統一/宇宙的一つ:第二巻第十章:

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十章:パート1
Electro-Magnetic Pressures
電磁的圧力

Pdfヴューアー135ページ、本文117ページより:

ユークリッドの原理、定理、そして前提仮定に沿った宇宙の構築は、運動の法則に沿っていません。

その他の原理と前提仮定の証明における、ユークリッドによって使われた原理の一つはこう読まれます:figures(数字/姿/形)は、形またはサイズを変える事無しで、空間/宇宙の中において、自由に動かされるでしょう。

もしこれが本当なら、天界的体(天体)の間の空間は、空っぽで、真空です。

もしこれが本当なら、空間/宇宙の、非抵抗的で、無圧力で、統一的なエーテルの理論は、主張可能です。

もしこれが本当なら、天体は、それらのお互いへの引き寄せ合いとそれらの運動の刺激/運動量によって、それら自体をそれらの、比較的な軌道に保たなければなりません。

もし対照的に、姿/形は形とサイズにおける変化無しで、空間/宇宙の中において、1インチも動かされる事が出来ないと、はっきりと見せられれば、するとユークリッド的原則の、原理的な原則は、真実ではありません。

此処において主張されるのは、形とサイズにおける変化無しで、空間/宇宙の中において、姿/形が1インチも動く事が出来ないのは、運動のこの宇宙全体は、変化しているが、反復的な圧力であるためですと言う事です。

変化している圧力のこの宇宙において、ユークリッド的な、無限へと伸びる不確定な真っ直ぐな線は、可能ではありません。

空間/宇宙の変化している圧力は、カーブしています。

それらは運動のエネルギーの表現を表します。

運動の全てのエネルギーは、それ自体を波(光)において表現します。

全ての波は、対峙された螺旋で、次元において制限されています。


全ての対峙された螺旋の波は、質量(mass)を蓄積し、そして同時的にその蓄積を分配します。

全ての蓄積している質量は、運動の旋回的な完璧性に向かって目標し、そして立体的な結晶化の完璧性に向かいます。

全ての分散している質量は、旋回的な安定性から離れる事を目標し、そして単純な立体的な結晶化から、結晶化の無形性の複雑性に向かっいます。

全ての方向性は、対峙している圧力の方向性です。

全ての圧力の方向性は、螺旋です。

全ての方向性は故に、カーブされています。

全てのカーブは、螺旋です。

全ての軌道は螺旋です。それらは全て(三角)コーン的なセクション(部分)です。放物線状または双曲線状の軌道は、圧力のこの宇宙においては、不可能です。測られたエネルギーのその(三角)コーンのベース(根本)をカットするどんな反時計回りの軌道も、波の対峙するコーンにおいて再派生させられ、そしてその軌道は、もう一つのシステムの、時計回りの軌道に成ります。

空間/宇宙において自由に動いている物体は、その物体が、惑星であれ、小体であれ、光の「光線」であれ、またはエネルギーのその他のどんな表現であれ、カーブした螺旋の線において動かなければなりません。

また更に、この宇宙におけるエネルギーのどんな表現も、それが始まった処で終わらなければなりません。それはカーブでなければなりません。

更に加えて、そのカーブは決して輪ではありません。それは螺旋で、そしてその始まりから終わりへの回旋は、速度、温度、平面/領域、そして圧力における運動の効果の全音階を行きます。

更に加えて、その旅において宇宙を横切る、それが始まった処で終わる、運動のカーブした螺旋はありません。全ての方向性がカーブしているので、宇宙は球体でなければならないという、アインシュタインの結論は、運動の方向性がカーブしていて、輪的、または楕円的で、その通り道において宇宙全体を横切っていると言う推論に基づいています。

それ自体のエネルギーの波の境界線の平面/領域を通り越す事の出来る、質量、または体、もしくは運動のその他の表現はありません。

エネルギーの全ての努力は、それ自体の次元を設定します。その境界線は、その努力によって制限されています。

エネルギーはそれ自体を再生産し、そして故に、波から波へと、宇宙を通してその表現を移動/運びますが、運動が止まりそして再び始まる分離する壁があり;そして其処で全ての質量は消滅し、再び再形成します。

質量はエネルギーです。

エネルギーは質量として蓄積し、それが派生させる事の出来る圧力の増加と減少と共に沿って、再分配されます。

小体は、丁度、惑星が質量である様に、質量です。

原子は、丁度、太陽系が質量である様に、質量です。

水素の原子が発達出来る圧力は、ラジウムの原子が発達出来るものから、大きく異なります。

それらは、ミシンのモーターが、高ヴォルテージの発電所に比較される様に、お互いと比較されます。

全ての質量は、それらが光単位であれ、惑星または太陽であれ、一つの宇宙/統一的マインドの、イメージを創造する能力によって、アイデア(思考)として考え出された形状を、シミュレートするための、それらそれぞれの力の圧縮と拡張の様々な比率に沿って、より大きいまたはより小さい近接において、一時的にそれら自体を一緒/一つに保つ、圧縮と拡張のポンプです。

どんな実質(substance)であれ、圧力におけるわずかな変化は、その量(volume)を変化すると言うのは、物理学の原理的な原則です。

温度の変化は、圧力の変化の指標です。

宇宙の全てのインチは、温度において変化します。

全てのインチは、故に圧力において変化します。

全ての原子は、その外観からその中核へ、圧力において変化します。もしその温度が変化すれば、その量もまた変化します。また、原子の全ての種は、量、温度、そしてその他全ての次元において、その他全ての種から異なります。

原子の全ての種は、異なった平面/領域の中にあり、それぞれの平面/領域は、運動のこの宇宙を圧力ゾーンへと分離する、変化している圧力の区画の一つの、圧力の壁です。

「空間/宇宙」は、これ等の変化している圧力の原子で構成されています。

もし一つの物体が、変化している圧力に対して、それ自体を拡張または緊縮する事で調整する事無しで、地球上の表面を自由に移動出来ないなら、それは空間/宇宙においてどうそう出来るのでしょう?

その答えは伝統から来ます;「だって宇宙は空っぽ/真空だから。」

そうでしょうか?

それは、私達が見る事の出来ない、高い音階の原子で濃縮されていますが、もし私達の考え方が、それらを私達に明かせないとしても、私達の道具/機器の探知する範囲を超えてはいません。

後の巻において、運動の「空間/宇宙」のスペクトル的証明は与えられます。この巻の目的のために、私達は、私達が見る事の出来る質量(masses)に関して、この題材を考えてみましょう。

この惑星の単純な住人である私達は、私達の結論において勘違いするのは、私達の見解への、私達の惑星的な位置の比較的な重要性のためです。

私達の空を渡る飛んでいるハチドリは、最も大きな星よりも膨大に大きく、そして人の帽子は太陽や月よりも、大きく現れます。

コペルニクスが地球を、その他全てがその周りを回るシステムの中心にしたのは、驚く事ではありません。(コペルニクスが?)

確かに、キプリングの話しの小さな村が、全ての人がその昔信じた様に、世界が平らであると投票しても、許す事が出来るでしょう。

とても理性的な人が、「人はそれを人の目で見れるので」、それを間違います。

それについて幻想は何もありません。それは彼等が知る最も本物の事で、固く平らなもので、そして不動でその周りを空が回りました。

この間違いを正そうと言う試みのために、ガリレオはギリギリで彼の命と共に逃れ、そして彼の明言は殆ど統一的に否定されました。

私達は今でも、太陽の赤道的平面/領域によってでは無く、私達の小さな地球の黄道によって、このシステムの全ての惑星の軌道を測定します。

これは局地的な便利さのために必要で、丁度、村が、近くの村や町との距離をそれ自体から測定するのと同じように便利です。

もし、しかしながら、地理学者または歴史家が、彼の住んでいる村を、比較の放射的な中心としてこの惑星の地図を描いたり、その歴史を書いたりしたら、彼は、少なくとも、莫大にエゴイスト的でしょう。

此処に描写されたこの太陽系の運動の効果は、地球では無く、太陽をその中心として基づいています。各惑星の軌道と全ての歳差運動(ページ右リンク参照)的運動もまた、太陽の赤道的な平面/領域への関連において図表化されるでしょう。

圧力、密度、温度、そしてこの太陽系全体の重力の引き寄せ合いの比較的な力の、全ての推測された事実は、相対的な状態による、相対的な比率へと、それらを翻訳する試みも全く無く、私達の太陽系システムの、この小さな豆のような村(地球)において得られた状態から、今、測定されています。

もし前提が間違いなら、結論も間違いのはずです。

もしこの太陽系全体を通した温度、密度、そして圧力に関する結論が、此処で間違った前提に基づいていると見せられれば、それらは故に間違っている事に成ります。

全ての次元は相対的に正しいですが、この惑星の基準の単位によって測定/測量された時、間違っています。私達の次元の記録は、相対的/比較的な比率においてです。

この地球より密度が低いとされますが、実際にはもっと密度の高い、小さく、重く、固い惑星である、水星(ヘルメス)を考えてみて下さい。

このシステムの中心の、大きな圧力への近さの膨大な圧力によってクラッシュ(圧縮)され、そしてつい最近に、冷めるためにかまどから取り出され、それはゆっくりと、今、木星がある位置へと、その螺旋の道を回りますが、(水星が木星の軌道へと辿り着いた時には)其処に(木星は)ありません。

木星は固くはありません。それはそう成る事が出来ません。その巨体と共にでさえ、私達が熱を知る様に、それは熱くありません。そこでは、鉄は2度程度で溶けます。

それは異なった圧力のゾーンの中にあり、其処において開放している圧力は、小さな量の質量を、大きな量の質量の拡張/膨張させます。

そして巨大ですがpithy?な惑星である土星は、丁度、水星が突然に土星の位置へと移動させられると爆発する様に、もし水星の軌道に移動されると、完全にイオン化してしまうか、小さく縮むかのどちらかです。

次の来るのが天王星で、更に柔らかく、その変化している極の上で揺らめいて;それから海王星はとても気薄で、比較すると私達の雲が岩に成る程です。

私達の太陽系の限界である距離の約11分の3の距離にある、私達に知られている最後の惑星である、海王星を超えると、更なる惑星があり、それはとても膨大で、とても気薄で、その一つの横で木星が比べられると小さな豆で、海王星は(比較すると)固体に成ります。

私達の太陽系の中にあるのは、人が夢にも見ない圧力、温度、そして密度で、彼が親密なこの惑星の圧力単位から、彼によって間違って計算されたものです。

その計算/測量において、その道具でさえ人を騙した/間違わされたのは、その比較の単位が相対的/比較的ですが、比率において正確な、運動の状態に変換されるからです。

人は、私達の惑星に比較された硬直性によって、太陽の密度を測ります。

太陽は故に、私達の惑星の4分の1の密度を与えられます。

私達の惑星の密度の状態を、私達の惑星の水の5倍と明言するのがとても正しいのは、何故なら、水はその惑星の一部で、私達の軌道的な位置の、同じ圧力の対象だからです。

しかしながら、人は、もう一つ(その他)の惑星の圧力または密度を、私達のもの(地球)と比べる事が出来ません。

比較的/相対的には出来ますが、此処において固体性を許す、比較的に低い圧力と効能(potential)は、タイよの表面において、渡下氏の拡張/膨張させられた地球を蒸発/気体化させるでしょう。

もし水星の軌道へと、私達の地球が動かされたなら、それはとても熱く成り、そしてそれが冷めた時に、大体、水星と同じサイズに成るでしょう、

もう一方で、もしそれが低い圧力のゾーンに動かされ、その軌道が太陽の赤道から50度の角度で、そのアフェリオン(太陽から遠い地点)が太陽から海王星への2倍をこえるなら、1日に放出される蒸気から昇る水蒸気は、はっきり見える彗星の、固い頭と伸びるしっぽのために、十分なものを用意するでしょう。

高い大気の低い圧力の冷たさの中に浮かんでいる大きな雲は、より低い高度で水へと圧縮された時、一つ、または二つのクォート/結晶に成るでしょう。

私達の雲のアルビード、または光を反射する質は、より遠くへ移動されたより低い圧力のための、アルビードの基準的な単位として取られません。

距離のある圧力、温度、そして密度の基準的な単位と、私達に親近感のある基準的単位へのそれらの翻訳の、比率における測量を統治する法則は、この純粋な機械的運動の宇宙の更なる熟考が、その機械性を考える事を理論的にするときに、記述されるでしょう。

この時点で、統治している圧力に基本的な原則を描写する事が必要です。

圧力は、運動している実質の比較的な密度の幻想を保つために必要な、対峙した力の、比較的/相対的な状態です。

慣性(不活性)の次元の無い宇宙は、絶対的に安定しています。

運動の宇宙は、変化しているけれど、運動を通した安定性の現れをシュミレートする、比較的な密度の小体的宇宙です。

質量を引き寄せる様に現れる質量の変化している力は、全ての質量の圧力次元の変化の現れの原因に成ります。

人は、様々な密度の質量を、気体、液体、そして個体に分類します。

全ての質量の密度、または気薄さは、圧力の対極のその圧倒性に均整的です。

運動のその他全ての効果と同様に、圧力はその対極を有します。

圧力の対極は、緊縮の電気的な圧力と、拡張の磁気的な圧力です。

一つは内側から内側に向かって引っ張ります。

もう一つは内側から外側に向かって押し出します。

一つは、より近くに一緒に引き寄せる事によって質量を引き寄せます。

もう一つは、分離する事によって質量を反発します。

プラスのチャージが大きい程、緊縮の圧力は大きく成ります。

緊縮の圧力が大きい程、量は小さく成ります。

マイナスのディスチャージが多き程、拡張の圧力は大きく成ります。

拡張の圧力が大きい程、量は少なく成ります。


全ての質量は小体的で、全ての質量は比較的/相対的に固体です。

全ての固体の質量(mass)は、まず、2つの圧力の運動的な対峙の摩擦によって溶かされ、そして不活性な効能(potential)的位置へとロックされた(閉じ込められた)、対峙している圧力によって、比較的/相対的固さの状態へと、固められ/凍らされています。

大きな/強い固体性は、より小さな/低い、中軸的運動を意味します。

大きな固体性がまた意味するのは、高い効能に向かう、な圧力の圧倒です。

大きな中軸的運動が意味するのは、より低い固体性です。

大きな中軸的運動がまた意味するのは、低い効能に向かう、拡張的な圧力の圧倒です。

鉄の延べ棒を溶かすと、それは(原子の)中軸的に運動的/活発に成ります。それはまた、より低い固体性(液体)に成ります。

圧力の拡張によって、それを蒸発/気体化させると、その中軸的運動は倍増します。

また、遠心力的運動は、その運動を現す空間を必要とするので、その量(volume)は膨大に増幅します。

重く、固い鉄の延べ棒は、もう地面には落ちず、空気へと上昇/蒸発します。

そんなに大きな変化が起こるのに何が原因したのでしょう?

最初に私達は定義を復習しましょう。

「圧力は、運動における実質(substance)の比較的/相対的な密度の、幻想を保つために必要な、対峙した力の比較的/相対的な状態です。」

圧力は、反転させられました。高い緊縮的な圧力は、圧倒的に拡張的に成りました。

高い効能が、低い効能に成りました。

低い中軸的運動が、大きな中軸的運動に成りました。

制限された量が、拡張/延長された量に成りました。

大きな密度が、低い密度に成りました。
「重さ」と呼ばれるものは、この惑星の重力の効果に関しては、全体的に消滅しました。

高い効能のこの惑星に関するその重さは、その他のより低い効能の比較的/相対的な重さと同じに成るまで減少させられました。

鉄の拡張された質量は今、丁度、その重さの消失のために、この惑星から上昇する様に、低い圧力に向かって、それ自体の重さで沈みます。

鉄の延べ棒は、この惑星に対してもう重くも、固くも、濃密でもありません。

その粒子はもう、人の概念の固体としてくっ付きません。

それは、1インチ事情毎に5ポンドの、この惑星の平均海面レベルの均整を通して通り、その状態においてそれは現れる重さを有せず、そして低い密度に相応しい、低い圧力に向かって落ちる様に、その低い密度が強要するまで拡張を続けます。

その質量は、しかしながら、変化しません。その次元だけが変わります。

その圧力と効能を反転させる事によって、その密度を低下させる事において、その地軸的運動は増幅させられ、その軌道的運動は減少させられ、故にその引き寄せ合う能力を減少させます。対照的に、それは反発する強い能力を発達させます。それはもう、一つの鉄の欠片として留まる事が出来ません。それが構成されている、小さな振動している電磁的な、対峙する圧力のポンプは、低下させられました。

その量を増幅させる事によって、それぞれの小体の間の距離は増幅されますから、お互いを引き寄せ合うそれらの現れる能力は減少します。

増幅された量はまた、表面張力の圧力を減少させ、その質が帰属するのは、比較的/相対的な度合で、全ての質量です。

増幅された量と減少させられた表面の緊張の圧力が意味するのは、増幅させられた蒸気の圧力です。

減少させられた表面の緊張の圧力は引き寄せ合いくっ付く質量の能力を弱めます。

増幅された表面の緊張の圧力が意味するのは、より大きな密度、または固さで;またそれが意味するのはより大きな引き寄せ合う能力です。

固さ/固体性は、慣性(不活性)における爆発的な妨害の反復的な連続によって発達させられた、増幅している電気的名アツ両による、物質の増幅的に不安定な状態です。

その妨害がより大きければ、それを産出するために必要な努力は、より大きいです。

その努力がより大きければ、同等で対峙する抵抗している圧力による努力への対峙は、より大きく成ります。

その抵抗がより大きければ、2つの対極的に流れている流れの接触によって派生させられる熱はより大きく成ります。

その熱がより大きければ、そのそれぞれの圧力の比較的/相対的な固体性は低く成ります。

白熱性がより大きければ、爆発による熱の放射はより大きいです。

放射による爆発がより大きければ、その放射している実質は、より固く、濃縮です。

その実質がより固ければ、それはそれ自体の圧力の平面/領域により近いです。

その平面/領域により近ければ、その粒子の運動はより旋回的です。

その粒子の運動がより旋回的であれば、その質量はより安定的に現れます。

爆発的な運動の外に出ていく緊縮(?)し続ける力は、対極の北の平面/領域でお互いに出会い、そして慣性の南の平面/領域に向かって跳ね返り、それらが跳ね返る際に拡張し続けます。

人は固体性において生きそして考えるのは、彼が彼自身の、存在する効能の環境に馴れているからです。

固体性は、彼が見る、感じる、(重さを)計る、そして指令出来るものです。

彼の頼れる固体が、永続性の偽りの幻想を創造するに十分な時間の長さで、現れる留保の状態に旋回的に保たれた、運動の緊縮または拡張の状態であると、人が理解するのは難しい事です。

もし人が、太陽系全体の進化と退化を、牧草地の単なる蛍の光であると描くと、彼は固体性の不安定性の、より良い概念を形成するでしょう。

一つの行程は、もう一つと正確に同じです。

一つの100億兆年の間に産出された全ての効果/結果は、もう一つの1秒において正確に反復されます。

固さ/固体性は故に、派生的な緊縮的圧力の効果/結果でしかありません。

運動の全ての効果と同様に、それは周期的で、そしてその音(トーン)は、閉じ込められた効能(potentials)のフォーミュラと一致します。

運動の全ての効果と同様に、その対極で同等のバランスしている効果は、蓄積が増幅すると、その蓄積へお抵抗を増幅させます。

より大きなマイナスのディスチャージ(解放/放電)に対峙する、プラスのチャージ(蓄積/蓄電)がより大きい程、より大きな効能を意味します。

より大きな効能が意味するのは、より大きな圧力の対極/対峙です。

より大きい圧力の対峙が意味するのは、より高い溶解点、より少ない量(volume)、そしてより大きな密度です。

この惑星の平均海面の圧力において、2,000度で溶解する金属は、太陽の密度の高い地殻の対峙している高い圧力において、200,000,000,000度でも、固く凍ったままでしょう。

低い圧力の原子から発散された放射性の放散は、ラジウムの様な10番目の音階(e.g.元素表のテーブル)の高い圧力の原子が、毎秒186,000マイルに近づく間、毎秒10マイルを超えないでしょう。

0=から1+2+3+4++を通した元素の音階の、増幅している緊縮的な電気的な圧力は、上昇している溶解点と減少してる量によって同行されます。

4++から3-2-1-を通って0=に戻る、減少している拡張的な磁気的圧力は、減少している溶解点とより大きな量に同行されます。

中軸的運動は、放射運動的な圧力が減少すると、上昇します。

黄移動的運動は、派生運動的な圧力が上昇すると、減少します。

この宇宙全体は、変化している効能のものです。故に、それは変化していて対峙している圧力のものです。

もし次元の宇宙全体が、変化している密度のものなら、それが意味するのは、それが多かれ少なかれ何処でも固体的に現れ、それに必然的につづくのは、すると、宇宙全体が変化している圧力のものであると言う事です。

もしこの宇宙が変化している圧力のものならば、上記に引用されたユークリッドの原理は真実である事が出来ません。

もし「固体」と呼ばれる運動の状態が、それにおいてエネルギーの定数(constant)の大きな蓄積の膨大な緊縮的圧力が、高い効能の濃縮された電気的質量(mass)へと形作られた状態なら、すると、「液体」と「気体」と呼ばれるこれ等の運動の状態は、より気薄な質量へと少し蓄積された、エネルギー定数に相応しい、単なるより低い圧力でしかありません。

より気薄な質量は、融合への抵抗があまり強くない処で、より低い温度で凍るまたは溶けます。

毎分数千マイルの速度で太陽の表面の高い対峙している圧力から、爆発的に炎へと跳ね上がる、水素の様な運動的な気体は、この惑星の低い圧力から、爆発する事無く、とてもゆっくりと上昇します。

天王星や海王星の上で、水素は、疑う余地無く自由な状態で存在し、その原型、セシウムがこの地球上で凍って(固体で)いる様に、凍っているでしょう。

海王星の上で、水素は、疑う余地無く、この惑星上でアルミニウムが落下する様に、それ自体の重さで落下するでしょう。

海王星は、それと共に彼女が運動の効果を分離する、音の壁を造ります。

もし圧力の壁が発達させられたなら、それの必然的に続かなければならないのは、何処かでその圧力が発達する事の出来る、対極の抵抗の壁が、それに対して設定されなければならないと言う事です。

この原則は、丁度この惑星の上で、圧縮のタンク、車のタイヤ、海の海底またはその地殻の数千マイル中でそれがそうする様に、宇宙の現れる空間においても真実です。

全ての圧力は、正確に同等で対極な抵抗の圧力を発達させます。

人が知覚出来るのに十分な密度の質量の蓄積から結果している圧力は、人の知覚を超えた質量においても、比較的/相対的に存在するでしょう。

人の「空間/宇宙のエーテル」は、丁度、溶けた金属が運動における物質である様に、運動における実質(substance)です。

それは事実、その運動は人の感覚(五感)によって知覚出来ないけれども、無限的により運動的です。

その証拠は、しかしながら、明白に見られる事ができ、そして正確に測定される事が出来ます。

目に見られていない宇宙は、推論、または論説として、もしくは理論的な結論を通してのみ存在しているのではありません。

運動の全ての効果ハギカリの中に記録/登録され、そしてその圧力の壁の全ては、スペクトル・スコープ的に見る事ができ、それぞれがそれ自体の圧力の線を持っています。

ジ―マンはずっと以前に、ナトリウムを通して強い派生的なチャージを送る事によって、10音階の証拠の一つに出くわしましたが、彼が見たもののその重要性に意味を見つけられませんでした。

そうする事によってその圧力を上昇させ、かれは10個の黄色い線を見て、それらのそれぞれは、運動のその特定の状態の倍音(オーバー・トーン)の話しを伝え、1+は、異なった音階において再産出されます。

10音階の全ては、赤外線と紫外線の終わりまで、全ての次元において測量可能です。

またそれらの波も正確に計算する事ができ、そしてそれらの曽於他の次元も正確に確認出来ます。

空間のどんな一つの「部分」とどんなその他の部分との間の違いは、その次元の全てにおいて相対的です。

一つの次元がその他の次元と異なり、それだけです。

ある部分は、時間-次元における中軸的減速と軌道的加速によって、力へと蓄積されたエネルギーの構成で、その間他の部分は、運動の対極的効果へと、拡散したエネルギーの構成です。

圧力の対峙は、運動の効果の一つでしかありません。運動の効果の全ては、重力的と放射的の両方で、圧倒性においてそれらの一つ、またはもう一つでしかありません。

質量(mass)は焦点的中心において蓄積するのが何故なら、プラスのチャージ(蓄積/蓄電)の圧倒性のためです。

質量の蓄積は、圧力を増幅させ、そして故に、より大きな量(volume)を、より大きなプラスのチャージとより大きな緊縮的圧力の、焦点的中心のより小さな量へと強要する、重力の引き寄せ合いの力によるものです。

<図表:142ページ、全てのエネルギー(光)は、で表現されます。全ての波は圧力のゾーンへと分類されます。全ての圧力のゾーンは、位置の定義された(はっきりされた)効能(potential)の位置において、圧力の壁によって保たれています。>

引き寄せ合う熱望(性質)は、純粋に重力的な効果/結果で、反射運動的な反発は、放射的なものです。

一つは分配を制限する、蓄積的な圧力です。もう一つは、蓄積に抵抗する、妨害的な圧力です。

この運動の宇宙/空間を通して、対峙している圧力のゾーンがあり、それは求心的(中心に向かう力)渦巻きの中核的な中央から、距離が増幅するので、密度において変化しています。

全ての質量において、蓄積している圧力の引き寄せ合いと、分配している圧力の反発は、対極の方向においてそれらの力を働かせます。

電気的な流れの次元は、磁気的な流れの次元の、宇宙/統一的比率において、真逆/逆様に増幅します。

空気の中で上昇している拡張/膨張させられた質量は、それがそれから上昇している質量に関して上昇させる能力を持ち、そしてそれがそれに向かって落下している効能に関してまた、重さまたは圧縮の能力を持ちます。

どんな質量のおいても、高い効能に関して、上昇させている能力は、低い効能との感れにおける圧縮の能力に同等です。

空気の中で上昇している気体の上昇している能力は、吸引のポンプの運動に正しく一致します。それは、それを拡張する事によって、この惑星の効能と圧力を減少させます。

対照的に、加えられた重さは、それを緊縮させる事によって、この惑星の効能と圧力を上昇させる事における、圧縮ポンプの運動に正に一致します。

例えば、太陽の放射を考えてみて下さい。

その放射は、太陽に関して上昇させる力を持ちますが、その効果は太陽を退化させる事です。

対照的に、それがそれに対して衝撃する(ぶつかる)惑星に関して、それは重さを持ち、その反映はそれらを再派生させる事です。

どんな質量の退化も、もう一つの質量の再派生によって、正確にバランスされます。

運動の全ての効果は、常に均整で、そして全ては完全に周期的です。

全ての周期性は秩序的で、それらの表現における強さの上昇と減少の、それらの秩序性は、閉じ込められた効能の音階(e.g.元素表のテーブル)のフォーミュラと共に常に一致し、そしてまた、一つの超吸い込みと超吐き出しの周期/期間を構成する、5つの吸い込みと、5つの吐き出しの、周期的な秩序と一致します。



Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR