マイケル・タツァ―リオン:コンスピラトリウム

Michael Tsarion Conspiratorium
マイケル・タツァ―リオン:コンスピラトリウム

Ep. 1.1 - Psychic Vampires
第一部I - 精神的吸血鬼

http://www.youtube.com/watch?v=q1YSXbv-gws

Ep. 1.2 - Revelation
第一部II - 啓示

http://www.youtube.com/watch?v=9x9K_MRhqyU

Ep. 1.3 - Evil and Our Return
第一部III - 邪悪と私達の回帰

http://www.youtube.com/watch?v=kpakfh_8-is

Ep: 2.1 - The Black Sun
第二部I - 黒い太陽

http://www.youtube.com/watch?v=yJ7yHoKIqfo

Ep: 2.2 - Our Traumatic Legacy
第二部II - 私達のトラウマ的遺産

http://www.youtube.com/watch?v=OIhaorax4Kg

Ep: 2.3 - The Fall (Spirit into Matter)
第二部III - 墜落/降臨(スピリットは物質の中へと

http://www.youtube.com/watch?v=rs9qPtnFJxY

マイケル・タツァリオン・フォーラム
http://michaeltsarion.com/mtsarforum/viewforum.php?f=2

有毒ワクチン

Bobby Kennedy Jr., Robert De Niro - Vaccine Autism Smoking Guns! Press Conference
ボビー(ロバート)ケネディー・ジュニア、ロバート・デ・ニーロ - 自閉症はワクチンが原因! 記者会見



VAXXED (ワクチンを打たれた)
隠蔽から大災害まで
1 Vaxxed
彼等があなたに観て欲しくない映画

VAXXED: DVD

VAXXED: wiki


はたともこ元参議院議員(生活の党)が委員会で指摘してきた通り、子宮頸がん予防ワクチン被害の問題も重篤である。
>子宮頸がん予防ワクチンは必要ない。(はたともこ)
http://blog.goo.ne.jp/hatatomoko1966826/c/e66e31961fd4fd7a27628fba9361277e


http://news.jphma.org/2013/05/post-ab06.html 2013年5月 5日 (日)
子宮頸がん予防ワクチンに関して、東日本大震災後の集中CMをはじめ、マスコミ、行政をあげての子宮頸がん予防ワクチン接種キャンペーンが繰り広げられた。地方公共団体はワクチンの無償化を競い、この無償ワクチンが、将来の子宮頚がん予防になるという触れ込みで宣伝された。子宮頸がん予防ワクチンに関しても、ワクチン会社の添付文書に重篤な副反応が明記されているにも関わらず、インフォームドコンセントもしっかり行われず、この宣伝を信じ、多くの未成年女子の父兄が、愛娘の健康にもよいと思って、競って接種をうけさせました。

ところが、先日結成された全国子宮頸がん予防ワクチン被害者連絡会が記者会見を行い、子宮頸がん予防ワクチンの予想以上の副反応による全国に広がる 被害の実態が、主要な新聞にまで報道された。このことは、被害が隠せないほど大きく一気に広がってしまったということを意味している。厚生労働省資料によると、昨年末迄の約3年間の時点で、延べ829万回の予防接種を行ったということ。子宮頸がん予防ワクチンは3回接種なので、300万人近い日本の未成年 女子が1度以上このワクチンを接種したと推定される。現在、報告されている副反応の届け出が既に1926例、そのうち重篤なケースが101例と先日発表さ れた。これは氷山の一角の数字で現在、被害者の会にも報告や相談が相次いでいる。被害の実数はこれを大きく上回る被害がでていると推定され、この副反応発 現率は、インフルエンザワクチンの数十倍に上るものと考えられる。・・・>


当時、厚生労働大臣だった舛添要一三原じゅん子が旗振り役となり、ワクチンの認可にむけて熱烈に推進した。HPVワクチンのメーカーは、サーバリックスとガーダシルが有名である。国費(税金)で健康な女性にワクチンを接種し、重篤な副作用被害をもたらした。

製薬メーカー・医薬品業界・政治家・官僚機構などが、国民の税金を使って健康な女性を障害者に陥れ、自分達はその利権にあずかるという構造である。これが不正選挙によって成立した安倍自公政権の実績である。国民の敵である安倍自公政権。決して許すことはできない。
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/471.html

円の支配者

円の支配者
ヴェルナー

円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか

[引用]

バブルの創出も崩壊も日銀の『日本改造10年計画』の中に組み込まれていた」というのが本書の主題である。著者のリチャード・A・ヴェルナーは日本銀行の客員研究員時代の調査をもとに、権力が集中し、コントロールを失った日銀の内部事情を明らかにし、その金融政策がバブルの創出、崩壊にいかなる影響を及ぼしたのかについて厳しい指摘をしている。

経済政策は旧大蔵省が行う財政政策と中央銀行(日本銀行)が行う金融政策に大きく分けられる。だが、戦後の日本においては、大蔵省の財政政策ばかりに注目が集まり、日本銀行の経済に対する影響力は見過ごされていた。著者によれば、財政政策の効果は日銀が貨幣をコントロールすることで変えられるし、実際に日本銀行はそうすることによって日本の構造改革を進めようとした、というのだ。

本書を読めば、国民によって選ばれた人間ではなく、「プリンス」と呼ばれる一部のエリートが日本経済を動かしているという事実に、恐れを抱かずにはいられなくなる。論議をかもすこと間違いなしの衝撃的著作である。

内容紹介

バブルの創出も崩壊も日銀の「日本改造十年計画」の中に仕組まれていた! 政府が景気回復に向けて必死の努力をしていたとき、なんと日銀は信用を収縮させ、景気回復を故意に遅らせたのである。 なぜか? 著者は名探偵のごとく犯人を追いつめ、遂に日銀の陰謀ともいえる行動を突き止める。 日本を震撼させる力作!

<主な内容>

・戦後五十年、日本を支配した日銀の五人の総裁

・日銀の窓口指導と日本の覇権をめぐる争い

・実験―日本の最初のバブル経済

・不況を長引かせた日銀

・大蔵省と日銀の「バトル・オブ・YEN」

・日銀の「日本改造十年計画」

・景気浮揚―回復は始まっている

セントラル・バンカーが暮らしを支配する

内容(「BOOK」データベースより)
この本は新進のドイツ人研究者による、真に衝撃的な、日銀と日本経済の研究である。われわれはこの本をとおして、初めて、バブルの創出と崩壊、この十年の日本の苦境の真因を知るだろう。政府が景気回復に向けて必死の努力を重ねていたとき、なんと日銀は信用を収縮させ、景気の回復を故意に遅らせたのである。なぜなのか?これが本書の核心である。著者は名探偵のごとく、犯人を追いつめ、遂に日銀の陰謀ともいえる行動を白日のもとにさらした。日本を震撼させる快著。

内容(「MARC」データベースより)
バブルの創出も崩壊も日銀の「日本改造10年計画」の中に組み込まれていた。日銀の行動を白日のもとに晒す。新進のドイツ人エコノミストによる、日銀と日本経済の研究。

著者について

1967年ドイツ・バイエルン州生まれ。オックスフォード大学大学院博士課程を経て、東京大学大学院で経済学を専攻。ドイツ銀行証券会社、野村総合研究所経済調査部等を経て、91年末~93年末までオックスフォード大学経済統計研究所の研究員として日本銀行金融研究所及び大蔵省財政金融研究所で研究を重ねる。97年より上智大学講師。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヴェルナー,リチャード・A.

1967年、ドイツ・バイエルン州に生まれる。オックスフォード大学大学院博士課程を経て、東京大学大学院で経済学を専攻。ドイツ銀行証券会社(1989)、野村総合研究所経済調査部(1990)、日本開発銀行設備投資研究所(1991)では初の「下村フェロー」に。91年末~93年までオックスフォード大学経済統計研究所の研究員として日本銀行金融研究所及び大蔵省財政金融研究所で研究を重ねる。97年より上智大学講師。金融経済学と国際・開発経済学を講じている。98年プロフィット・リサーチ・センターを設立、取締役チーフ・エコノミストに。91年10月、処女論文“The Great Yen Illusion”で日本が「歴史的規模の不況型クレジット・クランチ」に移行し、日本の銀行が破綻しかねないことを指摘した。氏の論文は内外の専門誌で常に大きな注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Princes of the Yen: Central Banks and the Transformation of the Economy
ドキュメンタリー映画「円の貴公子達(支配者)」



日本の金融システム


バーゼルの塔:BIS の世界統一通貨を発行する秘密裏の計画

Profile

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR