とても分かりやすいお金のお話し

『カレント』誌 平成14年1月号

政府貨幣と日銀券の本質的な違いに着目せよ!
                 
 丹羽春喜(大阪学院大学教授)



 政府貨幣は政府の負債にはならない(プロのエコノミストたちへ)

 実は、本稿で述べますことは、まことに初歩的なことにすぎませんが、意外にも、むしろプロのエコノミストたちのあいだで盲点になっていて、思い違いをしておられるかたがかなり多いようですので、明瞭に書いておくことにしたいと思います。


政府の財政収入を得る手段は三つ。(1)租税徴収、(2)国債発行、(3)通貨発行

 古来、常に指摘されてきましたように、そして、現在でも、経済学や財政学の教科書には必ず明記してありますように、政府の財政収入を得る手段は三つあります。すなわち、(1)税徴収、(2)国債発行、(3)通貨発行の三つです。現在のわが国においては、(1)の租税徴収も(2)の国債発行も、もはや限界に来ているわけですから、今日の深刻な財政・経済の危機を打開するための財源調達には、(3)の通貨発行という手段のなんらかのバリエーションを、下記のごとく工夫するべきだというのが、本誌でも繰り返し述べてきました私の政策提言の基本ビジョンです。


わが国の「通貨」は「政府貨幣」と「日銀券」

 ご承知のごとく、わが国の現行法の規定するところによれば、わが国の「通貨」は「政府貨幣」と「日銀券」より成っています。この「政府貨幣」には、金属で鋳造されたコインだけではなく、「政府が発行する紙幣」すなわち「政府紙幣」も含みます。また、政府発行の「記念貨幣(記念紙幣)」も「政府貨幣」です。


「政府貨幣」発行により財政収入を得られるが「日銀券」の発行ではそれを得られない

  さて、上記のごとく「通貨」を構成している「政府貨幣」と「日銀券」のうち、 「日銀券」の場合は、言うまでもなく、それをいくら発行しても、それ自体では、 政府の財政収入にはなりません。かりに、戦前の高橋是清蔵相のときのごとく、新規発行国債の日銀による直接引き受け(これは、現在でも、国会の特別決議があれば可能です)が行なわれたとしても、要するに、それは、政府が日銀からそれだけの額の借金をしたということにすぎませんから、政府が「造幣益」という財政収入を得たわけではありません。しかも、よく知られているように、「銀行券」であるところの「日銀券」の発行額は日銀の負債勘定に計上されるのですから、日銀にとっても、「日銀券」の発行ということそれ自体からは「造幣益」は得られません。


「日銀券」の発行に担保は不要だが多額発行すれば、日銀は債務超過に

  平成10年3月末まで施行されていた旧「日銀法」では、日銀が「日銀券」を発行するときには、担保と見なしうるような所定の金融資産的裏づけを必要とするものと規定されていました。しかし、平成10年4月より施行されている現行の「日銀法」 では、「日銀券」の発行には、とくに担保を必要とはしないという規定に改められています。しかし、日銀にとっては負債である「日銀券」がそのように資産的裏づけ無しに多額に発行されますと、日銀は債務超過に陥ってしまいます。日銀が債務超過になったからといっても、実際には、実体経済に関してはあまり不都合なことは生じないかもしれませんが、マスコミなどは大騒ぎをするでしょうし、金融政策が姑息なものとなり、その信頼度が低下することは、避けられないところでしょう。

「政府貨幣」発行には上限なく、担保いらず、またそれは負債とはならない

  ところが、「政府貨幣」(「政府紙幣」をも含み、また「記念貨幣」をも含む)になりますと、この点が全く異なります。すなわち、通貨に関する基本法である「通貨の単位および貨幣の発行に関する法律」(昭和62年、法律第42号)では、「貨幣」(すなわち「政府貨幣」)の製造および発行の権能が政府に属するという「政府の貨幣発行特権」(seigniorageセイニアーリッジ権限)がはっきりと明記(同法第4条)されており、その発行には、なんらの上限も設けられておらず、政府はそれを何千兆円でも発行することができ、担保も不要とされているのです。しかも、発行された「政府貨幣」(「政府紙幣」や「記念貨幣」をも含む)の額が政府の負債として計上されることもなく、その発行額は政府の正真正銘の財政収入になります。


「政府貨幣」の発行による「造幣益」は政府の収入に計上され、「日銀券」の発行は、日銀の負債勘定に計上される

つまり、「政府貨幣」の発行額(額面価額)から、その発行のための原料代や印刷費や人件費などのコストを差し引いた額は「造幣益」として国庫に入るわけです。このように、「造幣益」が発生し、それが政府の手に入るということこそが、「政府貨幣」が「日銀券」と根本的に違っている点です(大蔵省理財局・造幣局・印刷局スタッフの共同執筆で平成6年に大蔵省印刷局より公刊された『近代通貨ハンドブック--日本のお金--』、14頁参照。


 「政府貨幣」と「日銀券」の違いを銘記せよ

 この両者のあいだに、なぜ、これほどにも大きな特性の相違が生じるのかという理由は、「日銀券」のような「銀行券」というものの形式的性質が、その銀行が振り出した手形や小切手のようなものであるのに対して、「政府貨幣」が発行されるということは、その発行額ぶん、その国の社会が保有あるいは生産・供給しうる財貨・サービスに対する請求権を政府が持つということを、宣言していることにほかならないという点にあります(このことも、経済学の教科書的な著作類には、しばしば述べられています)。つまり、「政府貨幣」は社会の財貨・サービスに対する「請求権証」なのです。だからこそ、それは「負債」として扱われることにはならないわけです。この「諸財に対する請求権」を、必要とあれば、無限にそれを行使しうるという権能が「貨幣発行特権」として国(中央政府)に与えられているということは、まさに、国家の基本権の一つであり、危急存亡の事態に国が直面したような場合には、政府は、それを発動して危機乗り切りをはかることができるわけです。


「政府貨幣」発行による「造幣益」に対しては利息支払い、償還も不要

 もとより、そのような「政府貨幣」発行による「造幣益」に対しては、政府が利息を支払ったり償還をしたりする必要は全くありません。マクロ的に生産能力の余裕が十分にある現在のわが国のような状況のもとでは、これは、国民(現世代および将来世代)の負担にも、いっさい、なりません。要するに、現在のわが国にとっては、このような特質を持つ「国(政府)の貨幣発行特権」の大規模発動こそが、まさに「打ち出の小槌」なのです。


日銀は「政府貨幣発行権」を買い取ることによって超優良資産を計上できる

 しかも、現在のわが国でこの「打ち出の小槌」を用いようとする場合、現実的には、「政府貨幣」ないし「政府紙幣」を実際に巨額発行する必要は必ずしもありません。つまり、上記の「国(政府)の貨幣発行特権」は、いわば、政府が無限に多く500兆円ぶんといった一定額ぶんの「政府貨幣発行権」を政府が日銀に売れば、それでよいわけです。なにしろ、上述のごとく、現行法では、「日銀券」とは違って、「政府貨幣」は負債として扱われるものではないところの「諸財への請求権証」そのものですから、日銀にとっては、その発行権の取得は、超優良資産を入手しうるということにほかなりません。しかも、政府がその発行権の一定額ぶんを日銀に売るにさいして、ある程度の値引きをすることにすれば、日銀は、この「政府貨幣発行権」の所定額ぶんの取得によって日銀自身の資産内容を大幅に改善することができ、それを通じてわが国の金融を安泰・堅固なものにすることにも役立ちます。したがって、このようにして日銀が「政府貨幣発行権」の一定額ぶんを取得することは、現行の日本銀行法の第38条の適用として可能だと思われるわけです。


「救国の秘策」によって財政再建と高度成長を手に入れよう

 日銀からの政府に対するその代金の支払を、「日銀券」の現金で行なうといったことなどは不必要で、ただ単に、それだけの巨額の金額が記された日銀の保証小切手が政府の手に渡されれば、それでよいわけです。政府は、その保証小切手が手に入りしだい、それを財源として使用して、一挙に財政再建を達成することもできますし、また、それと同時に「右肩上がり」の高度成長軌道にわが国の経済を乗せるための大々的な内需拡大政策を実施することにも、直ちに取り掛かることができるようになるわけです。これこそが、私が提言し続けてきた「救国の秘策」なのです。


 「救国の秘策」によるインフレもハイパーインフレも起こらず

 いま、わが国の政策担当エコノミスト諸氏に、ぜひとも理解していただきたいことは、このような「打ち出の小槌」による「救国の秘策」は、その実施が非常に容易で、しかも、全く安全だということです。しかも、これを実施した場合の効果がきわめて大きく、しかも、即効的であるということも、100パーセント確実です。とは言え、おそらく現内閣のブレーン諸氏のあいだなどでは、そのように「打ち出の小槌」を活用するということを「禁じ手」のタブーだとして、それを実施してはならないと考えている人も多いと思います。しかしながら、これが「禁じ手」であると見なされねばならないのは、インフレ・ギャップが発生しやすいような状態にあるときだけです。ところが、現在のわが国の経済においては、正反対に、超膨大なデフレ・ギャップ(すなわち需要不足に起因する生産能力の余裕)が生じているのが現実の状態です(ただし、旧経済企画庁や現内閣府は、正しいコンセプトでのデフレ・ギャップの計測を怠り、その巨大発生という実情を秘匿してきました)。すなわち、インフレ・ギャップ発生の怖れは皆無なのです。したがって、この「打ち出の小槌」の活用を「禁じ手」のタブーだとするべき理由は、何もありません。


「救国の秘策」を実施すれば高度成長を迎え為替も安定する

 無根拠な先入観を捨てて虚心坦懐に考えていただきさえすれば、誰でも、すぐにお分かりのはずですが、この「打ち出の小槌」を用いるほかには、現在のわが国の財政・経済の深刻きわまる危機的状況を克服する方策は、国家政策としては何も見つからないというのが、忌憚のない現実なのです。
http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/kalent-1.htm


政府通貨を発行したために、中央銀行の勢力に暗殺された、米国の大統領達

スティル・レポート350:円の貴公子達

Still Report #350 -- Princes of the Yen
円の貴公子達


円の支配者

銀行業システム(フラクショナル・リザーヴ銀行システム)全体が詐欺

Why the whole banking system is a scam - Godfrey Bloom MEP
何故、銀行業システムの全体が詐欺なのか - ゴッドフロイ・ブルーム(英国EU 議員)


書き出し&和訳

European Parliament
Strasbourg, 21 May 2013
ヨーロピアン議会
ストラスブルグ、2013年5月21日

Joint Debate: Banking Union:
single supervisory mechanism
合同討論:銀行業組合:
単一監督メカニズム

”It is in my opinion, you don't really understand the consept of BANKING. All the banks are broke. Bank Santander, Deutshe Bank, Royal Bank of Scotland, they are all broke. And why are they broke? It isn't an act of God. It isn't some sort of Tsunami. They are broke, because we have a system called Fractional Reserve Banking. Which means the banks can lend money that they don't actually have. It's criminal scandal, and it's been going on too long. To add to that problem, you have moral hazard. A very significant moral hazard from the political sphere. And most of problems start with politics, and central banks which are a part of the same political system. We have counterfeiting. Sometimes called quantitative easing. But counterfeiting by any other name. The artificial printing of money. Which if any ordinary person did it, they go to prison for a very long time. And yet, governments and central banks do it all the time. Central banks repress amount of interest rates, so we don't have real cost of money. And yet, we blame real retail banks for manipulating LIBOR. Sheer affrontary of this is quite astonishing. It's central banks... It's central banks that manipulate interest rates, commissioner. And plus underneath all this, we talk loosely, and rather cavalier fashion, do we not? About deposit guarantees. So when the banks go broke, through their own incompetence and chicanery, tax payer picks up the tab. It's theft from the tax payer. And until we starts sending bankers, and I include central bankers and politicians, to prison, for this outrage, it will continue.”

「これは私の意見ですが、貴方は本当に銀行業の観念を理解していません。全ての銀行は破綻しています(支払能力が無い)。サンタンデール銀行も、ドイツ銀行も、スコットランド銀行も、それらは全て破綻しています。そしてそれらは何故、破綻しているのでしょうか?それは神が起こした事ではありません。それは津波(自然災害)の様なものでもありません。それらが破綻しているのは、フラクショナル・リザーヴ銀行と呼ばれるシステムのせいです。

それが意味するのは、銀行は、それらが実際に持っていないお金を貸し出せるという事です。

それは犯罪的スキャンダルであり、そしてそれは長く続き過ぎています。

その問題に更に加わる事に、貴方にはモラルハザードがあります。政治的な分野からの、とても重大なモラルハザードです。そして殆どの問題は政治と、それと同じ政治システムの一部である中央銀行業から始まっています

私達には偽造(の問題)があります。それは時々、量的緩和と呼ばれます。ですが偽造である事には変わりありません。人工的な通貨の印刷です。

もし普通の人がそんな事をしたら、彼等は長い間、刑務所に送られる事でしょう。

ですが、政府と中央銀行はそれを何時でもやっています。

中央銀行は金利率の量を抑えるので、私達はお金の本当のコストを持ちません。それなのに、私達は本当の小売(商業?)銀行がLIBORを操作してる事を非難します。これの全くの侮辱はとても驚くべき事です。

中央銀行です・・・

金利を操作しているのは中央銀行です、委員長。

そして加えてこれら全ての下で、私達は緩く、そして多少騎士的(傲慢・無頓着)に話しませんか?預金の保証について。ですから銀行が、それら自体の無能力さと誤魔化しを通して破綻した時に、納税者が支払わされる事に成るのです。

それは納税者からの窃盗です。

そして私達が銀行家を - 私は中央銀行家と政治家も含めて言っていますが - 刑務所送りにするまで、この許しがたき行為は続けられるでしょう。

英国議会:通貨創造(通貨発行権)についての議論 パート1:


パート2:https://www.youtube.com/watch?v=_nGEF56JBM0
パート3:https://www.youtube.com/watch?v=np_SnPkl2Lk
パート4:https://www.youtube.com/watch?v=w6AJkxpwURM
パート5:https://www.youtube.com/watch?v=gwSqjQ0umgs

借金産業複合体詐欺(不都合な真実)

借金産業複合体詐欺(不都合な真実)
ビル・スティルのドキュメンタリー映画:
ジキル・アイランド;フェデラル・リザーヴ(米連邦準備銀行)の背後の真実
http://www.jekyllisland-themovie.com/


世界経済の問題は何でしょう?それは借金です--多すぎる個人的な借金--多すぎる企業の借金--そして最も重大なのが多すぎる政府の借金です。

人々には、今使って、後から支払いたい、自然的な傾向があります。彼等は大抵、どんな提供されたローンでも、利用しようとします。それは政府でも同じです。もし政府が借り出す事によって使えるなら、彼等はそうするでしょう。政府の選択肢は何でしょう?彼等の無責任な無駄遣いをカバーするために、すぐさま増税して、今現在、此処にいる有権者を怒らせて、自分達を再当選させる事が出来るでしょうか?無理です!もしローンが差し出されたら、政府は常に借りる事を選択します。

問題は、借金には金利が付き、そして金利は、地球上の全ての国家の経済の、首を絞めている事です。

ですが最も重要なのは、 - ローンを貸し出す - 銀行に支払われる金利の量だけで無く -- 借金が銀行に与える、政治的な行程への操作力です。私達は、政府の借金を禁止するまで、世界経済システムの不安定性を直す事は決して出来ません。

何故だと思いますか?何故なら、ことわざが私達に警告しているからです:「借りた人は貸した人の従者である。」

経済的な不安定性は、常に銀行と金融的な投機家に有利に働きます。経済的な安定性は、常に私達一般の人々に有利に働き、人間の自由の根源に成ります。もし銀行がお金のコントロールを持っているなら、彼等が安定的なシステムを創造する事など決してありません。

これは殆どの人々にとって、驚きかも知れませんが、今日、それぞれの国家は、彼等の国家的な通貨供給の操作を持っていません。今日、殆どのお金は -- ローン(借金)として -- 銀行によって創造されています。大切なのは、何がそのお金の後ろ盾に成るかではありません。誰がそのお金の量を操作しているかです。今日、全ての国において、お金の量を完全に操作しているのは銀行です。その結果として、銀行が民主主義的な行程全体の操作を所有し、そしてこの所有を持って、千年に及ぶ人類の、自由への行進を逆流させています。

良いニュースは、それがそう成る必要は無いという事です。銀行が操作する必要はありません。政府が借金する必要はありません。政府は国家的な借金が必要ではありません。

これは比較的に最近の現象です。私達が政府に - 私達の全ての経済問題の中心の癌である - 借り出す事を許す限り -- 私達は政府を真の民主的な共和制に戻す事は決して出来ないでしょう。それらは全て偽りで -- 偽物で -- 現実には銀行が民主主義的な行程の効果的な操作を持つ中、上辺だけ自由選挙の動きをしている様に現れるだけです。これが意味するのは、銀行から借金をする政府では、政治的な自由のための人類の探究の、この乗っ取りをくつがえす、効果的な立法が出来るものは一つも無いという事です。

ビル・スティルの正しいお金・フォーラム
http://s6.zetaboards.com/Bill_Still_Reforum/forum/56153/


ドキュメンタリー映画「ジキル島」予告編

SR 75 Jekyll Island Preview
スティル・レポート75:ドキュメンタリー映画「ジキル島」予告編(和訳書き出し)
http://www.youtube.com/watch?v=iozNDCYMjSY


この映画は歴史上最大のイカサマについてです。お金と借金が創造され操作される正にその仕組みです。これはこの惑星に住む者全てに影響し、今日の全ての経済的な問題の基本的な原因です。それはこの世界に存在する飢え、貧困、悲惨さと病気の殆どの原因なのです。私達の全員が認識するまで -- 全ての国々において -- 国家政府がこの問題を正すために出来る事は何もありません。私達の全員が、増え続ける借金と、下がり続ける生活水準以外に、見るものは何もありません。私達の子供達が、この滅茶苦茶を引き継がなければならず、これは年々悪化するだけです。

朗報は、私達がこの問題を正す事が出来る事で、戦争や革命は必要ありません。必要なのは、その問題の単純な理解とその単純な解決です。真実は、不景気が正常では無いという事で、企みを持って成されているという事です。真実は、国家は、国家的な借金が必要無いという事です。真実は、国家がお金を借りなくても良いという事です。貴方がお金を創造出来るのに貴方は何故、お金を借りなければならないのですか?真実は、政府は一般的に無闇にお金を創造しているのでは無く、むやみにお金を借りているのです。

フーバー:「基本的な問題は、お金の供給が操作出来ていないという事です。操作出来ていません。そして、言うなれば、銀行がどれだけのお金を生産するかを決定しているという事です。」

シーベンサール;「ある人達は裕福になり続けますが、一般のアメリカ市民は貧乏になり続けていて、そして世界経済は崩壊しつつあります。それは人々を溺れ死にさせるために意図的に成されたシステムです。

ダイソン:「問題は、私達がお金を創造する力を銀行業セクターに与えてしまった事です。そして私達は、多かれ少なかれ、規制する事無く、彼等にその力を使わせてしまい、そしてそれは私達が今日有する、金融的な危機と借金の危機の状況をもたらしました。」

ゴメス:「お金の創造の大部分は銀行によって成されています。いいえ、私はそれが良いやり方だとは全く思っていません!何故かですって?何故なら経済的な危機が起こるからです。」

フーバー:「そして今日のシステムにおいて、政府は銀行からお金を借りなければならない。しかしお金の改革の後、国家の主権としての権利である、お金を創造する権利が復権されれば、物事は真逆になります。今度は全てのお金を創造してそれを流通に入れる国家の権威から - お金の権威から、銀行はお金を借りなければなりません。」

シーベンサール:「貴方は人々の善のためにお金を創造しなければなりません。それは公共の善でなければなりません。」

リータール:「政府が借金をする理由などありません。それだけ単純な事です。それは1930年代にフィッシャー博士とその他によって証明されました。それは権力の企みです、本当に。

フーバー:「メインストリームの学者達(御用学者) - 一般的な経済学者は、どうしてか、本当に何をすれば良いのか、知らない様です。お金のシステムに問題があるという事を認めたがらない傾向というか、否定する傾向があります。お金のシステムに、何らかの問題があるかも知れないと、認めるのは極わずかな学術的な専門家だけです。

ワーナー:「大抵は、専門家はとても混乱していて一般人の常識の方が、私の経験から言えば、実際には、専門家の複雑な説明よりも、真実にずっと近いです。

真実は、何が起こっているのか、誰でも理解出来るという事です。これは(難しい)ロケット科学ではありません。真実は、このイカサマからお金を儲けてきた人達が、貴方を混乱させたままにしておきたいという事で・・・貴方のお金が何で、誰が創造しているのかという、基本的な事実について、貴方が混乱させられたままにしておきたいのです。

The Still Report
ビル・スティル
http://www.youtube.com/user/bstill3?feature=watch

Profile

Author:リアルNHK
何かお探しものですか?

貴方/貴女は



番目の訪問者です。

どうぞごゆっくりおくつろぎください。

Latest journals

Latest comments

Latest trackbacks

Monthly archive

Category

Search form

Display RSS link.

Link

Friend request form

QR code

QR