統一/宇宙的一つ:第二巻:第七章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第7章:
Instability, and the Illusion of Stability in Motion
運動における不安定性と安定性の幻想

Pdfヴューアー119ページ、本文101ページより:

化学者は、彼が扱わなければならない要素(元素)の様々な次元、それらの比較的な不安定性、そしてそれらの安定性の幻想の知識を通してのみ、彼の問題を解けます。

運動の様々な関係の十分な詳細を書く事、そしてそれらをより高い電気-化学的に組織化する事は、これを後の日付けで続く、書籍が必要と成ります。

この巻で十分なのは、以下に与えられた一緒の化学者の6音階(オクターヴ/e.g.元素表のテーブル)の機能しているチャート(図表)は、4つの図表と共に(6+4=10)、運動の安定性と不安定性の秩序を現しています。

運動の宇宙は、慣性(不活性)における概念の安定性から、運動におけるイメージの概念への不安定性でへの、宇宙/統一的な振り子の振れで、慣性における概念の記憶の安定性へと再び戻ります。

運動は概念の先に行きます。運動は概念において始まります。

概念は、慣性的な均整において起こります。

運動は、均整への対峙の生まれです。

宇宙/統一的均整は、揺るがされる事は出来ません。均整以外の状態は可能ではありません。

慣性を克服する事によって宇宙/統一的なバランス(均整)を揺るがす様にデザインされた運動の概念は、運動として行われた時、そのバランスを安定化させようとデザインされた反射運動によって、同時に対峙されます。

運動(action)と反射運動(reaction/反応)の結果は、現れる対峙(陰陽)への、運動と反射運動の力の分離を通して、安定性の幻想を創造する事です。

対峙された状態は、不安定な状態で、それは運動と反射運動の同等で対極の運動を通して、安定性を装います。

故に、安定性は運動にある事は出来ないのは、全ての運動が,その対極において対峙され分離されているからです。

安定性は、均整(バランス)の状態の不活性性です。

概念の無次元の宇宙が、安定性の宇宙です。

運動を通しタ、概念の宇宙/統一的表現は、次元の宇宙です。

次元の宇宙は、安定性の幻想の宇宙です。

化学者が扱わなければならない物質(matter)の要素(元素)は、それらが不活性なガスから離れると、炭素線で不安定性の最大限に届く、運動の対峙された状態において、益々不安定化します。

安定性の幻想は、より低いトーン(音)で最少で、炭素線(carbon line)においてその最大に届きます。

効能(potential)、電気的圧力、原子価、温度、そして密度が低ければ低い程、要素(元素)の安定性は高く、そして安定性の幻想は低いです。

反対に、効能、磁気的圧力、原子価、温度、そして五戸が高ければ書かい程、安定性は低く、安定性の幻想は高いです。

全ての化学的な効果(結果)は、電磁的な効果です。

全ての電磁的な効果は、化学的な効果です。

この運動の宇宙は、それにおいて運動における全ての質量(mass)が、もう一つの歯車に連係された歯車の機械です。

天体的機械性(大宇宙)は、人の機械性(小宇宙)と全く異なりません。(i.e. As above, so below.)

もし、一つの歯車がその次元を変えるなら、全ての歯車が、その変化に一致する様に変化します。

惑星と太陽系の進行的運動は、(三角)コーンが、コーンと中心がずれておかれたシャフト(軸)の上で転がる、斜めのギアの車輪で造られています。(i.e.太陽は公転/移動しているので、その周りを公転する各惑星は、結果的に、平面の輪では無く、螺旋の公転をしている。)

<図表:120ページ、図表3:原子の構造。7音(ドレミファソラシ)の4単位の定数へと、そのエネルギーを配分する、宇宙/統一的定数における4つの位置の図表で、それぞれが変化している次元唯一により、別々の実質の様に現れます。>

太陽系の大いなる歯車は、それらがその一部である機械のそれらの位置に一致する様に、それらの傾きとずれを変化させます。

宇宙/統一的な機械において、その歯車が、交差、進行、そしてずれ無しで、その歯車が起動する位置は、一つしかありませ。

原子におけるこの位置、またはそれより大きい質量におけるその繰り返しにおいて、エクイノックッス(春分・秋分点)も、上昇も下降も、アフェリオンもペリヘリオン(中心に近く成る部分と、遠くなる部分)も、有りません。

これは炭素の元素において、吸引が終わり吐き出しが始まる、不安定性と安定性の幻想が、それらの最大限である処です。

宇宙/統一的機械にはコーン(螺旋)とディスク(輪)のクラッチがあり、それらは人が、人の機械性において良く知っている、同じ一貫性と緩さの掌握と滑り(歯車の噛み合いと潤滑性)です。

これ等の性質は、私達に、この様な密度の高い惑星(地球)や、より密度の高い太陽や、簡素な土星や、ガス的な海王星の様な、比較的に固体性な体を与えます。

これ等の性質は、ダイアモンドにおける炭素や、水素やその仲間であるヘリオノンの様な要素における、固体の金属または金属系のガス的拡張を通した、より密度の低い実質の、要素(元素)において同じ相対的な固さを与えます。(i.e.原子のレベルで)

大きな表面の緊張の圧力を与える(三角)コーンのクラッチの輪郭は、(三角コーンの)頂点に向かって緊縮し、中軸へ、そして全ての質量(mass)の中心へと消滅します。

スリップするディスクのクラッチは、末広がりの(三角)コーンの輪郭です。これらは、全ての質量の赤道的平面/領域で、コーンが消滅へと拡張するので、それらの保つ能力を失います。

運動における安定性は、故に、全ての質量の中心で最大で、そして、表面的に、それらの極で最大です。

対照的に、運動の不安定性は、全ての質量の赤道で最大です。

成り行き(結果)として、全ての質量における固体性は、コーンのクラッチが保たれるその極において最大で、そして柔軟性はディスクのクラッチがスリップするその赤道で最大です(自転車のギアの切り替え)。

私達の太陽系の太陽の極にあるコーンのクラッチは、例えれば、速く保たれます。それは、太陽の赤道的ベルトの、拡張された磁気的土台が、緊縮された極の磁気的土台より、速く動く理由です。

それはまた、太陽の赤道的ベルトが、極的ゾーンより熱い理由です。

対極的に動いているディスクのスリップは、沢山の熱を派生させます。

それは、「サン・スポット」と呼ばれる沸騰しているバブルを説明し、太陽の11年周期の呼吸の期間の間、太陽に赤道付近に、対極的に旋回している螺旋のプール(溜まり/三角コーン)から再び離れれて、移動します。

それは何故、太陽のコロナが、その赤道上においてそれ程遠くまで宇宙空間に伸び、その極においてはあまり伸びないかの理由です。

それはどうやって、そして何故、既に妊娠している太陽から、もう一つの惑星がもうすぐ産まれるかの、一つ/唯一の理由です。

それは何故、木星がそのベルトを有し、土星がその輪を持つかの理由で、それは木星がその歯車の傾きのギアを、もう少し更にその地軸を傾けると持つもの(輪)です。


それは何故、天王星と海王星が、それらの極を反転させているかの理由です。

それは何故、運動の小体的な固体性における、安定性の幻想を創造するために、自然が彼女の運動の機械性に、回転的な原則を加えたかの理由です。

それは、この惑星の周りに伸びる等位線(isoclinal)を説明し、放射の拡張しているコーンのための、新たな土台を形成し、それはそれが一つの平面に開くまで、徐々に開く傘の淵のようなものです。

それは何故、全ての質量が、等位線において力の磁気的線を派生させ、その極において吸収する事によって再派生させるかの理由です。

それは何故、コンパスの針が、地理的に赤道に大体重なる等位線上でその沈み(方向性)を失い、その線の南の磁気的南極に北極を向け、それ(赤道)から北に進んだ時に、北極に向けるかの理由です。

<図表:105ページ、化学者が、単純な次元の制限の中で、確実に化学的コンビネーションを事前に判断/決定するであろう、電気-化学的な働きの図表 - その他の図表は複雑な次元をカバーするでしょう。>

運動は、慣性(不活性)における、概念的コーンの地軸から生まれる現れです。それは、拡張しているコーンの現れ(姿/形)を取り、そして赤道的な対峙における放射を通して消滅します。

宇宙/統一的な機械は、回転的なトップ(天辺)です。

それにあまり運動が無い時、その形状はコーンで、傾いた中軸を不安定に回転する天辺の様なものです。

それに大きな運動がある時、それはその中軸の高度と電気を失い、そして一つの平面/領域で、安定的に回転する軌道に成ります。

その派生的な引き寄せ合いの原則は、緊縮しているコーンの原則です。

全ての質量は、その重力的な中心の方向において働かされた緊縮的圧力によって、派生させられ再派生させられます。その派生的圧力の最小は、その赤道的平面/領域から働かされ、そしてその最大圧力はその極から働かされます。

その放射的な反発の原則は、拡張しているコーンの原則です。

全ての質量は、その表面の方向性において働かされた拡張的圧力によって放射され広げられます。その放射的圧力の最小はその極から働かされ、そしてその最大はその赤道的平面/領域から働かされます。

要素(元素)を、それらの相対的な安定性と不安定性の秩序的な位置に配列する事によって、付属された図表の様に、化学者は、この秩序性の知識を持たずに実験室で実験するより、紙の上でもっと簡単に彼の問題を解く事が出来ます。


Comments:

Comments:フォーム

  • URL:
  • Body:
  • password:
  • Private comment:
  • Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

Profile

リアルNHK

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR