それらは、常に休息/停止の場所を求めますが、それらが概念の形状に重荷を課せられている限り、それ(休息/停止)を決して見つけられません。

止めどない運動からの休息は、それらの蓄積された質量の、完全な再分配による慣性によってのみ、それらに来ます(与えられます)。

慣性における放散と消滅は、人々と、全ての進化している物事の様に、惑星の運命です。

それらの次元をゆっくりと変化させ、それらは全て、それらの再派生を待つ、それらの休息の安息地の西向きを通った南向きの、遠心的な旅を完結させます。

ゆっくりと拡張して行き、それらは、それらの後退において太陽に補助され、太陽から離れていきます。

そのシステムの太陽はそれら全て(各惑星)を冷えるために、ゆっくりと押し出していて、そして(太陽から)放出された各惑星に入れ替えて、そしてそれ自体の効能を続けるために、その(新たな惑星の)再派生のために、それ自体に新たな光単位を引き集めます。

惑星は、太陽の形成の完成された産出物で、そして再派生的な光単位は、惑星が形成される生の産物(原産物)です。

太陽が、圧倒的に各惑星を押し出している様に、太陽の孫である衛星を、各惑星は同様に押し出しています。

惑星が、太陽の赤道的な平面/領域を離れた時、その当時でさえ、それらのその様な次元は圧倒的に放射的な質量だったので、それらの放出は必然的でした。

太陽の、それらを遠くへ、より遠くへと押す熱望(意欲)は、そのそれらを引き寄せる熱望に勝るので、それらの次元は徐々に、それら自体をその熱望に調整します。

質量が太陽により近い程、質量はより濃縮で、その均整的な圧力の壁はより高く、その量(volume)はより小さく、その公転はより速く、その自転はより遅く、その公転の平面/領域が太陽の黄道により近く並行的なら、プラスのチャージはより大きく、偏心率穂より大きく効能はより高く、そのマイナスのディスチャージを放散し、その他の質量のプラスのチャージを引き寄せる質量の能力はより大きいです。

質量が、太陽からより遠い程、質量の気薄性が大きく、その凝固点がより低く、その均整的な圧力の壁がより低く、その量がより大きく、その公転がより遅く、その自転がより速く、太陽の黄道に対してその公転の平面/領域の角度がより大きく、しの偏心率がより小さく、マイナスのディスチャージがより弱く、効能がより低く、より高い効能のその他の質量から、それ自体の放出を補助しその他の質量を引き寄せる能力はより少ないです。

もしその運動が止められたら、地球は太陽へと落ちると予想するのは、膨らまされた風船が地上に落ちると予想するのと同様です。

もしこれらの明言が証明出来るなら、すると、ニュートンの法則は真実では無く、あらゆる質量における全ての次元の変化は、それらの必要条件を超える、またはそれらに届かない事のどちらかにより、その法則の必要条件に一致する、質量の能力を変化させるためです。

質量における次元の変化の全ては、質量における次元の全てを変化させます。



次元のこの宇宙は、運動の状態の圧力の各部分へと分離されそれは秩序的な比率で変化します。各部分の間には、慣性(不活性)的な壁があり、それは宇宙における運動の全ての変化している次元と共にそれらの位置を再調整します。

地面へと落下しているボールは、同時的に宇宙の中の全ての原子を転置させ、その次元を変えます。

落下しているボールに入れ替わるために、慣性に向かってこの惑星から何かが同時的に上昇しなければなりません。

とり大きな(volume)の拡張/膨張させられた質量(mass)は、その減少させられた量のために、正しい圧力のゾーンへと、上昇しなければなtりません。

低い効能(potential)は、下降した高い効能に入れ替わるために、上昇しなければなりません。

最も遠くに星は、結果的に原因された、変化させられた効能へ、その密度を調整するために、緊縮するか拡張しなければなりません。

あらゆるシステムの惑星と衛星の全ての、瞬間のそれらの位置は、それらの次元と瞬間の相対的な関係によるものです。

それらは全て、減少している効能の、それらの拡張している次元に、相応しい位置において、消滅のヴァイオレットに向かって、一貫的に落下しています。

それと同じ方法で、あらゆるシステムを再派生させている、派生的な光単位の全ては、増幅している効能の、それらの緊縮している次元に相応しい位置において、最大級の白熱の現れの黄色に向かって一貫的に落下しています。

次元は、それらが測量する状態と同じように相対的です。

質量の全ての次元は、その変化している効能と同時的に、緊縮し、拡張します。

あらゆる2つの質量、またはシステムの間にある慣性的な平面/領域は、より広く分離された部分の拡張されたシステムより、濃縮され、圧縮されたシステムの方が、比較的にお互いから近いです。

もし対峙している濃縮な質量が、お互いの近くへと近づけられると、質量の重力的な中心と、それらの慣性的な平面/領域の間にある4つの圧力ゾーンは、より制限されます。

システムのその圧力のゾーンが、より制限されれば、そのシステムの4つの圧力ゾーンの中の、全ての惑星と衛星の軌道はより制限されます。

制限された軌道は、それらの中で公転している、全ての質量の秩序的な加速を要求します。

システムの中核の周りを公転している、加速させられた質量は、そのシステムの渦巻きの派生的な力を増幅させ、その最大級の増幅は、そのシステムの全ての質量の公転の、惑星のペリヘリオン(太陽/中核に最も近い点)においてです。

加速させられた公転はチャージ(蓄積/蓄電)します。

加速させられた自転はディスチャージ(解放/放電)します。


質量の引き寄せ合う能力は、公転の速度が増幅すると、増幅します。

質量の反発する能力は、自転の速度が減少すると、増幅します。

システムの派生的な力の増幅が意味するのは、そのシステムの求心力(中央に向かう力)の増幅です。

システムの求心力の増幅が意味するのは、そのシステムの効能の増幅です。

効能の増幅が意味するのは、プラスのチャージの増幅です。

プラスのチャージの増幅が意味するのは、引き寄せ合いの力の増幅です。

一つの質量の、もう一つを引き寄せる能力は、お互いの比較的なプラスのチャージと、お互いの質量に対する比較的な位置によります。

システムの、各惑星の公転速度の増幅が意味するのは、そのシステムの各惑星の自転減速です。

システムの各惑星の自転の減速が意味するのは、そのシステムの遠心力(中心から外に向かう力)の減少と、結果的な求心力の増幅です。

一つの質量の、もう一つを反発する能力は、お互いの比較的なマイナスのディスチャージと、その他の質量に対する比較的な位置によります。

私達は、重力の、最初の法則を繰り返してみましょう。

「全ての質量は、その他全ての質量を、引き寄せ合い反発する、比較的/相対的に現れる能力を持ち、その比較的な能力は、その比較的な効能によります。」

制限された渦巻きにおいて、公転している質量の、公転の速度の増幅によって、増幅された求心力は、その様な渦巻きにおいて、公転している質量の自転の減速によって、弱められた遠心力と共に、必然的にそのシステムの効能を上昇させます。

その様なシステムの全ての次元は、そのシステムの派生させる増幅された能力と共に変化します。

量は減少します。軌道的なエリアは減少します。

量の減少は、公転の加速によって、正確に均整(バランス)されます。緊縮された軌道において、同等の質量の拡張された軌道と、同等のエリアがカバーされ(覆われ)なければなりません。

緊縮された軌道において、10年に1公転している、拡張された軌道によってカバーされたエリアを均整するには、毎秒30兆公転が必要かも知れませんが、宇宙/統一的な定数(constant)の均整は、たもたれなければなりません。

溶解点は、緊縮された軌道において、より高いです。

全ての基準的な単位は、同時的に変化します。

丁度、その他全ての次元でも同じです。それらの変化は、純粋に比較/相対的で、常に均整されています。

どの質量の次元の全ての変化の係数(co-efficints)は、宇宙/統一的な定数の同等の総合と、常に均整しています。

エネルギーの派生を好む、重力の引き寄せは、電気が、質量として蓄積する事を可能にします。

全ての質量は、形状の現れへと、重力の引き寄せによって、蓄積されたエネルギーに構成されています。

全ての形状は、様々な次元と関係の質量に同行する、重力の相対的な力によって、多かれ少なかれ密接に一所に保たれます。

大きな質量のための法則は、小さな質量のためのものと同じです。

原子の中の光単位の軌道を地図する、重力の法則は、太陽系の惑星の軌道を地図するのと、全く同じです。

重力の効果を考えるにおいて、この太陽系の区切りを超えて、人のマインドをプロジェクトさせる(想像する)のは難しいです。実際に、人の観測と経験は、とても純粋に地域的なので、人のマインドは、この惑星のみの、重力の効果に緊密に結びつけられています。

この太陽系のシステムは、大きなスケールにおいて、鉄やマンガンの原子の反復的な効果でしかない事は、気付くのが難しいです。

鉄の原子の中の惑星的な質量は、私達の太陽系のシステムが有する、引き寄せ合い反発の、能力の、比較/相対的に大きな変化を持つ事に気付くのは、難しいです。

私達の太陽系の全体が、一つの原子でしかない波の、北の倍音(オーバー・トーン)の地点の、重力的な引っ張りの対象だと気付く事は、また、難しいです。

科学は、太陽系の重力の引き寄せ合いを、原子的なシステムの中の、運動の効果から、全く異なった効果として考えます。

原子的な運動は、重力の法則の対象では無いと推測されます。

科学は、一つを「重力」と名付け、そしてもう一つを「電気的な効果」と名付けます。

両方の効果は同じです。

また、量歩の効果は、同じ状態の生まれです。

原子の中で、太陽系の惑星がする様に、正に惑星は、それらの変化している効能の、正しい圧力を見つけようとする、一貫的な試みにおける、それらの正しい変化している圧力の、軌道の平面/領域において動きます。

それが、中核的な太陽のとても近くに成るまで、派生的な原子のチャージしている光単位は、太陽系のチャージしている光単位がしない様に、その太陽へとクラッシュして落ちる様に、より高い圧力を通って近道を渡りません。

それは太陽に向かって、螺旋的に落ちる際に、徐々に緊縮し、それが落ちる毎に、均整の圧力と溶解点は一貫的に上昇します。

非派生的な原子のディスチャージしている光単位は、その波のサイクルの最も遠い境界において、消滅の慣性的な平面/領域における、気薄な雲へと、突然、爆発的に壊れるために、減少している圧力を通って近道を取りません。

それは、その相応しい効能をそれが見つけるまで、大きな力でその中核的な太陽を離れます。その後、それは、その太陽から螺旋的に離れて落ちる際に、徐々に拡張します。

もし惑星と衛星の運動が、重力の効果で、そしてより小さな質量における同じ効果が、「電気的な効果」なら、何故、より小さな質量は、より大きな質量と、正に同じ法則に従うのでしょう?

原子の光単位は、地球の重力的な中心から独立している様に見えますが、実際にそれらはそうではありません。全てはそれぞれの比較/相対的な効能に正しく公転しています。

木星の月は、このシステムの太陽的な重力の中心に関して、正に同じ事をしますが、それらは「電気的な効果」とは考えられていません。

それらは、それら自体のシステムの外のその他の質量に関して、システムの光単位が見せる、同じ現れる無視と共に、太陽に向かって落ち、太陽から離れます。

それらの加速と減速でさえ、それらが太陽に向かって動いているか、それから離れて行っているかのどちらか以外の原因によって、効果/結果されています。

後の部分で、太陽的な黄道(太陽系)の、内側と外側のエリアの、「宇宙/空間のエーテル」と呼ばれるものの、旋回している漂流が、正確にチャートされます。この漂流は、粒子が速く流れる旋回している渦巻きに、容赦なく運ばれる様に、太陽系の惑星を運びます。

重力の全ての効果は、電気的な効果で、そして放射の全ての効果は、磁気的な効果です。

運動の全ての効果は、電磁的な効果です。


全ての質量は、その効能の関係の秩序において、それが見せるその関連に向かう、重力的な中心の連続/継続を持ちます。

軍隊の一兵士が、上官からの命令を受取り、その集団が順を追って、更に上の上官の命令に、一つの単位として従い、そしてその様に、その軍隊全体が、一つの最上級の指令に統制され従う様に、低い効能は低い効能の重力的な命令(法則)に従い、そして蓄積された効能の様々な状態は、蓄積された効能の重力的な命令に従い、そして質量の全体が、一つの最上級の重力的な中心に統制されて従います。

エネルギーの全ての波は、その南と北の平面/領域の間に、抵抗している圧力の壁を構築し、そしてこれらの圧力を無視出来る質量はありません。

それぞれのエネルギーの波の中において、全ての質量は、小石が溝に従い、または列車が鉄道に従い、もしくは小川が海を見つける様に、低から高に動きそして再び低い効能へと戻ります。

減少と上昇のそれぞれの効果を、私達は、重力的と放射的の両方として考え、また電気的と磁気的と考えてみましょう。

地上に落ちていく林檎は、誘導的な電気的効果です。

それが地面に落ちるのは、重力がそれを地面へと、引き寄せるからです。

その林檎のプラスのチャージは、地球のより大きなプラスのチャージを求めます。

落下している林檎は誘導によって惑星をチャージし、それは惑星の効能を上昇させます。質量のより大きな近さもまた、惑星の効能を上昇させます。

林檎の誘導されたプラスのチャージは、惑星の中心に向かって、派生的な流れにおいて、求心的に続きます。

惑星による、林檎のプラスのチャージの融合への抵抗は、林檎を離れた正確な量の熱においてそれ自体を登録/記録します。

林檎の熱、圧力の緊縮、効能と電磁的チャージの吸収は、林檎のディスチャージの電気的な効果で、惑星に加えられたチャージです。

それは、その林檎に関しては、放熱的な効果で、その惑星(地球)に関しては、吸熱的な効果です

その惑星による、林檎の電気的な効能(potential)の吸収が、重力的な効果なのは、何故なら、その林檎と惑星がお互いに引き寄せ合い、そしてそれがまた、電気的な効果なのは、何故なら、それが片方によるもう片方のプラスのチャージ(蓄積/蓄電)の吸収だからです。

林檎と惑星に両方が、お互いに向かって落下します。

もしその林檎が、その惑星程大きく、同じ程の密度なら、その両方はお互いに向かって、同じ速度で動きます。

その林檎はとても小さく、その惑星はとても大きいので、地球の通り道への誘導は、皆無です。

しかしながら、月の様な体では、そうでは無く、それは物質的に地球の軌道の影響し、それらの天界的なダンスの同等なパートナーとして旋回します。

林檎と惑星の話しに戻ると、その林檎のプラスのチャージは、その惑星の中央に向かう、その求心的な旅を続けるので、その林檎のマイナスのディスチャージ(解放/放電)は、対極の方向に向かって拡張/膨張し、消滅します。

片方は「落下」し、もう片方は「上昇」します。

「落下」するのはプラスのチャージで、「上昇」するのはマイナスのディスチャージです。

そのプラスのチャージは、プラスのチャージに向かって落下し、放射的な放出として、マイナスのディスチャージを放散します。

もしプラスのチャージがプラスのチャージに向かい落下するなら、プラスのチャージだけを統治する原則は、引き寄せ合う能力を持つというのは、合理的です。

分解された林檎が地面から上昇するのは、何故なら、放射がそれに反発し、プラスのチャージがそれを放出するからです。

その林檎のマイナスのディスチャージは、低い効能の、より大きな拡張を求めます。

その上昇は、その惑星に対する放射的な効果で、それからそれは、それ自体の効能を求め、遠心的(中心から外に向かう力)に上昇します。

それが上昇する際に、それはその効能の圧力のゾーンにおける、その軌道を見つけるまで拡張します。

それはもう一つの質量(mass)の慣性(不活性)的な平面/領域に衝撃/ぶつかり、それに向かってそれは求心的(外から中央に向かう力)に落下し、再派生されるかも知れません。

これは、それが向かって落下する質量に対する重力的な効果です。

もう一つの質量の慣性の平面/領域に対する衝突によるその再派生は、それが緊縮する原因に成ります。

それは、電気的にプラスに成ります。

そのプラスのチャージは、それが向かって落下する質量の効能によって引き寄せられ、そしてそれによって、それは栄養として吸収され、そして最終的に再び放射的な放散としてディスチャージされます。

これは、アイデア(思考)の全ての形状の、収集と分散の方法です。

これは、全てのエネルギー(光/波)の、蓄積と分配の方法です。

これは、全ての体の、養いと飢えの方法です。

これは、活性化と不活性化の行程です。

運動の全ての効果は、重力的で放射的な効果です。またそれらは、それらが丁度、同様に化学的な効果である様に、電気的磁気的な効果です。

私達は今から、様々な重力的、そして放射的な表現を、一つ一つ考えてみましょう。

これ等の表現の全ては次元を持ち、それらの次元の全ては測量可能なのは、幸運な事です。

私達は最初に、引き寄せ合い反発の現れる力だる、論議されている題材へのそれらの関係において、それらを端的に考えてみましょう。

私達は次に、それらを測量する方法と意味を考え、そしてもしそうする事によって、自然の長きに守られて来た秘密が、理解する事と、利用する事が、簡単に成るかどうか見てみましょう。



Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR