統一/宇宙的一つ:第二巻:第十八章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十八章:
Expressions of Gravitation and Radiation
重力と放射の表現
Temprature-The Eighth Dimension
温度-第八の次元


Pdfヴューアー210ページ、本文193ページより:

多かれ少なかれのこの宇宙は、変化している圧力の宇宙です。

温度は、熱と冷たさのその対極において表現された、比較/相対的で対峙している圧力の次元です。

温度は熱の度合だけを測ると言う一般的な概念は、運動の法則と一致しません。

熱は、両方の方向に機能している、運動の効果として、間違って推測されています。

言葉を変えると、私達が冷たさと呼ぶものは、より少ない熱だと推測されています。

このアイデア(思考)は、人の考え方から消去されなければなりません。熱と冷たさは、温度の対極が、電気のプラスとマイナス、緊縮の圧力と拡張の圧力が、その他の次元の対極であるのと東洋に、温度の対極です。

全ての次元は、それらの対極において持続する、その対極の表現を有さなければなりません。

減速は、より少ない加速ではありません。それは、丁度、加速がその対極の表現の結果である様に、一つの力の表現の結果です。

同様に、マイナスの電気は、より少ないプラスの電気ではありません。同様に、スペクトルの青い端は、スペクトルのより少ない赤い端ではありません。冷たさを、より少ない熱と描写する事は、青をより少ない赤、またはマイナスのディスチャージ(解放/放電)を、より少ないチャージ(蓄積/蓄電)と描写する程、不正確です。

冷たさは、拡張の圧力、放射、スペクトルの青い半分、そしてマイナスの電気で、2つの対峙している力の一つの圧倒性の証拠で、その全ての表現は、熱である、緊縮の圧力、派生、スペクトルの赤い半分、そしてプラスの電気の対極の方向です。

チャージしている体の緊縮がより大きければ、派生から体はより大きな熱を記録/登録し、ディスチャージしている体の拡張がより大きければ、放射から体はより大きな冷たさを記録/登録します。

その中で発達させられた圧力を示す沸騰器の圧力ゲージの様に、または発電機のチャージによって発達させられた誘導への抵抗を示すダイナモのヴォルト・メーターの様に、もしくは蓄積されたヴォルテージから伝導されたディスチャージを記録/登録する電流計の様に、熱は抵抗を測量し、そのより小さな量への圧縮による融合に対して磁気は設定され、より大きな量への拡張により、冷たさはその分解を測量します。

より少ない空間への、同じ質量の融合による、量の緊縮は、拡張の圧力によって記録/登録されます。

緊縮への抵抗は、対峙している力の対峙によって熱せられます。

熱している体はお互いに接近し、そして冷めている体から離れます。

もし運動のこの法則が正しいなら、すると熱している体と重力の引き寄せ合いは関係していなければなりません。

より大きな空間への分解による量の拡張は、緊縮している圧力の爆発的な力によって補佐されています。

拡張している体は、拡張している体、そして緊縮している体から離れます。

もし運動のこの法則が正しいなら、拡張している体と放射の放出は関連していなければなりません。

拡張している体は冷めます。量の拡張は反発します。

冷めて行っている体は、冷めて行っている、そして熱して行っている体から離れます。

拡張している体は、より低い圧力の均整を求めます。


冷めていく体は緊縮します。

緊縮している体は引き寄せ合います。

緊縮していく体は、より高い圧力の均整を求めます。

緊縮の行程に、引き寄せ合いの幻想は帰属します。

量の緊縮は融合の自然の行程です。

接近している体は、お互いに熱します。

熱している体はチャージします。チャージしている体は効能を上昇させます。

もしこの法則が正しいなら、すると熱、チャージしている体、そして重力の引き寄せ合いは関連していなければなりません。また、プラスのチャージプラスのチャージと引き寄せ合わなければなりません。

熱している体は放射します。放射している体は、その他全ての体に反発します。

離れていく体はお互いに覚めます。

放射は、放射している体と、放散された体を冷まさせます。

冷めていく体はディスチャージします。ディスチャージしている体は、より低い効能です。

もしこの法則が正しいなら、すると冷たさ、ディスチャージしている体、そして放射の反発は関連していなければなりません。また、マイナスのディスチャージは、マイナスのディスチャージとプラスのチャージの両方に反発しなければなりません。

ディスチャージ(解放/放電)している体は緊縮し、そして緊縮している体は熱します。

緊縮による退化している体の再加熱は、退化の自然の行程です。

熱は、加熱された体から放散されます。放射は圧力と、放射の効能と、そして放出された体を低下させます。

放射と放射された体は、それらの低下させられた効能に相応しい、より低い圧力のゾーンにおいて均整的な位置を求めます。

熱の放射は、閉じ込められた効能の位置への、冷めていく体の、固体化していく融合された実質の自然の行程です。

放射は拡張し、そして結果的な再派生/繁殖は、放射している体からの排出された放散を凍結します。それはまた、放射している体を冷却し、故にそれを再派生させます。

拡張は、ホウ酸している体を分解します。

分解は、再分配の自然の行程です。

再分配は、放射と放射された体を凍結させます。

冷却は、放射している体において固体性を効果させ、放散された体において同じ行程を反復し始める、自然の行程です。

放射(放射能)はディスチャージです。

ディスチャージしている体、そしてディスチャージされた体は冷めます。

冷却している体は派生します。

派生している体は、お互いにより近く引き寄せ合います。

派生は熱します。

圧力の下での加熱は、質量を集める自然の方法です。

加熱は形状を形作る自然の行程です。

冷却は形状を複雑化する自然の行程です。

全ての形状は加熱によって単純化されます。

全ての形状は冷却によって複雑に成ります。


一つのシステムの太陽は、溶けた惑星を、最も単純である球体へと形作り、冷却する様にそれらを放出し、そして故にそれらの複雑化は始まります。

これ等の効果における自然の沢山の形状の複雑性を、私達は「生きている」物質と呼び、それは冷却と共に始まります。

システムの各惑星がより近ければ、速度-時間の次元はより歪められ、そしてそのシステムの溶解点は、より高く成ります。

体が近くに接近する事を強要するためには、大きな緊縮の圧力が必要です。

緊縮の圧力がより大きければ、抵抗の圧力もより大きく成ります。

対峙している圧力の抵抗がより大きければ、質量の溶解点はより高く成ります。

もしこの法則が正しいなら、すると高い溶解点、高い均整圧力、そして重力の引き寄せ合いは、関係しています。

近くにある体は、もしそれらを其処に届ませる緊縮の圧力の均整が、拡張の反対圧力によって解放されれば、其処に留まりません。

対峙している圧力の抵抗がより小さければ、質量の溶解点はより低く成ります。

もしこの法則が正しいなら、すると低い溶解点、低い均整圧力、そして放射の反発は関係しています。

故に運動の一つの対極の効果の圧倒性は、もう一つが現れるための前提条件として見らえるかも知れません。

故に熱と冷却は、運動のその他全ての効果と同様に、宇宙/統一的なシーソー上のそれらのそれぞれの位置を取り、同時的に上下に傾きますが、それらの対峙の連続/継続的な圧倒性において(次々と)変化すると見られるかも知れません。

故に温度は運動の効果でしか無く、次元の幻想で、唯一運動から生まれると見られるかも知れません。それは全く実質の性質ではありません。

一つの実質(i.e.光/波/エネルギー)は熱される事も冷却される事も出来ません。

全ての対極と同様に、熱と冷たさは、お互いと共にお互いから生まれます。

私達は以下の、一般的に受け入れられた温度のサイクル(周期)が正しく完全化を考えてみましょう。

「冷たさは緊縮し、緊縮は熱し、熱は拡張し、そして拡張は冷却します。」

この宇宙を、創造している、または進化しているものとするものの、省略のために、そのサイクルは不完全では無いでしょうか?

冷たさ/冷却は緊縮しません。冷たさは、電気的な力を派生させます。

電気は引き寄せ合い的な力で、そしてそれは緊縮する電気的な派生です。拡張している体は冷却し、そして冷めていく体は緊縮しますが、緊縮するのは冷却では無いと言うのが相応しいです。

反対に、熱は拡張しません。熱は磁気的な力を放射します。

磁気は分離的な力で、拡張するのは放射の分離的な力です。

緊縮していく体は熱し、そして熱している体は拡張しますが、拡張するのは熱では無いと言うのが相応しいです。

完全な温度のサイクルは以下の通りです:

冷たさは派生し
派生している体は緊縮し     求心力的な    電気的な圧倒性
緊縮している体は熱し

熱している体は放射し
放射している体は反発し     遠心力的な    磁気的な圧倒性
反発している体は拡張し
拡張している体は冷却し

故に対極/対峙のサイクルは完成されました。運動の一つの効果は常にその対極によって続かれます。

冷たさは融合し
融合している体は自転を減速させ    求心力的な   電気的な圧倒性
減速された自転は緊縮し
緊縮している体は熱し

熱している体は分解し
分解している体は自転を加速させ     遠心力的な    磁気的な圧倒性
加速している自転は拡張し
拡張している体は冷却し

故に自然は、サイクルにおける彼女の全ての対峙している次元を指揮する彼女の方法によって、彼女の全ての運動の状態において、反復的です。

宇宙の温度は定数(constant)です。あらゆる定数の種類は、次元が圧力の次元の拡張緊縮かのどちらかに沿った、全ての次元の種類に共通的な、宇宙/統一的な比率の、直接または反対の定数の、倍数(掛け算)または分割(割り算)でしかありません。

「発達させられた熱」、または「発達させられたエネルギー」、もしくは「派生させられたエネルギー」と言う用語によって此処において伝えられるアイデア(思考)は、従来、発達させられたと推測される存在し無い熱またはエネルギーを憶測し、運動の法則と一致しません。

加速された運動は、単純に変化させられた効能(potential)の位置の量(volume)の減少ですから、その運動を産出するエネルギー(光/波)の定数を変化させません。

減少させられた量の、より高い温度は、同等の質量(mass)の、より大きな量のより低い温度より大きな熱を意味しません。

それが意味するのは、熱のその同じ定数が、運動の第19法則に沿った、効能的な位置に、それ自体を調整させたと言う事です。

熱エネルギーの定数は、量と質量の両方のために同じです。

次元の宇宙のあらゆる力は、対峙している圧力の力です。

大きな量を小さな量へと圧縮し、その圧縮の強さを熱において記録/登録する、圧力の力は、男性で、電気的にプラスで、派生運動的な、(宇宙的な)吸引の電気的な力です。

吸引は、吸熱的な力です。それが意味するのは、一般的に受け入れられている科学的な感覚において、それが熱を吸収すると言う事です。本当の感覚における「熱吸収」が意味するのは、大きなアリアから抵抗の効能を一緒に集め、同じ定数の小さなエリアへと圧縮する事です。

白熱を産出する運動の状態は、浮遊している体の軌道を定義する、圧力のゾーンを直接北から南に渡る、対峙している力の方向におけるものです。

隕石は、例えば、それが宇宙において浮遊しているその正しい効能の位置からこの惑星によって引き寄せられると、この惑星のより高い効能のゾーンに「切って渡って入って」、より高い圧力への、非秩序的な抵抗(摩擦)から発光します。

隕石の温度は、それが向かって落下している惑星に近づく際に、宇宙/統一的な比率の反対で増大します。

温度の上昇は、圧力の次元の緊縮です。

落下している隕石は重力の効果で、それは急激に変化するその効能の位置のために、白熱を産出します。

太陽へと落下する彗星は、落下している隕石と殆ど同じ類推です。その効能の位置はその様であるために、その通り道は太陽を避け、そしてそれに継続的な軌道を与え、それは正に隕石が地球の高い圧力の抵抗によって、白熱へとすり減らされ消滅させられる様に、太陽の近くの高い圧力の飛び込む事によって最終的に終わります。

<図表:214ページ、チャートNo1。太陽の呼吸。変化している磁気的な根元/土台と太陽の黄道的な平面/領域と共に一致する太陽黒点の周期的な移動の説明。>

そのペリヘリオン(近日点)へと落下している彗星は、重力的な効果の圧倒性で、そのアフェリオン(遠日点)へと上昇するものは、放射的な圧倒性の効果です。

サーチライトにおける小さな集中へと一緒に集められた高い効能は、例えば、空気の低い効能を通って眼に見える発光の一線を切り開き、夜空に対して白熱の通り道を造ります。この光の一線は、照らされたエリアのマイナスの低い効能を反転させ、そのプラスのチャージを上昇させます。

その光の通り道の温度は、その源泉からの距離が離れる際に、直接の宇宙/統一的な比率において減少します。

温度の低下は、拡張の圧力の次元です。

背後からの大きな圧力による爆発的な力と共に、太陽から乱暴に跳ね上がる放射運動的な放出は、数百万マイルに及ぶ光の白熱の一線を発達させます。これらの光の一線は、太陽のコロナとして知られるものを形成します。太陽から直接離れて上昇するそれらの乱暴さは、白熱の状態を産出し、それはその放射運動的な放散が、それらの効能の圧力の均整を見つけ、そして太陽の軌道の周りを西から東へ浮遊する時に唯一消滅します。

コロナの「光線」の温度は、太陽からの距離が増大する際に、宇宙/統一的な比率において減少します。

太陽から上昇するコロナの光線と水素の炎は、地球に落下している隕石の全くの正反対ですが、それらの白熱のための理由は同じです。

全ての要素/元素は、それ自体の均整の圧力を有します。故に、全ての要素/元素は、それ自体の溶解点を有します。

これ以上に、全ての原子の全ての惑星は、それ自体の均整の圧力を有し、そして、故にまた、その質量のため、そしてそれぞれのその要素/元素のため、それ自体の溶解点を有します。

2532lg.jpg

大きな量(volume)を小さな量へと圧縮し、その圧縮を熱の中へと記録/登録する、活動的な力は、男性的で、(宇宙の)吸引の電気的にプラス派生運動的な力です。

小さな量を大きな量へと拡張し、その拡張の強さを冷たさの中へと記録/登録する反射運動の力は、女性的で、吐き出しの磁気的な電気的にマイナス放射運動的な力です。

吐き出しは、発熱的な力です。それが意味するのは、一般的に受け入れられている科学的な感覚における、熱の開放です。真の感覚における「熱の開放」が意味するのは、広いエリアにおける蓄積された熱の再分配で、その定数(constant)は変えられています。

大きなエリアから集められた熱が、均整を求める対極の圧力の乱暴な衝撃の原因に成る様に、十分に小さなエリアに圧縮された時、発光または白熱として知られる運動の状態が産出されます。

増大している圧力の均整化がより近ければ、発光性はより大きく成ります。

あらゆるシステムの渦巻きは、常に発光的です。そのシステムが、低い効能(potetial)と圧力対峙であろうと、高い効能と圧力対峙であろうと、問題では無く、渦巻きにおいて白熱の状態の原因に成る十分な圧力対峙が常にあります。

覚えておかれなければならないのは、低い効能の溶解点は、一致的に低く、そして対峙している圧力が増大する際に溶解点も上昇すると言う事です。

水素の中核において白熱を産出する乱暴な運動の状態は、炭素の原子の太陽(i.e.中核/原子核)または私達の太陽系の太陽において白熱を産出する運動と同じ位、比較的に乱暴です。

小さな質量(mass)のための法則は、大きな質量のための法則と同じなので、この太陽系の各惑星は、質量としてのそれ自体の溶解点を有さなければならず、そしてその質量の全ての準分類(sub-division)のために、それ自体の溶解点の比較的な基準単位を有さなければなりません。

<図表:216ページ、チャートNo2。太陽の呼吸。変化している磁気的な根元/土台と、太陽の黄道的な平面/領域と共に一致する、太陽のコロナの周期的な種類の説明。>

亜鉛の質量を液体へと溶かす対峙している圧力は、例えば、炭化ケイ素の質量の固体性に影響さえしません。

故に、亜鉛の質量にとって、極度に熱い温度は、炭化ケイ素の質量にとって、温かい吐息でしかないのは容易に理解出来ます。

このシステムの各惑星の、比較的な温度、密度、そして圧力に関する間違った結論へと、私達を導いたのは、これ等の比較的な温度、密度、そして圧力です。

この惑星の比較的に拡張された質量は、水星が浮遊する圧力ゾーンの熱の耐えられません。この惑星は水星の軌道において溶けたボールに成りますが、水星の固体性はそれによって殆ど影響されません。

このシステムのそれぞれの惑星上で、それら自体の基準単位において測定された熱と冷たさの度合いは、とても異なるので、この体(地球)に一般的な基準によって測定された時、人はその他の体(惑星)の状態を判断する事は出来ません。

火星上で私達は、極の氷河を見て、氷河が可能であるためには、私達が身馴れている水の凝固点である32度F以下に温度が下がらなければならないと推測します。実際には、火星上の水は32度Fでは凍りません。それはサラのとても低い温度を必要とします。私達に取って生き残るのに冷たすぎる大気は、火星人達にとって快適に暖かいです。

私達は木星の赤い火のスポットを見て、私達の基準単位によって、木星はとても熱いと推測しますが、対照的にそれは比較的にとても冷たいです。

木星の地表における炎の熱は、この惑星の水の凝固点よりも低いです。

私達の密度の基準単位によって判断された土星の輪は、一般的に(氷の)玉石として私達にしられる固体の物質で構成されると推測されます。

土星の輪は固体の質量によって構成されていますが、土星の輪の固体性は私達に取って重く煙たい蒸気でしょう。

このシステムの最も外側の各惑星と、それらの向こうの星雲は、とてもより低い圧力均整なので、それらの効能のために極度に熱い白熱の状態は、私達に取って、液体の空気よりも冷たいでしょう。

この惑星において、水素の凝固点は-250度Cですが、海王星の普通の温度では、水素は固い塊に凍る事を人が考えれば、海王星と言う惑星の比較的な熱の状態を想像するのに、大きな想像力は必要ではありません。

一つの惑星において構築の素材として使用されるのに十分に固体的な物質が、もう一つ(の惑星)においては液体と気体であると気付くのは、多分、難しいかも知れません。私達が使用する煉瓦と鉄の柱は、水星の住人達に取っては、液体でしかありません。

対照的に、私達に取って柔らかい物質は、土星または天王星の住人達にとって最もしっかりとした建築素材に成るでしょう。

この惑星上において、私達は北極圏の氷の下に、私達の家を造る事を夢見るべきではありません。私達が気付けないのは、しかしながら、私達の石と鉄のしっかりとした家は、これ等物質の氷でしかなく、その違いは、私達が建築する氷の溶解点が、この惑星の通常の温度より遥かに高いだけで、エスキモー(イニュイット)にとっての氷が私達に取って頼りがいのある固体であるだけです。

私達の頼りがいのある固体の全ては、頼りがいの様々な状態の、様々な物質の氷でしか無く、それらの頼りがいは、それら自体の別々な閉じ込められた効能の位置によって状態づけられます。

第六章の要素/元素表のテーブルを検証する事によって、人は、第五音階の慣性的なガスの溶解点ハは-271度Cで、ところが最初の音における物質の溶解点は+186度Cで、第二の音は+1280度Cで、第三は+2350度Cで、そして倍音(ダブル・トーン)は+3600度Cである事を見つけます。そのスケール(音階/テーブル)のマイナスの側を降りていくと、第三音階における物質の溶解点は-210度Cで、第二は-218度Cで、第一は-223度Cで、そして主音(マスター・トーン)は-271度Cだと見つけます。

全ての音階において、その溶解点は、それらの対峙において圧力が上昇するのと、その対峙からリラックスするのに秩序的な方法で、上下します。

上昇と減少の秩序性において非一貫性があるのは中音(ミッド・トーン)のみですが、中音は特徴的にそれらの次元の全てにおいて非一貫的です。

これは中音の非一貫性がその法則の例外である事を意味しません。それが単純に意味するのは、中音が分離音(split-tone)で、そしてあらゆる音階における分離音の全ての次元の全ての合計は、その音階の倍音の定数だと言う事です。

温度において、その他全ての次元と同様に、私達がより高い温度と呼ぶものを与える熱の種類は、その対極の次元である冷たさに対する単なる熱の圧倒性でしかありません。

その表現の全てにおけるエネルギー(光/波)の定数は、全ての音階の全ての音において同等で、それぞれの音の間の中音は、一つの音として数えられます。

温度の全ての種類は、故に、次元の対極の種類でしかありません。

次元の全ての種類は秩序的で、そして宇宙/統一的な比率です。

この太陽系の各惑星の比較的な温度は、様々な要素/元素の温度が、それらの法則に一致する様に、閉じ込められた効能のフォーミュラに基づいた、宇宙/統一的な比率に一致します。

システムとシステムの質量における温度の変化が無ければ、自然は彼女の形状の効果を産出する事が出来ませんが、彼女は、対極のシステムの対極の次元においてその種類/変化を均整する事無しで、あらゆるシステムの一つの対極における変化/種類を造りません。

温度の変化を統治する全ての状態と共に、温度の基準的な単位は、次元のその他全てと同様に、純粋に比較/相対的で、全ての変化した状態に見合う様に変化しなければなりません。

人は、例えば、全ての状態の下で固定され不変なので、アルミニウムの溶解点が659度Cと与える事は出来ません。

その金属を囲む1,000パウンドの圧力が、その様に状態を変化させても、659度Cよりももっと高い地点でそれは凍った(固体の)ままでしょう。

対照的に、それを真空の中で熱する事によって、それはもっと低い地点で溶解するでしょう。

私達は、故に、太陽またはその他の惑星において圧倒的な状態に、私達の温度の基準を設定する事が出来ず、そしてこの太陽系の様々な質量の上に存在する真の温度を見つける唯一の方法は、宇宙/統一的な比率によってそれらを計算する事で、そしてそれぞれの別々の質量のために、基準的な単位のテーブルを設定する事です。

もし温度の変化が、質量に引き寄せ合いと反発の現れる能力を変化させるなら、すると、温度の次元は、重力放射の法則を書く事において、考慮されなければなりません。



統一/宇宙的一つ:第二巻:第十七章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十七章:
Expressions of Gravitation and Radiation
重力と放射の表現
Time-The Fourth Dimension
時間-第四の次元


Pdfヴューアー203ページ、本文186ページより:

時間は宇宙/統一的な反復性の測りです。

自然の全ての現象は反復的です。

全ての反復/繰り返しは連続/継続的です。

時間は、出来事の連続/継続の間の間隔です。

出来事が無い処に、時間はありません。

宇宙において、もし何も「起こらなかった」なら、間隔(時間)は存在しません。

時間の間隔は幻想で、それは関係/関連として知られる幻想に生を与えます。

時間の間隔が無ければ、関係/関連は存在しません。

関係/関連が無ければ、次元は存在しません。

全ての次元は相対的です。

時間は次元です。

時間は故に相対的です。

時間の次元は、運動の全ての現象の周期性を印します。

時間は本質的に運動に帰属し、そして実質(substance)の性質ではありません。

慣性(不活性)において時間は、その他の次元と同じように、存在しません。

対峙において、時間は存在する様に現れます。

対峙において、私達が速度と呼ぶ、運動の幻想を創造する現れる間隔があります。

速度は、カバーされた距離への関連における、消費された時間です。

最も高い知覚可能な音階(octave)において、蓄積された宇宙/統一的な定数(constant)の再産出/繁殖の速度は、毎秒、186,330マイルです。

186,330マイルのこの速度は、エネルギーが慣性を克服し、この惑星上で知覚可能な物質の最も低い効能(potential)の、最も高い音階において、運動を促します。

これは、第四音階唯一における、全ての圧力の再産出/繁殖の速度です。より高い音階はより加速的な大きな速度を有します。

エネルギーが、宇宙/統一的な定数を複数へと蓄積する際に、産出と再産出/繁殖の間隔は、これ等の複数性/倍増に一致する宇宙/統一的な比率において延長されます。

それぞれの続く音階は、概念のイメージを再産出/繁殖するために、それ自体に時間の制限を有します。

蓄積しているエネルギーのそれぞれの波(光/エネルギー)は、より多くの時間を消費しますが、定数は変化させられていません。

電気的な蓄積の間隔は、徐々に延長され、そしてそれらの再産出/繁殖の速度は一致して延長されます。

感覚はエネルギーの蓄積に比例して延長されます。

運動のあらゆる状態の複雑性がより大きければ、運動のその状態の再産出/繁殖に間隔はより大きく成ります。

私達の太陽系がその一部である、の大きなエネルギーの波は、その間隔/周期を完結するため、そしてそれ自体を再産出/繁殖するために、数え切れない数十億年を消費し、その間、その中における低い効能の波は、計算できない程、小さな時間の断片しか消費しません。

もし1時間に現れ消滅した低い効能の波の全ての定数が計算されたら、その合計は、1時間の期間の1つの波の定数と正確に同じでしょう。

それぞれの継続的な音階の中で、一つ前の音階の速度はその速度の複数/倍増への、宇宙/統一的な比率において蓄積されます。

エネルギーのそれぞれの音階の波は宇宙/統一的な定数の種類でしかないので、そして宇宙/統一的な定数の複数/倍増は、それぞれのより大きな波の中で反復されるので、様々な速度もまた、それぞれの波の中で反復されます。

派生運動的な再産出/繁殖の速度は、反対/真逆の宇宙/統一的な比率において、下がっている音階において減少し、そして放射運動的な速度は、直接の比率において下がっている音階においてぞうだいします。

効能がより低ければ、再産出/繁殖の速度はより大きく成ります。

あらゆる音階における全ての運動の効果は、その他全ての音階の様々な速度において連続/継続的に反復されます。

運動の全ての効果は、その蓄積において累積的で反復的です。


これ等の法則の意味を鮮明にするために、第五音階である「空気」の中での、それ自体を再産出/繁殖する、人の声の音より良い例は、人は必要としません。

空気を通して音はゆっくり再産出/繁殖させますが、拡張された音は、それが通るより低くそしてより高い継続/連続する音階の両方の様々な速度において、音を再産出/繁殖します。

人の声の音は、谷の1マイル向こうの崖の壁に対して、とてもゆっくりとそれ自体を再産出/繁殖させ、エコーとして戻ります。

最も高い音階における声の拡張された音は、しかしながら、谷を渡った向こうから、最後のエコーが戻る前に、何度も地球を取り巻きます。

ピストルの銃声は、その音が運動の現場から0,5マイル離れた場所で聞かれる前に、運動の現場から数千マイル離れたラジオによって再産出/繁殖され聞かれます。

光りは様々な速度で移動すると言うアイデアを私達に与える運動の幻想は、慣性を克服するために、より大ききクそしてより小さい効能が必要とする、より大きくそしてより小さい間隔によるものです。

低い効能のエネルギーの概念は、比較的により低い効能の慣性を、高い効能のエネルギーが克服するよりより簡単にそしてより素早く、より低い効能の位置の慣性を克服します。高い効能の位置の均整な圧力の壁は、それらの慣性を克服するために、比較的により大きな間隔を必要とします。

均整の宇宙においてこれは必要で、そうで無ければ宇宙/統一的な定数は狂わされます。


光りは移動する様に現れ、そしてこの運動の幻想は、「光の速度」として知られる宇宙/統一的な物差しを私達に与えます。

第四音階(octave)の「光の速度」は運動のための電気の熱望(性質)の表現です。

第四音階の「光の速度」は、最も低い知覚可能な効能(potential)の最も高い音階の、宇宙/統一的な派生運動です。

対峙した力の目立つ特徴の一つは、お互いを征服/克服するために、それぞれによって有された究極の能力です。それぞれは、その性質のシュミレーションを通して相手に対する圧倒性を装う事によって、これを達成します。

平面/領域から質量(mass)に向かうその旅/移動の第四音階において、毎秒186,330マイルまで抵抗によって減速させられた、宇宙/統一的な、比較的にゆっくりとした派生運動の速度は、磁気によって徐々に充当され、そして質量から平面/領域の向かう、放射運動の速度に応用されるのは明らかな事実です。

知覚可能な放射運動(放射性)的ヘリウムの、ラジウム(1002+)からの放出の速度は、エスロジェン(ethlogen/402+)の派生運動的な吸収に、正に同等です。

アクチニウム(1003+)からの放出から速度は、噛縁(tomium/1004+)において正確に毎秒186,330マイルまで増大します。

質量蓄積において行われる働きのために、派生運動的な力がその力-時間を減速する際に、放射的な力は消散によって均整するために、その速度-時間を加速します。

反射運動(reaction)は運動(action)と共に速さを保たなければなりません。

音階全体を通して、2つの対極の力の間の戦いは継続し、電気は、それが力を得ようと働く際に、速度を失い続け、そして磁気は、増大的に強制的な爆発的放出によって、蓄積された力を放散させる実の目的のために、失われた速度を吸収し続けます。

蓄積された質量において、第十音階に届かれた時、磁気は、宇宙/統一的な速度、毎秒186,330マイルで、質量から平面/領域へ放射運動的な発散を反発する力を発達させます。

質量からの放射運動的な発散が、知覚可能な光の速度の同等な、宇宙/統一的な速度に届く時、質量は、高い効能へと、対峙している圧力を蓄積するためのその能力の限界に届きます。

高い効能の宇宙/統一的な放射運動の速度は、丁度、宇宙/統一的な派生運動の「光の速度」が、周期的な吸引の始まりである様に、周期的な吐き出しの終わりです。

故に、2つの対峙している力の間の戦い全体の期間、対峙している力と速度の圧力の間の宇宙/統一的な均整は、慣性(不活性)から慣性への音階を通して保たれます。

それが何故なら、質量が一貫的に変化させているその効能の、2つの対峙している力の間の継続的な戦いのためです。この事実のために、それはまた、次の瞬間の効能的な位置に関して一貫的に場違いです。

この瞬間の効能的な位置から、次の瞬間に動く/移動する事において、質量は永続的な運動の踏み車を歩かせられる事を運命づけられます。

場違いの全ての効能は、それぞれの変化している次元、そして正に反対の次元における入れ替えによって宇宙を通して同時的に均整されなければなりません。

転置と入れ替えは宇宙/統一的に同時的です。

転置するために計算された運動は、入れ替えるための反射運動に同時的に同行されなければなりません。

重力的そして放射的な表現の全てはそれらの対極において同時的です。


宇宙/統一的なシーソーは、下がると同時に上がらなければなりません。

運動反射運動は連続/恵贈的な出来事ではありません。それらは連続/継続的な振動ですが、運動と反射運動の繰り返しは連続/継続的な間隔によって分離されている出来事です。

運動の全ての効果は同時的に対峙されますが、それらの繰り返し的な行いは連続/継続的です。

人が「エネルギー」と呼ぶものは、安定性の転置とその連続/継続的な入れ替えです。

<図表:189ページ、全ての質量は、その他の質量を転置させるその能力に沿って、それ自体の位置を見つけます。大きな量(volume)の質量は、小さな量の同等の質量によって必要とされるものより、低い効能の位置を求めなければなりません。>

人が「効能的なエネルギー」と呼ぶものは、その同等な入れ替えによって均整されたエネルギーの転置の閉じ込められた状態です。

人が「運動エネルギー」と呼ぶものは、転置と入れ替えの間の間隔の連続/継続の期間に、「仕事」を行う対峙している力の能力です。

人が「性別」と呼ぶものは、男性である転置の度合、または女性である入れ替えの度合です。

人が「ヴォルテージ(ボルト)」と呼ぶものは、増大している転置です。それは、抵抗に対して、全てのチャージしているシステムの求心的な方向において、北西的に向かいます。

人が「アンページ(アンプ)」と呼ぶものは、増大している入れ替えです。それは、全てのディスチャージしているシステムの遠心力的な方向において、補助と共に南西的に向かいます。

力は継続的です。それは連続的ではありません。それは時間を消費しません。それは宇宙/統一的です。それは生命です。

例えば、力としての重力の引き寄せ合いを考えてみて下さい。

一つの質量の、もう一つへの引き寄せ合いは時間を消費しません。力は継続的です。

2つの質量を一緒にする引き寄せ合いにおける重力の力の表現は、しかしながら、時間を消費します。

効能の蓄積または解放を通した力の現れる種類は、全ての質量を分離する、慣性の平面/領域からの連続/継続において再産出/繁殖される出来事を構成します。

宇宙/統一的な定数の力は、その対極の表現と混同されてはなりません。

一つは不変で無次元です。

もう一つは一貫的に変化していて、そして変化している対極の次元を有します。

運動において、力は存在の幻想を有します。

慣性において力は、運動の幻想の無い効能性として存在します。

宇宙の「何処か」で出来事が起こる時、その出来事の概念は、無次元の宇宙「全体を通して」、慣性において同時的に測られます。

これは出来事の生産と再生産/繁殖の第一歩です。

第二の歩みは、その出来事のプラスとマイナスの同等の効能(potential)の概念の、連続/継続的で宇宙/統一的な再生産です。

同時性は、均整を保つために不可欠です。

慣性(不活性)の無次元の宇宙は、「無」として現れ、「何か」として現れる次元を得ます。

宇宙/空間、時間、そして運動の幻想が現れました。

期間はまた、現れました。

運動の全ての効果と次元の様に、効果と次元の両方において、時間はその対極の表現を有します。

時間の対極は、力-時間と速度-時間です。

力-時間は、派生運動(genero-active)で、そして故に蓄積的です。それ破電気に帰属します。それは自転の物凄い速度と公転の無速度と共に始まり、そして対極の圧力の両方の無速度で終わります。その効果は剛性/固さです。

速度-時間は放射運動(radio-active)で、そして故に放散的です。それは磁気に帰属します。それは公転の物凄い速度と自転の無速度と共に始まり、そして対極の圧力の両方の無速度で終わります。その効果は気薄さです。

電気的なエネルギーの蓄積がより大きく、そして派生的な速度がより遅いなら、その蓄積からの放射運動的な放散の速度-時間はより大きく成ります。

固体の高い効能の蓄積されたエネルギーにおける、凝集力の引き寄せ合いがより大きければ、減速はより大きく成ります。

人が「質量(mass)」と呼ぶものは、その変化している効能のために、場所を一貫的に求める、場違いな変化している効能です。

「場所」によって、私達が意味するのは、均整(バランス)です。

全ての質量による、均整の位置のための、一貫的な探求は、その一貫的な運動の理由です。

低い均整の圧力の壁から、高い均整の圧力の壁への、転置されたエネルギーの蓄積は、これ等の圧力の壁によって区切られた様々な区画において、効能ト巣て蓄えられ、宇宙を通してディスチャージ(解放/放電)とその再産出/繁殖によって場所へと再分配され、時間の次元において連続/継続的な出来事です。

秒、分、時間、日、月、世紀、期間またはサイクル(周期)の間隔における時間は、慣性から蓄積され、そして慣性へと再分配される、効能の転置入れ替えの連続/継続を測っている次元です。

この惑星の時間の間隔は、この惑星の効能の基準的な単位から生まれ、それはのみが、これ等の間隔を決定します。

効能が変化する際に、その基準的な単位も変化しなければなりません。

私達の惑星の運動における低い効能の位置の長い1年は、その誕生時の有された高い効能の位置のより短いものから成長したのは、何故ならその公転が減速したためです。

私達の短い1日が現れたのは同様に、太陽からの距離の増大によって、惑星の効能が減少させられたので、自転が加速したためです。

私達の1年は、今、長く成っていきます。それは消滅に向かって、私達の公転の減速と共に、継続的に拡張していて、そして私達の1日は、その全ての準分類と共に、徐々に短く成っています。それは私達の自転と共に、消滅へと向かって継続的に緊縮しています。

システムのそれぞれの質量の、力-時間の次元は、速度-時間の自転の減速によってそれ自体を表現し、故に歪められ、その同等で対極の反射運動(reaction)を加速された公転において表現します。

それ自体の力を失い、そして低められた速度を吸収する代償と共に、速く自転している車輪に、そのパワー・ブレーキをかける事による、自転の速度への公転の抵抗によって、力は時間から蓄積されます。

この行程は1日を長くし、そして1年を短くします。それは変化している効果です。それは宇宙/統一的な蓄えの電池である質量へとエネルギーを蓄える事によって、時間を力へと変格します。

丁度、この行程の時間の間隔が緊縮する様に、それらは必然的に拡張しなければなりません。

効能は、圧倒的なチャージ(蓄積/蓄電)のために現れます。

効能は、圧倒的なディスチャージのために現れます。

木星の1年は、私達の年で12年に近く、そしてその1日は私達の1日の半分以下です。それは、その公転を減速させる事によって消滅へと、その1年を延長していて、そしてその自転を加速させる事によって、消滅へとその1日を緊縮/縮小しています。

緊縮していて、派生している体は、近さによって、内側の惑星の自転の速度を減少させます。

システムの各惑星がより近ければ、近さによって内側の惑星の自転の比較的な速度は歪められます。それぞれは、お互いに、それらが徐々に固体性において融合するまで、車輪へのブレーキとして働きます。

融合された固体において、内側の部分の自転の速度は、外側の部分より遅いです。

システムの惑星のきてんの減速はシステムの表面の緊張の圧力(表面張力)を増大させます。

もしこの法則が正しいなら、すると自転の速度の減少は、重力の引き寄せ合いに関係していなければなりません。

表面張力の増大は、合成を通して凝集力を効果させる、自然の行程です。

自転の減速がより大きければ、緊縮の圧力の求心的な力はより大きく成ります。

拡張している放散された体は、それらの加速された自転のために分離します。

システムの各惑星がより遠くに離れているなら、それぞれの車輪の上のブレーキの開放によってそれらの速度はより加速されます。

システムの各惑星の自転の加速は、システムの表面張力を減少させます。

もしこの法則が正しいなら、すると自転の速度の加速は、放射の反発に関係していなければなりません。

加速による表面張力の減少は、腐敗/分解を通して、集合された実質が分配される、自然の行程です。

私達の時間の基準的な単位、またはあらゆるその他の次元は、あらゆるその他の効能の、次元の計算の土台として、相応しくありません。

しかしながら、異なった惑星の比較的な時間の次元は、判断/特定するのがとても簡単で、そしてそれらを通して、距離、比較的なエリア、公転と自転の間隔、平面/領域の様な、私達が簡単に特定出来るその他の比較的な次元を通して、密度、温度、そして圧力の様なそうで無ければ私達が特定できない、これ等の比較的な次元を計算する事が出来ます。

私達は、私達がそれらの時間の次元にする様に、私達自身の重力的な強さの基準的な単位によって、私達のシステムの太陽と惑星の質量と密度を測定します。

私達が間違った結論に辿り着くのは、私達の前提が間違っているからです。

太陽は25%しか濃密では無いと計算されていますが、実際にはこの惑星より、遥かにもっと濃密です。

太陽の質量は、地球の332,000倍よりも遥かに大きいです。計算された様に、水星は地球の質量の1-21(21分の1?)よりももっと大きく、そして木星は地球の質量の317倍ではありません。

実際に、木星の巨大な量は、私達の地球が木星の効能の位置(i.e.軌道)に入った時に、約8倍の量でしかありません。

木星は、大体、地球の質量の2倍でしか無く、そして水星の質量は実際に地球のものを超えます。

私達の惑星が木星の効能的な位置(軌道)に届くと、その直径は約40,000マイルに成り、それは木星の半径の殆ど2倍に等しいです。

半径を倍にする事は、全ての拡張の圧力の次元に従って、宇宙/統一的な法則に沿った直接の比率における量を減らすのと同等です。

対極/真逆の効果を考えてみて下さい。

私達の惑星が、水星の効能的な位置(軌道)にあった時、その直径は約2,500マイル、または水星のものよりも小さかったです。

原子システムの惑星(e.g.エレクトロン)の時間的な間隔は、太陽系の惑星の、時間的な間隔と同じように、比較的に長いです。それ以上に、全ての原子の全ての惑星は、私達の太陽系のあらゆる惑星と同様に、それに相応しい、それ自体の次元の比較的な基準の単位を有します。

期間の間隔の現れと共に来るのは、私達がより速いそして遅い、もしくは加速と原則と呼ぶ、多かれ少なかれの期間の種類の現れです。

種類の現れは、重力と放射のあらゆるその他の効果としての、時間の特徴です。

それによって全ての運動が測量可能な「速度」は一つしか無く、宇宙/統一的な定数です。

より少ない速度は、力に変格された、速度-時間の蓄積でしかありません。

より大きな速度は、その蓄積の開放でしかありません。

減速は、時間の緊縮と、その拡張の加速でしかありません。

全ての次元は比較/相対的で、そして全ての次元の比率は宇宙/統一的です。

もし時間が出来事の間の間隔なら、そして出来事が運動の効果なら、時間は故に、それが記録する出来事の基準的な単位程、比較/相対的で無ければ成りません。

この惑星上の時間は、単なる比較/相対的な次元で、この惑星に帰属する運動の連続/継続的な表現における測量の間隔です。

時間は、その他の効能的な位置において惑星に応用された時、運動の全ての次元に共通する宇宙/統一的な比率で拡張そして緊縮させられなければなりません。

分は、拡張している質量がより速く自転するので、短くされなければならず、そして緊縮している質量と共に長くされなければなりません。

年は、拡張している質量がよりゆっくりと公転するので、長くする事で均整されなければならず、そして公転の速度が上昇するとみじかくされなければなりません。

年は、質量の太陽の周りの1公転の周期です。

日は、1自転の周期です。

全ての惑星は、これ等の周期において、宇宙/統一的な比率の対極の方向の両方において変化し、そしてこの時間の変化は全ての質量における次元の全ての対極の特徴です。

運動の全ての効果の対極は、宇宙/統一的な比率の、直接と反対における、それらの幾つもの次元の対極において変化します。

もしこれらの前提が正しいなら、すると時間の次元は、重力と放射の法則を核において考慮されなければなりません。

もし質量の時間の次元が、引き寄せ合うまたは反発すると現れる質量の能力を変化させるなら、すると質量の2つの次元だけを考慮し、その他の全て次元を無視する法則は、完全ではありません。

時間と力は、日を長くし、年を短くする事によって現れ、これ等の効果を反転させる事によって消滅します。


統一/宇宙的一つ:第二巻:第十六章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十六章:
Expressions of Gravitation and Radiation
重力と放射の表現
The Wave


Pdfヴューアー197ページ、本文180ページより:

波(光/エネルギー)を知る事は、創造の秘密を知る事です。

波は、慣性(不活性)において、形状(form)の無次元の概念を、慣性的な平面/領域に対して、その概念のエネルギーを衝突させる事によって、運動における質量(mass)の、次元的な形状へと、自然が変格する方法です。

全ての波は力の表現で、宇宙/統一的な定数(constant)の記録、または蓄積されたエネルギーにおける、その複数/倍数です。

あらゆる波の次元は複数/倍数の次元で、宇宙/統一的な比率において、その波によって代理/表現されるエネルギーの定数です。

波は、ロープを上下に振るう事によって産出された波動/うねりではありません。それらは、その波の慣性的な平面/領域の上の衝突の調和的な地点から、始まり成長する運動反射運動です。

波は、連続/継続における、一つの源泉から始まり変格される、運動の継続でもありません。

波は、対峙されていて、連続/継続的な次元において、連続/継続的な間隔で慣性から同時的に派生されます。

運動における力の表現の間隔は、運動のそれぞれの連続的な音階(octave)の均整の、慣性的な平面/領域の上に、同時的に記録されます。

それぞれの継続的な音階に中で、運動の表現は、連続/継続的に産出され、慣性の平面/領域においてそれが最終的に記録さるまで、全ての要素/元素の全ての原子において再産出/繁殖されます。

宇宙/統一的な定数のエネルギーの全ては、慣性において存在し、そして蓄積におけるその種類の全ては、不活性な気体における、それらの化学的な代理/表現である、均整の連続/継続的な慣性的な平面/領域に貯められます。

不活性/慣性の気体は、波の質量の中に含まれた運動の状態の全ての倉庫です。

波の目的は、一つの効能(potential)からもう一つへと、運動の状態を転置する事です。

これは運動の最大限が届かれるまで、進歩的な段階の連続/継続において、低い効能から高い効能へと、エネルギーの定数を蓄積させる、自然の方法です。

運動の全ての状態は、その状態の概念の結果です。

運動の目的は、形状へと概念を緊縮させ、それから形状の記憶へと拡張する事です。

全ての概念は、永遠的なアイデアの記憶でしかありません。

全ての形状は、宇宙/統一的なマインドの再派生/繁殖された記憶でしかありません。

運動(motion)のそれぞれの運動(action)は、それぞれの音階の慣性/不活性の気体の主音(master-tone)における反射運動によって記録されます。

重力または放射であれ、小石の投石または惑星の公転であれ、運動のあらゆる表現は、次元の宇宙の、慣性的な平面/領域に対する衝突によって、同時的に記録され、そして其処から運動の質量の波において、連続/継続的に産出され、再産出されます。

波の連続/継続は音で、そしてその音的な間隔は、比較/相対的な次元の質量における、存在の現れを有します。

私達は、波の定義を再確認してみましょう:「波は、慣性的な平面/領域に対する、概念のエネルギーの衝突によって、慣性における無次元の形状の概念を、運動における質量の次元的な形状へと、転置する自然の方法です。」

<図表:198ページ、全てのエネルギーは、運動において表現されあす。全ての運動は、波において表現されます。全てのエネルギーは、慣性に対するエネルギーの衝突によって、再産出/繁殖、または転置、もしくは配信されます。>

全ての運動は、質量において現れ、平面/領域において消滅します。

これが進化と退化の行程の究極の単純性です。

質量における運動の現れは、波のプラスの音を通ってで、平面/領域におけるその消滅は、波のマイナスの音を通ってです。

水の表面上の石の衝突は、水の表面全体の上の同時的な、そのプラスの、重力的な運動と、そのマイナスの、放射的な反射運動の両方です。

その衝突/衝撃の地点の近くで、小さな調和の輪が、高い高度の対峙している(三角)コーンの緊縮された根本土台に成ります。

その衝突の地点の近くで、力-時間の次元の短く高い波が、連続/継続的な段階において、それら自体を同時的に重なり合わせます。

10マイルまたは1,000マイル離れて、低い高度のコーンの拡張された根本/土台に成る、益々より大きな根本/土台の調和的な輪は、水の表面の慣性的な平面/領域の上に同時的に印されます。

これ等は減少している派生エネルギーの拡張している放射的なコーンで、それは速度における同等の、衝突の放散しているエネルギーです。

これ等の対峙している力は、水の表面の衝突/衝撃の調和的な再産出/繁殖から、反対の方向の同時的に進行します。

その派生的なコーンは、形状においてのそれらの現れを続けるために、緊縮された重力的な中心を常に求め、そしてその放射的なコーンは、形状におけるそれらの現れを放散するために、慣性における均整の拡張を求め続けます。

それぞれの波は、故に対極/反対の連続/継続的における、連続/継続的な、同時的な段階で造られます。

波は、それらの軸の完全に上、または完全に下のどちらでもありません。

あらゆる次元の一つの波は、一つの頂点(凸)と次のくぼみ(凹)の返還地点によって制限された連続/継続の部分/一部です。

波の慣性(不活性)的な平面/領域は、その波の軸の線に一致します。

波は慣性的な平面/領域で始まり、その慣性の平面/領域から、その反復的な頂点(凸)とくぼみ(凹)の地点の方向の両方に広がります。

波打つ波に沿って光が移動すると言う一般的な概念は、運動の法則に一致しません。波は凹凸におけるそれらの倍音(オーヴァートーン)に出会うまで、連続/継続的な段階で創造されます。

それ自体の波の質量の領域を超えて移動する運動はありません。

一つの平面/領域においてある波はありません。

波は螺旋的です。

波は単なる、カーブされた線ではありません。波の線は、波の対峙された(三角)コーンの、最大の高い圧力の、動いている渦巻きです。

波の軸は、その波の誕生の平面/領域の中です。

波は単一の単位ではありません。それは2つの対峙している単位(凹凸)の連続/継続です。

波は、単純な線ではありません。

波は、対峙/対極における質量です。

波は、2つの対峙した量の連続/継続で、その形状はコーンです。

波の移動している線は、運動の様々な不安定性の、螺旋的な記録です。

波は、この巻の中では触れられる以上に複雑な題材です。第二巻において、それはその全ての複雑性においてチャート化され、その間、原子の構造が考えられるでしょう。

様々な波のチャートの研究は、波の構造とその変化している平面/領域をヴィジュアル化する事を助けるでしょう。

<図表:200ページ、圧力ゾーンの図表。宇宙/統一的な音階の定数(octave constant)は、それ自体を7音(ドレミファソラシ)の4つの単位へと分離させます。2音のそれぞれの単位は、圧力のゾーンによって分離されそれは全ての質量が螺旋的な軌道において、自転し、公転する原因に成ります。>

質量は、波の連続/継続の形成に対する抵抗の効果です。

質量は、平面/領域における調和的な輪からの運動によって、量において変格された、同時的に進化していて、退化している、調和的な球体/領域です。

完璧に均整化された運動の、全ての質量は球体的です。

真の球体は、波の倍音の正確な北の地点においてのみ唯一可能です。

平面から球体への質量の進化と、平面に戻るその拡散はコーンを通してによってです、

球体は形状の完璧化で、運動の安定性の幻想の完璧化です。

全ての派生している質量は、運動の旋回的な完璧化の方法によって、球体的な完璧性を目指します。

質量の次元は、波の形成に対して働かされた抵抗の次元です。

波の形成への抵抗は、そのコーンの頂点で最大で、その根元/土台で最少です。

故に、質量の力の次元は、その波の北に向かう圧力の線に沿って益々大きく、そしてその究極的な北において最小です。

波の高い圧力の線は、丁度、低い圧力の平面がその赤道にある様に、全ての質量の電気的な極にあります。等伏角線的なコーンの根本/土台は、それらが極に近づき赤道から離れる際に、増大された圧力の様々な段階を印します。

調和的な球体は、南の拡張された星雲から緊縮された北の渦巻きにおいて形成されます。

故に、北は、重力の引き寄せ合いと名付けられた運動の性質の方向で、そして南は、放射の反発の方向です。

波の期間は、波において運動が続けられる間隔です。

波の期間が10,000分の1秒であろうと、10兆年であろうと、その進化の全ての段階は正しく同じです。その量は旋回している球体において、質量へと転地されなければならず、それは、順を追って、平面/領域へと放散されます。

運動は、波の北の線から、慣性の南の平面に向かって放散されます。

調和的な球体は、それらの緊縮された形状の北から、それらの拡張された概念の南の調和的な輪へと、拡張します。

エネルギーの全ての表現は、慣性の平面における、拡張された概念の運動における、調和的な球体への凝縮です。

形状は北からの放散によって、南へと消滅します。

故に南は、放射の反発と名付けられた運動の性質の方向です。

北は、電気的にプラスのチャージの方向です。故にプラスのチャージは引き寄せ合います。

南は、電気的にマイナスのディスチャージの方向です。故にマイナスのディスチャージは反発します。

もしこれらの明言が本当なら、するとプラスのチャージがマイナスのディスチャージを引き寄せる事は不可能です。

北は、転置の派生的な運動の方向です。

南は、転置の派生的な放射の方向です。

全てのエネルギーの概念と表現は、同時的に宇宙/統一的で、そしてその対峙の圧倒性は連続/継続的と言う事が思い出されるでしょう。

波は、エネルギー(光)の概念の、運動における表現です。

エネルギーは、多かれ少なかれの、同等の対極への、その力の現れる分離によって、それ自体を表現します。

故に、それぞれの波は、対極へと分離されます。

また、エネルギーのあらゆる表現の波の連続/継続の全体は、不変の定数の変化している次元の同等な対極へと分離されます。

波(光/エネルギー)の螺旋の構造をより完全に理解するために、その中でエネルギーの全てがキューブ(立方体)の連続の中に分離される歳て方言される、次元の宇宙を想像してみるとよいでしょう。

私達はこれらを、運動のキューブと呼びましょう。

これ等のキューブのそれぞれを、3つの中数/中線(median)の平面/領域によって準分離し、それらのそれぞれが、その6面の内の2つと平行線の成る様にしましょう。

私達はこれらを、慣性(不活性)の平面/領域と呼びましょう。

これらの3つの平面/領域の平行的なものを、私達は、概念の南の慣性的な平面/領域と呼びましょう。眼に見える縦の平面/領域は主要(prime)な縦と呼ばれ、退いている平面/領域は二次的(secondary)な縦と呼ばれます。

これ等の3つの平面/領域は、そのキューブを、同等な次元の8つのキューブ的な区画へと、準分離させるのが観測されるでしょう。

私達は、運動のキューブは、それぞれが同等の次元の8つのキューブ的な区画へと準分離し、その内的な面は、3つの慣性的な平面/領域を構成する事を頭に入れておきましょう。

これ等の8つのキューブの内、左の4つはプラスの力のキューブで、電気的な圧倒性で、その間、右の4つはマイナスの力キューブで、磁気的な圧倒性です。

便利さの目的のために、これ等の運動のキューブは、155ページの図表に沿って、1+、2+、3+、4+、そして5-、6-、7-、8-と数字化させます。

それぞれの運動のキューブの中央の、3つの慣性的な平面/領域の交差地点は、波の線の始まりの地点です。

この地点から、波の線は、キューブの角に、両方の方向において螺旋的に延長します。

私達はその波の螺旋的な線を、波の電気的な軸と呼びましょう。

私達は、3つの慣性的な平面/領域の交差の縦線を、概念の電気的な軸と呼びましょう。

私達は、そのキューブの角を、北の地点、または波の倍音(オーバートーン)と呼びましょう。

並行的な平面/領域の調和的な輪から、波の質量を縛る(閉じ込める)対峙している(三角)コーンの輪郭が発達させられます。

私達は今、名付けられていないままで処理されていない、キューブの外的な6面、または準分離化されたキューブの24面を有します。

私達は、主要な縦の慣性的な平面/領域に平行する2つの縦の面を、波の黄道と呼び、二次的な縦の平面/領域に平行する2つの面を、東西の平面/領域、そして2つの平行的な面を、北の対峙している平面/領域と呼びましょう。

続く、そして以後の章でより詳細に描写される様に、全ての運動は南の慣性的な平面/領域から始まり、

~~~~~~~~波

黄道


南の慣性的な平面/領域から、キューブの斜めの北の2つの緊縮の地点に向かって拡張する事によってそれ自体を表現します。

155ページの図表を検証する事によって、並行的な、そして二次的な慣性的な平面/領域は、プラスのチャージをマイナスのディスチャージから分離させる事が観測されるでしょう。これらの平面/領域は、それぞれの波の対峙している音の連続/継続を分離します。

主要な縦の平面/領域は、しかしながら、もう一つの波の進行から、波の進行全体を分離させます。

それは、プラスの連続/継続をプラスから、そしてマイナスの連続/継続をマイナスから分離させます。

あらゆる種類、またはあらゆる次元のエネルギーの全ての波は、対峙している音の連続/継続において記録/登録されます。

音は、電気的な運動によって形成された嵐の中心で、それは運動の始まりを構成します。

音的な渦巻きは、公転していて、自転している質量の中心で、その様に分離された区画の中で、運動を安定化させるために、エネルギーの対峙する音的な波の中に、同等のそして対極の音的な圧力の壁を造ります。

音的な圧力の壁は、波の黄道に向かう、南の慣性的な平面/領域の緊縮です。

音的な圧力の壁は、それらのシステムの黄道の平面/領域です。

音的な圧力の壁は、そのシステムに関してその質量(mass)の効能(potential)を測るために、丁度、システム全体の音的な圧力の壁が、その波におけるそのシステムの効能を測り、そして効能的な位置を定義する様に、全ての要素/元素において全ての質量に反映されます。

その方法によって質量の効能的な位置が測られる腫瘍の音的な壁は、その赤道的な歳差運動の軌道の限度を定義する、多かれ少なかれ拡張された、蟹座(北)-山羊座(南)の帯で、そしてそれらのチャージしている極によってその極的な磁気の根本/土台は制限され、それは極の歳差運動的な軌道を定義します。

これ等の2つの圧力の壁によって、あらゆる質量は正確に測量される事ができ、そしてそうでなければ答えられる事の出来ない多くは、この方法で答えられます。

あらゆる質量の極の磁気的な根元/土台の位置は、それ自体の軌道と、その偏平率への、その赤道的な傾きの知識と共に、正確性を持って計算される事が出来ます。

これ等の位置の両方は、そのシステムにおける真の効能的な位置を見つけ、あらゆるその他の知られている位置の基準的な単位と比較した、その位置への宇宙/統一的な比率を応用する事によって、あらゆる質量において計算される事が出来ます。

対峙しているコーンの中で立てられた音的な圧力の壁は、私達が物質の要素/元素と呼ぶ、これ等の様々な状態です。

音的な圧力の壁は秩序的で数学的な関係で立てられ、そしてそれぞれの波のエネルギーを、同じ定数の同等な部分へと分離させます。

中音(mid-tone)的な圧力の壁は、音的な圧力の壁の間に立てられ、そしてそれらの総合的な次元は、音全体の定数に同等です。

此処で、一つの実質(substance)の運動の様々な状態を私達に与える力によって克服される慣性の行程を思考するのが良いでしょう。

統一/宇宙的一つ:第二巻:第十五章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十五章:
Expressions of Gravitation and Radiation
Thw Electric Charging Poles and Magneyic Discharging Bases
重力と放射の表現
電気的にチャージ(蓄積/蓄電)している極と、
磁気的にディスチャージ(解放/放電)している根本/土台


この宇宙における物質の全ての粒子は、エネルギー(光/波)の対峙している電磁的な(三角)コーンの操作である、電気的にチャージしている、物質のその他全ての粒子に接続/関連しています。

これ等の対峙しているコーンの頂点は、物質の全ての粒子の、重力的な中央で出会います。

これ等の対峙しているコーンの根本/土台は、あらゆる2つの質量の間にある、慣性(不活性)の平面/領域において出会います。

物質の全ての粒子の重力的な中心は、通信の電報的な中心で、そして電気的な極は、通信のチャンネルです。この接続によって、この宇宙の全ての粒子は、あらゆるその他の質量におけるあらゆる次元の変化を、重力的そして放射的に知らされます。

全ての質量は、それ自体の次元の、同調的な緊縮または買う超によって、これ等の通信に反応します。

電気的な極は、北向きに流れる電気的な流れを操作し、南向きに流れる磁気的な流れを決定する渦巻きです。

エネルギーの全ては、運動において、それ自体を表現します。

運動の全ては、において表現されます。

波の全ては、嵐の中央の詳細な旋回の周りの質量の蓄積への、電気的な運動による、連続/継続的に発達させられます。

全ての旋回的な嵐の中央は、抵抗的な磁気の反射運動によって形成されます。

波の全て、運動の効果の全て、そして波の中の運動の次元の全ては、電気的な極と、磁気的な根元の対極によって測量されます。

電気的そして磁気的な流れの間の対極は、南の慣性的な平面/領域において始まります。その2つの流れは、お互いに180度で交差し流れ、そしてその対峙は、慣性的な平面/領域に90度の角度でその最大に届きます。この進歩の間、180度の対極は厳格に保たれます。

電気的な極は、私達が倍音(オーヴァートーン)と呼ぶ、波の高度の凹凸(上下)の地点における、波の北側の対峙した距離の限度を測量します。

磁気的な根元/土台は、私達が調和的な輪と呼ぶ、波の南側の対峙したエリアの制限を測量します。

故に運動の最初の2つの次元である、距離とエリアは慣性から生まれます。

倍音を、調和的な輪の全ての点に接続/関連する事によって対峙しているコーンは産出されます。

故に量は、慣性から生まれる、第三の次元です。

エネルギーは慣性において同時的に生まれ、慣性から離れて運動において継続/連続的に表現されます。

重力的と放射的の両方の、エネルhぎーの全ての次元は、慣性において同時的に印され、運動の連続/継続を記録/登録する波への、表現において、連続/継続的に変格されます。

故に時間は、慣性から生まる、運動の第四の次元です。

派生と放射の対峙しているコーンにおける概念の表現によって、第五の次元である性別は、慣性からうまれます。

対峙しているコーンの中で、連続/継続において働かされた性別の統合を通して、そして対峙している圧力と効能において、第六と第七の次元が慣性から生まれます。

対峙している電磁的な流れの温度への抵抗によって、第八の次元が慣性から生まれます。

<図表、167ページ、次元のチャートその5。音的関係の距離の次元。全ての質量は、その他全ての質量に対して、測量可能な音的な関連を有しています。エネルギーの全ての効能は、不活性な慣性の、活発で秩序的な入れ替わりで、その比率は全ての次元において測量可能です。>

そして故に、それを乗り越える事によって、そして変化している振動において、それらの対峙を表現する事によって、全ての次元は慣性から生まれます。

そして故に、また、それぞれの次元の対極の全ては、エネルギーの対峙しているコーンのそれらの比較的な位置から生まれます。

コーンの中軸と頂点により近ければ、その密度、温度、圧力、効能、力-時間、そして電気的にプラスの圧倒性の効果の全ては大きく成ります。

これは、増大的に高い、緊縮的な圧力のエリアの方向です。

コーンの根本/土台がより近ければ、その気薄性、速度-時間、そしてイオン化する傾向は大きく、そしてその温度、圧力、効能、そして電気的にマイナスな圧倒性の効果の全ては、より低く成ります。

これは、増大的に低い拡張的な圧力のエリアの方向です。

全ての質量の赤道は、故に、電磁的な力の対峙しているプラスとマイナスの間の分離している平面/領域です。

それは、質量の最大限の拡張において、拡張的圧力が圧倒的な平面/領域です。

・・・の極は・・・(解読不能)・・・最大の密度と固体性です。

全ての電気的にプラスな運動は、回転のそれらの極の高い緊縮的な圧力に向かったエネルギーの、派生的な緊縮によって全ての質量において算出されます。

全ての電気的にマイナスな反射運動は、それらの赤道の高い拡張的な圧力に向かったエネルギーの派生的なコーンの拡張によって全ての質量は産出されています。

この緊縮と拡張の運動反射運動は、それによって全ての質りょが構成され、その機械性が調整される、小さな小体的なポンプのための、電磁的な運動力を供給します。

小さな質量の大きな質量への蓄積の行程において、大きなポンプへと融合された小さなポンプは、それぞれが一つの単位として機能しますが、全ては全体的な一つとして機能します。これは、人の形状への質量の蓄積でも、惑星への蓄積でも事実です。

大きな質量(mass)は小さな質量の力の倍増でしかありません。(i.e.原子の構造は、太陽系の構造と同じ。)

電気の熱望/傾向は、に向かって質量を蓄積する事です。

磁気の熱望/傾向は、に向かって質量を発散する事です。

電気は、対峙している慣性(不活性)と、全ての質量とシステムの、その速度-時間の次元の、非運動において終わる事によって、運動のためのその熱望の表現を試みます。この効果は、しかしながら、力-時間の次元における、公転の増大された速度の、そそ対峙している効果によって、対向均整(カウンター・バランス)されています。

磁気は、それの対峙する事を通して、そして全ての質量とシステムにおいて、赤道と黄道のエリアにおいて大きな運動を表現する事に終わる、運動を控えるその熱望を表現する事を試みます。この効果は、その順を追ってまた、力-時間の次元において、増大された公転の速度のその対峙している効果によって対抗均整されます。

電気は、運動の旋回的な完璧性によって、慣性をシュミレートしようとします。

・・・(解読不能)・・・その歳差運動的(ページ右のリンク参照)な進行はより不安定・・・

磁気は、電気的な北の平面/領域の中へと、徐々にそのエリアの次元の調和的な輪を引き寄せる事によって、運動を控える事を求める事において、実際にはそれを補佐し、故に、それぞれの波(光/エネルギー)の倍音(オーヴァートーン)の位置における、北の地点の周りの経度0に、新たな南の平面/領域を創造します。(i.e.「~」)

この質量またはシステムにおける、南の慣性的な平面/領域の新たな反映的なイメージは、質量またはシステムの黄道的な平面/領域と呼ばれます(黄道については、このページ右側のリンク参照)。

質量またはシステムの、黄道的平面/領域は、公転している質量またはシステムと共に公転します。

慣性的な調和の輪と、倍音の間の全ての要素/元素の黄道は、それらの位置と、エネルギーの対峙している(三角)コーンの比較/相対的な拡張と緊縮に沿って、それらの拡張と緊縮は変化します。

<図表:169ページ、次元のチャート6。波の中の音(トーン)のエネルギーの次元の距離。4つの宇宙/統一的な再生産/繁殖的な定数(constant)はそれらの真の比較/相対的な位置に置かれます。>

倍音において、黄道は、対峙しているコーンの融合された頂点の平面/領域における、輪郭と根本/土台の両方の融合の生まれです(i.e.波の終わりは、その始まり)。

慣性に向かう倍音から、全ての波、システム、そして質量の黄道は、派生的なコーンの根本/土台が拡張する際に、拡張します。

質量の引き寄せ合いと反発の、現れる比較/相対的な能力は、その極の磁気的な土台の緊縮と、その黄道の拡張によって統制されています。

黄道の拡張と、歳差運動的な軌道的の直径が、より大きければ、質量の引き寄せ合いと反発の能力はより小さく成ります。

黄道の拡張と、歳差運動的な軌道の直径が、より小さければ、質量の引き寄せ合いと反発の能力は、より大きく成ります。

あらゆる質量において、その極の磁気的な土台と、その地軸的な歳差運動的の軌道の直径は、その中核的な太陽の、赤道的な平面/領域から、離れる際に増大し、近づく際に減少します。

あらゆる質量において、その黄道の拡張、その赤道的な歳差運動的な軌道の直径、そしてその極の磁気的な土台は、その中核的な太陽の赤道的な平面/領域から、質量が離れる際に増大し、近づく際に減少します。


もしこれらの法則が正しいなら、黄道の拡張、極の磁気的な土台の直径、そして歳差運動的な軌道の次元は、重力の引き寄せ合い放射の反発に関連していなければなりません。

私達は、この惑星と太陽系に関して上記の原則の、幾つかの親しみのある効果を考えてみましょう。

低い効能(potential)の外側の惑星(木、土)の黄道的な平面エリアの大きな拡張と、高い効能の内側の惑星(水、金)のものを比較して考えてみて下さい。

歳差運動的な軌道が拡張された外側の惑星の気薄さと、歳差運動的な軌道が制限された、内側の惑星の密度を比較して考えてみて下さい。

外側の惑星のとても大いに腐食(decomposed)された重力的な力に反対運動する遠心力の圧倒性と、内側の惑星がそれら自体を一つに保つ事を補助する求心力の圧倒性を比較して考えてみて下さい。

外側の惑星の、それらの自転の極から遠くに離されたチャージ(蓄積/蓄電)している極と、内側の惑星の、惑星が太陽により近い程、それらの極により近い、それらの地軸的な極のチャージしている極を比較して考えてみて下さい。そのチャージしている極は、誤って「磁気的な極」と定義されています。

極度に低い圧力のゾーンに浮かぶ、外側の惑星の小さい引き寄せ合いと反発の力と、高い圧力のゾーンに浮かぶ、内側の惑星の大きな引き寄せ合いと反発の力を比較して考えてみて下さい。水星程、太陽の近くに留まる事は、太陽自体に近づく/匹敵する効能を必要とします。

私達の気体がそれらの固体である外側の惑星の、低い溶解点と凝固点と、内側の惑星の高い溶解点を比較して考えてみて下さい。

水星程、太陽に近い地点で、凝縮のままで保たれる事は、太陽自体に匹敵する圧力の均整を必要とします。

私達は此処で、引き寄せ合いのそれらの現れる比較/相対的な能力に関して、チャージしている極を考えてみましょう。

磁石の北の極はプラスの極で、それは引き寄せ合い、そして磁石の南の極はそのマイナスの極で、それは反発すると、一般的には考えられています。

磁石のプラスの極が、マイナスの極を引き寄せ、そしてマイナスの極がプラスの極を引き寄せる、現れる能力は、対極のチャージは引き寄せ合い、同じチャージが反発すると言う理論を造る証拠の一つでした。

この理論を補佐する更なる誤解させる証拠は、「磁石化」された鉄の棒の北のプラスの極が、コンパスの針の北のプラスの極に反発する様に現れ、そして、対照的に、「磁石化」された鉄の棒の南のマイナスの極が、コンパスの針の北のプラスの極と引き寄せ合う様に現れる事にあります。

<図表:171ページ、次元のチャート7。安定性は、均整の状態の不活性性です。運動は活発で、金星に対峙しています。全ての運動は、比較/相対的に不安定です。運動における物質の安定性は、プラスとマイナスの次元の、正確に同等で対極な統合によってのみシュミレート/実現されるでしょう。>

同じチャージ(蓄積/放電)が反発し合うと言う証拠は、移動している人と共に月が移動する、または地球が平らであると言うのと同等の説得力です。それは、運動のその他の幻想と同じ、人が本当に見る事の出来る証拠(幻想)です。

真実は、北が(三角)コーンの頂点で、その中へと超普通(super-normal)な電気的な流れが、電気的な興奮のために、螺旋的に流れていると言う事です。

(磁石化された)鉄の棒の南の極が、コンパスの針の北の極を引き寄せる様に現れる理由は、南から北へ、同じ方向で、鉄と針の両方を通して、電気的な流れが流動しているからです。

それらがそれ以外の事をすると予想するのは、水が流れている2つの水管が、それらの流れが反対方向のままで、1つに結合させられた時に、それらの水の流れが反対方向のままで、流れ続けるとするのと同等です(不可能です)。

もし水管が一つに結合されると、2つの別々の水に流れが反発し合う様に現れる様に、それらの流れが同じ方向に流れる様に水管が結合されれば、それらはお互いを引き寄せ合う様に現れ、1つの流れとして流れます。

人は、この真実を、「磁石化」された鉄の棒の、その対極の間の何処かを切り離す事によって証明出来るでしょう。すると、新たに切り離された2つの鉄の棒の、新たな北と南に、新たな極が現れるでしょう。この行程は、常に同じ結果と共に、無限に繰り返せるでしょう。

「磁石化」された鉄の棒と呼ばれるものは、その中において、電気的な誘導の強い流れが、鉄の原子の派生的なエネルギーのコーンを大いに緊縮させ、放射的なエネルギーのコーンを拡張させたもので、それらの磁気的な極の根本/土台と、それらの黄道的な拡張が膨大に減少させられたもので、そしてそれらの派生的、放射的流れの速度が同等に増大されたものです。(黄道については、このページ右のリンクを参照)

「磁石化:と言う用語が、その様に扱われる鉄に与えられたのは、何故なら、派生的なコイルの磁気的な場に露出された鉄は、常にこの効果を原因するからです。

派生的なコイルの磁気的な場は、オーヴァー・チャージされたコイルの放射運動的な発散、または放出です。

それがへ性的なコイルを離れる時、それは派生(generative)的なチャージの退化(degeneration)です。

言葉を変えると、それは溢れている受け皿からの漏れ、またはこぼれです。

しかしながら、それが鉄に対して衝撃する/ぶつかる時、そうではありません。

それはすると、再派生されます。

そのマイナスのディスチャージは、プラスのチャージに成ります。

その鉄の棒は磁気化では無く、電気化されます。

鉄の棒と、この惑星の様な、公転していて、自転している質量の磁気的な極と呼ばれるものは、2つの異なった効果です。

この惑星の様な全ての質量は、「磁石」だとされます。

それはそうですが、「磁石化」された鉄の棒や、コンパスの針と同様ではありません。

それは二重(ダブル)磁石です。

その2つのチャージしている極は、惑星の重力的な中心で、真っ向から出会い、そして正反対に流れている電気的な流れは、もし水管が、上記された様に、反対向きにされると、水の流れが対極的に出会う様に出会います。

あらゆる質量において、これ等の2つの流れが出会う時、それらは対峙し、お互いの力を、質量の黄道的な平面/領域のエリアの方向に対して分散させます。

この惑星の「磁気的」な極は、棒「磁石」の類推で、南の南極のマイナスから、北の北極のプラスまで延長する棒と、一般的には考えられています。

コンパスの針は、南の「磁気的」な極に近づくと、とても乱暴に傾くので、それは針の先を最初に、海の中へと飛び込みたいかのようです。

これが対極は引き寄せ合うと言う論説を補佐する様にあらわれるのは、此処において北の引き寄せ合い的なプラスのコンパスの極が、反発的なマイナスの極とされるその南に引き寄せられるためです。

<図表、173ページ、次元のチャート8。あらゆる印されていない惑星の自転の周期は、知られている位置と公転から計算される事が出来ます。質量とその他の次元は、知られている位置と自転から計算される事が出来ます。>

この実験を更に続け、コンパスと共に、北の「磁気的」な極に近づきます。

それに近づくと、南の極においてと同じ効果が産出されます。

その磁気的な針は海の中へと並行的に飛び出したいかのようです。

これは、磁石の棒とコンパスの実験で記述されたものから、対極の効果の様に現れます。

惑星の、北の引き寄せ合い的なプラスの極は、コンパスの、北の引き寄せ合い的なプラスの極を引き寄せる様に現れ、そして惑星の、南の反発的なマイナスの極は、コンパスの、北の引き寄せ合い的なプラスの極を引き寄せる様に現れます。

その説明は、鉄の棒とコンパスの、引き寄せ合いの北の方向は1つで、その間、惑星における、引き寄せ合いの北の方向は2つで、対峙していると言う事実にあります。それらは、2つの対峙しているコーンの頂点として、地球の中心で出会います。

これ等の2つのコーンの磁気的な根元/土台は、それぞれが北極と南極の部分です。質量が派生する際に、磁気的な根元/土台は・・・(解読不能)・・・を通して・・・。

その根元/土台の直径は、知られているメジャーなチャージしている極から、自転の極/軸を通って、自転の極/軸の対極の側の同等な距離に位置する、知られていないマイナーなチャージしている極へと延長します。

あらゆる質量の北は、その重力的な中心であると、以前に説明されました。

北の方向は、それらの根本/土台からそれらの頂点への、緊縮しているコーンの電気的な軸に沿っています。

北は常に、派生、高い圧力、そして高い効能の方向にあります。

あらゆる質量において、北は派生的-放射的な中心で、引き寄せ合いと反発の現れる能力がその最大限の場所です。

対照的に、南は常に、放射運動(radio-activity)、低い圧力、そして低い効能(potential)の方向です。

南はあらゆる質量(mass)を分離する、赤道的な平面/領域の延長です。それは放射的な放散が、その最大級の質量の部分です。

それは、放射の拡張している(三角)コーンの輪郭の消滅の平面/領域です。

電気は内側から緊縮し引き寄せ合い、磁気もまた、内側から拡張し反発し合うと言う事は、常に頭に入れられていなければなりません。

惑星の北の引き寄せ合い的なプラスの極は、コンパスの北の引き寄せ合い的なプラスの極を引き寄せる様に現れ、そして、惑星の南の反発的なマイナスの極は、コンパスの北の引き寄せ合い的なプラスの極を引き寄せる様に現れます。

その説明は、鉄の棒とコンパスにおける引き寄せ合いの北の方向は1つで、その間、惑星の北の方向の引き寄せ合いは2つで、対峙していると言う処にあります。それらは、地球の中心で、2つの対峙している(三角)コーンの頂点で出会います。

これ等の2つのコーンの磁気的な根元/土台は、それぞれが南極と北極です。質量が派生する際に、その磁気的な根元/土台は・・・(解読不能)を通って・・・。

その根元/土台の直径は、自転の極/軸を通った、知られているメジャーなチャージしている極から、自転の極/軸の反対の側の、同等の距離における、詩らr邸内マイナーなチャージ居ている極に位置しています。

あらゆる質量の北は、その重力的な中心であると上記されました。

北の方向は、それらの根本/土台からそれらの頂点へ、派生のコーンの緊縮的な地軸に沿っています。

北は常に、派生運動(genero-activity)、高い圧力、そして高い効能の方向です。

あらゆる質量において、北は重力的-放射的な中心で、其処において引き寄せ合いと反発の能力は、そん最大限です。

対照的に、南は常に、放射運動、低い圧力、そして低い効能の方向です。

南は、あらゆる質量を分離する、その赤道的な平面/領域の延長です。それは、放射的な放散がそれらの最大限である処の質量の一部です。

それは放射の拡張しているコーンの輪郭の消滅の平面/領域です。

電気は内側から緊縮し、そして引き寄せ合い、磁気または内側から拡張し、そして反発すると、常に頭に入れられていなければなりません。

赤道と(南北)極の間の10度毎の経度における、地上的な磁気的なチャートの、とても正確な調査に沿った、この惑星の赤道に大体平行に取り巻く、等伏角線を考えてみて下さい。

もしこれらの等伏角線のどれかの間のこの惑星の部分と、どちらかの極が持ち上げられれば、人は宇宙的機械のグリップ(掌握/握り)しているコーンのクラッチ(握り)、またはスリップしているディスク(円盤)・クラッチを見ている事に成り、その頂点はこの惑星の赤道的な平面/領域の近くの何処かに成ります。

そう露出されたそのコーンの輪郭は、惑星から放散される、磁気的な力の線の方向を与え、それらが放散する同じ半球の極において、それらの再派生/繁殖を求めます。

磁気的な力の線のこの同じ効果は、鉄の「磁石的」棒の上の素早く振動している紙の上に、砂鉄を置く事によって磁気的な力の線を見つける、良く知られた実験によって産出されます。幾らかは常に外側の方向にながれる磁気的な流れに続き、そして幾らかは内向きに流れる電気-再派生/繁殖的な方向を見つけます。

南から北に流れる、鉄の棒の中の流動は、電気的な流れで、その流動は誘導された流れです。

鉄の棒の外側を流れるディスチャージされた流動はより拡張された周りの媒体によって、または周りの接続/接地している媒体の抵抗によって、跳ね返されそして再派生/繁殖され、より低い効能へと伝導されます。そう跳ね返された時、それは再び鉄の棒の南の極へと引き寄せられ、其処で電気的な流れとして再入します。

化学はこの効果を磁気的な誘導と描写します。

磁気的な誘導は不可能です。

誘導は、退化/崩壊的な伝導への十分な抵抗を通した再派生/繁殖の証拠です。

誘導は、派生または再派生/繁殖の効果です。

誘導は求心的です。その流れは北向きです。

伝導は退化/崩壊の効果です。

伝導は遠心的です。その方向は南向きです。

もしこれが本当なら、誘導は重力の引き寄せ合いに関係しているはずで、伝導は放射の反発に金ィしているはずです。

もしそれ等がそう関係しているのが本当なら、強い誘導的な効果は、強い殿堂的な効果によって、常に同時的に同行されなければなりません。

もし、後者が本当なら、増大しているプラスのチャージを意味する、増大している誘導は、増大している引き寄せる力に、同行されなければなりません。

それはまた、増大しているマイナスのディスチャージと、増大している反発の力によって同行されなければなりません。

あらゆる知られている誘導と伝導の効果にそれらを応用する事によって、これ等をテストするのは簡単です。

例えば、蓄積の電池を考えてみて下さい。

そのチャージを増大させると、そのディスチャージもまた増大します。その伝導的末端に接続されている電球は明るく成ります。

太陽を考えてみて下さい。その放射し反発する能力が大きいのは、何故ならその大きな派生と引き寄せの能力のためです。

それぞれの惑星を、そのシステムにおける効能的な位置の順番で考えてみて下さい。

それぞれのディスチャージしてそして反発する能力は、そのシステムにおける効能的な位置とともに減少します。

<図表:174ページ、磁気的な根元/土台が自転の極に向かって緊縮する際に、黄道的エリアである蟹座山羊座の帯はまた、赤道の平面/領域における消滅に向かい緊縮します。>


あらゆる質量において、それは同じです。その効能が減少させられるので、それが意味するのは、その極的な磁気的土台/根本が大きくさせられる事で、そして黄道的な拡張は増大され、その派生させる、チャージする、引き寄せ合う、放射する、ディスチャージする、そして反発する能力はまた、増大されます。

哲の棒が「磁石化」された時、それは現実において、電気化されました。

その鉄の原子の磁気的な土台は緊縮されました。

私達は今、プラスの側からプラスの側?へ、ひっくり返された2つの巨大な棒の「磁石」として、それらが、重力的-放射的、引き寄せ合い的-反発的、チャージ-ディスチャージ、派生的-放射的な中心で出会うように置かれた、この惑星のチャージしている極/軸を想像してみましょう。

私達は、地球の効能的な位置が何で、そしてその「磁気的」な軸/極の位置と蟹座-山羊座の帯の拡張が、チャージ、引き寄せ合い、ディスチャージ、そして反発の能力の、関連的な位置が何なのかを見てみましょう。

私達は、何故、その地軸が太陽の赤道に対して7度以上傾いていて、何故その与えられた空間が92,000,000マイルの距離として定義され、その極の根本/土台を増大させる事と、その黄道的な拡張無しでは、それらを減少させずにそれを(軌道の位置)を超える事は出来ないのかを見てみましょう。

この惑星の、ハドソン湾(カナダ)の上には、「北の磁気的な極」として知られる移動している地点があります。

これはこの惑星の最大の電気的なチャージの地点です。

これと、一致している南極付近の移動している地点は最大級の派生の2つの地点です。

私達の名前の無い惑星の、これ等の2つの地点いおいて、私達が地球と呼ぶ、この蓄積/蓄電の電池へと、その宇宙/統一的力は、そのチャージしているワイヤーを接続します。

これ等の地点は故に、「チャージしている極」と定義されます。

そのチャージしている極は実質的に自転の極/軸から20度離れています。それら(南極/北極)を通った輪は、この惑星の極の磁気的な土台を定義します。

<図表:194ページ、それらの閉じ込められた効能において表されたあらゆる波の圧力の壁。これらの圧力の壁は、要素/元素の土台で、全てのシステムの操作している平面/領域です。>

赤道の北の23度27’08”は、この惑星の黄道的な平面/領域とそれ自体の交差の、北側の限界の線です。

赤道の南の、同じ距離はm南側の限界です。

もしこの惑星が完璧な真の球体なら、そのチャージしている極と自転の軸は一致します。磁気的な土台/根本は無く成るでしょう。

また、黄道の平面/領域と赤道が一致するので、蟹座-山羊座の帯も無く成ります。

更に加えて、地球の黄道的、そして赤道の平面/領域は、太陽の赤道の平/領域に一致します。

この惑星の黄道は、太陽の赤道の平面/領域から7度以上傾いていて、その赤道はその黄道から、23度27’08”傾ています。

これは、水星と金星と比較されると、とても低い効能に結果し、(太陽系の)外側の惑星に比べられると高いものです。


それはまた、低い凝固点と、太陽に1,000万マイル近い位置、または太陽の赤道の平面/領域において2度近い位置において不可能な固体性に結果します。

この惑星の効能的な位置は、偏平率、または極の平ら化の小さなパーセンテージを必要とします。

その惑星の偏平率は、極的な磁気的土台の拡張と、黄道的拡張における、約3度の違いを説明します。極における平らさは、1.5度与えられ、赤道上における膨らみは、もう1.5度与えられます。

惑星がその比較的な質量のために、より低い効能の位置を見つける際に、その偏平率は上昇し、そしてまた、極的な磁気の土台と蟹座-山羊座のベルトは、それらの位置をお互いに向かって移動させます。

蟹座-山羊座の帯と極の磁気的な土台が拡張すると、引き寄せ合いと反発の質量の力は減少します。

平面/領域から質量への、戻りの旅の始まりを提案する、その赤道の膨らみの原因に成る、遠心力的な力を偏平率は増大させます。

あらゆる質量において、その黄道的な拡張のエリア、その極的な時期の土台のエリア、そしてそのチャージしている極の位置は、質量の偏平率によって統治されています。

あらゆる質量において、偏平率が減少すると、極の磁気的な土台と、黄道的な拡張は、それらのエリアを減少させ、そしてチャージしている極はその自転の極/軸に近く成ります。


もし、チャージしている電気的な極と、質量における蟹座-山羊座の帯が、質量の引き寄せ合いと反発の能力を常態化させ、そしてこれらの位置が、質量自体の効能的な位置に統治されているなら、必然的に、効能の位置を決定する圧力は、重力と放射に関係していると結論されなければなりません。

<図表:196ページ、全てのエネルギーは運動において表現されます。考えてるマインドのエネルギーは、運動の宇宙を「創造」します。全ての運動は、波において表現されます。>



統一/宇宙的一つ:第二巻:第十四章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十四章:パート1:
Universal Mathematics-Universal Ratios
宇宙/統一的な数学-宇宙/統一的な比率

Pdfヴューアー175ページ、本文158ページより:

宇宙/統一的な数学は、基本的に、一つの力の、同等で対極の音(トーン)的な運動と、対極の反射運動の表現の、比率における単純な次元です。

力の全ての表現は、慣性(不活性)における運動の、プラスかマイナスの均整のどちらかです。

宇宙/統一的な数学は、性別、力、そして運動の対峙による、音的な圧力の、プラスとマイナスの関係に基づいています。

対峙が意味するのは、プラスとマイナスです。

圧力におけるその表現の証明無しで、ある事の出来る力の表現はありません。

全てのじげんは、音的(tonal)です。

力の全ての表現は、音的です。

全ての圧力は、音的です。

運動の全ての効果は、音的です。

全ての音は、はっきりとした(定義された)関係です。

全てのはっきりとした関連は、閉じ込められた効能(potential)の単純なフォーミュラに沿っています。

全ての方向は、宇宙/統一的な比率において、益々抵抗される、より高い効能の電気的な力に向かうか、益々補助されるより低い効能の磁気的な力に向かうかのどちらかです。

全ての方向は、圧力の方向です。

この運動の宇宙は、その運動を原因する変化している圧力の宇宙です。

全ての圧力は、チャージ(蓄積/蓄電)している質量の緊縮の圧力か、ディスチャージ(解放/放電)している質量の拡張の圧力のどちらかです。

私達は、圧力の法則に、次元の法則を加えましょう。

全ての次元は、宇宙/統一的な比率において、電気的な力の方向に緊縮し、磁気的な力の方向に拡張います。

慣性における運動の均整は、ゼロによって表されます。

性別、力、そして運動におけるゼロが意味するのは、圧力の均整です。

4は、最大の圧力の対峙を意味します。

その中間の3と4、プラウとマイナスは、慣性のヴァイオレットにおける拡張の冷たいゼロと、対峙する運動の黄色における緊縮の熱い4つの間の行き来です。

力におけるゼロは、無を体現せず、プラスは無より上を意味せず、マイナスは無より下を意味しません。

数学のその様な概念は、運動の幻想の宇宙に沿っていません。

一つの実質(substance)は実体的/有形の実質です。それは何かです。

これは空っぽの宇宙ではありません。それは真空ではありません。無次元は無を意味しません。

一つの考えている実質の宇宙は、量または次元のものではありません。

それは、私達が「エネルギー」と呼ぶ、実質の生命の原則を通して、量の現れの原因に成る事お出来る実質です。

エネルギーの宇宙/統一的な定数(constant)は、Xの量です。

Xの量は、明らかに分離可能です。

この量の分離可能性とその次元は比較/相対的で、測量可能です。

その次元の関係は、固定された比率です。

これ等の比率は単純で絶対的ですが、それらの現れる変化可能性は複雑です。

宇宙/統一的な定数は、加えられる、または倍増されるかも知れませんが、その蓄積は、その比較/相対的な次元において、決して変化しません。

次元Xが重要では無いのは、それが、慣性の均整において、消滅する現れる運動の総合の幻想を現す/体現するためです。

比較/相対的な比率の次元は重要で、これ等の関係の知識によって、人は、あらゆる望まれた効果へと、あらゆる望まれた複数性において、分離された量を集める事が可能に成ります。

<図表:176ページ、次元のチャート1.運動の全ての表現の緊縮と拡張における両の比率と距離のエリア。>

全ての次元は比較/相対的です。

全ての次元は、均整より大きいか小さいかのどちらかです。

これは、多かれ少なかれの宇宙です。

加えられた運動のあらゆる効果/結果は、同等に引かれなければなりません。

数学は、宇宙/統一的な比率から、加えられる、または引かれる事によって測量される運動の効果の絶対的な限度によって結ばれます。

数学は、宇宙/統一的な限界/限度を超える事は出来ません。

掛け算と割り算は、多かれ少なかれの比率でしかありません。

次元のこの宇宙は、その表現において、多かれ少なかれに限定されています。全ての単位は、プラスかマイナスのどちらかで、故に504++と100=倍音単位システム以外の全てのシステムは、それらの圧力の総合において、プラスかマイナスのどちらかです。

全てのプラスの圧力の総合は、システムを均整に保つために、マイナスの圧力でバランスされなければなりません。

その産出(答え)が均整を生み出さない数学的な結論が、正しい結論である事は出来ません。

あらゆる数学的結論の産物が、正しい結論に成るためには、均整としてバランスしなければなりません。

もし運動の効果に関する正しい結論が、数学的に証明可能なら、それらはまた、機械的に証明可能です。

また、それらは化学的にも、電気的にも、証明可能です。

加えて、それらは、プラスXまたはマイナスXの、それらの効能的な関連における次元として、測量可能です。

宇宙/統一的なシーソーは、その慣性のバランスしている地点の上と下で傾き続けます。両方の運動は、同時的で、正確にバランスされています。はその中において、全ての次元が測量される、宇宙/統一的なシーソーです。

これ等のページの中で何回も、一つの次元における変化は、その他の全ての次元の同時的な変化の原因に成ると明言されました。

その半径において、倍に成った球体は、その断面の平面のエリアにおいて二乗され、そしてその量において三乗されます。


宇宙に浮いている、以前の量の3乗に拡張した質量は、その同じ平面/質量における、その重力の中心から以前の位置の2倍に相応しい、その効能的な変化無しで、その様に拡張する事は出来ません。

その様な位置において対峙している圧力の定数(constant)は、元々の位置の1/8で、同じ圧力の定数が、その量の8倍へと広げられたためです。

その様な位置において、温度の定数はまた、その量の8倍を覆うために拡張されます。

拡張している質量の全ての温度の次元は、それらの拡張の次元において増幅し、より大きな冷たさを登録/記録し、そしてそれらの緊縮的な次元において緊縮し、より大きな熱を登録/記憶します。

運動の全ての効果は、それらのプラスとマイナスの対極で表現される事は、忘れられてはなりません。

運動の全てのプラスの効果は、はっきりと、派生的d、緊縮的な効果と定義され、そして全てのマイナスの効果は、放射的で拡張的な効果と定義されます。

この理由のために、質量における運動の全ての効果は、それらの対極の次元の両方において、それらのプラスと、それらのマイナスの次元です。

そのプラスの次元は、以後、「緊縮の次元」と呼ばれます。

緊縮の次元は、宇宙/統一的な時計のネジを巻く、電気的にプラスの力のチャージしている次元です。

そのマイナスの次元は、以後、「拡張の次元」と呼ばれます。

拡張の次元は、宇宙/統一的な時計のネジを進める、電気的にマイナスの力のディスチャージしている次元です。

描写するために、Aにおけるその直径の2倍の、Bにおける拡張された質量を考えてみて下さい。

<図表:178ページ、次元のチャートの第二。自然は、彼女のエネルギーの全ての表現を、不平等の次元の同等の定数の音階と音へと、分類させます。音階と音の次元的な関係は、絶対的で宇宙/統一的な比率において変化します。>

Aが、太陽から60,000,000マイルだと想定して下さい。Bにおいてそれは、以前の距離の2倍、または120,000,000マイルです。

Bにおいて、その拡張の温度の次元は、冷たさとして登録/記録され、その量がその以前の量の3乗のよって増えた様に、8倍に増えます。

Bにおいて、その緊縮の温度の次元は熱において登録/記録され、熱の単位がその以前の空間/宇宙の8倍にひろげられるので1/8に減少させられます。

Bにおいて、自転は、Aの位置の速度-時間の拡張の次元は、直接の比率において、2乗に成ります。

反対に、Bにおいて、公転は、Aの位置の速度-時間の緊縮の次元は、真逆の比率において、2乗に成ります。

密度からイオン化へ、そしてイオン化から時間、性別、そして結晶化へ、その圧力の次元と効果は丁度、同じです。

以下に印刷された図表は、における全ての効能の位置の音的な関係を明らかに見せます。

全ての運動の効果は、4つの単位の7つの同等な音(ドレミファソラシ)において表現されると今まで書かれて来ました。

宇宙/統一的な定数の7音は、お互いから連続的に移動させられ、次の最高の効能への2乗の距離です。

例えば、1+は、3+への距離の2乗二よって、2+から移動/離れさせられ、それは次の最高の効能です。

付属している次元のチャートの学習によって、あらゆる運動の効果の次元の拡張、または緊縮におけるあらゆる変化は、距離、エリア、または次元の平面/領域の2乗、または量の次元の3乗の、直接または真逆の比率だと、人は理解するでしょう。

全ての次元は、圧力の次元です。

全ての次元は、同じ比率で対極へ、同時的に拡張し、緊縮します。


運動の全ての効果は、距離、エリア、または量の比率のどれかにおいて測量可能です。また、全ては、緊縮の比率と圧力の拡張野両方において測量可能です。

圧力の緊縮と拡張の比率は、以後、「宇宙/統一的な比率」と定義されます。

拡張の圧力は、距離の2乗、エリア、平面/領域、軌道または時間の単位の直接の比率で、そして量の3乗です。

緊縮の圧力は距離の2乗、エリア、平面/領域、軌道、または時間の単位の真逆の比率で、そして量の3乗です。

宇宙の全ての質量は、測量可能な効能の位置を占めます。


距離、平面/領域、そして与えられたエリアの次元と共に、太陽系内のあらゆる惑星、または衛星は、比較として宇宙/統一的な比率において、その基準単位の次元の緊縮または拡張の全てにおいて測量出来ます。

私達はこれらの効果の幾つかを考えてみましょう。私達は木星の直径、その軌道の平面、そしてその太陽からの距離を知っています。

これ等から私達は簡単に、その効能的位置と自転の周期を判断出来ます。

私達は、大まかに、その原則を証明し、その自転周期の私達に実際の知識によって、その結果を確かめてみましょう。

単純化のために、私達は、木星を私達の知られている効能的位置にもたらし、私達自身の位置の、私達の知識から、自転の基準的単位をそれに与えてみましょう。

真逆の宇宙/統一的麻痺率において計算する事によって、それが地球の効能的位置にある時、木星の直径は約17,000マイルと判断するのは簡単な問題です。

地球の周囲の2倍以上で、私達がいる太陽的渦巻きのこの特定的な部分の赤道的なエリアの、旋回している螺旋のディスチャージしている速度においての自転と共に、それがその自転を一周するのに、地球の2倍以上かかります。その1日は、約50時間です。

それが確かめられたとして、その自転の周期は、もしそれが地球の平面/領域(地球のサイズ?)だと、約11時間です。

<図表:180ページ、次元のチャート第三。宇宙的な再生産/繁殖の定数は、波の次元または効能の蓄積が銅であるにかかわらずその比率は決して変化しません。質量の次元は変化しますが、その比率と関係は決して変化しません。>

平面/領域/軌道における、多少の違いのために、より大きな速度において、約1時間の差を許すと、その自転は、もし正確に計算されると、9時間と55分の知られている自転にチェック(照合?)します。

火星の自転を計算するにおいて、その平面/領域/軌道に違いは、大々的に軌道を歪めるので、その1日は、もしそれが地球の軌道にあるよりも、約9時間長くします。

もう一つの例として、もし地球が太陽から360,000,000マイル離れていたとすると、その自転がどうなるか、私達は計算してみましょう、

私達は、放射による分数や消失は無視して、現在の基準的単位として、きっかり24時間、丁度、8,000マイルの直径、そして太陽から丁度、90,000,000マイルの距離を推測してみましょう。

180,000,000マイルにおいて、その直径は16,000マイルに成り、そして、60,000,000マイルにおいて、32,000マイルに成ります。

180,000,000マイルにおいて、その1日は12時間でなければならず、360,000,000マイルにおいてそれは6時間です。

この位置にある時、その密度は私達の(地球の)1/64に成り、その地表の鉄は約22度で溶けます。それは・・・(解読不能)・・・。

もし私達が太陽に向かって同様に、逆に、水星のより長い周期的な1日を計算すると、もし水星が私達の(地球の)軌道にあると、約7日で1度自転すると私達は見つけるでしょう。水星は、より高い圧力の平面/領域において、私達から約7度離れています。

それは、実際に、この太陽的渦巻きの、最大級の拡張的な圧力の対峙の平面/領域で、ですからその位置における増大している圧力的抵抗を計算する事によって私達は、水星の1日が私達の(地球の)約800,800日だと見つけます。

これが意味するのは、水星のプラスのチャージ(蓄積/蓄電)がとても圧倒的で、その1日は実質的に継続的な者でなければならない事です。

私達は一時的に、この太陽系システムの、温度と密度の、膨大な推移即されていない範囲を考えてみましょう。

太陽の地殻の温度は、約6,000度と考えられています。

現実において、それは数千億度の考えられない圧力へと到達します。

これは簡単に証明されます。例えば、この惑星において、その様回転が1,500度の鉄を考えてみて下さい。

この距離の、より高い効能の位置、または45,000,000マイルにおいて、鉄は12,000度で凍ります(凝縮します)。22,500,000マイルにおいて、その溶解点は96,000度に跳ね上がります。

圧力の宇宙/統一的な比率において続ける事によって、その数字はとても驚く程速く上昇し、187,500マイル太陽から離れ、その高い圧力の平面/領域から8度離れると、2000,000,000,000度を超えます。

これを考えると、人は、もう、太陽からの水素の爆発の膨大な速度も不思議に思う必要も無く、そのコロナによって困惑される必要もありません。

密度は、圧力の法則によって測量され、太陽におけるこの次元を、1/2の変わりに、この惑星の密度を百万倍以上にします。

質量は増幅的に・・・一致して・・・(解読不能)・・・ゼロ・・・。

位置の少々の単純な事実と共に、自転周期とその他の次元は、簡単に計算する事が出来ます。

今日の宇宙飛行士は、自転の次元を測量するために、必然的に印し(単位)を見つけなければなりません。

此処に記された運動の法則の助けによって、天文学の科学から推測は外され、故に今、それが正確な科学であると言う意図は、可能になります。

質量の中の、あらゆる位置における、あらゆる比較/相対的な次元は、その位置に宇宙/統一的な比率を応用する事によって決定される事ができます。

<図表:182ページ、次元のチャート4。物質の固体性は、慣性(不活性)における爆発的な障害による、不安定な状態です。運動は唯一、物質を固体性の現れへと保ちます。全ての波(光/エネルギー)の3つの内的な慣性的な平面/領域は、安定性を代理し/表し、そして6つの外的なものは、不安定性を表します。>


統一/宇宙的一つ:第二巻:第十三章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十三章:パート1
Expressions of Gravitation and Radiation
重力と放射の表現
Universal Direction
宇宙/統一的な方向

Pdfヴューアー166ページ、本文149ページより:

黄道


波のサイクル(周期性)は、東を通り、そして再び西を通って南に戻る、南から北への、宇宙/統一的な方向における、秩序的な進歩です。

全ての質量(mass)は、それらの波のサイクル全体を通した、それらのシステムの中核的な中心の周りを、西から東に向かって公転します。

全ての質量は、それらの質量の西から東へと、それらの波の全体を通して、地軸の上で自転します。


これ等の法則には、例外はありません(注:南半球から観測すると、全部、真逆)。

海王星と、彼女の衛星、天王星とその月、そして木星の月、そして土星の様な、数々の明らかな例外は、宇宙/統一的な方向の絶対的な法則に、完全に従っています。

運動の全ての方向は、宇宙/統一的です。

運動は方向を示唆し、それが運動するための方向を要求します。

運動の、無次元の宇宙において、方向は存在しません。

次元の幻想の宇宙において、方向は、次元の現れを創造するのに、必要な幻想です。

方向は故に、私達が親しみを持って運動の効果と呼ぶ幻想です。

運動の全ての効果は、現れる対極によって表現されます。

運動の概念は、宇宙/統一的に同時的でその表現は連続/継続的である事実を思い出すと善いでしょう。

重量引き寄せ合い放射反発は、瞬時的で継続的です。無次元の宇宙を通して、あらゆる意図されたエネルギー(光/波)の概念の転置において、時間は消費されません。

意図の表現である運動は、次元を有し、故に時間を消費します。

言葉を変えると、考える事の全てのアイデア(思考)のイメージ的概念は、宇宙/統一的に同時的ですが、運動を通したアイデアの形状に産出と再産出は、連続/継続的な出来事の連続です。

全ての対極的な効果は、陽的と陰的、または、多かれ少なかれ、プラスとマイナスです。

次元の宇宙における運動の、その他全ての効果の様に、方向性はその対極を有します。

私達が「方向」と呼ぶ運動の、この宇宙における、多かれ少なかれ、対極の効果は、南と北です。

全ての方向は、圧力の無い南の平面/領域で始まり、北の対峙する圧力で終わります。

北は、より多くの、電気的にプラスの方向で、南はより少ない、電気的にマイナスの方向です。

プラスの電気的な力は、常に南から北に向かって離れ、マイナスの磁気的な力は、常に北から南に向かって離れます。

北は、慣性(不活性)的平面/領域に対する衝撃/衝突によって、エネルギーがそれ自体を表現する時点である、南において始まります。(輪の始まりと終わりは一所。)

この時点において、エネルギーの対峙している(三角)コーンの根本にあたる部分の、慣性の平面/領域の上の調和的な輪において、エネルギーは同時的にその概念の強さを測ります。それはまた、これ等の対峙しているコーンの頂点部分に成る、高度における、一時的そして二次的な慣性の平面/領域の縦の断片のその概念の強さを測ります。これらのコーンの中軸はすると、全ての質量のチャージしている極の部分と、その形成している波の線に成ります。

エンルギーは、概念的なコーンの輪的な慣性の根本を、それらの頂点(コーンの先)の連結させる事によって、同時的にその量(volume)の強さ/大きさを測ります。

コーンの根本を測る調和的な輪は、測量可能な次元のエネルギーの波の、音階(e.g.元素表のテーブル)の概念的な次元です。

コーンの頂点は、その波の倍音(オーヴァー・トーン)です。

増大している力の線は、エネルギーの全てのコーンの頂点の、北向きの電気的な流れに続く、磁気的な根元からです。

対照的に、減少している力の線は、エネルギーの全てのコーンの根本の南向きの磁気的な流れに続く、電気的な頂点からです。

南は安定性に向かう方向で、慣性における実質(substance)の非運動の力です。

南は慣性の平面/領域で、北のその倍音の点における調和的な球体/領域へと集中する事によって、実質の慣性を超える意図と共に、エネルギーの全ての表現が、その調和的な輪の、拡張された部分から、その力を集め始めるエネルギーの全ての表現の場所です。

全てのエネルギーは、それ自体を螺旋の波で表現します。

全ての波の慣性的な平面/領域は、その南です。(平行な波形の下の部分)

その慣性的な平面/領域から離れる全ての方向は北(上)です。

南は慣性の平面/領域で、それは慣性が克服される際に、プラス(波の前方)とマイナス(波の後方)である、運動の対峙している平面/領域の2つの連続/継続へと、現れる様に分離します。

運動の対峙している平面/領域のそれぞれの平面/領域(平行な波の上部と下部)の連続は、それらの部分を定義する調和的な輪が、90度の角度を得ただけでなく、中間で折り返すまで、対極の側の慣性から離れて螺旋的に傾きます。この行程は、2つのディスク(円盤)を一緒にして、それらの側面を線として見る事で、最も上手くヴィジュアル化されるでしょう。次に、これらのディスクを、それらが2つの輪的な平面/領域として見られるまで、対極の淵を、お互いから離れる様に、同時的に傾かせ回転させて下さい。

<図表:168ページ、慣性の概念における、エネルギーのコーンの位置を定義するチャート。エネルギーの概念は、宇宙/統一的に同時的ですが、運動におけるその表現は、連続/継続的です。>


南は、慣性(不活性)が克服され、そして宇宙的な機械の歯車が、ゆっくりと回転し始める、運動の誕生地です。

南は、現実が終わり、そして幻想が始まる、運動の全ての効果の誕生地です。

南は、アイデア(思考)の誕生地で、それは調和的な球体/領域へと、北に向かって緊縮するアイデアの形状として、増大し続ける固体性において、よりはっきりと定義され、それはそれらの誕生地の慣性の南の平面/領域における消滅に向かって、それらは拡張するので、気薄さへと放散します。

南は、時間の誕生地で、それが北に向かって緊縮際に、比較/相対的な比率で、運動の全ての効果を加速させ、そしてそれは南に戻る際に拡張し、それらを減速させます。

南は、北の点の周りの軌道において動いている全ての質量(mass)の遠日点(aphelion)です。

南は、運動のその他全ての次元の誕生地で、それは、北に流れている電気的な流れにおいて、それらが集中するので、測量のそれらの基準の単位の全てを緊縮させ、そして、それらが南に流れている磁気的な流れにおいて分散するので、測量のこれ等の同じ基準的な単位を拡張させます。

北は、不安定化の方向で、そして対峙している運動の力で、其処においてエネルギーの全ての表現の対極が、それらの表現の最大限において出会います。

北は、常に旋回の渦巻で、其処でエネルギーの表現の全ての対極は、中性的(bi-sexual)な統合において出会います。

北は、性別が性別に出会う地点で、其処で両性別は一つの中性的な性別に融合します。

北は、そののエネルギーの自己再産出の地点です。

北は、北の点の周りの軌道で動いている全ての質量の近日点(perihelion)です。

北は、派生(generation)が終わり、退化(degeneration)が始まり、そして再産出/再繁殖(reproduction)が反復する地点です。

派生は北から南への旅で、退化は(逆の)戻りです。

再産出/繁殖は、質量から平面/領域への、旅の反復です。

北は、圧力の壁の陽-陰、プラス-マイナス、男性-女性の全ての出会いの地点で、それはこの運動の宇宙が一貫的に産出する安定性の幻想を保つ事を助けるために、全ての波の北側の倍音点(overtone points)の両方(後ろと前)に向かって立てられます。

運動している形状は、慣性におけるアイデアの反映です。

形状は、非-運動の調和的な平面/領域の輪において産み出され、そして運動の調和的な球体/領域において反映されます。

北は、最大の不安定性の地点で、其処で宇宙的な機械の最大の旋回的な運動が、安定性の反映を補助する事において、その助けを貸す地点です。

全ての波の倍音の中性/両性的な平面/領域は、宇宙的な機械のはずみ車で、そのエネルギーの波の概念の慣性的な平面/領域に90度の角度で、均整の旋回的な完璧さと共に回転しています。

この反映された位置において、その抵抗の平面/領域は平行です。斜角のギア、黄道的な運動、そして交差している平面/領域はありません。

運動の旋回的な不完璧さは、斜角のギアのある歯車の黄道的な運動と、抵抗している圧力の交差している平面/領域にあります。

私達自身の太陽系以上により良い運動の旋回的な不完璧さの例は見つけられず、それにおいて、全ての惑星は、幾らかの違いのある平面/領域において、太陽の赤道的な平面/領域で回転し、其処で抵抗の圧力の壁が交差し、其処で黄道的な運動は全ての歯車のための、斜角のギアを必要とします。

旋回的な完璧さの倍音の平面/領域は、中性/両性的な統合において、北が南に出会い、東が西に出会う平面/領域です。

旋回的な完璧さの倍音は、電気的な対極が一つの点に緊縮した処で、そして其処において、エネルギーの短く成り続けている(三角)コーンが、それらの頂点の平面/領域へと、それらの根本/土台を拡張する事によって、それらの外側のプラスの輪郭を、内側のマイナスなものに変格します。

旋回的な不完璧さの平面/領域は、エネルギーのそれらの波の究極的に北の地点に向かう、閉じ込められた効能的位置において、音(トーン)的に運動し続ける圧力の壁の対峙している平面/領域です。

<図表:170ページ、質量は渦巻きの周りに蓄積されます。渦巻きは、エネルギーの2つの対峙しているコーンの中軸の緊縮によって形成されます。緊縮がより大きければ、渦巻きの中の運動の加速がより大きくなります。>

旋回的な非完璧性のこれらの平面/領域は、物質の要素/元素の音的な位置で、それにおいてエネルギーの様々な状態は、それらの波のコーンの緊縮し続ける圧力の区画の中に閉じ込められています。

対峙している平面/領域は、プラスとマイナスの同等で、多かれ少なかれ、プラスとマイナスの運動と反射運動を構成する、対極の運動と反射運動です。これらの平面/領域において、運動の再産出/繁殖は、統合を通してのみ可能です。

これ等の平面/領域は性別の平面/領域で、運動の対極への、運動の全ての効果の分類を構成する男性と女性です。

北は、南がその反射運動の方向である様に、努力の運動の方向です。

北は、電気が宇宙/統一的な実質を、一つの固体の慣性の質量に一緒に集める様に現れる試みで向かう地点ですが、これにおいて失敗し、それは考える事の行程を通して、数々の別々の調和的な球体/領域へと、実質の幻想を集めます。

全ての方向は重力と放射の効果です。

全ての重力的な効果は、電気的に圧倒されています。

全ての重力的な効果は、吸引の結果です。

全ての放射的な効果は、磁気的に圧倒されています。

全ての放射的な効果は、吐き出しの結果です。

電気は常に、東を通って北の方向に動きます。

磁気は常に、西を通って南の方向に動きます。


自然はこれらの圧力の区画を音階へと分類し、それらの4つは緊縮している圧力で、それらを彼女は電気的な操作に与え、その他の4つは拡張している圧力で、それらを彼女は磁気的な操作に与えます。

七番目、八番目、九番目、そして十番目の音階の中の、三番目と四番目(ミとファ)の圧力の壁の間で、対峙している圧力はとても大きく成り、そのため自然は、中音(mid-tone)的な圧力の区画を創造し、其処で嵐の中心は更にもっと凝縮され、そして公転の速度は倍増されます。

自然は、慣性(不活性)的なガスの南向きの慣性的な線から、最大級の運動の北向きの炭素の線へ、全ての波におけるエネルギーの表現の強さを蓄積します。

その中に、運動の表現の全てが含まれる、エネルギーの(三角)コーンは、それらの頂点が概念の点から螺旋的に運動し離れ続け、そしてこれらの同じ地点に戻り続ける様に、それらの位置を変化し続けます。

同行している運動のメカニクスのチャートは、より鮮明に自然のエネルギー蓄積と分配の行程を証明します。

全ての運動の螺旋的な方向は、東と西として知られる、方向の2つのその他の対極の原因です。

東は、概念の慣性的な南の緊縮と、運動を通した概念の反映の、北に向かった形状の記憶で、そして西は北の南に向かう拡張/膨張的な復帰/戻りです。

運動はそれ自体を、直線の方向において表現する事が出来ません。

ニュートンの、それ自体のままに放っておかれた運動している体は、同じ速度で永遠に直線で運動し続けると明言する、物理の最初の法則は、運動の法則に一致していません。

変化している圧力のこの宇宙において、「空間/宇宙の中で」浮いている全ての質量は、それらの変化している効能の方向に一貫的に運動します。この方向は、常に螺旋です。

全ての運動は螺旋で、全ての方向はカーブしていて、そして全ての圧力の平面/領域はコーン的な断面で、電気的な運動は南から北へ直接、直線で進む事が出来ず、螺旋的な方向において北に向かって進まなければなりません。

電気的にプラスの運動が、北に向かって進む際に、それは緊縮します。

その緊縮の方向は、東を通った北です。

東は、あらゆる質量の重力的な中心における、最も少ない回転に向かってです。

東の最大級は、質量のチャージ(蓄積/蓄電)している部分に続いて、東が北に出会う処です。

電気的にマイナスの運動が南に向かって戻る際に、それは拡張します。

<図表:172ページ、エネルギーの波の限度を定義する、運動の立方体(キューブ)の分類を見せるチャート。>

その拡張の方向は、西を通った南です。

西は、あらゆる質量の表面における最大級の回転に向かってです。

西の最大級は、あらゆる質量の黄道的な平面/領域に続き、西が南に出会う処です。

緊縮の力の東向きの最小限の尽力は、故に、あらゆる質量の赤道の平面/領域に無ければ成らず、そしてその力はその質量の重力的な中心に向かって方向づけられます。

あらゆる質量において、緊縮の東向きの力の最大限の尽力は、回転の極が中軸な、派生的なコーンのチャージしている部分の中です。

あらゆる質量において、拡張の西向きの力の最大限の尽力は、その赤道が土台/根本の放射的なコーンのディスチャージ(解放/放電)している部分の中です。


全ての質量において、北は回転の極で、そのエネルギーのコーンの派生的な中軸において、東に出会い、その北東に向かう電気的な流れと、南西に向かう磁気的な力の線は、対峙している輪郭/曲線です。

派生の法則を思い出すと善いかも知れません:「全ての質量はその重力的な中心の方向に尽力された緊縮的な圧力によって、派生され、そして再派生/繁殖されます。その派生的な圧力の最小限は、その赤道的平面/領域から尽力され、そしてその最大限の圧力はその極からです。」

南は、エネルギーの派生的なコーンの中軸で西に出会い、その磁気的な力の等伏角線の平面/領域への、公転の赤道的な平面/領域の拡張は、その輪郭/曲線です。

故に私達は質量の放射の法則を繰り返してみましょう:「全ての質量は、その表面の方向において尽力された拡張的な圧力によって放射させられ、そして拡散されます。その放射的な圧力の最小限はその極から尽力され、その最大限はその赤道的な平面/領域からです。」

東は北に向かって緊縮し、西は南に向かって拡張します。

緊縮は求心的で、拡張は遠心的です。

あらゆる質量の求心的な力の増幅は、派生の方向においてで、そして遠心的な力の増幅は、放射の方向です。

求心的な力は蓄積し、遠心的な力は拡散します。

質量はその派生の方向において蓄積し、そしてその放射の方向において拡散します。

求心的な力は、自転を減速させ、公転を加速させます。

自転の減速は派生の方向においてで、公転の減速は放射の方向においてです。

全ての渦巻きは西から東に周り、そしてそれらの頂点は北を指します。


また、もし自転の減速が、緊縮の求心的な、東向きの方向において増幅すると、減速させられた自転は、同様な方法で、重力の引き寄せ合いに関連されなければなりません。

対照的に、もし自転の加速が、拡張の遠心的な、西向きの方向において増幅すると、加速させられた自転は、同様な方法で、放射の反発に関連させられなければなりません。

また、もし公転の加速が、緊縮の急進的な、東向きの方向において増幅するなら、加速させられた公転は、同様の方法で、重力の引き寄せ合いに関連させられなければなりません。

対照的に、もし公転が、拡張の遠心的な、西向きの方向において減少するなら、減速させられた公転は、同様の方法で、放射の反発に関連させられなければなりません。

<図表:174ページ、運動のそれ自体のキューブの領域を超えて通る、宇宙/統一的な実質の「部分」はありません。慣性的な平面/領域は、全ての現れがその中へと消滅するバリアです。>


統一/宇宙的一つ:第二巻:第十二章

The Universal One
統一/宇宙的一つ:第二巻
An exact science of the One visible and invisible universe of Mind and the registration of all idea of thinking Mind in light, which is matter and also energy
一つの眼に見える、そして見えないマインドの宇宙の正確な科学と、物質であり、またエネルギーでもある、光の中の考えるマインドの全てのアイデアの記載
Walter Russell
ウォルター・ラッセル著

第二巻

第十二章:パート1
Gravitation and Radiation
重力と放射


Pdfヴューアー158ページ、本文141ページより:

重力は、宇宙/統一的定数(constant)の、派生的な力で、放射は、非派生的な力です。これらは対峙する力で、それらはあらゆる質量において、その質量の効能のための圧力の均整のゾーンを求めます。

重力は、増幅している効能の、派生的な力であり、減少している効能の、非派生的(分解的)力です。

運動の電気的な力を引き寄せ合うのは、運動の電気的な力の中の力です。

エネルギーの宇宙/統一的な定数を、加速している、閉じて行く螺旋の、求心的(中央に向かう力)な渦巻きへと、変化させる電気的力の中の力で、それによって、その中央に向かって圧力が増幅する質量の蓄積へと、運動の類似した状態を引き寄せます。

それは、誘導(induction)によって蓄積する電力の表現で、そうする事によって、その蓄積に対して、磁力が、その抵抗を増幅させる事を強います。

それは誘導的な力です。

形状の現れへと融合するのは、運動の電気的な力の中の熱望です。

転置によって関連させるのは、電気の力です。

放射は、転置によって、非関連(分解)させる磁気の力です。

放射は、減少している効能の、非派生的(分解/退化)な力です。

それは、運動電気的な力に抵抗する、反射運動磁気的な力の中の力です。

それは、収集的力によって集められたものを、反発させ、分散させ、分離し、放散させ、そして再分配する、分離的な力です。

それは、伝導的な力です。

重力の引き寄せ合いと、放射の反発は、自然の単純な、分配と再分配の方法で、ですから質量は、その正しい位置を見つけます。

これ等の対極に現れる力を、2つの力と考えるのは、正しくありません。

南風と北風は、2つの風ではありません。それらは、反対に吹く同じ風です。

重力と放射は、行程と言う方が、より正しいです。

これ等の行程を方向付ける一つの動機的な力は、対極の効果へと、同等に分離されますが、これ等の対極の効果は、不平等に均整されています。

2つの対極の不平等な分離は、一緒に統合されると、一つの均整を構成します。

一つの力は、同等で対極なプラスでマイナスに釣り合う事無く、力のマイナスの表現へと、決して準分離しません(subdivide)。

重力は、物事を一つにまとめる統合/合成的な行程で、そして放射はそれらを別々に分解する、分析的(analytic)なものです。

化学者は、全ての運動と反射運動において、これ等の行程を使います。

例えば、その上に水素のジェットを通す事による、高い温度における酸化鉄の減少を考えてみて下さい。

何が起こるでしょう?

高い温度によって水素を吸収するに十分に拡張され、そして熱い鉄は、酸素を解放するに、十分に熱せられ、水素は、鉄の酸素の、より高い効能に向かって落ちます。

これは、酸素と水素に関する、重力の効果です。

それらは統合し、お互いに融合し、そしてとても延長された軌道の無定形な結晶へと凍り、それらは「水」として知られる状態に成ります。

対照的に、それは、鉄と酸素に関する、放射の効果です。

鉄と酸素の両方が、(熱によって)とても拡張された状態にもたらされ、それらの一つ/一所に成る能力は、それらの圧力の圧倒性が反転させられるまで、徐々に弱まります。

引き寄せ合い反発に変化します。

運動の状態がとても拡張されたために、鉄は酸素を放散し、それは正しい圧力のゾーンへと落ちます。

酸化の行程は、重力電気的な圧力の効果です。

減少の行程は、放射磁気的な圧力の効果です。

それらは正確に均整します。

鉄の原子価、圧力、温度、そしてその他の次元における減少は、酸化水素の次元の正確な増幅によって均整されます。

あらゆる質量における重力のプラスは、その他の質量における放射のマイナスによって均整され、圧力の法則に沿っていて、「全ての圧力は同等の対極の圧力を発達させ」そして「あらゆる質量の非派生/分解はもう一つの質量の再派生によって、正確に均整されます。」

全ての質量は常に運動しています。

この宇宙は、永続的な運動のものです。

エネルギーの宇宙/統一的な定数は、運動している質量によって表現されます。

全ての質量は、その他全ての質量へのその関連と共に沿って、その次元を継続的に変化させています。

質量の位置の変化はその質量の全ての次元の変化の原因に成ります。

「全ての質量は、場違いの効能で、そして全ての質量は、その変化している効能のために、正しい圧力のゾーンを、常に求めます。」

全ての質量は、それがその旋回している一部である、エネルギーの波の全ての次元の全音域を、その波によって代理されるサイクル全体を行き来するまで、一貫的に行き来します。

位置において、固定されたままで荒れる質量は無く、その運動において固定された様に現れるものでさえもです。


林檎は、重力の法則に従い、その比較的に高い効能の圧力を求め落下し、其処でその運動において止まった様に現れます。現実においては、それはこの惑星の中心に届くまで、落下するのを決して止めません。

それは単なる、その次元における変化です。

分解(腐食)している林檎は、この惑星(地球)の重力の中心へと続く電気的な流れによって、背後の残された、比較/相対的に低い圧力のための、正しい圧力を求めるために、空中へと上昇します。

腐食している林檎によって、解放された閉じ込められたエネルギーは、その力-時間の次元を、速度-時間の次元に交代させます。

より大きな力-時間の均整させる対極は惑星の中にあります。

重力の親しみのある効果を考えて、その観測を、その他のあまりよく理解されていないものに応用してみて下さい。

林檎は、地面に落ちます

ガスは、空中へと昇ります。

この惑星は、宇宙/空間に浮かびます。

その林檎とガスは場違いな効能です。開放された時に、一つは上昇し、もう一つは下降します。効能のそれらのそれぞれの集中の圧力ゾーンに向かい、一つは引き寄せられ(gravitates)、もう一つは放射(radiates)され、それらは、反対方向に行きお互いと交差します。

惑星は瞬間のための場所における効能で、それは常に、その常に減少し続ける効能の、(質量?解読不能)に向かって放射的に移動します。

惑星は故に、(減少?)している効能のその相応しい変化している軌道を通って、空間に浮かんでいると現れます。

(簡単さ?)のために、全ての質量は、(主に?)落下していると考えてみて下さい。

落下しているガス(気体)が、???の圧力に向かって落下していると考えると、それはその特定の強度の質量を引き寄せ合い、保つのに十分な、派生的な???を有します。

惑星を、その変化している効能に釣り合っている、???に向かって落下し続けるものと考えてみて下さい。

分析のために、海の深さに落された???の効果を考えてみて下さい。

???、場違いの効能の???は、対峙する圧力が均整する場所に届くまで、???の一部である???の質量の重力的な中心へと落下します。

???は、実に惑星がする様に???します。

???は、その正しい圧力のゾーンの???の上で上下に少々、振動し、それはその???を見つけ、丁度、惑星がその派生的な中心の周りを公転する様に、そのシステムの派生的な中心の周りを公転します。

???はまた、海の???十分に深いの水の全ての物体を、それらの相応しい???に相応しい位置に???させます。

更に加えて、それらの公転自転は、その惑星自体のこれらの???です。

???はまた、それらの相応しい軌道が、西から東へと公転し始め、西から東へとその地軸上で自転するのを見つけます。

ある巨大な手が、この???を持ち上げ、石がそれによって、水の中に落とされる前に動かされる様に、その効能の軌道の、比較/相対的に???の圧力ゾーンから動かされる事を???してください。

もしそれが、突然に、海王星の軌道から外へ解放されると、何が起こるでしょう?

その様な低い圧力ゾーンにおいて、それが爆発せず、一つに保たれたと仮定すると、それは、それが移動させられた軌道に戻るまで、太陽に向かった増幅している素早さで、やや北側にカーブした線で落ちます。

元々の軌道の平面/領域に辿り着くと、それは減速している速度で太陽に向かってその下に沈み、その後その推進力を失い、その効能の慣性(不活性)的な均整の位置を見つけるために、上下に振動した後、それは最終的に以前と殆ど同じ軌道に落ち着き進みます。それは少々、拡張/膨張と表面/地表のイオン化でダメージされます。その効能は、より低い圧力ゾーンへの、その冒険の成り行きとしてやや減少させられ、そして故に、その軌道は、その移動の前より、やや太陽から遠く成ります。

もう一度、巨大な手が、その惑星を持ち上げ、遠くでは無く、太陽の近くへ反対に移動させたと想像してみてください。

例えば、水星の軌道上に、突然、解放されると、何が起こるでしょう?

分析/比較の目的のために、水星と比較されると低い密度が、その表面が白熱の熱さに成り、その海が気薄な水蒸気に成ると言う事実を、私達は一旦、忘れましょう。それは、丁度、原子のガスが、地球から上昇し、減少し続ける速度で、南方に向かってカーブし続ける線で、その正しい圧力の平面/領域に向かう様に、減速し続ける速度で、圧力のその軌道に向かって南方にカーブして落ちます。

この惑星の次元は、石に相応しい圧力において、木のボールの密度が、水の中に保たれる事を許さない様に、水星の圧力ゾーン(軌道)にそれ(地球)が残る事を許しません。

それは、大体において、その元々の軌道を見つけますが、より高い圧力のゾーンへのその冒険も間に吸収された増幅された効能のために、その軌道は、それが移動される以前より、少々、太陽に近い場所で軌道します。

この運動の宇宙は、運動の始まりから運動の最大までの、均整のもので、その間、安定性の進歩は、その現実を、安定性の幻想に変化させます。

あらゆる効能には、真の位置があります。

エネルギーの宇宙/統一的な定数(constant)の次元の正確な位置が見つけられなければならず、それは蓄積された質量(mass)です。

その変化している効能の、正しい位置を見つけようとする質量の熱望は、質量の運動の全ての原因です。

その変化している効能の、真の位置を求めている全ての質量は、その変化している効能の、真の位置を求めている、その他全ての質量を転置させます。

転置(移動)させられた全ての質量は、その正確に同等で対極によって入れ替えられなければなりません。

その運動によって、空中に保たれていなければ、月が地上に落ちると言う、現在の理論は間違ったものです。

月は、その運動のために、空中に保たれているのでは無く、それ自体の均整的な圧力を要求する、その効能(potential)のためです。

地球と月は、それらが緊緊縮の圧力によって、一緒に引き合うより強い暴力性で、それらの圧倒的な拡張の圧力で、離れる様に押し合います。

月は、移動させられたエネルギーの転置において補助していて、それは常に慣性(不活性)に向かっていて、その継続/連続的な軌道(i.e.公転)が長時間(永続的)に、その次元において全く同じの様に現れる、その螺旋的にカーブしている通り道(軌道)に続きます。

もし、月が一時的に一つの位置に捕獲されたら、それは捕獲されていなかったら、通常あった場所に急いで戻ります。

その他の惑星も丁度、同じです。

地球は、風船が地上に落ちず、コルクが水に沈まない様に、もし運動が止まっても、太陽へと落ちません。

太陽から放出された水素は、太陽に落下して戻れません。太陽の放射性の拡張の圧力はそれを許しません。

太陽による、惑星の放出と、それらの戻る事の不可能性は、同じ原則に基づいています。その違いは、唯一、比較/相対的な効能のものです。

運動している質量は、その運動を止める事が出来ません。

質量は、1秒たりとも不変である事の出来ない、不安定な状態です。

不安定性は、安定に成る事は出来ません。

惑星と、それらの衛星の運動は、元々の刺激の継続では無く、その他の無抵抗のために、それらが継続されるわけでもありません。

それらが、それらの軌道において公転し、それらの地軸において自転するのは、それら自体のエンルギーの特定の波の蓄積の、流れている流れと、旋回している渦巻きの中に、それらが浮いているためです。それらは、背後からの圧力の方向に続く以外、そして前方からの吸引に続く以外の事は出来ません。それらは、常に休息/停止の場所を求めますが、それらが概念の形状に重荷を課せられている限り、それ(休息/停止)を決して見つけられません。

止めどない運動からの休息は、それらの蓄積された質量の、完全な再分配による慣性によってのみ、それらに来ます(与えられます)。

慣性における放散と消滅は、人々と、全ての進化している物事の様に、惑星の運命です。

それらの次元をゆっくりと変化させ、それらは全て、それらの再派生を待つ、それらの休息の安息地の西向きを通った南向きの、遠心的な旅を完結させます。

ゆっくりと拡張して行き、それらは、それらの後退において太陽に補助され、太陽から離れていきます。

そのシステムの太陽はそれら全て(各惑星)を冷えるために、ゆっくりと押し出していて、そして(太陽から)放出された各惑星に入れ替えて、そしてそれ自体の効能を続けるために、その(新たな惑星の)再派生のために、それ自体に新たな光単位を引き集めます。

惑星は、太陽の形成の完成された産出物で、そして再派生的な光単位は、惑星が形成される生の産物(原産物)です。

太陽が、圧倒的に各惑星を押し出している様に、太陽の孫である衛星を、各惑星は同様に押し出しています。

惑星が、太陽の赤道的な平面/領域を離れた時、その当時でさえ、それらのその様な次元は圧倒的に放射的な質量だったので、それらの放出は必然的でした。

太陽の、それらを遠くへ、より遠くへと押す熱望(意欲)は、そのそれらを引き寄せる熱望に勝るので、それらの次元は徐々に、それら自体をその熱望に調整します。

質量が太陽により近い程、質量はより濃縮で、その均整的な圧力の壁はより高く、その量(volume)はより小さく、その公転はより速く、その自転はより遅く、その公転の平面/領域が太陽の黄道により近く並行的なら、プラスのチャージはより大きく、偏心率穂より大きく効能はより高く、そのマイナスのディスチャージを放散し、その他の質量のプラスのチャージを引き寄せる質量の能力はより大きいです。

質量が、太陽からより遠い程、質量の気薄性が大きく、その凝固点がより低く、その均整的な圧力の壁がより低く、その量がより大きく、その公転がより遅く、その自転がより速く、太陽の黄道に対してその公転の平面/領域の角度がより大きく、しの偏心率がより小さく、マイナスのディスチャージがより弱く、効能がより低く、より高い効能のその他の質量から、それ自体の放出を補助しその他の質量を引き寄せる能力はより少ないです。

もしその運動が止められたら、地球は太陽へと落ちると予想するのは、膨らまされた風船が地上に落ちると予想するのと同様です。

もしこれらの明言が証明出来るなら、すると、ニュートンの法則は真実では無く、あらゆる質量における全ての次元の変化は、それらの必要条件を超える、またはそれらに届かない事のどちらかにより、その法則の必要条件に一致する、質量の能力を変化させるためです。

質量における次元の変化の全ては、質量における次元の全てを変化させます。



次元のこの宇宙は、運動の状態の圧力の各部分へと分離されそれは秩序的な比率で変化します。各部分の間には、慣性(不活性)的な壁があり、それは宇宙における運動の全ての変化している次元と共にそれらの位置を再調整します。

地面へと落下しているボールは、同時的に宇宙の中の全ての原子を転置させ、その次元を変えます。

落下しているボールに入れ替わるために、慣性に向かってこの惑星から何かが同時的に上昇しなければなりません。

とり大きな(volume)の拡張/膨張させられた質量(mass)は、その減少させられた量のために、正しい圧力のゾーンへと、上昇しなければなtりません。

低い効能(potential)は、下降した高い効能に入れ替わるために、上昇しなければなりません。

最も遠くに星は、結果的に原因された、変化させられた効能へ、その密度を調整するために、緊縮するか拡張しなければなりません。

あらゆるシステムの惑星と衛星の全ての、瞬間のそれらの位置は、それらの次元と瞬間の相対的な関係によるものです。

それらは全て、減少している効能の、それらの拡張している次元に、相応しい位置において、消滅のヴァイオレットに向かって、一貫的に落下しています。

それと同じ方法で、あらゆるシステムを再派生させている、派生的な光単位の全ては、増幅している効能の、それらの緊縮している次元に相応しい位置において、最大級の白熱の現れの黄色に向かって一貫的に落下しています。

次元は、それらが測量する状態と同じように相対的です。

質量の全ての次元は、その変化している効能と同時的に、緊縮し、拡張します。

あらゆる2つの質量、またはシステムの間にある慣性的な平面/領域は、より広く分離された部分の拡張されたシステムより、濃縮され、圧縮されたシステムの方が、比較的にお互いから近いです。

もし対峙している濃縮な質量が、お互いの近くへと近づけられると、質量の重力的な中心と、それらの慣性的な平面/領域の間にある4つの圧力ゾーンは、より制限されます。

システムのその圧力のゾーンが、より制限されれば、そのシステムの4つの圧力ゾーンの中の、全ての惑星と衛星の軌道はより制限されます。

制限された軌道は、それらの中で公転している、全ての質量の秩序的な加速を要求します。

システムの中核の周りを公転している、加速させられた質量は、そのシステムの渦巻きの派生的な力を増幅させ、その最大級の増幅は、そのシステムの全ての質量の公転の、惑星のペリヘリオン(太陽/中核に最も近い点)においてです。

加速させられた公転はチャージ(蓄積/蓄電)します。

加速させられた自転はディスチャージ(解放/放電)します。


質量の引き寄せ合う能力は、公転の速度が増幅すると、増幅します。

質量の反発する能力は、自転の速度が減少すると、増幅します。

システムの派生的な力の増幅が意味するのは、そのシステムの求心力(中央に向かう力)の増幅です。

システムの求心力の増幅が意味するのは、そのシステムの効能の増幅です。

効能の増幅が意味するのは、プラスのチャージの増幅です。

プラスのチャージの増幅が意味するのは、引き寄せ合いの力の増幅です。

一つの質量の、もう一つを引き寄せる能力は、お互いの比較的なプラスのチャージと、お互いの質量に対する比較的な位置によります。

システムの、各惑星の公転速度の増幅が意味するのは、そのシステムの各惑星の自転減速です。

システムの各惑星の自転の減速が意味するのは、そのシステムの遠心力(中心から外に向かう力)の減少と、結果的な求心力の増幅です。

一つの質量の、もう一つを反発する能力は、お互いの比較的なマイナスのディスチャージと、その他の質量に対する比較的な位置によります。

私達は、重力の、最初の法則を繰り返してみましょう。

「全ての質量は、その他全ての質量を、引き寄せ合い反発する、比較的/相対的に現れる能力を持ち、その比較的な能力は、その比較的な効能によります。」

制限された渦巻きにおいて、公転している質量の、公転の速度の増幅によって、増幅された求心力は、その様な渦巻きにおいて、公転している質量の自転の減速によって、弱められた遠心力と共に、必然的にそのシステムの効能を上昇させます。

その様なシステムの全ての次元は、そのシステムの派生させる増幅された能力と共に変化します。

量は減少します。軌道的なエリアは減少します。

量の減少は、公転の加速によって、正確に均整(バランス)されます。緊縮された軌道において、同等の質量の拡張された軌道と、同等のエリアがカバーされ(覆われ)なければなりません。

緊縮された軌道において、10年に1公転している、拡張された軌道によってカバーされたエリアを均整するには、毎秒30兆公転が必要かも知れませんが、宇宙/統一的な定数(constant)の均整は、たもたれなければなりません。

溶解点は、緊縮された軌道において、より高いです。

全ての基準的な単位は、同時的に変化します。

丁度、その他全ての次元でも同じです。それらの変化は、純粋に比較/相対的で、常に均整されています。

どの質量の次元の全ての変化の係数(co-efficints)は、宇宙/統一的な定数の同等の総合と、常に均整しています。

エネルギーの派生を好む、重力の引き寄せは、電気が、質量として蓄積する事を可能にします。

全ての質量は、形状の現れへと、重力の引き寄せによって、蓄積されたエネルギーに構成されています。

全ての形状は、様々な次元と関係の質量に同行する、重力の相対的な力によって、多かれ少なかれ密接に一所に保たれます。

大きな質量のための法則は、小さな質量のためのものと同じです。

原子の中の光単位の軌道を地図する、重力の法則は、太陽系の惑星の軌道を地図するのと、全く同じです。

重力の効果を考えるにおいて、この太陽系の区切りを超えて、人のマインドをプロジェクトさせる(想像する)のは難しいです。実際に、人の観測と経験は、とても純粋に地域的なので、人のマインドは、この惑星のみの、重力の効果に緊密に結びつけられています。

この太陽系のシステムは、大きなスケールにおいて、鉄やマンガンの原子の反復的な効果でしかない事は、気付くのが難しいです。

鉄の原子の中の惑星的な質量は、私達の太陽系のシステムが有する、引き寄せ合い反発の、能力の、比較/相対的に大きな変化を持つ事に気付くのは、難しいです。

私達の太陽系の全体が、一つの原子でしかない波の、北の倍音(オーバー・トーン)の地点の、重力的な引っ張りの対象だと気付く事は、また、難しいです。

科学は、太陽系の重力の引き寄せ合いを、原子的なシステムの中の、運動の効果から、全く異なった効果として考えます。

原子的な運動は、重力の法則の対象では無いと推測されます。

科学は、一つを「重力」と名付け、そしてもう一つを「電気的な効果」と名付けます。

両方の効果は同じです。

また、量歩の効果は、同じ状態の生まれです。

原子の中で、太陽系の惑星がする様に、正に惑星は、それらの変化している効能の、正しい圧力を見つけようとする、一貫的な試みにおける、それらの正しい変化している圧力の、軌道の平面/領域において動きます。

それが、中核的な太陽のとても近くに成るまで、派生的な原子のチャージしている光単位は、太陽系のチャージしている光単位がしない様に、その太陽へとクラッシュして落ちる様に、より高い圧力を通って近道を渡りません。

それは太陽に向かって、螺旋的に落ちる際に、徐々に緊縮し、それが落ちる毎に、均整の圧力と溶解点は一貫的に上昇します。

非派生的な原子のディスチャージしている光単位は、その波のサイクルの最も遠い境界において、消滅の慣性的な平面/領域における、気薄な雲へと、突然、爆発的に壊れるために、減少している圧力を通って近道を取りません。

それは、その相応しい効能をそれが見つけるまで、大きな力でその中核的な太陽を離れます。その後、それは、その太陽から螺旋的に離れて落ちる際に、徐々に拡張します。

もし惑星と衛星の運動が、重力の効果で、そしてより小さな質量における同じ効果が、「電気的な効果」なら、何故、より小さな質量は、より大きな質量と、正に同じ法則に従うのでしょう?

原子の光単位は、地球の重力的な中心から独立している様に見えますが、実際にそれらはそうではありません。全てはそれぞれの比較/相対的な効能に正しく公転しています。

木星の月は、このシステムの太陽的な重力の中心に関して、正に同じ事をしますが、それらは「電気的な効果」とは考えられていません。

それらは、それら自体のシステムの外のその他の質量に関して、システムの光単位が見せる、同じ現れる無視と共に、太陽に向かって落ち、太陽から離れます。

それらの加速と減速でさえ、それらが太陽に向かって動いているか、それから離れて行っているかのどちらか以外の原因によって、効果/結果されています。

後の部分で、太陽的な黄道(太陽系)の、内側と外側のエリアの、「宇宙/空間のエーテル」と呼ばれるものの、旋回している漂流が、正確にチャートされます。この漂流は、粒子が速く流れる旋回している渦巻きに、容赦なく運ばれる様に、太陽系の惑星を運びます。

重力の全ての効果は、電気的な効果で、そして放射の全ての効果は、磁気的な効果です。

運動の全ての効果は、電磁的な効果です。


全ての質量は、その効能の関係の秩序において、それが見せるその関連に向かう、重力的な中心の連続/継続を持ちます。

軍隊の一兵士が、上官からの命令を受取り、その集団が順を追って、更に上の上官の命令に、一つの単位として従い、そしてその様に、その軍隊全体が、一つの最上級の指令に統制され従う様に、低い効能は低い効能の重力的な命令(法則)に従い、そして蓄積された効能の様々な状態は、蓄積された効能の重力的な命令に従い、そして質量の全体が、一つの最上級の重力的な中心に統制されて従います。

エネルギーの全ての波は、その南と北の平面/領域の間に、抵抗している圧力の壁を構築し、そしてこれらの圧力を無視出来る質量はありません。

それぞれのエネルギーの波の中において、全ての質量は、小石が溝に従い、または列車が鉄道に従い、もしくは小川が海を見つける様に、低から高に動きそして再び低い効能へと戻ります。

減少と上昇のそれぞれの効果を、私達は、重力的と放射的の両方として考え、また電気的と磁気的と考えてみましょう。

地上に落ちていく林檎は、誘導的な電気的効果です。

それが地面に落ちるのは、重力がそれを地面へと、引き寄せるからです。

その林檎のプラスのチャージは、地球のより大きなプラスのチャージを求めます。

落下している林檎は誘導によって惑星をチャージし、それは惑星の効能を上昇させます。質量のより大きな近さもまた、惑星の効能を上昇させます。

林檎の誘導されたプラスのチャージは、惑星の中心に向かって、派生的な流れにおいて、求心的に続きます。

惑星による、林檎のプラスのチャージの融合への抵抗は、林檎を離れた正確な量の熱においてそれ自体を登録/記録します。

林檎の熱、圧力の緊縮、効能と電磁的チャージの吸収は、林檎のディスチャージの電気的な効果で、惑星に加えられたチャージです。

それは、その林檎に関しては、放熱的な効果で、その惑星(地球)に関しては、吸熱的な効果です

その惑星による、林檎の電気的な効能(potential)の吸収が、重力的な効果なのは、何故なら、その林檎と惑星がお互いに引き寄せ合い、そしてそれがまた、電気的な効果なのは、何故なら、それが片方によるもう片方のプラスのチャージ(蓄積/蓄電)の吸収だからです。

林檎と惑星に両方が、お互いに向かって落下します。

もしその林檎が、その惑星程大きく、同じ程の密度なら、その両方はお互いに向かって、同じ速度で動きます。

その林檎はとても小さく、その惑星はとても大きいので、地球の通り道への誘導は、皆無です。

しかしながら、月の様な体では、そうでは無く、それは物質的に地球の軌道の影響し、それらの天界的なダンスの同等なパートナーとして旋回します。

林檎と惑星の話しに戻ると、その林檎のプラスのチャージは、その惑星の中央に向かう、その求心的な旅を続けるので、その林檎のマイナスのディスチャージ(解放/放電)は、対極の方向に向かって拡張/膨張し、消滅します。

片方は「落下」し、もう片方は「上昇」します。

「落下」するのはプラスのチャージで、「上昇」するのはマイナスのディスチャージです。

そのプラスのチャージは、プラスのチャージに向かって落下し、放射的な放出として、マイナスのディスチャージを放散します。

もしプラスのチャージがプラスのチャージに向かい落下するなら、プラスのチャージだけを統治する原則は、引き寄せ合う能力を持つというのは、合理的です。

分解された林檎が地面から上昇するのは、何故なら、放射がそれに反発し、プラスのチャージがそれを放出するからです。

その林檎のマイナスのディスチャージは、低い効能の、より大きな拡張を求めます。

その上昇は、その惑星に対する放射的な効果で、それからそれは、それ自体の効能を求め、遠心的(中心から外に向かう力)に上昇します。

それが上昇する際に、それはその効能の圧力のゾーンにおける、その軌道を見つけるまで拡張します。

それはもう一つの質量(mass)の慣性(不活性)的な平面/領域に衝撃/ぶつかり、それに向かってそれは求心的(外から中央に向かう力)に落下し、再派生されるかも知れません。

これは、それが向かって落下する質量に対する重力的な効果です。

もう一つの質量の慣性の平面/領域に対する衝突によるその再派生は、それが緊縮する原因に成ります。

それは、電気的にプラスに成ります。

そのプラスのチャージは、それが向かって落下する質量の効能によって引き寄せられ、そしてそれによって、それは栄養として吸収され、そして最終的に再び放射的な放散としてディスチャージされます。

これは、アイデア(思考)の全ての形状の、収集と分散の方法です。

これは、全てのエネルギー(光/波)の、蓄積と分配の方法です。

これは、全ての体の、養いと飢えの方法です。

これは、活性化と不活性化の行程です。

運動の全ての効果は、重力的で放射的な効果です。またそれらは、それらが丁度、同様に化学的な効果である様に、電気的磁気的な効果です。

私達は今から、様々な重力的、そして放射的な表現を、一つ一つ考えてみましょう。

これ等の表現の全ては次元を持ち、それらの次元の全ては測量可能なのは、幸運な事です。

私達は最初に、引き寄せ合い反発の現れる力だる、論議されている題材へのそれらの関係において、それらを端的に考えてみましょう。

私達は次に、それらを測量する方法と意味を考え、そしてもしそうする事によって、自然の長きに守られて来た秘密が、理解する事と、利用する事が、簡単に成るかどうか見てみましょう。



Profile

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR